オーバーロード 14巻 ネタバレ ラナー。 オーバーロード14巻 ネタバレ感想!王国の崩壊とアインズVSツアー

オーバーロード14巻 予約勢のワイ、半分まで読み進めるも感想・考察書きたくて熟読中断する羽目にwww

オーバーロード 14巻 ネタバレ ラナー

魔導国の馬車を襲ったのは? 14巻では王国に対する殲滅作戦が行われるようですが、そのきっかけとなった馬車の襲撃は誰が行ったのかという疑問です。 ナザリックの馬車といえばアンデットが引き、護衛に死の騎士がついているはずなのでそれを襲う馬鹿が果たしているのだろうか・・・ というわけで候補を3つ程考えてみました。 1.フィリップ頑張った!アルベドゲット大作成! これは馬鹿こと王国の無能貴族代表のフィリップがアルベドを手に入れようとして襲ったんじゃないかという考えです。 時系列が不明なのでいつ襲われたかわかりませんが、アルベドが王国からの帰り道の途中で襲われたならありえるかなと。 『八本指』の話では数年は先のようなことを言ってましたが、フィリップが想定以上の馬鹿だということを考えると実はこれが一番あり得るんじゃないかなと思ってます。 あらすじにも「王国の貴族に襲われた」と書いてましたしね。 2.魔導国の国民が襲われた 襲われたのは「魔導国の馬車」と書いてあり、魔導国の正式の馬車とは書いていません。 国内についてはあまり記載はありませんが、郊外で大規模農園を経営しており、徴税の為に人を派遣していたりすると思うのでその馬車が襲われた可能性もあります。 ギルドマスターのように魔導国に協力的な元王国民もいるため、裏切り者として襲ったということもあるかもしれません。 3.本当は襲われていない そもそも襲われていない可能性・・・はあまりないと思いますが、襲う側も予め操られていたら実質的に襲われていないといえるのかなと ただ『滅国の魔女』がラナーであろうことを考えるとこの可能性は限りなく低いかな。 国を裏切るラナーの計画とは? アルベドが王国でラナーと話していた内容がずっと気になってて、周りにばれる可能性がある計画とはどんなものなのか、外部との接触が難しそうなラナーがどんな計画を立てているのか・・・考えてみましたがさっぱりでした。 ただ魔導国と王国との戦争のきっかけを作るというチンケな計画ではないと思うのでそこは楽しみにしてます。 唯一気になっているといえば、クライムがセバスたちと救出した女性たちでしょうか。 Web版ではナザリックに拾われ、書籍版では傭兵に殺されたことになっていますが、実は生きているんじゃないかなとみています。 わざわざクライムに深い入りしないように言いくるめていたのがずっと疑問だったのでここで使われるなら納得かなと。 奴隷制度のせいで酷い目にあっていた彼女たちは王国に対して負の感情を抱いていることは確実だと思うので、彼女たちなら王国転覆のためにラナーの計画に加担してくれるのではと思っています。 ただ何の権力もないラナーがどうやって国が転覆するほどのことができるのかが疑問ではありますが、周りのメイドの実家等の弱みに付け込み内乱でも起こさせようとでもするのかな? 何人が退場することになるか? オーバーロードはガゼフの様な主要キャラでも容赦なく退場させます。 なので今回もまた何人か退場することになるでしょう。 私の中で退場候補No1はやっぱり特典で活躍したイビルアイだと考えています。 私は読めませんでしたがイビルアイが活躍したのが「亡国の吸血姫」というタイトルで14巻のサブタイトルが「滅国の魔女」であることを考えると、ラナーとイビルアイがキャラ被りしそうだなと(笑) アルベドからもらった箱の中に人間を辞めるアイテムが入っていてラナーも人間を辞めるんじゃないかと。 以前、イビルアイが酒場でクライムに人間を辞めるようなことはするなよと言ってたのでラナーがこれをやるという可能性は十分あるんじゃなかと思ってます。 他のキャラはブレインはなんやかんやで生き残りそうだなとか青の薔薇は壊滅するだろうなとか何となく予想。 朱の雫が持っているユグドラシル由来の鎧ってのが何か気になりますが、そもそも朱の雫自体がイビルアイに及ばないようなので敵になりえないですね。 ただアインズの警戒心はマックスになりそうなので本当に滅茶苦茶になりそうかな。

