自転車 タイヤ 空気 入れ 方。 これで完璧!自転車の空気の入れ方マニュアル

自転車のタイヤにキャップは必要?無くなったらどうなるの?

自転車 タイヤ 空気 入れ 方

・硬さ ・側面 ・接地面 ・ 硬さ テニスボール程度の硬さがあるかどうか ・ 側面 少し強めに押した時、少し凹むくらいになっているかどうか ・ 接地面 乗った時に地面とタイヤが接している部分が10cm程度になっているかどうか この3ポイントを週1でチェックしましょう。 そんなにしょっちゅう乗らないっていう人は、もっと少ない頻度でも大丈夫です。 冒頭にも書きましたが、自転車の空気って知らない間になくなっていて、気付いたら柔らかくなってた!ってこともありますよね。 となると、気づくまでタイヤの空気が抜けっぱなし、なんてことになってしまい、 パンクなどにつながる恐れがあります。 危ないですね。 そのため、定期的なチェックが必要なんですよ! 自転車のタイヤについているバルブの種類を知ろう 自転車のタイヤについている突起、バルブ。 空気を入れるための、空気口ですね。 自転車には、ママチャリやスポーツバイクなど、さまざまなタイプがあります。 そのバルブによって、それぞれ使える空気入れの種類も違うのです。 バルブは主に ・英式 ・仏式 ・米式 の3種類。 ここで自分がどのバルブの自転車に乗っているのか、上の写真を見ながら確認してみましょう。 英式バルブ 英式バルブは ママチャリに使われることが多いバルブです。 おそらく日本人にいちばん馴染みのある形のバルブでしょう。 空気圧の調整が大変、という特徴があるため、スポーツバイクには使われません。 仏式バルブ 仏式バルブは空気圧を測ることができます。 そのため、ロードバイクなどの スポーツバイクに多く使われます。 形は3種類の中で、最も細いものになります。 米式バルブ 米式バルブは本体が折れにくいという特徴を持っています。 車やオートバイにも使われているバルブで、ガソリンスタンドでも空気を入れてもらうことができます。 でも、3種類のバルブの中で一番マイナーなのが、米式バルブ。 あまり見かけないかもしれませんね。 主に私たちが使っているのは、 英式バルブか 仏式バルブの自転車です。 ママチャリは英式バルブで、スポーツバイク専用の空気入れは使えません。 反対に、 スポーツバイクは仏式バルブで、ママチャリ専用の空気入れは使えないので、注意しましょう。 同じように、米式バルブも専用のものでないと空気が入りません。 でも、すべてのバルブに対応している空気入れもあるようなので、いろいろなタイプの自転車を持っている方は、そのような空気入れを購入するのが良いかもしれませんね! 自転車の空気の入れ方 いよいよ空気の入れ方を紹介します。 米式バルブも自分で空気を入れることができます。 ただ、米式バルブの自転車を日本で見かけることは滅多にありません。 そこで、今回は他の2種類、英式・仏式バルブの自転車の空気の入れ方を伝授します。 ママチャリに多い英式バルブ、スポーツバイクに多い仏式バルブ。 バルブの種類によって、空気の入れ方が少し異なるので、分けて紹介しますね! ママチャリの場合(英式バルブ) さて、最初はママチャリに多い、英式バルブからです。 用意するもの ・英式バルブ対応の空気入れ(英式クリップの付いたもの) 英式バルブの自転車に空気を入れる場合は、大きな洗濯バサミのようなクリップがついた空気入れを使います。 軽量な上、しっかりと圧力をかけることができ、ちゃんと空気を入れることができます。 また、ボールの空気入れとしても使えます。 それでこのお値段。 コスパ良いですね! 手 順 1. クリップのニップル部分を口金に押し込み、ロックする 空気入れのクリップには、ニップル部分という飛び出しているところがあります。 それを口金に押し込み、レバーを倒し(ものによっては起こし)、ロックします。 これで空気入れの準備は完了です。 タイヤのバルブキャップを外し、クリップで挟み込む タイヤのバルブについているキャップを外して、空気入れのクリップで挟み込みます。 