グッスマ。 【倉吉】 グッスマ公式ショップに行ってみた

グッドスマイルカンパニー

グッスマ

株式会社グッドスマイルカンパニー GOOD SMILE COMPANY, INC. 略称 GSC、グッスマ 本社所在地 〒101-0021 三丁目16番12号 アキバCOビル8F 設立 (有限会社グッドスマイルカンパニー) 事業内容 玩具・フィギュアの企画・制作・製造・販売 玩具・フィギュア・雑貨・アクセサリーの販売請負 映像・音楽・イベントの企画・制作 写真撮影・広告・パッケージデザイン制作 アーティストマネジメント 代表者 代表取締役社長 資本金 300万円(2010年9月30日現在) 売上高 115億0000万円(2012年9月期) 営業利益 12億9,500万円 2010年9月期) 経常利益 12億8,500万円(2010年9月期) 純利益 7億2,300万円 2010年9月期) 総資産 38億7,000万円(2010年9月期) 従業員数 50人(2010年9月30日現在) 決算期 主要株主 100. 、略号: GSC)は日本の、などの企画・制作・製造・販売を行うメーカー。 愛称は「グッスマ」。 設立から2012年4月までの社名は グッドスマイルカンパニーであった。 概要 [ ] の社員だったがにイベント運営会社・タレント事務所として創業。 当初は釣具店・フィールドショップ「釣侍」の運営も行っていた(現在は資本関係は離れている)。 その後の補佐業務を経てホビー事業を事業の中核に据え、現在は玩具・フィギュアの企画・制作・製造・販売の他、アクセサリー・雑貨の企画・制作・製造・販売、玩具・フィギュア・雑貨・アクセサリーの販売請負なども行っている。 フィギュアは自社製品以外に代理店業務として、マックスファクトリー、、、(のみ)など各社の商品を扱っている。 特にマックスファクトリーとは長らく補佐業務や販売請負を行ってきたことから関係は深く、をはじめとする各種展示会・イベントにはマックスファクトリーと共同で出展しており、本社も6月までは内に、同年7月からはの同一フロアに、2016年1月からはの同一ビル内に置いている。 自社製品の開発や案内状況などを女性社員の目からアピールする形の「カホタンブログ(旧ミカタンブログ)」「あさのんブログ(現在は終了)」といった広報ブログを展開、関係するメーカーにも積極的にブログを保有させ、情報の広範囲にわたる発信を促してきた。 「ユーザーと足並みを揃えた形」の経営方針は、同系列会社のマックスファクトリー社長、の「業界随一のホビー好き」が社内に浸透した所以とも言われている。 沿革 [ ]• 5月 - 本町14番地2松戸第一生命ビル2Fに有限会社グッドスマイルカンパニー設立• 1月 - 玩具の企画・制作OEM業務開始• 11月 - アクセサリー事業部「dicokick」事業開始• 4月 - ホビー商材の自社流通開始• 2月 - のシリーズ展開開始• 1月 - のシリーズ展開開始• 2月 - タレントマネジメント部門 「WHOOPEE」事業開始(閉鎖)• 3月 - 『』を展開• 8月 - ショールーム兼用カフェ「グッドスマイルカフェ」を開店(閉店)• 5月 - 株式会社に改組• 7月 - 本社を一丁目1番2号17Fに移転• 12月 - の西倉吉工業団地に国内初の製造工場を新設(グループより賃借)• 1月 - 本社を現在地に移転 グッスマ星人とぐま子 [ ] 同社のイメージマスコットとして展開されるキャラクター。 