空母機動部隊 演習はじめ。 艦これ 任務「空母機動部隊、演習始め!」

空母機動部隊、演習始め!

空母機動部隊 演習はじめ

net アメリカ海軍は、空母3隻を中心とする艦隊が11日から4日間にわたって西太平洋地域で演習を実施すると発表しました。 アメリカ国防総省の当局者は、演習が実施される海域は日本海になるとしていて、北朝鮮に対する圧力をさらに強める狙いがあると見られます。 神奈川県の横須賀基地を拠点とするアメリカ海軍第7艦隊は、空母「ロナルド・レーガン」と「セオドア・ルーズベルト」、それに「ニミッツ」の3隻を中心とする艦隊が、11日から今月14日まで、西太平洋地域で演習を実施すると発表しました。 アメリカ軍が西太平洋で空母3隻による演習を実施するのは2007年以来、10年ぶりです。 演習では艦船を敵の攻撃から守る訓練などが行われる予定で、アメリカ太平洋艦隊のスウィフト司令官は声明で、「太平洋艦隊の比類なき能力とこの地域の安全と安定への断固たる決意を示す強固な証しだ」と意義を強調しました。 演習が実施される海域について、アメリカ国防総省の当局者は、NHKの取材に対し「日本海になる」としていて、今回の演習には北朝鮮に対する圧力をさらに強める狙いがあると見られます。 トランプ大統領は、8日訪問先の韓国での演説で、「われわれは最も巨大で完全装備の空母3隻と原子力潜水艦など、世界最強の軍事力を展開している」と述べ、北朝鮮に対するアメリカの軍事的な態勢は万全だと強調しています。 北朝鮮 トランプ政権に連日反発 北朝鮮は、国営メディアを通じて連日、トランプ政権に反発しています。 9日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、論評で、トランプ政権が韓国とその周辺に原子力空母をはじめとした戦略兵器を集結させていると非難し、「この険悪な事態を収拾すべき責任は、全面的にアメリカにある」と主張しました。 そのうえで、「アメリカが敵視政策と核の威嚇を終わらせないかぎり、それに核で対抗することはわれわれの自衛的な権利であり、このような原則的立場は今後も変わることはないだろう」と核開発を正当化し、アメリカに対北朝鮮政策の転換を要求しました。 net どうかな? 東日本大震災の時は日本の半分が機能不全になったに等しいのに、日本円がバク上げしたし。 比較的安全資産である日本円を舐めたらいかんと思うぞ。 81 ID:3usmWWAV. 88 ID:AiRkpUWR. net 空戦では北は勿論中露もアメリカには勝てない。 中露が半島に参戦するつもりなら、勝つには核しかないね。 まあ核戦争やらんだろうけど。 ひょっとするとマジで米中で話し合い付いたかもね。 30 ID:ywFq0SoN. net 【フロントミッションの、O. 応化戦争記 ハルビンカフエ 小説 寒河江伝説 人間狩り 東北州 2030年 小説 東京デッドクルージング 小説 2055年までの人類史 平成30年〜上下〜 漫画 机上の九龍 映画 天国の大罪 ここら近未来予測本。 東北以南の日本列島が、少子高齢化社会テラ加速、 各種増税傾向と、円安インフレ誘発、 スタグフレーション気味へ。 TPPみたいな 外国人奴隷のテラ受入れ、 各種規制が強制的に破壊、大幅緩和。 ロシア、支那、チョンなどのキチガイウヨマッチョ化、 銭ゲバゴリマッチョ化のはておきた 「大動乱」であるユーラシアマゲドン後。 アジア太平洋、チョンなどからの、 多民族流入で雑多化、治安崩壊、気候変動で マッドマックス2以降化、GTA-Japan-化、Fallout-ASIA-、 ジャングル化する、近未来日本。 そんなモヒカンヒャッハー暴力銃社会な、日本列島。 38 ID:CeTwl1mp. 21 ID:Bq40G30s. 94 ID:UFRuuqwla 何れにしろ、 北の核保有を容認するにせよ外科手術をするにせよ 今年中に結論は出る。 何も起こらなかったら前者だよ。 中ソ同盟軍、ユニオン圏が、1970年代に北海道を武力制圧。 エゾに改名。 モデルは、1970年代の、トルコと ギリシャの、 キプロス侵攻、キプロス南北分断 ソ連崩壊後も、ユニオンが、いまの、SCO 上海条約機構のノリで 軍事同盟とし存続したという設定。 ユニオン圏が、エゾに次世代大量破壊兵器、次元書き換え兵器を設置、テスト作動を繰り返す。 