楽天モバイル 解約 タイミング。 MNPで楽天モバイルに!月末切替でベストな解約タイミング、日数は?

楽天モバイル解約の手順と解約時の注意点・おすすめ乗り換え先は?

楽天モバイル 解約 タイミング

楽天アンリミットに乗り換えをするとき、 月の初めてと終わり、どのタイミングがお得? 乗り換えるときの注意点はある? など、乗り換えるタイミングや、気をつけるべきことなど疑問点にしてまとめています。 2020年4月8日から、楽天モバイルが通信事業者として携帯電話サービスの提供をスタートしました。 シンプルでわかりやすいや、でお得に乗り換えができるということもあり、他社から楽天モバイルに乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか? できるだけお得に乗り換えをしたいのなら、 今まで契約していたキャリアと楽天アンリミットの月額料金がダブったりしないようにタイミングを見て乗り換えるのがポイントです。 楽天アンリミットに乗り換えるタイミングは月末がおすすめ 他社から楽天アンリミットに乗り換えをするなら、月の始めの方よりも、 月末に近いタイミングで乗り換えるのがお得なタイミングです。 月末に乗り換えをおすすめする理由は2つあります。 楽天アンリミットに契約したときの月額料金は日割りになる 大手キャリアの月額料金は日割りにならない 乗り換えをする場合、最初の月は「今まで契約していたキャリア」と「楽天アンリミット」の2つの通信料の支払いが必要になります。 どちらも使った分だけ日割りになればいつ乗り換えをしても問題ありません。 しかし、 大手キャリアの場合は 解約する月の定額サービスの料金は日割りにならないため、月の始めに解約をしてもその月の定額料は全額支払いが必要になります。 そのため、できるだけ月末に近いタイミングで乗り換えを行えば、 他キャリアの定額料金と楽天アンリミットの定額料金のダブりを最小限にして楽天アンリミットに乗り換えることができますよ。 楽天アンリミットの初月は日割りになる 楽天モバイルでは、「 月途中での契約や解約の場合、その月の料金は利用日数分の日割りとなる」ということがはっきりと記載されています。 なので、楽天モバイルの料金プラン「」は月額2,980円ですが、月の途中の契約なら日数分の料金として日割りで請求されるため、 月末に近ければ近いほど月額料金が安くなります。 ここで心配になるのが、 キャンペーンで損することがないのか? という点ではないでしょうか。 他社の場合、月額料金が割引になるキャンペーンが開催されると、ほとんどの場合で月単位での割引になっています。 つまり、月の途中でも1か月分としてカウントされてしまうため、月の初めに契約した方が割引期間が増えてお得ということになりますね。 現在、楽天モバイルでは料金プランが行われています。 アンリミットの月額料金2,980円を1年間無料で利用できるお得なキャンペーンですが、こちらは 【開通日から1年間無料】になるため、 どのタイミングで契約しても損することがありませんので安心してください。 例えば、4月8日に開通した場合、12カ月後マイナス1日まで無料となるため、翌年の4月7日までの月額料金が無料となります。 翌年の4月分の月額料金は7日までの分は無料となり、8日以降は日割りでの請求となります。 したがって、どのタイミングで楽天アンリミットを契約しても、1年間無料キャンペーンは変わらず適用可能です。 大手キャリアの解約時の月額料金は日割りにならない 一方で、 ドコモやau、ソフトバンクの定額料金プランは、解約時は日割りにならないということが注意事項に記載されています。 