本来はグッスマ星人の方が公式のマスコットである。 ぐま子はに公式ブログで のジョークネタとして公開された「 ぐっすまうどん」のマスコットキャラであり、グッスマ星人を女の子に着せたようなデザインをしている。 ただし、うどん屋のマスコットという事もあって頭部から延びるツインテール グッスマ星人の手がモチーフ は実はうどんである。 ぐま子は本来、エイプリルフールネタであったため4月1日限定仕様のはずであったが、社内外から好評を博し、結果的にそのままもう1つのマスコットキャラとして定着している。 なお、グッスマ星人フィギュアはグッドスマイルカンパニーの「名刺」としても用いられている(フィギュアメーカーとしてのアピール。 ミカタンが主に用いるため「ミカタン名刺」とも呼ばれている)。 主な商品 [ ]• シュラキ・トリニティBOX - とのコラボレーション企画。 フィギュアとドラマCDなどがセットとなっている。 - 企画・開発は。 - 企画・開発は。 dicokick(アクセサリーブランド)• (アニメーション作品)• actsta(アクスタ) - act・statueの意。 - 、Cerevoと共同開発したラジオ受信機。 タレントマネジメント部門「WHOOPEE」 [ ] 俳優・タレント・声優の育成・マネジメント・プロモーションをおこなう部門として設立。 2012年をもって閉鎖。 過去の所属タレント [ ]• (業務提携) 作品一覧 [ ] アニメ [ ] グッドスマイルカンパニー [ ]• (2008)• (2009)• (2009)• (2010)• (2010、幹事、ビデオグラム、商品化)• 第1期・第2期(2010)• シリーズ(2011)• (2011)• (2011)• シリーズ(2011)• (2011)• (2011)• 第1期・第2期(2012)• (2012)• (2012)• シリーズ(2012、幹事、商品化)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2014)• シリーズ(2014)• (2014)• (2014)• (2014)• (2014)• (2014)• シリーズ(2015)• (2015)• シリーズ(2015)• シリーズ(2015)• (2016、幹事、商品化、配信)• シリーズ(2016)• (2017)• (2017、ビデオグラム)• (2017)• シリーズ(2018、原作、幹事、商品化、配信)• (2018)• (2018)• (2018)• (2018、商品化)• (2018)• (2019)• (2019、スペシャルサンクス)• (2019、商品化) グッドスマイルフィルム [ ]• (2018、企画、プロデュース、音楽制作、宣伝)• (2018、企画、プロデュース、音楽制作、宣伝)• (2018、プロデュース、音楽制作、宣伝)• (2018、企画、プロデュース、宣伝)• (2019、宣伝プロデュース)• (2019年、プロデュース)• (2019年、音響制作)• (2019年、プロデュース)• (2020年) ゲーム [ ]• (2016、配信、宣伝)• (2019、商品化) その他 [ ]• (2016、海外配信)• シリーズ(2017、企画協力) モータースポーツ [ ] にラリージャパンに参戦したStreetLifeのメインスポンサーとなり、吉井崇博の運転するマシンにグッドスマイルカンパニーのロゴやイメージカラーなどをモチーフにしたカラーリングが施された。 