27 ID:oNXMhqOH. 49 ID:KKMytOB1. 69 ID:LeE8dYIR. 71 ID:68XVc9TA. 27 ID:vcsJxDxh. net まぁ、こうやっているダケで韓国から外貨が逃げ出して経済が疲弊するからな キツイのは北朝鮮よりもむしろ韓国だろ これはヘタレ韓国に対する脅しでもある。 03 ID:MCW8auzm. net 2002年 故 打海 文三 著 ハルビンカフエ 近未来、 福島原発事故、中 ロ 朝鮮半島で 繰り返された、東アジア同時多発大戦後、 アジアテラショックで日本の治安、 日本円の価値が、デノミ、預金封鎖 クラスの破綻。 治安は、半内戦国であるフィリピン、メキシコ、 ミャンマー、今のエジプト、北スーダン、トルコ、パキスタンあたりのレベルに。 そんな、GTA ジャパン状態になった、 日本海沿岸の府県警の警察有志が 怒りにもえ組織した、 日本版 暗部、処刑部隊「P」 2004年 故 打海 文三 著 応化戦争記 この近未来予測ノベル 「近未来、応化という年号。 グローバルテラマネーゲームの いきついたはておきた、 第二次世界大恐慌、グローバルテラショック。 中 ロ 朝鮮半島で起きた、 ユーラシア大戦、ユーラシアマゲドン後の、 マッドマックス サンダードーム、 マッドマックス 怒りのデスロード、 Falloutあたりレベルに荒廃した モヒカンヒャッハーオールスターズな、 日本列島・旧中国 朝鮮半島・旧ロシア沿海州 荒れ果て、銃社会になった日本。 」 「そんな銃社会になった荒れはてた、GTAー日本ーを実効支配 する、日本政府のなれの果て、 日本国防軍事評議会。 93 ID:pK565Kje. 83 ID:EphEqbqX. net 原子力空母なんで、ほとんど燃料代変わらん。 43 ID:MjEezrPh. 32 ID:KdHpjjsy. 99 ID:lYwI3yrC. 41 ID:V21XesSt. この米韓演習と同時併行して、より期間が長い演習を 日米加の36隻で日本海のすぐ横 100kmぐらい でやっている(海自は25隻で、演習に投入できるほば全部隊) 本当はここに米空母3隻など、韓国からの数隻加えた50隻の演習だったのを 分割している。 25 ID:MWlNEaFs. net 寺島実郎社長 「韓国はトランプ大統領に独島海老や慰安婦とハグさせたりが反日演出をやってきた。 13 ID:ZJpAoj6K. net このハゲー、チョンww! ち. 日本国民の生命財産安全を奪われて日々脅かされて多くの被害者は泣寝入りです。。。................... 米朝戦争で北朝鮮破壊消滅で総連民団解体消滅で大幅な憲法改正で規制強化などで凶悪犯罪は激減撲滅で安心安全な日本誕生です。。。。................ 寄生虫なりすまし日本人は半島へ強制送還、、、、 朝鮮人は戦々恐々です笑www! 最強圧力強化日米同盟。。 頑張れ米軍トランプ大統領。。。... 77 ID:Gj4BDS4k. 訓練は、海上自衛隊の護衛艦3隻と、 アメリカ海軍の空母3隻を中心に行われ、 連携して陣形を変更する演習などが行われた。 日本海にアメリカの空母3隻と大機動部隊が そろって、日本の海上自衛隊と演習を行うのは 初めて。 日本海を、米空母が三隻、三個機動部隊が航行 するのは、 朝鮮戦争、日中太平洋戦争以来、最大級。 ベトナム戦争、リビア空襲、湾岸戦争、ユーゴ紛争に 匹敵。 また、アメリカ軍が公開した映像から、 アメリカ空軍のB1-B大型超高速爆撃機2機も 参加していて、 露・中・イスラム圏・北鮮の、 SCO上海条約機構、 いわゆるユニオン圏Orエルジア圏に対する、 日米安保同盟の強い抑止力を示す訓練となった。 78 ID:u7c1mIky. 22 ID:LVv91J14. net 中国、露も米軍と共同訓練やればいいのに?臆病な金正恩がテーブルにつくかもしれないのにね。 58 ID:b7uLaCj9. そこで私は竹島=独島問題研究ネットワークを 立ち上げてインターネット上で竹島=独島に関する情報の交換をおこない、 その時に知り合った島根大学の内藤正中名誉教授とともに、二〇〇七年には 『竹島=独島論争』(新幹社)を出版しました。 この本は実証的な記述が評 価され、日本図書館協会の選定図書に選ばれ、多くの図書館に備えられまし た。 