こちらの空気入れは米、英、仏のすべてのバルブのタイプに対応しているので、いろいろなタイプの自転車を持っている方にはとても便利ですね。 しかも軽くて持ち運びも簡単。 お値段もお求めやすく、自転車好きにはぴったりの空気入れです。 手 順 1. バルブの先端のキャップを取る タイヤから飛び出ている突起がバルブです。 先端に黒い帽子みたいなのがありますね。 これがキャップです。 まず最初に、このキャップを外しましょう。 バルブの先端を反時計に回し、ネジを緩める キャップを外すとこんな感じになります。 外して見えるようになった、ちょっと出っ張ったところが「ボルブ」という部分です。 「ボルブ」を、写真のように反時計回りに回して、ネジを緩めます。 この手順を忘れてしまうと、いつまでたっても空気が入りません。 でもずっと緩めていると、外れます。 外れても空気を入れることはできますが、ネジは小さいので、無くさないように気をつけてくださいね! 3. バルブの先端をワンプッシュ バルブの先端をぐいっと押し込むことで空気が抜け、空気が入りやすくなります。 この時、プシューッという音がします。 最初はちょっとびっくりするかもしれません。 バルブにポンプの口金を押し込み、ロックする ポンプの口金を、実際に押し込みます。 曲がりやすくなっているので、まっすぐ押し込むように気をつけましょう。 タイヤの側面の「適正空気圧」「最大空気圧」を目安に空気を入れていく こちらのメモリが付いている丸いものが、空気圧を図ることができるメーターです。 仏式バルブの自転車の場合は、こういうメーターが付いています。 それを見ながら、タイヤ側面に表示してある「適正空気圧」「最大空気圧」を目安に空気を入れます。 今回、空気を入れた自転車のタイヤの場合は、上の写真の赤線が引いてある部分に書いてありました。 適正空気圧を確認したら、空気を入れていきます。 今回は、「80〜110PSI」が適正空気圧だったので、メモリがこの数値内になったら、空気入れ完了! メンテナンスも忘れずに 自転車は常に外に置いてあるもの。 だからこそ、汚れがつきやすいですよね! 汚れは劣化にもつながってしまいます。 空気を入れてメンテナンスもきちんとしてあげれば、最高に気持ちのよいサイクリングができるはず!! 空気入れついでにお手入れも頑張りましょう。 ここでは、 こちらのワックスには布が付いているので、その布にワックスをスプレーして、拭くだけです。 とても簡単で気軽に自転車の車体をツルツルピカピカにすることができますよ!こちらを使って、自転車の格好いい光沢を保ちましょう。 手 順 1. 洗浄液を使って拭く 自転車用洗浄液を適量いらない布につけ、自転車の車体を綺麗に拭いていきます。 洗浄液を拭き取る 1で車体についた洗浄液を拭き取ります。 ワックスで磨く 洗浄液の次はワックスです。 全体を綺麗に磨いていきましょう。 最終チェック 最後に、チェーンが伸びていないか、サビていないか、ブレーキがしっかり効くか、チェックしましょう。 もし何か異常があった場合には、自転車屋さんに持って行って、みてもらうようにしてください。 ・ チェーンの伸び チェーンを引っ張ってみて、2cm以上浮いたらアウトです。 取り替えましょう。 ・ チェーンのサビ 走っていて、異音が鳴っているようならサビている証拠です。 サビによって動きが悪くなってしまっています。 ・ ブレーキ ブレーキを握ってみて、ブレーキとハンドルの隙間の半分~3分の2を握った時点で、しっかりブレーキが効くか、チェックしましょう。 まとめ いかがでしたか? 自転車は通勤・通学で使っている場合、毎日使うものですよね。 その分、みなさん愛着が湧いているのではないでしょうか。 そんな大切な自転車も適切な頻度で空気を入れたり、お手入れもしてあげないと、 すぐボロボロになってしまうかもしれません。 週に1度は空気がしっかり入っているかどうかチェックし、自転車を大切に使っていきましょう!.