よりのイラストをボディにあしらった仕様のGT300マシンで参戦したのメインスポンサーとなり、2010年からは子会社のがチームオーナーとなってこれを継承したチームで参戦している。 また、ので行われた「レジェンドカップ」においてはとなり、2014年シリーズの第2戦からはシリーズスポンサーとなっている。 「」および「」も参照 ドライバーである小林可夢偉と個人スポンサー契約をした。 当初の契約は同年の最終戦までであったが 、翌もシリーズ最終戦まで契約を延長した。 の契約では小林のに会社のロゴが記載されたが、の契約よりに会社ロゴが記載される。 / が代表・監督を務めると、フォーミュラ・ニッポンでの2012年シーズンのスポンサー契約を締結、マシンにロゴが記載される。 同時にドライバーの安田裕信ともパーソナルスポンサー契約を行い、フォーミュラ・ニッポンやSUPER GT GT500クラスでのスポンサーとなる。 2015年5月16日、17日に初開催される同大会の開催に参画し、社長の安藝がエグゼクティブプロデューサーを務める。 また上位3名に贈られるトロフィーのデザインも担当した。 関連・関係する企業 [ ] 関連会社 [ ]• 株式会社• 株式会社グッドスマイルフィルム• 株式会社グッドスマイルアーツ• 株式会社グッドスマイルパートナーズ• 株式会社ジュウロクホウイ• Ultra Tokyo Connection, LLC• 良笑(上海)商貿有限公司(グッドスマイル上海)• 良笑塑美 上海 文化艺术有限公司(グッドスマイルアーツ上海)• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社ギャラクシーグラフィックス 提携・関係会社 [ ]• 株式会社• 株式会社マックスグッドスマイルホールディングス• 株式会社ファット・カンパニー• 株式会社ネイティブ• 株式会社Gift• 株式会社TRIKT• 株式会社• 株式会社MEM• 株式会社ハイチューブ 出典 [ ]• アキバBlog内安藝のコラムより。 ,読売新聞,2014年6月27日• ,朝日新聞,2014年12月4日• グッドスマイルカンパニー. 2019年5月21日閲覧。 ,株式会社グッドスマイルカンパニー,2014年5月2日• F1 Gate. com. 2010年8月27日. 2010年8月27日閲覧。 オフィシャルサイト. 2010年8月27日. 2010年8月27日閲覧。 F1 Gate. com. 2011年1月30日. 2011年1月30日閲覧。 、有限会社グッドスマイルカンパニー、• ,Car Watch,2014年11月27日• Red Bull Air Race 2015年5月17日. 2015年9月7日閲覧。 ,株式会社グッドスマイルパートナーズ,2018年12月11日• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (女性スタッフによる社内公式ブログ 基本的に平日更新)• グッドスマイルレーシング• (ショールーム兼用の直営カフェ、との共同運営。 2014年3月閉店)• (ショールーム兼用の直営カフェ、との共同運営。 2014年4月オープン)• (GSC社内の独立ブランドとして設置されたフィギュアメーカーブランド).