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 15 ID:b65BWtmA. 20 東大で開かれた朝鮮史研究会例会の報告要旨。 池内の同書に対する書評はすでに『独島研究』20号にて発表されている ()。 今回の報告はそれに加え、ラスク書簡に対するフォローの欠如が指摘された。 ラスク国務次官補は韓国へ 「独島(竹島)は我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してない」と記した書簡を 送ったが、それに対する韓国の返事について池内は著書でふれていない(池内は歴史家として国際法関係 に深入りするつもりはないと述べた)。 一方、勅令41号の石島はどの島である可能性が高いと考えるか という質問に対し、池内はそう聞かれれば竹島(独島)と答えざるを得ないと語ったことが注目される。 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 48 ID:Ay9DDSgq. 08 ID:GxwHvQLw. net これで北も更に追いつめられるな、自滅するのが先か無謀にも打って出るか、ワクワク。 91 ID:jHONoucR. 竹島・独島への訪問は、日本人であっても大きな困難を伴わなかった。 念のため、海洋警察署を訪ねたうえで行った が、一般の韓国人と同様であった。 竹島・独島では、「対立の島」や「紛争の島」であることを実感できなかった。 その代わりに、自然豊かな大きな「岩」という印象を受けた。 (筆者が訪問したインドシナ半島)プレアビヒア寺院周辺のカンボジアータイ国境は、竹島・独島をめぐるもの よりも厳しい対立のもとにあった。 その一方で、国境の開放やこれをとおした交流の活性化に向けた取り組みが進行 しつつある。 このことから、竹島・独島が今後、「対立の島」から「交流の島」へと変わっていくことも不可能では ないと考えられる。 PW必要 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 18 ID:OCExHxyq. net いや、いますぐ、大艦隊が、 ユニオン圏北チョンを先制核攻撃するんだそw マレーシアでのキムジョンナム公開暗殺、 VX猛毒必殺テロ 火星シリーズ移動式長距離ミサイル多数乱射 短期間連続核実験 グローバルサイバーテロ 白人大学生ワームビア虐殺 ここらで、すでに、アメリカには、いますぐ、 北チョンへの飽和核戦争の大義名分ができた。 38 ID:Evniw43j. net ただ、トランプ大統領も臭禁屁もブスッとした顔しているな。 歓迎セレモニーでもトランプは京劇まがいのダンスにうんざり顔していたが、 メラニア夫人はまじめに見ていたな。 35 ID:eBzaNl3F. この三国(地域)が核となって、タイやシンガポール、香港などとの協力体制を構築し、 最終的には三国(地域)が中心となってAC Asian Community の構築を考えてもいいように思われる。 中国が民主化するまでは、 三国(地域)の協力関係は、地域の安定と平和および発展にとって不可欠なものといえる一面があることも考慮する価値はある とも考えられる。 PW必要 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 18 ID:cy3Nx8Rx. 問題の最終解決は、今の私には見通せない。 しかし、 最終解決に至る前の不可欠の道標として、一つの原則と三つの内容を提案したい。 一つの原則は、話し合いによって解決を試みることである・・・ その対話の内容は何であるべきか。 第一に、竹島問題を政治的に棚上げする・・・ 第二に、法的・歴史的側面を含む対話を、民間レベルから始めて行う・・・ 第三に、竹島を平和と協力の島として活用する・・・ 究極の課題は、竹島という日韓の間にささった棘を、お互いのプライドを傷つけない形でうまく抜くことができるかにかかっ ている。 そのために必須なのは、日韓が相手の国を信用できる国と思えるか否かということである。 国を信用できるかというこ とは、抽象的な概念としての国家が信用できるか否かという問題ではない。 その国を構成する指導者が、国民が、人間が信用で きるか否かという問題である。 