寂しい と 淋しい の 違い。 「寂しい」と「淋しい」の違い

寂しいと淋しいの違いって何?意味や使い方について確認しておこう。

寂しい と 淋しい の 違い

寂しいの意味 「寂しい」は ウ冠 のなかに 叔 という字が入って成り立っています。 ウ冠 には一つの物事のなか、または一つの屋敷のなかでなどの意味があります。 叔 には主だったものではないという意味があります。 たとえば、叔父や叔母という文字ですが、これには直接子どもを生んだのではない(主だったものではない)という意味が含まれています。 両親の下の兄弟(兄や姉ではなく弟や妹)を叔父さんや叔母さんというものこのためです。 つまり、 「寂しい」という言葉には、一つの物事のなかで主だったものではないものがひっそりと存在しているという意味合いがあります。 寂しいの使い方 「寂しい」という言葉は、ひっそりと、物静かな、孤独ななど幅広い場面で使うことができます。 基本的にはひっそりとした物事に 「寂しい」は使われますが、人の感情などそれ以外の場面で使っても間違えではありません。 寂しいは常用漢字 なぜ 「寂しい」をいろいろな場面で使ってよいかというと、それは常用漢字であるからです。 【スポンサーリンク】 淋しいの意味 「淋しい」は サンズイ に 林 という文字で成り立っています。 サンズイ には水や雫の意味がありますので、 「淋しい」という文字は林から雫が零れ落ちるという意味合いがあります。 その情景は、物静かなことを表していますが、それだけはなく神秘や情緒的なといった意味も表しています。 つまり、 「淋しい」という文字には情緒的(人の心や気持ち)、または自然的なもにたいしての意味が含まれているのです。 淋しいの使い方 「淋しい」という言葉は、寂しいとは違い限定的に使われます。 とくに多く使われるは、男女の仲が壊れたときや、家族や親友など大切な人との別れのときです。 「淋しい」は主に自分の気持ちや人にたいする感情で使われることが多いです。 淋しいは常用漢字ではない 「淋しい」は常用漢字ではありません。 そのため使い分けの範囲は狭いですし、使う場面を迷ったら「寂しい」を使っても問題はありません。 また、 「淋しい」は 「さみしい」と読まれます。 「さびしい」という読み方ではありません。

次の

「寂しい」と「淋しい」の違い!上手な使い分け方法とは?