次の

オーバーロード13巻の感想と考察【ネタバレあり】

オーバーロード 14巻 ネタバレ ラナー

の14巻を読んだので、簡単に感想を書いていこうと思います。 ネタバレ注意 いやー、面白い 特に前半の フィリップ バカのくだりが最高でした。 基本のキャターは頭がいい?ので、フィリップが何も考えず動いて、誰も想像できない方向に進んだのが新鮮に感じますね。 そして、フィリップの能無し行動に困惑している… 聡明なが困惑しているのは貴重なので、その点に関してだけはフィリップがいい仕事したな、って思いました。 まあ全体的な話をすれば、フィリップは大戦犯と言わざるを得ないのですが。 全王国民からリンチされても文句言えないですね。 まあ本人はそんなことになるとも思っていなかったわけではあるので、その愚かさ自体が彼の罪ってことなんでしょうか。 一読者からすれば、フィリップ起因の虐殺に関しては、アインズにもちょっと思うことがありますね。 一応のところ、アインズは人間っぽさが薄れているにしても、読者目線たら大きく人の道から外れたことはやってこなかった印象なんですけど、今回は人として超えてはいけないラインを反復横跳びしているような印象でしたね。 そして、行われている数々の非人道的行為に対して興味すらもってない。 本当にアインズは自分と以外はどうでもいいんだなあ、と改めて感じる部分でした。 一応自分の知ったかや、思わせぶりなところが原因でやの方針が変わって、今回のような惨状が起きたので、ちょっとは責任を感じてほしいところでした。 ペストーニャの進言で、自分の裁量内である程度の慈悲をかけてはいたけども、ペストーニャが頼んだから以上の理由ではないだろうしなあ… 個人的にはアインズに感情移入して読んでいるので、あんまりこういう展開が続くのは嬉しくないなあ…と感じてしまいます。 今回のマに対する優しさを少しでも王国の人たちにも向けてあげられたらいいのにね… まあ、彼女を助けたことも、アインズ的にはどうでもいいことなのかもしれないですが。 マは信奉者と化してるけど というわけで、今回は聖王国の英雄ムーブ 自作自演とはいえ との落差が大きい巻でした。 前半はわくわくするんだけど、後半はちょっとあっさりしすぎていた感じ。 一応ナザリック連中に被害が与えられそうな人たちも、ちょくちょく出てきてはいるので、今後の展開に期待ですね。 この記事は、当ブログにおける個人情報の保護指針、およびその扱い方についてまとめたものです。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事が可能です。 お問い合わせの際には、お名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 当サイトに掲載している広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス、(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト)を利用します。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定は、お使いのブラウザによって違います。 お使いのブラウザをご確認の上、設定してください。 アクセス解析について 当ブログはGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 Googleアナリティクスは、トラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このデータは匿名で収集されています。 個人を特定するものではありません。 Cookieを無効にすることで収集を拒否することができます。 お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当ブログでレビューした商品のご購入やご利用の最終的な判断は、読者様の責任でお願いします。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が含まれたり、古い情報が記載されている場合がございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権 当ブログの文章、画像等の著作権はioriS及び各作者にあります。 全体一部を問わず無断使用はできません。 運営者 ioriS 初出掲載:2020年3月20日 読み込んでいます….