PW必要 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 34 ID:SCr70d38. net アニメ クロスアンジュ 14話 「アンジュとタスク」 汎大陸同盟機構と統合経済連合との あいだで、 第7次世界大戦までおこした世界。 安保法制 集団的自衛権武力行使、 国際平和治安維持武力行使での どちらかの陣営に属し、 大戦のはて、廃墟と焦土と瓦礫の、 白骨死体の山になった、日本。 67 ID:SCr70d38. net まあ、日本人なんて、ここ13年の、 デフレ長期化前、明治、大正、昭和時代後半までは、 しょっちゅう、都市暴動を起こしてたからなw もうすぐ、 朝鮮核戦争、東亜大戦でのEMP攻撃での東アジアでのインフラ全停止。 日本本土への、 火星シリーズ、北極星シリーズ移動式中距離ミサイルでの、同時多重核攻撃。 想定外のM8. 6という巨大地震になる、平成関東大震災 平成南海トラフ超巨大地震と 琉球海溝巨大地震での、 東アジア沿岸部 同時連動型超巨大地震。 ここらで、もうすぐ東京や大阪で、 自公アベノ・ スタグフレーションからの巨大暴動がおきそうw 1960年あたり 日米安保関連暴動 自民党・岸政権崩壊、山谷暴動、西成暴動多発 1973年 上尾駅暴動事件、首都圏 国電ターミナル駅同時多発大型暴動。 1980年代半ばまでは、今も、東京都内での健康格差が 東京都西部に比べ、非常にでかい、 準スラムな東京都東部、山谷地区あたりでは、労務者らの、 都市暴動が10年に1度は発生。 1990年 ショウワノミクス巨大バブル崩壊寸前、 自公アベノミクスとおなじ ショウワノミクス巨大バブルでの超低金利政策、金融緩和政策。 株価と不動産つり上げ、円安インフレ誘発、湾岸危機での石油価格上昇加速。 この時代は、ここ10年ぐらいの、デフレではない状態。 これらに、イラついた若年層が、西成警察汚職糾弾デモに便乗。 西成暴動で最大の、第22次西成暴動が発生。 2008年 自公麻生政権 自公コイズミノミクスいざなみ景気末期。 リーマンショックに、石油価格上昇末期も重なり、小規模だが西成暴動発生。 95 ID:vrcgnssG. 16 ID:J4OW2L7c. 63 ID:EhzIuIUB. >半月城先生、ご専門の国際法の立場から、竹島=独島が韓国領である法的根拠 >についてご教示下さい。 フォークランドのように植民地がらみの国際紛争となると、国際司法裁判 所や国連安保理に解決を望むのはしょせん無理な相談になります。 両者におい ては古い狼どもの国際法ががぜん力を発揮するなど、帝国主義時代の亡霊がよ みがえるからです。 古い狼どもの弱肉強食式国際法でいえば、日露戦争当時の日本による竹島= 独島の軍事占領 1905 は合法的だったといえます。 しかし、それは道義的に不 当なものであったため、結局、竹島=独島は連合軍のSCAPIN 677で日本から 切り離される形で仮清算がされました。 仮清算とはいうものの、その後はこれを補強する指令 SCAPIN 1033 はあ っても、逆にそれを明らかに否定したり覆したりするような国際的な取り決め がまったくありませんでした。 もちろん、国務次官補(ラスク)から韓国大使への書簡などは国際的な取 り決めではないので、国際的に効力を発揮しないことはいうまでもありません。 さらに、サンフランシスコ講和条約や日韓条約においてすら竹島=独島は 一言半句の記述もありませんでした。 その結果、竹島=独島に関するかぎり SCAPIN 677は有効なまま残り、最終的に韓国政府に引き継がれました。 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! 半月城教授GJ! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! ネトウヨ完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 歴史マニア完全敗北! 半月城教授完全敗北! 半月城教授完全敗北! またまた半月城の主張は否定される! 竹島=日本領に確定! 論破済みのコピペを貼って在チョン大惨敗!!! 在チョン涙目! そろそろ在チョンの謝罪土下座まだ? www 総レス数 151 55 KB.

