トゲキッス きょう うん。 きょううん

【S5ダブル最終7位】とチュげきパ

トゲキッス きょう うん

トゲキッス しゅくふくポケモン ガラルNo. 259 ぜんこくNo. 468 高さ 1. 5m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Togekiss タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる。 /レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 技の追加効果の発生率が2倍になる。 ダブルバトル用。 どの状態異常になるかはランダム。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 交代しても効果は続く。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 25 USUM〜BW ,トゲチック:Lv. 相手が道具を持っている時は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 技の対象が「1体選択」の場合は技を使用したポケモン 味方を含める を攻撃し、それ以外の場合は、自分がその技を使用した場合に本来取りうる対象に攻撃する 「相手全体」「自分以外」など。 ただし、技の対象が「自分」や「場」の場合などは失敗する。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの対策【ダイジェット】

トゲキッス きょう うん

ダイマックスすると「エアスラッシュ」は「ダイジェット」に変わり素早さが上昇するようになるため、先手を取りやすくなり一匹で多くのポケモンを倒すことができるようになります。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 必中の格闘技。 鋼や岩タイプに使用する技として。 「てんのめぐみ」ではないため「エアスラッシュ」の怯み効果の発動確率が減ってしまいますが、その分ダイマックス時の瞬間火力を上げることができるため、急所を考慮せずに耐久調整を行っているポケモンを返り討ちにすることができます。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 ダイマックスした相手はひるまないため、前作のときほどの活躍はできなくなりましたが、戦術としては未だ脅威的なものとなっています。 ナットレイなどの対策になる。 自身と異なるタイプの技の選択肢、威力重視。 ナットレイなどの対策になる。 技の威力が上がるため、アタッカーとしての能力も上昇する。 トゲキッスの役割と立ち回り てんのめぐみで相手の行動を阻害する 「トゲキッス」は、技の追加効果の発生確率を2倍にする特性である「てんのめぐみ」を持っています。 それによって相手の行動を大きく阻害できるその能力は脅威的で、過去作でも幾度も見られてきた、トゲキッスが得意としている戦法となっています。 高耐久でじゃくてんほけんと好相性 「トゲキッス」はHPは低いものの防御と特防が高いため、ダイマックスでHPを2倍にすると、弱点の技でも耐えることができます。 そのため「じゃくてんほけん」との相性が良く、元々の特攻の高さと相まって強力な攻撃を放つ事ができるようになります。 トゲキッスと相性の良いポケモン トゲキッスと相性補完のよいポケモン 「トゲキッス」と相性補完のよい、地面タイプのポケモンがおすすめです。 地面タイプのポケモンは物理アタッカーが多く、特殊アタッカーのトゲキッスと役割を分担できます。 また「水・地面」「水・電気」の複合タイプを持つポケモンは、鋼タイプを半減以下で受けることができます。 こちらは、トゲキッスの苦手な「ヒートロトム」にも有効なので、自分のパーティーに合わせて編成しましょう。 ポケモン 説明 ・特性「かたやぶり」で「ふゆう」の敵にも地面技を当てれる ・「つのドリル」で苦手な相手を強引に突破できる ・特性「ちからもち」により、物理攻撃が強力 ・技範囲が広いので、相手の弱点をつきやすい ・弱点が草のみであり、トゲキッスと相性補完がよい ・平均以上の耐久性能を持っている ・特殊アタッカーとしても優秀 トゲキッスをサポートできるポケモン 「あくび」や「リフレクター」などによる起点作りで、「トゲキッス」をサポートできるポケモンと相性が良いです。 起点を作ることで、「ダイジェット」による素早さ上昇や、「わるだくみ」による特攻上昇を狙いやすくなります。 例えば、「あくび」を使用すると、相手はポケモンの交代を迫られます。 これにより、トゲキッスより素早さの高いポケモンの確認や、トゲキッスが起点にできるポケモンへ対面操作が可能です。 ポケモン 説明 ・「あくび」や「ステルスロック」で、トゲキッスをサポートできる ・物理耐久が高い ・「あくび」で起点を作れる ・特殊耐久が高い ・弱点の格闘タイプには、トゲキッスで対処できる ・「おにび」で相手物理アタッカーの機能停止を狙える ・素早さが高いため、「リフレクター」や「ひかりのかべ」などを、先制で使いやすい トゲキッスの対策 タイプ相性で有利なポケモンを使う 「トゲキッス」と戦う場合、トゲキッスが使う技の多くを半減で受けることができるポケモンを使いつつ、弱点の技で攻撃していきましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。