寂しい と 淋しい の 違い

「寂しい」は常用漢字で、「淋しい」は表外漢字であるという違いがあります。 漢字には、国が取り決め、常用漢字表にまとめられた常用漢字というものがあります。 「寂しい」は常用漢字として主に法令や教科書、新聞、テレビ・ラジオなどの放送で、一般的に日常で使用される漢字なのです。 また、試験の解答用紙などにも、常用漢字である「寂しい」を書くことを覚えておいてください。 「淋しい」と書いてしまうと不正解となってしまいます。 ただし、試験の問題やテレビなどで「淋しい」と表現されていることもありますが、よく見ると歌詞、小説、詩などの抜粋だったりするので公的な文ではないのです。 一方、「淋しい」は表外漢字です。 表外漢字とは、「常用漢字表」に載っていない漢字のことです。 常用漢字ではないので、一般的には「淋しい」は使われませんが、日常でよく使われる(見かける)漢字と言えます。 私的な文章、小説などでは、「淋しい」を使っても間違いではありません。 「寂しい」と「淋しい」の違い|漢字の意味・語源・由来 「寂」という漢字は、「侘び寂び(わびさび)」という日本の古くからの美しさの意識を表現する言葉に由来しています。 また「寂」は、漢字そのものに、「さびしい」という意味が含まれています。 「静寂」などの熟語で使われ「さびしい」という意味として解釈される漢字になります。 一方、「淋」は、さんずいと、林を合わせた漢字です。 林は、木がたくさん続く場所です。 たくさん続くという意味に、水に関係するさんずいが付いているので、水が流れ続けることや、水(液体)をそそぐ、したたり落ちることを表しています。 「淋」という漢字そのものは「さびしい」という意味を持っていないのです。 「寂しい」と「淋しい」の違い|「寂しい」は光景・「淋しい」は私的感情 「寂しい」と「淋しい」の違いには、「寂しい」は主に光景を表現するのに対し、「淋しい」はどちらかというと私的な感情を表します。 「寂しい」は静寂などの熟語で表現されるように、周囲の光景が静かでもの悲しい感じを表現します。 「淋しい」は、水(液体)が止まることなく流れ落ちるという意味を持つ「淋」を使った言葉です。 水から涙を連想させ、涙が出そうな、涙が流れるような状況におかれたときの私的な感情を表現します。 「寂しい」と「淋しい」の違いができるだけ簡単にわかるように、以下に主な違いを一覧にしてみましたので、判断に迷ったときはぜひ参考にしてくださいね。 特に、試験の解答の時は、「さびしい」と書かないと不正解となるかもしれませんので注意が必要です。 もちろん、私的な手紙、メール、小説などで、「さみしい」と仮名で表現することは間違いではありません。 むしろ、かわいらしさもあり、より情緒を感じさせることができることでしょう。 違いを知って「寂しい」と「淋しい」を正しく使い分けよう 「さびしい」様子を表現したい場合には、「寂しい」は常用漢字なので汎用性があり、「淋しい」は、意味も使用範囲もどちらかというと狭いということがお分かりいただけましたか?社会人や大人の常識として、漢字や言葉の使い分けはとても重要です。 ビジネスシーンや正式な手紙などで正しく使い分けてくださいね。 使用範囲が狭い「淋しい」ですが、愛しい人へのメッセージならば、漢字で表すなら「淋しい」を、かわいらしさもプラスするなら「さみしい」を使えば、感情をしっかりアピールできますよ。 日本語には「寂しい」と「淋しい」のように、どっちの漢字を使って表現するか迷う言葉がまだまだあります。 迷いがちな言葉の使い分けについての関連記事を以下にご紹介しますので、正しく使える日本語が増えるよう、こちらもぜひご一読いただき参考にしてくださいね。

次の

「寂しい」と「淋しい」の違いは?意味・読み方・使い方・使い分けをご紹介!

寂しい と 淋しい の 違い

ポイント• 「 」と「 」は、どちらも「さびしい」「さみしい」と読む• どちらも間違いではない。 あえて言うなら「 」は物静かなさびしさ。 「 」は肉体的なさびしさ。 解説 まず、読み方ですが「 」=さびしい、「 」=さみしいと勘違いしている事が多いようです。 正しくは、どちらも「さびしい」「さみしい」と読み、漢字による読み方の違いはありません。 「 」と「 」は、どちらも間違いではありませんが、「 」を使うのが一般的とされています。 「 」は、「医学用語の淋病の液体が淋(したた)る 子」から「肉体的な淋しさ」を表すとされています。 そのため、「 」は品性が若干低く感じられたり、失礼にあたる場合もあるようなので、使い方に注意が必要です。 参照元 同じカテゴリーの記事• こんな違いも人気です• ポイント 「篇」=ファイル。 「編」=フォルダ 「篇」は常用漢字 […]• ポイント 「絶対」=比較・対立が関係する。 「絶体」危険・困難が関係する。 […]• ポイント 「保証」=約束する。 「保障」=保護する。 「保証」=保証 […]• 「お参り」と「お詣り」の違いは、相手が神 か仏 かによって使い分けられます。 「 […]• 「かわく」という言葉には「乾く」と「渇く」があり、意味も似ています。 実は違いが […]• 分かっているようで意外に使い分けに迷ってしまうのが「影」と「陰」です。 特に日本 […]• 読み方も同じで字も似ている「踊る」と「躍る」。 意味の似ているようで使い分けに悩 […]• ポイント 「音読み」=中国読み。 「訓読み」=日本読み。 「音読み」=読 […]• ポイント 「使用」=本来の目的で使う。 「利用」=本来の目的以外で使う […]• 就学前のお子 を預ける場所として、大きく分けて「保育園」と「幼稚園」があります […].

次の