次の

艦これ 任務「空母機動部隊、演習始め!」

空母機動部隊 演習はじめ

宇垣纏参謀長は司令部の雰囲気が、「さては敵の機動部隊の激撃なる、よき敵御座んなれ、第二次攻撃は速に之に指向に、先づ敵空母を屠り、残敵を如何に処分すべきかと楽観的気分に在り」と述べている。 「敵ラシキモノ10隻ミユ、ミッドウェーヨリノ方位10度、距離240浬、針路150度、速力20節以上」、重巡「利根」4号機が報告したこの位置は、全くの出鱈目だった。 空母「蒼龍」の高速偵察機 彗星の試作機 2機の投入を命じるが、「利根4号機」の報告位置が出鱈目 実際は100km以上も離れていた だった為、結局発見できなかった 無駄足。 なら、なぜ出鱈目な位置を報告し、再三再四【方位測定用電波輻射セヨ!】を督促されても、位置確認用の長波輻射をしなかったのか? また最初の米艦隊発見の報告から、米空母を伴なうの報告まで、なぜ1時間も要したのか? 燃料は十分余裕が有るのに、友軍索敵機の到着を待たず、なぜ帰還したのか? 帰投理由が「燃料不足のため」。 他の索敵機より30分も遅く出発し、10時間滞空できるのに、燃料不足は有り得ない。 そもそも、魚雷を陸用爆弾に兵装転換した南雲の判断が最大の誤りで、ミッドウェー島は逃げはしないのだから、第一次攻撃隊も米空母に備え雷装し続けるべきだし、「利根4号機」の発艦遅延の時点で、空母「蒼龍」の高速偵察機 彗星の試作機 2機の投入を命じるべきなのに、しなかった ボケ。 最初から2機を索敵に投入すべきで、宝の持ち腐れに成ってしまった。 ミッドウェーに関しては、10回やって9回勝てる状況ですよ。 そもそも、ミッドウェー作戦に関しては「敵空母は出てくる」と言う前提で作戦が立案されています。 本当は事前にハワイ近海に潜水艦を派遣して、機動部隊の動きを探らせる予定でしたが、潜水艦の到着が遅れて、到着したときにはすでに出撃した後。 さらに、この出撃の報は本土も山本長官率いる本隊も掴んでいました。 しかし、無線封鎖中の南雲機動部隊はこれを察知できず、本来であればお互いに情報の伝達をするべきなんですが、山本長官達は「南雲機動部隊もこれを受信している『はず』」と言う根拠の無い理由で通達せず、南雲機動部隊側は出撃の報告も無く、さらに偵察の不備で機動部隊を察知できず「空母はいない」と判断。 さらに、ミッドウェーの防備が強化されていたことで第一次攻撃のみでは不十分という状況から、機動部隊来襲に備えて待機していた第二次攻撃隊の兵装を艦隊攻撃から陸上攻撃へと転換させます。 そうしているうちに偵察機が敵機動部隊を発見するんですが、相手との距離やミッドウェーから来襲していた米攻撃機が直掩のゼロ戦に叩き潰されていたため、「直掩無き攻撃は犠牲が大きい」「陸用爆弾では艦艇に対して効果は薄い」と言う判断から再び艦艇攻撃用に装備の転換を命令しました。 しかし、偵察機よりもたらされた機動部隊の位置は予想よりも遙かに近く、予想よりも早く米機動部隊は襲いかかってきました。 ただ、この時点では上空で艦隊を守っている直掩機は健在ですから、ヨークタウンだか、ホーネットの攻撃隊は壊滅しています。 しかし、この時は雷撃機が中心で、これを直掩部隊が叩き潰した頃には急降下爆撃機部隊が丸裸の上空に迫ってきていたため対処が遅れてしまい、これが致命傷になりました。 度重なる兵装転換のために爆弾が弾薬庫に格納されていなかったり、燃料補給のためのタンクが外に出たりという不運も重なってあっさり三空母が炎上してしまったわけです。 慢心も当然ありましたが、「報連相」と言う組織においては基本中の基本事項を無視した事が1番の原因と言えると思います。 さらに言ってしまえば、運が悪かったとも言えます。 まあ、運を自分で取り逃がすようなことをやりまくったんですから自業自得ですけどね。 