次の

スポーツ自転車の空気の入れ方

自転車 タイヤ 空気 入れ 方

空気の入れ方について動画にて解説させて頂きます。 (動画が見れない場合は下に静止画を用意しています) 今回はアメリカンバルブ(米式)について説明致します。 アメリカンバルブは、マウンテンバイク等に多く使われている種類です。 まずアメリカンバルブの形状ですが、以下の通りです。 入れ方は、下記の3種類になります。 空気入れの種類により入れ方が異なります。 では、順番に各空気入れ別に解説していきます。 アダプタを使用して家庭用空気入れで入れる この空気の入れ方をする場合はアダプタをご用意下さい。 以下は静止画で解説します。 (内容は動画と同様です) キャップを外します。 (ネジ式) これにより家庭用空気入れで空気を入れれるようになります。 家庭用空気入れは、イギリス式(英式)の仕様です。 家庭用空気入れを取り付けます。 空気を入れます。 空気を入れ終えたら、空気入れを外します。 変換アダプタを外します。 最後にキャップをして完了です。 以下は静止画で解説します。 (内容は動画と同様です) この空気の入れ方をする場合は米式対応のレバー式空気入れをご用意下さい。 キャップを外します。 米式用の空気入れを取り付けて下さい。 差し込む際は、まっすぐにお願い致します。 バルブがゆがむと戻らない場合もあります。 レバーを起こして下さい。 空気を入れます。 空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。 空気を入れ終えたら、空気入れのレバーを畳みます。 空気入れを外します。 バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。 最後にキャップをして完了です。 以下は静止画で解説します。 (内容は動画と同様です) この空気の入れ方をする場合は米式対応のネジ式空気入れをご用意下さい。 キャップを外します。 米式用の空気入れを取り付けて下さい。 差し込む際は、まっすぐにお願い致します。 バルブがゆがむと戻らない場合もあります。 ネジを締め、空気入れを固定します。 空気を入れます。 空気圧を見る場合は、予めタイヤの側面にて確認した空気圧に合わせます。 空気入れのネジをゆるめます。 空気入れを外します。 バルブが痛まないよう、まっすぐに外して下さい。 最後にキャップをして完了です。 投稿者 投稿日: カテゴリー ,.