したがって、月の途中で解約をしても月末に解約をしても、 料金プランの定額料金が日割りになることはなく、丸々支払いをしなくてはなりません。 使っていない日数分も支払いが必要と考えると、できるだけデータ量を使いきってから乗り換えた方が定額料を無駄にしないのでお得ですよね。 ただし、大手キャリアではなく、格安スマホの通信会社では、解約時の料金は日割りにしているところもあるようです。 その場合は、月額料金を余計に支払うことがないので、楽天アンリミットに乗り換えるタイミングはいつでも大丈夫ですよ。 自分が契約している通信会社の 料金プランが日割りになるかどうかでタイミングが変わることがあるので、楽天アンリミットに乗り換える前に、解約時の料金の支払いが日割りになるかしっかり確認しておきましょう。 ソフトバンクからの乗り換えの場合は締め日に注意 楽天モバイル・ドコモ・auの締め日は、月末しかありません。 しかし、 ソフトバンクの締め日は、10日・20日・末日の3つの締め日があるので、解約するタイミングには注意しなくてはなりません。 例えば、自分が30日締めだと思って25日に解約したら、実は20日締めで、さらに1か月分月額料金を支払うことになってしまうということになります。 ソフトバンクから楽天アンリミットに乗り換えを検討している人は、ソフトバンクの締め日がいつになっているか確認しておき、 ソフトバンクの締め日に合わせて乗り換えるようにしましょう。 楽天アンリミットにオンラインで乗り換え手続きをする場合の注意点 楽天アンリミットでは、オンラインで契約手続きを行うことができます。 オンラインで乗り換え手続きを行うと、契約完了後にスマホの本体やSIMカードが楽天アンリミットから発送されます。 SIMカード到着後に開通作業した日が契約開始日 自宅に商品が届くまでの日数は、 「最短で2日」です。 したがって、万が一月末に乗り換え手続きをしてしまうと、商品が届くのは翌月の始め頃になってしまいます。 乗り換えの場合は、楽天アンリミットのSIMカードをスマホに挿して、開通作業を行った時点から契約が開始されます。 つまり、 オンラインで契約をした場合の楽天アンリミットの契約開始日は、 契約手続きを行った日ではなく「SIMカードが届いて開通作業を行った日」ということになります。 月末ギリギリに手続きをしてしまうと、開通時期のタイミングがずれてしまうのです。 乗り換えの場合は、 楽天アンリミットで開通作業を行ったと同時に、今まで契約していたキャリアの契約が解約となるという点でも注意が必要です。 なので、オンラインで楽天アンリミットを契約するときは月末ギリギリではなく、少し余裕をもって前もって契約するのがおすすめ。 MNP予約番号の有効期限:15日間 乗り換えをするときは、MNP予約番号という10桁の番号が必要です。 予約番号の有効期限内に開通手続きを行えばいいので、 早めに手続きを行って月末ギリギリに開通作業をするというのも可能です。 MNP予約番号の有効期限から逆算すると、その月の15日以降に予約番号を取得してオンラインで契約手続きをすれば、月末まで有効期限があります。 月末ギリギリまで開通作業を行わずにタイミングをずらして楽天アンリミットを始めることができますよ。 MNPの開通手続きのタイミング 楽天アンリミットから製品が届いたら、 自分でを行う必要があります。 この時の開通手続きの受付時間によって、完了するタイミングが異なるということも注意しなくてはなりません。 受付時間 MNP完了時間 9:00~21:00 当日中 21:01~翌8:59 翌9:00以降 開通手続きの受付は、楽天アンリミットでは24時間受付けています。 