次の

トゲキッス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

トゲキッス きょう うん

もくじ• 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる。 レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 【てんのめぐみ】 技の追加効果の発生率が2倍になる。 【きょううん 夢特性 】 急所ランクが1段階上がった状態となり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなり。 進化条件 トゲピーのなかよし度が高いとトゲチックに進化し、トゲチックに「ひかりの石」を使うとトゲキッスへ進化。 トゲキッスは、 特性「てんのめぐみ」のせいですっかり害悪ポケモンの印象が強くなったポケモンです。 特性「てんのめぐみ」の効果で、エアスラッシュのひるみ率が60%になり、そこに「でんじは」の麻痺まで加わるとえぐい…。 そして、「わるだくみ」と広い技範囲を持つ特殊アタッカーとしても活躍でき、現環境では上位に入っています。 ダイマックスにより耐久力の大幅増加と、ダイマックス飛行技で素早さを上げられるのも強みです。 最も採用率の高い「じゃくてんほけん」は、弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2倍にするという効果を持ちます。 これにより、無駄に特攻に努力値を振らなくても良くなり、耐久面を強化するということも可能となりますね。 しかし、この型が流行り過ぎてしまい、対策が進んでいるのも事実です。 ですので、新たな型を考案しようと思い立ち、積みを崩せる「強運トゲキッス」を作成しました。 夢特性の入手方法 夢特性は ハシノマ原っぱの「預かり屋」から、ずっと真っすぐ言って、行き止まりにある巣です。 太い光で高確率で出現するので、そこまで入手は難しくありません。 トゲキッスの育成論 特性 「きょううん」 急所ランクが1段階上がった状態となり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなる。 急所に当てることで「防御ランク」、「リフレクターや光の壁」を無視できるのが強みですね。 バイウールーのコットンバトンや、オーロンゲの両壁張りなどへの対策になります。 ダイマックス状態では怯みは通りませんが、急所は発生するのでダイマックスへ打点を持つことが可能です。 こちらの型への対策はまだ進んでいないので、3タテすることもしばしばありますね。 まぁ、運に頼る部分もありますが、5割であれば急所を全く引けないということはほぼ無いです。 エアスラッシュでは、「5割急所&3割怯み」の可能性もあるので、どちらの型でもエアスラッシュは相性抜群です。 努力値配分ですが、主に通常時のサザンドラのアイアンヘッドを耐え、ダイマックス時のサザンドラのダイスチルをダイマックス状態で耐えるための振り方になっています。 ダイジェット• H4ミミッキュ…高乱数2発• H4ドラパルト…高乱数1発• H4ギャラドス…乱数2発• H4ガラルヒヒダルマ…確定1発• H252ヒートロトム…確定3発 ダイフェアリー• H252バンギラス…確定2発• H252ブラッキー…高乱数1発 ダイバーン• H252アーマーガア…高乱数1発• H4ドリュウズ…確定1発 ダイロック• A252ドラパルトのダイホロウ…確定2発• A4アーマーガアのアイアンヘッド…高乱数2発• A252バンギラスのダイロック エッジ …確定1発• A252ミミッキュ 珠持ち のじゃれつく…確定2発• C252サザンドラのダイスチル ラスターカノン …確定2発• A252ドリュウズのアイアンヘッド…確定2発 まとめ 急所に左右される型ではありますが、壁張りやコットンバトンへの対策にはうってつけです。 「ちょうはつ」では1度は使われる可能性があるため、こちらの方が有効に感じる場面は多めですね。 素早さに関しては、各々で対策したいポケモンに合わせて行った方がいいかもです。

次の