次の

自転車の空気入れ方のコツ【ママチャリ】でも適正な空気圧を

自転車 タイヤ 空気 入れ 方

フレンチバルブ(仏式バルブ)って何? 多くのクロス・ロードによく使われているのが、写真の『仏式バルブ』。 特徴としては、バルブが細長く華奢ですが、高い空気圧にも耐えられる構造です。 このバルブに使用でき高圧に耐えられる専用の空気入れが必要です。 シティサイクル(ママチャリ)専用の洗濯バサミに似た形状をした空気入れは、その部分がアダプターとして着脱できるタイプでないとまず互換性はありません。 フレンチバルブの空気の入れ方 1. バルブ先端を緩める まずバルブ先端にあるボルトを左(反時計回し)に回して緩める。 これで栓が解放され空気が入ります。 この作業を忘れるとどんなに頑張って空気を入れようとしてもはいりません。 指で緩めることができます。 先端を一瞬押して空気を軽くぬく 場合によって、栓がバルブの中でくっついていて空気が入りずらい時があります。 なので、ポンプをさす前に頭の部分を上から一瞬押して下さい。 押すことでブシュと空気が抜けますが、これでOK。 空気入れをしっかりと装着 続いて、ポンプをバルブに挿します。 この時、バルブの軸に対してまっすぐに奥までしっかり挿しましょう。 差し込みが浅いと空気が漏れやすくなります。 軸に対して曲がってしまうとバルブ先端の細い部分が曲がってしまったり、折れてしまったりすることがあります。 しっかりポンプを奥までまっすぐ挿して下さい。 空気入れのレバーを持ち上げる ポンプをしっかりさしたら、ポンプのレバーを上げて下さい。 やや硬いのでレバーを持ち上げる際にバルブ先端を曲げないように注意してください。 レバーが完全に上がると、ポンプの口とバルブがしっかり固定され空気が入れらるようになります。 しっかり固定されていると、ポンプの空気圧計が、今の空気圧を示してくれます。 ハンドルをフルストロークして空気を入れる フロアポンプも携帯ポンプも一緒ですが、空気入れのハンドル部分を必ず一番引っ張り出した状態から一番押し込んだ状態まで毎回毎回しっかりと フルストロークさせることが大切です。 ガシガシ急いで入れたくなりますがスピードよりも、確実にストロークさせることを優先しましょう。 特にロードバイクのような高圧になると、しっかりと体重をかけて押し込まないとストロークが完了できず空気が入っていきません。 メモ 高圧の入れやすさは空気入れの価格によっても正直随分と違います。 適正空気圧をまもる 大事なのが適正空気圧: ここで大事なのが、適正空気圧です。 適正空気圧で管理してあげないと、パンクに繋がってしまいます。 タイヤによって硬さが全然違うので手で押した感じで、空気が入っている・入っていないと判断しない方がいいでしょう。 クロスバイク・ロードバイクは高圧なので、手で押して入っているとも持っていても、意外と入っていないことのほうが多いです。 写真はロード(2011年モデル TREK 2. 1)のタイヤです。 タイヤ側面には必ず適正空気圧が書かれているので確認してください。 このロードバイクタイヤの場合90~125PSI(6. 2〜8. 6BAR)が適正空気圧。 タイヤによっては最大空気圧が書かれているものもあります。 空気圧も最大まで入れても構いませんが、路面のデコボコを拾って乗り心地が悪かったりするのでちょっと低めの空気圧がおすすめです。 空気入れは目盛りが必須です。 今回は7. PSIとBARは単位の違いだけなので、お使いのポンプで見やすい方で大丈夫。 ちなみに、 原理としてはゴム風船と同じなので、乗っても乗らなくても放っておくだけで空気は抜けていきます。 ロードバイクの場合は3〜7日に一回は空気を入れる必要があります。 マメに入れましょう。 両手を使って口金を抜く 空気を入れたら後はレバーを降りポンプを抜くだけ。 固定レバーを解除するのを忘れるとバルブの先端が折れます。 注意点として、ポンプを真っ直ぐ抜いて下さい。 真っ直ぐ抜くには、写真のように片手でポンプの口を真っ直ぐに保持し、反対側の手の親指で押し出すようにはずすと簡単です。 抜く時、ぐりぐりこじったり・斜めに抜いてしまうとバルブ先端が曲がったり折れたりしてしまいチューブを交換しなければならないなんてことにも。。。 また、内圧が高いので力いっぱい口金を引っ張り抜いて、スポークに手をぶつけてケガするかもしれないので気を付けて下さい。 そういう意味でも、もう片方の手を添えて、まっすぐを維持しつつ引っ張る力だけでなく押し出す力も加えることが大切です。 バルブ先端を締める ポンプを抜いたら、バルブ先端のボルトを締めます。 指で締め付けられる強さ、指でまた緩められる強さで問題ありません。 写真のようにバルブの付け根にあるナットが緩んでいることがあるので、その場合は軽く締めて下さい。 ナットが緩んでいると走行中にカタカタと異音が発生します。 あくまでもホイールに触れるくらい軽くで!! 後はバルブキャップをして終わりです。 空気入れを選ぶ時に気にしておきたいこと 空気入れなんかなんでも同じでしょ!?と思っている方も多いかもしれませんが、それが違うんです意外と。 空気入れの良し悪し(入れやすさ)は、ストローク時の全体的な剛性、力を入れやすい長さ、力を入れやすいハンドルはば、目盛りの数字の読みやすさなどで決まります。 中でも、何から何までプラスチックでできていて空気を入れている時にフニャフニャカクカクとヨレたりズレたりしてしまうモノは正直入れにくいです。 金属ボディ、金属ベース、金属ハンドル、自転車同様に室内に入れておく場合はデザインにもこだわるのもいいかもしれません。 ロードバイクの場合なら高圧時の入れやすさ、マウンテンバイクなら一度に入るボリュームの多さ、も気にしておきたいところです。 こちらで使用している空気入れは個人的にお気に入りの超入れやすくて超カッコイイ空気入れです。 どんな空気入れなのか、下記記事で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。 最後に 先程も述べましたが、 しっかり空気圧の管理をしないとロードバイクは特にリム打ちパンクをしやすくなります。 空気圧が高すぎるとグリップが弱まり乗り心地が悪くなります。 空気圧が低すぎるとタイヤがつぶれ摩擦抵抗が増加。 ペダリングも重くなり快適ではありません。 なので、しっかり空気圧は適正の範囲内で管理しましょう。 ロードバイクは3〜7日に一回、クロスバイクは7〜14日程度に一回は必ず空気を入れましょう!! 空気入れはかなり頻繁に使用する道具なので必ずご自宅に常備しておきましょう。 よろしければもご覧ください。 空気の入れ方の他にも、自転車を購入したばかりの初心者の皆様に是非目を通しておいていただきたいこちらの記事も合わせてご紹介します。

次の