その後ですが、仮にミッドウェーで勝って、ソロモンでも勝って、ハワイに迫ったとしてもハワイ攻略はミッドウェー時点でも不可能ですし、そうしている間に1943年を迎えれば何をどうあがいても勝つのは無理です。 戦局に関しては、ミッドウェーよりもソロモンの消耗戦で歴戦のパイロットと駆逐艦&輸送艦を失った事の方が大きいですよ。 飛龍と蒼龍はともかく、赤城と加賀は老朽化が進んでいましたので、退役も視野に入っていたようですからね。 さらに、海戦する前にやられてしまったので、海戦ほどパイロットは戦死しませんでした。 山口提督をはじめとする、歴戦の船乗り達が大勢亡くなったのは間違いなく痛いですけどね。。。 個人の責任に帰せられる「慢心」という捉え方をしている限り、敗北の真の理由は解りませんよ。 南雲機動部隊は間違いなく当時世界最強の艦隊であり、日本の切り札として開戦から半年以上、東はハワイ近海、西はインド洋まで暴れ回りました。 この活躍無くして日本はこれほど短期間での勢力拡大は出来なかったでしょうが、その代償として積もり積もった疲労と練度・規律の低下は目を覆うほどのものになっていたことはあまり知られていません。 現場で練度が上がる、などというのはゲームの中でしかないことです。 練度は適切な休暇と適切な訓練によってのみ蓄えられ、現場ではむしろ任務への悪しき意味での慣れによって練度は落ちていくものなんです。 そして連戦の果てのミッドウェーでは指揮官・参謀レベルから現場の搭乗員まで凡ミスが相次いでおり、それによって生まれた隙が南雲機動部隊を壊滅に追いやりました。 誰か一人のミスではなく、艦隊皆が疲れ果てていたことの末路だったんです。 これでは米軍に勝てたとは思い難いですし、仮に勝ったとしても次はもっと悲惨な負け方をすることになるでしょうね。 日本にとって米英と同時に戦うというのは無理がありすぎる戦略方針だったんです。

次の

新しいページ 1

空母機動部隊 演習はじめ

宇垣纏参謀長は司令部の雰囲気が、「さては敵の機動部隊の激撃なる、よき敵御座んなれ、第二次攻撃は速に之に指向に、先づ敵空母を屠り、残敵を如何に処分すべきかと楽観的気分に在り」と述べている。 「敵ラシキモノ10隻ミユ、ミッドウェーヨリノ方位10度、距離240浬、針路150度、速力20節以上」、重巡「利根」4号機が報告したこの位置は、全くの出鱈目だった。 空母「蒼龍」の高速偵察機 彗星の試作機 2機の投入を命じるが、「利根4号機」の報告位置が出鱈目 実際は100km以上も離れていた だった為、結局発見できなかった 無駄足。 なら、なぜ出鱈目な位置を報告し、再三再四【方位測定用電波輻射セヨ!】を督促されても、位置確認用の長波輻射をしなかったのか? また最初の米艦隊発見の報告から、米空母を伴なうの報告まで、なぜ1時間も要したのか? 燃料は十分余裕が有るのに、友軍索敵機の到着を待たず、なぜ帰還したのか? 帰投理由が「燃料不足のため」。 他の索敵機より30分も遅く出発し、10時間滞空できるのに、燃料不足は有り得ない。 そもそも、魚雷を陸用爆弾に兵装転換した南雲の判断が最大の誤りで、ミッドウェー島は逃げはしないのだから、第一次攻撃隊も米空母に備え雷装し続けるべきだし、「利根4号機」の発艦遅延の時点で、空母「蒼龍」の高速偵察機 彗星の試作機 2機の投入を命じるべきなのに、しなかった ボケ。 最初から2機を索敵に投入すべきで、宝の持ち腐れに成ってしまった。 ミッドウェーに関しては、10回やって9回勝てる状況ですよ。 そもそも、ミッドウェー作戦に関しては「敵空母は出てくる」と言う前提で作戦が立案されています。 本当は事前にハワイ近海に潜水艦を派遣して、機動部隊の動きを探らせる予定でしたが、潜水艦の到着が遅れて、到着したときにはすでに出撃した後。 