競輪マルシェ。 第6回熊本競輪マルシェ(喜びの市)開催します!

児玉碧衣のかわいいカップ&太もも画像まとめ!バレーから競輪に転身理由は?

競輪マルシェ

オンライン取材に応じた初代チェアの岡島喜久子氏 2021年秋からスタートする女子プロリーグ「WEリーグ」の初代代表理事「チェア」に就任した岡島喜久子氏(62)が13日、ウェブ上で就任会見を行った。 「WEリーガーという名前を流行らせたい。 女の子にとって夢の職業になるように」とリーグ運営の成功へ力を込めた岡島チェア。 さっそく斬新な施策を打ち出した。 「選手やチームだけでなく、一般のファンの方にも意見を頂いて積極的にいろいろなことを反映させていきたい」と〝ファン参加型〟のクラブ運営を掲げる。 ファンやサポーターを重視する姿勢を何度も強調し「試合以外のところで、少女や女性の方たちと交流する機会を設けたい。 たとえばヨガを一緒にやるような場を作ったり」「道の駅とかママママルシェとか、試合会場に来たら何か楽しいことがあるようなものを作りたい」と、選手との距離を縮めて人気アップを狙うアイデアを次々と披露した。 さらに、メリルリンチなど米国の金融業界で長年培ってきたキャリアを生かして「プロリーグになったら選手会ができるので、女子選手に老後資金の貯め方、お金の増やし方を教えたい。 若いうちから長期で貯めることが大切なので伝えたい」と選手に資産運用をアドバイスし、引退後の生活もサポートするつもりだ。 もちろん競技上の改革も怠らない。 「世界一のリーグのするために、世界中の一流選手、監督、コーチに来てもらいたい。 私が住んでいる米国は女子サッカー先進国。 米国から選手、コーチに来てもらうのは自然な形で入っていける」と自身の米国人脈も生かして、世界最高峰リーグから人材獲得を目指す。 女子サッカー創世記のレジェンドでありながら金融業界で名を馳せた異色のトップが、日本サッカー界の悲願でもある女子プロリーグ成功へ乗り出す。

次の

ヨガ、道の駅、ママママルシェ!「WEリーグ」活性化へ初代チェアの岡島喜久子氏がアイデア開陳

競輪マルシェ

管理人は以前より、S級選手の友人から「競輪の世界は出来レースや八百長が多いから面白いぞ!?」 と話を聞いていました。 人間模様が大きく反映され、 競輪界では政治が全てと言っていたので、確かに「人力」なので競馬とかよりゴリゴリの八百長があって面白そうだなと、なんとなく思っていました。 その後もS級の彼とは定期的に連絡は取りあっていたのですが、あれよあれよの間に超一流選手になっていました。 そんな彼と昨年地元で会ったときに「 変な競輪サイトがある」 と言われました。 どうやらそのサイトは競輪業界にパイプもないのに、あたかも八百長レースなどの情報があるかのようにふるまい 「 ウソの情報を流して売る」行為をしているそうです。 彼はボソッと「表だって言えないけどこういうのは無いわ」と憤慨していました。 無論東京オリンピック指定選手である身なので、下手な行為はできません。 逆に私は、そうのようなシガラミがない身なので自由に動けます。 当サイトは今後増えていくであろうこの手の「偽ノミ屋サイト」と「 本当に情報を持っているサイト」を判定したい。 競輪業界に身を置く 親友の代弁者として、【競輪ラボ】を立ち上げました。 競輪予想サイト ピックアップサイト.

次の

ヨガ、道の駅、ママママルシェ!「WEリーグ」活性化へ初代チェアの岡島喜久子氏がアイデア開陳

競輪マルシェ

オンライン取材に応じた初代チェアの岡島喜久子氏 2021年秋からスタートする女子プロリーグ「WEリーグ」の初代代表理事「チェア」に就任した岡島喜久子氏(62)が13日、ウェブ上で就任会見を行った。 「WEリーガーという名前を流行らせたい。 女の子にとって夢の職業になるように」とリーグ運営の成功へ力を込めた岡島チェア。 さっそく斬新な施策を打ち出した。 「選手やチームだけでなく、一般のファンの方にも意見を頂いて積極的にいろいろなことを反映させていきたい」と〝ファン参加型〟のクラブ運営を掲げる。 ファンやサポーターを重視する姿勢を何度も強調し「試合以外のところで、少女や女性の方たちと交流する機会を設けたい。 たとえばヨガを一緒にやるような場を作ったり」「道の駅とかママママルシェとか、試合会場に来たら何か楽しいことがあるようなものを作りたい」と、選手との距離を縮めて人気アップを狙うアイデアを次々と披露した。 さらに、メリルリンチなど米国の金融業界で長年培ってきたキャリアを生かして「プロリーグになったら選手会ができるので、女子選手に老後資金の貯め方、お金の増やし方を教えたい。 若いうちから長期で貯めることが大切なので伝えたい」と選手に資産運用をアドバイスし、引退後の生活もサポートするつもりだ。 もちろん競技上の改革も怠らない。 「世界一のリーグのするために、世界中の一流選手、監督、コーチに来てもらいたい。 私が住んでいる米国は女子サッカー先進国。 米国から選手、コーチに来てもらうのは自然な形で入っていける」と自身の米国人脈も生かして、世界最高峰リーグから人材獲得を目指す。 女子サッカー創世記のレジェンドでありながら金融業界で名を馳せた異色のトップが、日本サッカー界の悲願でもある女子プロリーグ成功へ乗り出す。

次の