しかし、 当日中の受付時間以外の時間帯に手続きを行った場合は、翌日の9時以降の完了となってしまいます。 なので、月末の21:00ギリギリに開通手続きを行ってしまうと、翌日にずれ込んでしまう可能性があります。 完了時間がずれてしまわないように、開通手続きは受付時間に余裕を持った時間に行うようにしてくださいね。 また、 MNP予約番号の有効期限ギリギリになっても開通手続きが行われない場合、自動的に開通手続きが行われることもあるので、自分の予定よりも早めに開通してしまうということもあります。 楽天アンリミットに乗り換える前に解約金がかからないかも確認 楽天アンリミットに乗り換える場合、 契約している会社で定期契約などを利用しているかどうかもチェックしてみましょう。 2019年9月以前は、多くのキャリアで2年の定期契約を申し込むことで月額料金を安くするプランを提供していました。 2年ごとの更新期間以外に他社へ乗り換えをしたり、解約したりする場合や、定期契約を廃止するというようなことを行うと、9,500円の解約金の支払いが必要です。 もし、現在契約しているキャリアで定期契約を申し込んでいる場合は、楽天アンリミットに乗り換えることで解約金が発生する可能性があるので、もしも あと数カ月で更新期間になるという場合は、更新期間まで待ってから乗り換えをすることをおすすめします。 ちなみに、2019年10月以降電気通信事業法が改正されたことにより、各キャリアでは、定期契約の解約金がないプランや、解約金を1,000円程度まで値下げしたプランなどを新たに提供しました。 新しい料金プランで契約している場合は高額な解約金の支払いなどはなく、いつでも好きなタイミングで楽天アンリミットに乗り換えることができるようになりました。 ただし、ここで注意してもらいたいのが、 2 01 9年9月以前の料金プランで契約していた人は、自動で新プランに変更にはなっていないという点です。 解約金がかかる以前のプランから新プランに自分で変更手続きをしていない場合は、9,500円も解約金の支払いが必要なことがあるため、自分の契約情報がどのようになっているのか、事前にしっかり確認しておくことをおすすめします。 楽天アンリミットに乗り換えるタイミングのまとめ 楽天アンリミットに乗り換えるタイミングや注意点• 契約するタイミングは月末がおすすめ• オンラインで乗り換えるなら15日~20日の間に申し込むのがベスト• ソフトバンクの場合は締め日が3つに分かれているのでタイミングに注意• MNPによる開通手続きは、21:00以降になると翌日の開通になってしまう• 解約金がかからないか契約内容の確認をすること 他社から楽天アンリミットに乗り換えるタイミングや、気を付ける点について解説してきました。 楽天アンリミットでは、 契約月の月額料金は日割りで利用することができますし、現在は アンリミット申し込みキャンペーンで1年間月額料金が無料になるキャンペーンも行われています。 したがって、 楽天アンリミット側で乗り換えるタイミングというのは、基本的にはいつ乗り換えても損するということはありません。 ただし、現在契約している他社回線では、 解約月の月額料金が日割りにならない場合や、解約金がかかる場合などタイミングに注意しなくてはならない点があります。 現在契約しているプランでは、解約金がかかるのか、定額料金は日割りにならないのかという点を確認してから楽天アンリミットに乗り換えることをおすすめします。 オンラインで楽天アンリミットを申し込む場合は、月末ギリギリだとSIMカードが届かないという問題があるので、配送日時を考えて 少し余裕を持った日にちに契約を行うようにしましょう。