次の

ついに発売された『オーバーロード 14巻 滅国の魔女』ネタバレレビュー

オーバーロード 14巻 ネタバレ ラナー

細切れネタバレ感想 滅国の魔女ということで、ラナーの周りの王国側の視点が多かったです。 私はオーバーロードという作品の中でナザリック側も好きですが、蹂躙される側の心情描写がなされている部分が好きで今回はそこらへんは大満足! 14巻のあらすじが公開されて一番気になっていたのがこの王国サイドは誰が生き残るかでしたからね! まあ、 王国の主要キャラは大体死んだ・・・訳でもないので良かったようなよくなかったような 笑 そして表紙にあるように今回はようやく ツアーとアインズの戦闘シーンが見られました! ワールドアイテムと同等の効果を持つと思われる始原の魔法が初めて使われます! といっても 亡国の吸血姫 で基本的に始原の魔法を使える場合、位階魔法は使えないそうなので全てが全てワールドアイテムと同等というわけではないでしょうが、これからどうなるか気になる要素ではありますね。 戦闘に関してはパンドラズ・アクターなので、アインズとツアーとの戦闘能力の差はわかりませんが、この戦闘についても色々と気になる部分があるので別記事で吐き出していきます。 あとはおまけで朱の雫も少し出てきましたが、今後関わってきても大した障害になりそうにないのでそこまで何も思わなかったかな。 そして・・・ラナーはあの後クライムといろいろと幸せになるんでしょうね 笑 今後のストーリーにどの程度絡んでくるのかも気になります! 王国の生き残りについて 王国が滅亡するということで、王国側の人物はあらかた卒業するものかと思ってたんですが、思ったより生き残りがいて驚いています。 八本指 実はアインズは八本指についてあまり把握してなくて、意図せずして見捨ててしまうのではと思ってました。 新たなアインズ教徒が産まれたようで何よりです。 そして八本指の面々は生き残りはしたけど、今後は活躍の場はないような気がするのでこれで見納めかもしれません。 ブレイン・アングラウス 死亡して唯一残念だったらキャラクター。 web版からずっと好きだったので今回退場したのは非常に残念です。 だけど最後にガゼフを超えた戦士として、より優れた戦士であるコキュートスに戦士として殺されたのでブレインとしては最高の最後だったと思います。 少し気になったのはブレインがコキュートスの名前について思い出すシーン。 以前、シャルティアと戦った時、同じようにブレインが名乗ったときにシャルティアが2回くらい名前を出していたのに聞き覚えがあったんでしょうが、ここでわざわざそういう感想を抱かせる描写を出すことを考えると・・・ 少なくともコキュートスは気に入っているようなので、今回の褒美としての復活は十分考えられる気がします・・・が、物語の終息に向けて作者が意図的に復活させないかもしれません 笑 ラナー&クライム 当然生き残ってますが、悪魔になるとは思っていませんでした。 以前、イビルアイが 力を手にれるために人間を辞めるなよとクライムに行ってましたが、理由はどうあれ人間を辞めることになったのはフラグだったんでしょうね。 クライムがセバスと会うのも楽しみですが、今後青の薔薇の面々と会うのかというのも気になります。 そして・・・とうとうラナーまでも アインズを知者だと認識しました! 笑 もしかするとアインズはホントに天才?なのかもしれません 笑 とはいえもし自分がアインズの立場だったらああいう対応はできないと思うのである程度才能はあると思うんですけどね。 フィリップ 死ぬとは思ってたけど 王国丸ごと道ずれに盛大な自殺をやってのけたのは流石としか言えません。 意気揚々と王都に報告に行って貴族としてもどん底に落とされた後にナザリック側で処刑されるのかと思ってましたが、そこまでフィリップに紙面を割くのはもったいないってことですね 笑 どういう風に殺されたかは気になりますが、小物は一言死んだと書かれることもなく終わっちゃうんでしょうね。 王国外の人物について ツアー( ツァインドルクス=ヴァイシオン ) 立ち位置的には世界の守護者的なイメージ。 本体ならシャルティアにも勝てるという発言は、アニメの描写を考えると完全武装のシャルティアにも勝てるという意味にも取れます。 パンドラズ・アクターの能力的はアインズの80%の能力しか引き出せないので戦、戦力を見誤らせることに成功しましたが、傀儡の鎧操作のツアーも 始原の魔法含め底を見せていないため、まだどちらが優位というのは判断できません。 ツアーはアインズ単体だと勝ち目があると見なしているようですが、ここに守護者や高レベルの召喚モンスターを含めると正直勝ち目はないと思います。 もちろんそれはツアーもわかっているのでいろいろと考えているとは思いますが、実際ツアー以外では守護者の相手をすることすら難しいので、漆黒聖典と組まない限りどうしようもないですね。 (それでも無理だと思いますが・・・) もし単体で戦うとするならば、能力的にアンデットに相性がいいという発言もあるため、今回油断を誘っているとはいえアインズでは苦戦する可能性は0ではないのかな? ただゲーム時代からアインズたちは様々な武具やスクロールの材料にドラゴン狩りしまくっているようなのでドラゴン特攻武器はたくさん持っているでしょう。 もしかすると本体が出てきたらかえってまずいかもしれません 笑 漆黒聖典 出てくるとは思ってましたが一気に出てきましたね。 クアちゃんとは 第5席次『一人師団』クアイエッセ・ハゼイア・クインティアでクレマンティーヌのお兄さんだと思われます。 後は斧を持ってるのは 第10席次『人間最強』、暗殺者は 第12席次『天上天下』であってるかな? 設定資料集にビジュアルが乗ってるそうですが、見たことがないので自信がありません。 まあ、最後の敵としては漆黒聖典では正直、力不足だと思うのでやっぱりツアー含む竜王たちになるんでしょうが・・・私は人型VS人型の方が好みなので頑張ってほしいですね。 後気になったのは口ぶりからモモンの正体について知ってるんじゃないかなというのが気になります。 戦争後の話の報告トップの会談ではバレてなさそうだったので、クレマンティーヌの遺体を持って行ったのは法国じゃないと思ってたんですがこの件でちょっとわからなくなりました。 漆黒聖典については次巻で番外席次関連で出てくると思うのでいろいろと楽しみにしておきましょう。 タイトルが半森妖精の神人ということなので、漆黒聖典総出してくれることを期待してます! レメディオス・ネイア・ティラ 冒頭であっさり殺されていたレメディオスが可哀そうで…せめてもう少し描写があってくれた方がわかりやすかったけど仕方ないね 笑 ネイアは教祖としてその地位を確実に高めて来てます。 将来的に魔導国と統一されるのはほぼ確定かな。 青の薔薇の二人は三つ子だというのは知ってたんですが、残り1人はアインズの手から逃げられなかったようです。 ここで強くなって今後出てくることがあるのかちょっと気になりますね。

次の