歯茎 うずく。 その歯痛、実は虫歯じゃないかもしれません!? 〜他の恐ろしい病の可能性も〜

ブリッジの下の歯茎が腫れています。作り直した方がよいですか?

歯茎 うずく

奥歯の奥の歯茎が痛い原因は? 親知らずが生えてきている 親知らずは、奥の歯茎を突き破って出てくるため、歯茎が圧迫されたような痛みを生じます。 特に親知らずは、横や斜めに生えてくることが多く、そのために親知らずの周囲に細菌が残りやすく、 親知らずの周りが腫れて痛みや膿が出たりすることもあります。 親知らずは20歳前後に生えてきやすい歯ですので、年齢的に親知らずの可能性がある場合には、一度歯科医に診てもらって、親知らずの状況を確認し、抜歯などの相談をされることをおすすめします。 虫歯 自分では気づかないうちに 虫歯が進行している可能性があります。 特に奥歯などは虫歯治療で 銀歯などの被せ物をしている場合も多く、見た目には何も変化は見られなくても、 銀歯の下で虫歯が進行していることがよくあるのです。 また、神経まで達してしまった場合などは、歯の痛みなのか、歯茎の痛みなのかもわかりづらいものです。 早急に歯医者に行って処置してもらうのがおすすめです。 歯周病 奥歯の奥に限らず、 歯茎の痛みで最も多いのが歯周病です。 歯周病とは、 歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨(歯槽骨)などの組織が壊され、最後には歯が抜け落ちてしまう病気で、日本人の40歳以上の約8割の人が罹っているとされています。 また、歯周病の原因として、日々の生活習慣の影響が多くあることから、生活習慣病のひとつにも数えられています。 歯茎(歯肉)は、体の中でも非常に敏感な組織であり、また 口の中は全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在している場所でもあります。 歯周病は、 歯に付着した細菌(プラーク)が原因となるため、この細菌(プラーク)の除去が大切です。 歯茎の痛みとともに腫れや膿を伴う場合には、早急に歯科医に相談するのがおすすめです。 スポンサーリンク 歯周病は早めのメンテナンスが大切ですので、歯医者に長期間行っていない場合などは、歯のチェックも兼ねて行かれることをおすすめします。 歯肉炎 歯周病の初期段階では、まず細菌(プラーク)の付着によって 歯ぐき(歯肉)が赤く腫れて炎症を起こしたり、歯磨きで出血したりする「歯肉炎」になります。 この歯肉炎を放置していると、歯肉炎が起こり、それを放置していると骨(歯槽骨)などの組織も壊されていき、最終的に重度の歯周炎になってしまうのです。 歯肉炎の原因としては、 歯周病と一緒で細菌(プラーク)です。 原因となる細菌・歯垢(プラーク)を適切なブラッシングで取り除くことが大切ですし、「口腔内の環境」や「生活習慣」を整えることも有効です。 口腔内の環境 スポンサーリンク 歯茎は、歯と違い 粘膜のため、歯ブラシでブラッシングし過ぎると 傷がつき、その傷に口の中にたくさんいる細菌が感染してしまい、口内炎のようになって痛みが出る場合があります。 歯ブラシでの磨き残し 奥歯などは見えづらいぶん、歯ブラシが適切に当たっていなかったりブラッシングが不十分だったりしやすい箇所でもあります。 それにより磨き残しも多くなり、それが蓄積していくことで、 細菌・歯垢(プラーク)の温床となり、知らない間に歯肉炎や虫歯になっていたりもしやすいのです。 ストレスや疲れ ストレスがあったり疲れが溜まっていたりすると、 体の抵抗力や免疫力が低下します。 人間の体にとって免疫力は、 体の防御装置のようなものですから、それが低下すれば、体の至る所で不具合が生じます。 普段からケアされている健康な歯茎であれば、疲れやストレスがあっても歯茎が腫れることはほとんどありません。 しかし、歯周病の原因となる細菌や歯石・プラークが付着していれば、歯茎の抵抗力でなんとか炎症を押さえ込んでいる状態だったものが、 ストレスや疲れにより免疫力が低下したことにより、歯茎の腫れを引き起こすことがあるのです。 特に、 歯茎(歯肉)は、体の中でも非常に敏感な組織なため、ストレスや疲れなどの影響を受けやすいところでもあります。 歯茎の痛みに原因が思いつかない場合には、このストレスや疲れといった原因も考えられますので、最近の自分の生活習慣などを見直してみるのも有効です。 歯茎の痛みといっても、その原因は様々です。 歯茎の痛みはしばらくすると治まり、「気のせいかな」程度で終わることも多いものですが、きちんとチェックして原因を解明することが一番です。 特に口の中は全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在している場所でもあります。 定期的に歯医者に行って、歯石取りや虫歯チェックなどを行うことで、歯茎のみならず、他の病気の予防にも役立ちます。 歯茎の腫れや痛みある場合の応急処置の方法は? 上記のように歯茎の痛みと言っても、他の病気を伴っていたり、隠れていたりもするものですので、歯医者に行ってチェック&ケアしてもらうのが一番です。 でも、歯医者にすぐに行けない場合などは、応急処置として下記の方法をご紹介します。 冷やす 腫れや痛みは 炎症を起こしている状態で、熱を持っている状態です。 濡れタオルや冷えピタ、氷水などを当てて血液の循環を抑えることで痛みが軽減できます。 市販の痛み止めを飲む どうしても痛みが強い時には、 痛み止めの服用も効果的です。 痛み止めは、あくまでも応急処置の役割しかなく、長期間の服用は危険ですし、根本的な治療にはなりません。 痛みが治まったからと痛み止めでやりすごすのではなく、歯医者に行くことをおすすめします。 尚、痛み止めの服用には、添付文書等を確認の上、服用してください。 イソジンで消毒 イソジンなどのうがい薬は、 殺菌作用があるため、口の中の消毒にはおすすめです。 また、口の中は全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在している場所でもあるため、痛みのある部分だけではなく、 口の中全体を消毒するほうが効果的です。 イソジンやコンクールなどのうがい薬を使って、数回うがいをしたり、口の中をゆすいだりして消毒しましょう。 併用して冷やしたりすることもおすすめです。 睡眠 歯茎(歯肉)は、体の中でも非常に敏感な組織のため、自分では気付かないうちにストレスや疲れなどにより、痛みが出る場合があります。 睡眠は、人間の身体にとって最も重要で、 睡眠中に免疫力が高まります。 また、睡眠を取ることで、体力回復にも結びつき、結果的に免疫力の回復にも繋がりますので、しっかりと睡眠を取ることも効果的なのです。