次の

楽天モバイルの解約方法と違約金|SIMカードの返却や乗り換えまで徹底解説

楽天モバイル 解約 タイミング

Rakuten UN-LIMITの料金は日割りになる? 楽天モバイルに日割りはない まず、楽天モバイルの月額料に日割り計算はありません。 楽天モバイルの契約は月単位のため、日単位での契約ではないためです。 この説明は、楽天モバイル公式の『注意事項』にもあります。 日割り計算はないため、どのタイミングで契約しても、月額料金は満額になります。 オプション代も日割り計算なし オプション代も日割り計算はないです。 同じように月単位での契約になるためです。 この説明は公式ページの各オプションの注意事項にも記載がありました。 新規契約は月末より月初がお得 このように、楽天モバイルでは日割り計算がないので、新規申し込みは月初がお得です。 1カ月分の月額料で、ほぼ30日間使えるためです。 もし、月末での申し込みを考えているのであれば、一旦待って、月初に楽天モバイルの申し込みをされることをおすすめします。 ただし、Rakuten UN-LIMITは1年間無料なので、いずれにしても12カ月間はタダでスマホが使えます。 Rakuten UN-LIMITは1年間無料! 楽天モバイルの利用開始日と注意点 楽天モバイルの利用開始日で注意すべきは1つです。 申し込みした日は利用開始日ではない 楽天モバイルの申し込みした日が利用開始日ではないです。 つまり、名前や住所、支払い情報を登録した日ですね。 この日は、利用開始日ではないので注意です。 もちろん、本人確認書類をアップロードした日でもありません。 開通した日が利用開始日になる 楽天モバイルは開通した日が利用開始日になります。 つまり、商品がご自宅に到着し、楽天モバイルが使えるようになった日です。 MNPによる乗り換えをした場合は、商品がご自宅に到着し、楽天モバイルへMNP転入した日です。 この日が利用開始日、つまり契約開始の日付になります。 楽天モバイルは配達日を指定できる もし、月末に申し込みし、月初に楽天モバイルを使いたい場合は、配達日を指定しましょう。 楽天モバイルは申し込みの途中で、配達日と配達時間を指定できます。 配達日は申込日から7日後まで指定できるので、配達日を月初にすれば、利用開始日=月初で利用できます。 気になる方、開通日が月初になるように申し込みましょう。 ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルから乗り換え ドコモ・au・ソフトバンクからの乗り換えの場合、月初でも月末でもほとんど変わりません。 理由は『ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルの解約月も日割り計算がない』ためです。 月初・月中・月末のどの時点で乗り換えても、その月は『ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルの料金』+『楽天モバイル料金』がかかります。 つまり、自分の好きなタイミングで乗り換えるのが、一番いいです。 UQモバイルから乗り換え UQモバイルからの乗り換えの場合は、月初の乗り換えがお得です。 理由は、UQモバイルの解約月は日割りの計算をしてくれるためです。 正確に言うと、『セキュリティサービス』『通話明細サービス』の2つのオプションサービスのみ日割りなしですが、その他の料金は日割りにしてくれます。 月初で申し込むと『UQモバイルの日割り分』+『楽天モバイルの料金』になり、少し料金がお得。 プランにもよりますが、 月末で乗り換えるよりも2,000円くらいお得になるはずです。 その他格安SIMからの乗り換え 「その他の格安SIMはどうなるの?」って方もいると思います。 UQモバイル以外の格安SIMの日割りについても調べました。 それが、以下の表です。 【日割りと乗り換えタイミング】 格安SIM 日割り タイミング 月初 or 月末 mineo あり 月初 OCNモバイルONE なし どちらでも同じ LINEモバイル なし どちらでも同じ BIGLOBEモバイル なし どちらでも同じ IIJmio あり 月初 このように、 mineo マイネオ とIIJmio みおふぉん からの乗り換えなら、月初がお得です。 『解約月の日割り料金』+『楽天モバイルの料金』になるためです。 OCN・LINE・BIGLOBEからの乗り換えは、月初と月末のどちらでも同じです。 どの時点で乗り換えても、『それぞれの満額の料金』+『楽天モバイルの料金』になるためです。 以上が、月初or月末の乗り換えのタイミングでした! MNP乗り換えも、Rakuten UN-LIMITの公式ページからです。 \Rakuten UN-LIMITは 1年間無料/ Rakuten UN-LIMITの日割りとタイミング【注意点】 最後に注意点をご紹介します。 MNP転入の完了日がキャリアの解約月 楽天モバイルのMNP転入の完了日(開通日)が、今まで使っていたキャリアの解約月になります。 つまり、キャリアからMNP転入する場合、 月末ギリギリに手続きすると翌月もキャリアのスマホ代がかかる事になるので、日程には余裕を持って乗り換えましょう。 楽天モバイル解約の日割り計算 最後に楽天モバイルの解約時でも、日割り計算はないです。 ご紹介したとおり、楽天モバイルの契約は月単位のためです。 契約時とのちがいは、 解約の締め日は毎月の15日であることです。 つまり、 月末に解約すると翌月分の月額料も発生しますので、楽天モバイルの解約時は注意しましょう。 以上が、楽天モバイルの料金とタイミングの注意点でした! 【まとめ】Rakuten UN-LIMITの日割りと利用開始日 さてこの記事では、楽天モバイルの日割り計算と乗り換えのタイミングをご紹介しました。 改めますと、 楽天モバイルには日割りはないので、申し込みは月初が一番お得です。 また、『UQモバイル』のように、日割り計算があるキャリアからの乗り換えも、月初の乗り換えがお得。 逆に、『ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル』のように、日割り計算がないキャリアからの乗り換えは、月初と月末のどちらも同じです。 ご自身の好きなタイミングで乗り換えましょう。

次の

楽天モバイルにMNPで乗り換えるタイミングは?お得な契約時期!