次の

グッドスマイルカンパニー

グッスマ

株式会社グッドスマイルカンパニー GOOD SMILE COMPANY, INC. 略称 GSC、グッスマ 本社所在地 〒101-0021 三丁目16番12号 アキバCOビル8F 設立 (有限会社グッドスマイルカンパニー) 事業内容 玩具・フィギュアの企画・制作・製造・販売 玩具・フィギュア・雑貨・アクセサリーの販売請負 映像・音楽・イベントの企画・制作 写真撮影・広告・パッケージデザイン制作 アーティストマネジメント 代表者 代表取締役社長 資本金 300万円(2010年9月30日現在) 売上高 115億0000万円(2012年9月期) 営業利益 12億9,500万円 2010年9月期) 経常利益 12億8,500万円(2010年9月期) 純利益 7億2,300万円 2010年9月期) 総資産 38億7,000万円(2010年9月期) 従業員数 50人(2010年9月30日現在) 決算期 主要株主 100. 、略号: GSC)は日本の、などの企画・制作・製造・販売を行うメーカー。 愛称は「グッスマ」。 設立から2012年4月までの社名は グッドスマイルカンパニーであった。 概要 [ ] の社員だったがにイベント運営会社・タレント事務所として創業。 当初は釣具店・フィールドショップ「釣侍」の運営も行っていた(現在は資本関係は離れている)。 その後の補佐業務を経てホビー事業を事業の中核に据え、現在は玩具・フィギュアの企画・制作・製造・販売の他、アクセサリー・雑貨の企画・制作・製造・販売、玩具・フィギュア・雑貨・アクセサリーの販売請負なども行っている。 フィギュアは自社製品以外に代理店業務として、マックスファクトリー、、、(のみ)など各社の商品を扱っている。 特にマックスファクトリーとは長らく補佐業務や販売請負を行ってきたことから関係は深く、をはじめとする各種展示会・イベントにはマックスファクトリーと共同で出展しており、本社も6月までは内に、同年7月からはの同一フロアに、2016年1月からはの同一ビル内に置いている。 自社製品の開発や案内状況などを女性社員の目からアピールする形の「カホタンブログ(旧ミカタンブログ)」「あさのんブログ(現在は終了)」といった広報ブログを展開、関係するメーカーにも積極的にブログを保有させ、情報の広範囲にわたる発信を促してきた。 「ユーザーと足並みを揃えた形」の経営方針は、同系列会社のマックスファクトリー社長、の「業界随一のホビー好き」が社内に浸透した所以とも言われている。 沿革 [ ]• 5月 - 本町14番地2松戸第一生命ビル2Fに有限会社グッドスマイルカンパニー設立• 1月 - 玩具の企画・制作OEM業務開始• 11月 - アクセサリー事業部「dicokick」事業開始• 4月 - ホビー商材の自社流通開始• 2月 - のシリーズ展開開始• 1月 - のシリーズ展開開始• 2月 - タレントマネジメント部門 「WHOOPEE」事業開始(閉鎖)• 3月 - 『』を展開• 8月 - ショールーム兼用カフェ「グッドスマイルカフェ」を開店(閉店)• 5月 - 株式会社に改組• 7月 - 本社を一丁目1番2号17Fに移転• 12月 - の西倉吉工業団地に国内初の製造工場を新設(グループより賃借)• 1月 - 本社を現在地に移転 グッスマ星人とぐま子 [ ] 同社のイメージマスコットとして展開されるキャラクター。 本来はグッスマ星人の方が公式のマスコットである。 ぐま子はに公式ブログで のジョークネタとして公開された「 ぐっすまうどん」のマスコットキャラであり、グッスマ星人を女の子に着せたようなデザインをしている。 ただし、うどん屋のマスコットという事もあって頭部から延びるツインテール グッスマ星人の手がモチーフ は実はうどんである。 ぐま子は本来、エイプリルフールネタであったため4月1日限定仕様のはずであったが、社内外から好評を博し、結果的にそのままもう1つのマスコットキャラとして定着している。 なお、グッスマ星人フィギュアはグッドスマイルカンパニーの「名刺」としても用いられている(フィギュアメーカーとしてのアピール。 ミカタンが主に用いるため「ミカタン名刺」とも呼ばれている)。 主な商品 [ ]• シュラキ・トリニティBOX - とのコラボレーション企画。 フィギュアとドラマCDなどがセットとなっている。 - 企画・開発は。 - 企画・開発は。 dicokick(アクセサリーブランド)• (アニメーション作品)• actsta(アクスタ) - act・statueの意。 - 、Cerevoと共同開発したラジオ受信機。 タレントマネジメント部門「WHOOPEE」 [ ] 俳優・タレント・声優の育成・マネジメント・プロモーションをおこなう部門として設立。 2012年をもって閉鎖。 