さらに、この出撃の報は本土も山本長官率いる本隊も掴んでいました。 しかし、無線封鎖中の南雲機動部隊はこれを察知できず、本来であればお互いに情報の伝達をするべきなんですが、山本長官達は「南雲機動部隊もこれを受信している『はず』」と言う根拠の無い理由で通達せず、南雲機動部隊側は出撃の報告も無く、さらに偵察の不備で機動部隊を察知できず「空母はいない」と判断。 さらに、ミッドウェーの防備が強化されていたことで第一次攻撃のみでは不十分という状況から、機動部隊来襲に備えて待機していた第二次攻撃隊の兵装を艦隊攻撃から陸上攻撃へと転換させます。 そうしているうちに偵察機が敵機動部隊を発見するんですが、相手との距離やミッドウェーから来襲していた米攻撃機が直掩のゼロ戦に叩き潰されていたため、「直掩無き攻撃は犠牲が大きい」「陸用爆弾では艦艇に対して効果は薄い」と言う判断から再び艦艇攻撃用に装備の転換を命令しました。 しかし、偵察機よりもたらされた機動部隊の位置は予想よりも遙かに近く、予想よりも早く米機動部隊は襲いかかってきました。 ただ、この時点では上空で艦隊を守っている直掩機は健在ですから、ヨークタウンだか、ホーネットの攻撃隊は壊滅しています。 しかし、この時は雷撃機が中心で、これを直掩部隊が叩き潰した頃には急降下爆撃機部隊が丸裸の上空に迫ってきていたため対処が遅れてしまい、これが致命傷になりました。 度重なる兵装転換のために爆弾が弾薬庫に格納されていなかったり、燃料補給のためのタンクが外に出たりという不運も重なってあっさり三空母が炎上してしまったわけです。 慢心も当然ありましたが、「報連相」と言う組織においては基本中の基本事項を無視した事が1番の原因と言えると思います。 さらに言ってしまえば、運が悪かったとも言えます。 まあ、運を自分で取り逃がすようなことをやりまくったんですから自業自得ですけどね。 その後ですが、仮にミッドウェーで勝って、ソロモンでも勝って、ハワイに迫ったとしてもハワイ攻略はミッドウェー時点でも不可能ですし、そうしている間に1943年を迎えれば何をどうあがいても勝つのは無理です。 戦局に関しては、ミッドウェーよりもソロモンの消耗戦で歴戦のパイロットと駆逐艦&輸送艦を失った事の方が大きいですよ。 飛龍と蒼龍はともかく、赤城と加賀は老朽化が進んでいましたので、退役も視野に入っていたようですからね。 さらに、海戦する前にやられてしまったので、海戦ほどパイロットは戦死しませんでした。 山口提督をはじめとする、歴戦の船乗り達が大勢亡くなったのは間違いなく痛いですけどね。。。 個人の責任に帰せられる「慢心」という捉え方をしている限り、敗北の真の理由は解りませんよ。 南雲機動部隊は間違いなく当時世界最強の艦隊であり、日本の切り札として開戦から半年以上、東はハワイ近海、西はインド洋まで暴れ回りました。 この活躍無くして日本はこれほど短期間での勢力拡大は出来なかったでしょうが、その代償として積もり積もった疲労と練度・規律の低下は目を覆うほどのものになっていたことはあまり知られていません。 現場で練度が上がる、などというのはゲームの中でしかないことです。 練度は適切な休暇と適切な訓練によってのみ蓄えられ、現場ではむしろ任務への悪しき意味での慣れによって練度は落ちていくものなんです。 そして連戦の果てのミッドウェーでは指揮官・参謀レベルから現場の搭乗員まで凡ミスが相次いでおり、それによって生まれた隙が南雲機動部隊を壊滅に追いやりました。 誰か一人のミスではなく、艦隊皆が疲れ果てていたことの末路だったんです。 これでは米軍に勝てたとは思い難いですし、仮に勝ったとしても次はもっと悲惨な負け方をすることになるでしょうね。 日本にとって米英と同時に戦うというのは無理がありすぎる戦略方針だったんです。

次の