楽天モバイル 解約 タイミング

マイページにログイン• 「登録情報・設定変更」メニューの「楽天モバイル解約申請」を選択• 同意にチェックを入れ「解約手続きに進む」を選択• 「楽天モバイル解約申請画面に進む」を選択• 解約されるタイミング マイページで解約手続きしても、即座に解約されるわけではありません。 解約タイミングは月末日です。 解約手続きしても、月末日までは通話やデータ通信が使えます。 また、手続きしたタイミングによって、実際に解約される日が異なります。 15日までに手続:当月末解約• 16日以降に手続:翌月末解約 当月末で解約するためには15日までにマイページで手続きしなければいけません。 16日以降に手続きしても解約は翌月末になるので注意してください。 楽天モバイルMVNO解約時の注意点 電話/店舗で解約できる? 楽天モバイルのドコモ・au回線の解約はマイページからのみです。 電話・マイページや店舗では解約手続きができません。 店舗で解約しようと思っても結局マイページへ案内されると思います。 16日以降の解約は翌月末 前章で解説したとおり、楽天モバイルでは15日までに解約申請すれば当月末に解約になります。 16日以降に解約申請した場合、解約は翌月末になりますので注意してください。 月末までは通話もデータ通信も可能です。 よって、 解約月の料金は1ヶ月分全額請求されます。 日割り計算はされません。 利用開始月に解約したら? 楽天モバイルは利用開始月は基本料金がかかります。 スーパーホーダイ:プランSと同額• 組み合わせプラン:全額請求 利用開始月に解約した場合も上記の料金が一ヶ月分かかります。 解約にかかる手数料 解約手数料は不要 楽天モバイルの 解約には手数料はかかりません。 ただし、音声通話SIMとエントリーパッケージで申し込んだデータSIMは、次章で解説する違約金が掛かる可能性があります。 しかし、最低利用期間をすぎる前に解約する場合は 契約解除料(違約金)が発生します。 楽天モバイルの 最低利用期間・違約金はプランによって異なります。 また、2019年10月にルールがかわりましたので、契約日によっても異なります。 音声通話SIM 音声SIMの最低利用期間は以下のとおりです。 <音声SIMの最低利用期間と違約金> プラン 契約日 最低利用期間 スーパー ホーダイ ~2019年 9月 1・2・3年から 選択 2019年 10月~ なし 組み合わせ プラン ~2019年 9月 12ヶ月 2019年 10月~ なし スーパーホーダイも組み合わせプランも、 2019年10月以降に契約した方は最低利用期間も違約金もありません。 一方、 2019年9月末までに契約した方は最低利用期間が設定されています。 組み合わせプランの最低利用期間は12ヶ月です。 スーパーホーダイは1年・2年・3年を自分で選択しているはずです。 最低利用期間をすぎる前に解約すると、 9,800円の違約金が発生します。 データSIM データSIMには最低利用期間・違約金はありません。 ただし、2019年9月末までにエントリーパッケージを利用して契約した方は6ヶ月間の最低利用期間が発生しています。 転出後はSIM返却が必要 楽天モバイルを解約した後にはSIMカードの返却が必要です。 返却しなかったからといってペナルティはありませんが、余裕があれば返却しましょう。 SIMカードの返却先は以下の通りです。 <返却先> 〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイル SIM返却係 返却の送料は各自負担が必要です。 端末の残債は継続支払い 端末代金を24回支払い終える前に解約する場合、 端末は解約後も継続して請求されます。 楽天モバイルの端末代金支払いは24回払いもできますが、これは支払いに登録したクレジット会社の分割支払機能を使っています。 楽天モバイルからの請求が24回に分かれるわけではありません。 よって、 楽天モバイルを解約した後も端末代金の残債はクレジットカード会社から継続して請求されます。 解約のお得なタイミングは? どうせ解約するのであれば、できる限りお得に解約したいですよね。 この章では、楽天モバイルを解約するのにお得なタイミングを解説します。 最低利用期間終了後 すでに解説したとおり、楽天モバイルのドコモ・au回線を契約している方は最低利用期間が設定されている場合があります。 2019年10月以降に音声SIMに契約した方は最低利用期間・違約金はありませんのでいつ解約してもOKです。 しかし、 2019年9月末までに契約した方には最低利用期間が設定されており、最低利用期間をすぎる前に解約すると違約金が発生します。 2019年9月末までに契約した方は できる限り最低利用期間終了後に解約しましょう。 楽天モバイルの違約金は9,800円です。 いつ解約しても9,800円ですので、相当痛い出費です。 データ容量は使い切ろう 解約すると、これまで貯まっていたデータ容量は全てなくなります。 よって、繰り越しでデータ容量が貯まっている場合はせっかくですので使い切りましょう。 繰り越しデータがたくさん余っている場合は、 最終月だけ小さい容量にプラン変更すれば、繰り越しデータを無駄なく使えて基本料金を安く抑えられます。 解約は月末がお得? 楽天モバイルは月途中に解約手続きしても実際に解約されるのは月末なので、 いつ解約しても変わりません。 ただし、解約したい月の15日までに必ず手続きしておきましょう。 16日以降に解約手続きしても、解約されるのは翌月末になります。 転出先のキャンペーンを確認 楽天モバイルを解約して他の格安SIMに契約する場合は、 乗り換え先のキャンペーンを必ず確認しましょう。 格安SIMの料金はどこもあまり変わりませんが、キャンペーンが実施中かそうでないかでお得度は大きく異なります。 必ずキャンペーンを適用しましょう。 各格安SIMのキャンペーンは下記で確認してください。

次の