過去の所属タレント [ ]• (業務提携) 作品一覧 [ ] アニメ [ ] グッドスマイルカンパニー [ ]• (2008)• (2009)• (2009)• (2010)• (2010、幹事、ビデオグラム、商品化)• 第1期・第2期(2010)• シリーズ(2011)• (2011)• (2011)• シリーズ(2011)• (2011)• (2011)• 第1期・第2期(2012)• (2012)• (2012)• シリーズ(2012、幹事、商品化)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2013)• (2014)• シリーズ(2014)• (2014)• (2014)• (2014)• (2014)• (2014)• シリーズ(2015)• (2015)• シリーズ(2015)• シリーズ(2015)• (2016、幹事、商品化、配信)• シリーズ(2016)• (2017)• (2017、ビデオグラム)• (2017)• シリーズ(2018、原作、幹事、商品化、配信)• (2018)• (2018)• (2018)• (2018、商品化)• (2018)• (2019)• (2019、スペシャルサンクス)• (2019、商品化) グッドスマイルフィルム [ ]• (2018、企画、プロデュース、音楽制作、宣伝)• (2018、企画、プロデュース、音楽制作、宣伝)• (2018、プロデュース、音楽制作、宣伝)• (2018、企画、プロデュース、宣伝)• (2019、宣伝プロデュース)• (2019年、プロデュース)• (2019年、音響制作)• (2019年、プロデュース)• (2020年) ゲーム [ ]• (2016、配信、宣伝)• (2019、商品化) その他 [ ]• (2016、海外配信)• シリーズ(2017、企画協力) モータースポーツ [ ] にラリージャパンに参戦したStreetLifeのメインスポンサーとなり、吉井崇博の運転するマシンにグッドスマイルカンパニーのロゴやイメージカラーなどをモチーフにしたカラーリングが施された。 よりのイラストをボディにあしらった仕様のGT300マシンで参戦したのメインスポンサーとなり、2010年からは子会社のがチームオーナーとなってこれを継承したチームで参戦している。 また、ので行われた「レジェンドカップ」においてはとなり、2014年シリーズの第2戦からはシリーズスポンサーとなっている。 「」および「」も参照 ドライバーである小林可夢偉と個人スポンサー契約をした。 当初の契約は同年の最終戦までであったが 、翌もシリーズ最終戦まで契約を延長した。 の契約では小林のに会社のロゴが記載されたが、の契約よりに会社ロゴが記載される。 / が代表・監督を務めると、フォーミュラ・ニッポンでの2012年シーズンのスポンサー契約を締結、マシンにロゴが記載される。 同時にドライバーの安田裕信ともパーソナルスポンサー契約を行い、フォーミュラ・ニッポンやSUPER GT GT500クラスでのスポンサーとなる。 2015年5月16日、17日に初開催される同大会の開催に参画し、社長の安藝がエグゼクティブプロデューサーを務める。 また上位3名に贈られるトロフィーのデザインも担当した。 関連・関係する企業 [ ] 関連会社 [ ]• 株式会社• 株式会社グッドスマイルフィルム• 株式会社グッドスマイルアーツ• 株式会社グッドスマイルパートナーズ• 株式会社ジュウロクホウイ• Ultra Tokyo Connection, LLC• 良笑(上海)商貿有限公司(グッドスマイル上海)• 良笑塑美 上海 文化艺术有限公司(グッドスマイルアーツ上海)• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社ギャラクシーグラフィックス 提携・関係会社 [ ]• 株式会社• 株式会社マックスグッドスマイルホールディングス• 株式会社ファット・カンパニー• 株式会社ネイティブ• 株式会社Gift• 株式会社TRIKT• 株式会社• 株式会社MEM• 株式会社ハイチューブ 出典 [ ]• アキバBlog内安藝のコラムより。 ,読売新聞,2014年6月27日• ,朝日新聞,2014年12月4日• グッドスマイルカンパニー. 2019年5月21日閲覧。 ,株式会社グッドスマイルカンパニー,2014年5月2日• F1 Gate. com. 2010年8月27日. 2010年8月27日閲覧。 オフィシャルサイト. 2010年8月27日. 2010年8月27日閲覧。 F1 Gate. com. 2011年1月30日. 2011年1月30日閲覧。 、有限会社グッドスマイルカンパニー、• ,Car Watch,2014年11月27日• Red Bull Air Race 2015年5月17日. 2015年9月7日閲覧。 ,株式会社グッドスマイルパートナーズ,2018年12月11日• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (女性スタッフによる社内公式ブログ 基本的に平日更新)• グッドスマイルレーシング• (ショールーム兼用の直営カフェ、との共同運営。 2014年3月閉店)• (ショールーム兼用の直営カフェ、との共同運営。 2014年4月オープン)• (GSC社内の独立ブランドとして設置されたフィギュアメーカーブランド).

次の

【就活生必見!?】グッスマ社員にインタビュー!~後編~

グッスマ

左から倉吉市市長・石田耕太郎氏、グッドスマイルカンパニー代表取締役社長・安藝貴範氏、鳥取県知事の平井伸治氏 竣工式の模様は、動画サービス「ニコニコ生放送」で放送され、グッドスマイルカンパニー代表取締役社長・安藝貴範氏、鳥取県知事の平井伸治氏、倉吉市市長の石田耕太郎氏、マックスファクトリー代表・渡辺氏、鳥取県出身の声優・下田麻美らが出演。 MCを声優の白石稔が務め、工場内の案内ツアーなどを行った。 「楽月工場」は、鳥取県が漫画やアニメから地域活性化に熱心に取り組んでおり、企業立地への行政支援の手厚さなどのサポートもあることから設立され、グッドスマイルカンパニーは全世界へ純国産、"メイドインジャパン"として商品を発信していくという。 国内工場出荷第一弾商品として、第二弾商品としてが発表されている。 ここでは、5日に行われた竣工式の模様をレポートしていこう。 鳥取県倉吉市は、鳥取県の中部に位置する人口は約5万人の市である。 竣工式に出席した安藝社長は倉吉市について「老後に一番住みたい町No. 1」と評価し、同じく竣工式に出席した鳥取県知事の平井氏が「老後を約束しますから、ぜひお墓を建ててください 笑 」とユーモアを交えて紹介した。 そんなグッドスマイルカンパニー初の国内工場の名前は「楽月工場」。 由来について安藝社長は「中国でも工場展開をしているのですが、最初に作った工場名が明月でした。 これは中国のチームと日本のチームがいつも同じ月を見ていること、美しいものを一緒に追いかけようということからつけた名前。 同様に上海の工場は如月だったので、今回は月つながりで楽月としました」と説明。 さらに「私は楽月 らくつき ではなく、ラッキーだと思っています。 ラッキーファクトリーです」と付け加えた。 これに倉吉市の石田市長は「楽月というとうさぎが餅をついているイメージ。 倉吉には天女伝説があるので、縁があるのかなと思います。 グッドスマイルカンパニーさんに来ていただいたことがラッキーですね」と応じた。 また、工場内には、安藝社長の旧友だというアメリカのアーティストが描いた巨大なイラストも描かれており、独特の存在感を放っている。 ホビーメーカーであるグッドスマイルカンパニーらしい遊び心といえる。 楽月工場は竣工したばかりということもあり、現在はラインのトレーニング中。 角田工場長は「楽月工場は港でいえば船に乗った段階で、まだ出稿できていません。 早く工場の本格稼働に向けてやっていきたいです。 お客様に喜んでいただくフィギュアを作っていくのが使命だと思っています」と意気込みを語っていた。 工場見学ツアー終了後、楽月工場の第一弾商品となる『桜ミク Bloom in Japan』と、第二弾商品『figma 馬』がお披露目された。 『桜ミクはグッドスマイルカンパニーにとって記念すべき500番目のねんどろいどであり、楽月工場での初生産商品となる。 3種類の表情とお花見セットが付属しており、春らしい透明感にあふれたねんどろいどだ。 また、お花見セットには倉吉市の名物である「打吹公園だんご」がモチーフに使われている。 最後に安藝社長は、「倉吉市は文化の香りが強い土地。 ラインで生産する方が多い土地でもあり、新しい技術を開発するには良い場所です。 日本でフィギュアを作っていくのは、ホビー業界にとっても大事な命題で、楽月工場も注目されています。 ここからもしかしたら歴史が変わるかもしれません。 地域の皆さんと手を組んでやっていきたいですね」と、同社初の国内工場にかける思いをコメントした。 グッドスマイルカンパニーの挑戦は、ホビー業界、そして倉吉市に何をもたらすのか。 業界の内外から大きな注目が集まっている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の