次の

生理前に歯が痛い・歯茎が浮く・血が出る

歯茎 うずく

歯がうずく、歯ぐきがムズムズする、噛むと痛い etc… 毎日、上記のような症状を訴えて当院にいらっしゃる患者さんが非常に多く見受けられます。 主訴が「歯がうずく」「歯ぐきがムズムズする」「噛むと痛い」という場合、下記のような原因が主に考えられます。 進行した虫歯により、歯の神経に炎症が起こっている(歯髄炎) 2. 歯周病により、歯周組織に炎症が起こっている 3. 歯ぎしり・食いしばり(ブラキシズム)により、歯根破折や歯根膜炎が起こっている 虫歯 虫歯が進んでしまうと、やがてS. mutans(ミュータンス菌)などのいわゆる虫歯菌が歯の内部にある歯髄という歯の中枢部(神経)にまで到達し、炎症を引き起こします。 その場合、激烈な歯の痛みやうずき・歯がしみるなどの症状が出ることがあります。 治療法としては一般的なや、が挙げられます。 根管治療とは、根管の中の感染してしまった歯髄(神経や血管)や汚染された象牙質を取り除き、根管の中を清掃し、消毒する治療のことを言います。 歯周病 歯ぐきの疾患は、歯肉炎と歯周炎に大別されます。 ・歯肉炎…歯石やプラークなどにより歯ぐきにのみ炎症が起こっている状態 ・歯周炎…歯肉炎がさらに進行して歯を支える歯周組織(歯槽骨といわれる顎の骨や、歯根膜といわれる歯と骨を繫いでいるコラーゲンの膜や、歯のセメント質など)が感染・破壊された状態 歯周炎に関しては、歯のクリーニングだけで症状の改善が期待できるごくごく軽度のものから、最悪の場合、歯の保存が厳しくなってしまうような重度のものまで、その状態により治療法は多岐にわたります。 歯ぐきのうずきを感じる場合は、少し歯周炎が進行してから発症する事が多いのではないでしょうか。 腫れぼったかったり、歯ぐきが重たく感じることもあります。 基本的に歯周炎は無症状のまま非常にゆっくりと進行していくので、自覚症状が出てきたころにはある程度病状が悪化していることが多い油断すると厄介な疾患です。 逆にいうと進行が遅いので正しい知識を持って早めにケアさえしておけばさほど怖くない管理しやすい疾患ということにもなります。 ですから、国立くぼむら歯科クリニックではかかりつけ医での定期的な検診やメインテナンスすることをお勧めしています。 従来のCURE型(痛くなってからの治療)から、これからはCARE型(痛くならない為の予防)の診療を提案できる歯科医院を当院は目指しております。 歯ぎしり・くいしばり(ブラキシズム・パラファンクション) 睡眠時に起こる歯ぎしりは脳の制御をいっさい受けないので非常に強い力が歯や歯周組織にかかります。 それによりしばしば歯根破折や歯根膜炎が引き起こされる原因となることがあります。 症状としては噛むと痛かったり歯や歯ぐきに鈍い痛みが出たりします。 歯根破折とは、治療済みの歯の根の部分が割れてしまうことをいいます。 主に差し歯治療の際に、ことやブラキシズムが原因で引き起こされます。 こうなるとほとんどの場合で歯の保存が難しくなってしまいます。 歯根破折を防ぐには、歯に負担のかからない材質で修復処置を行ったり、歯ぎしりの過大な力から歯を守る為にマウスピースを使用したりします。 歯や歯ぐきがうずく場合や噛むと痛い場合は、さまざまな原因が考えられるため、早めに歯科医院を受診することをおすすめします。 それがあなたのためだから…。

次の

非歯原性歯痛

歯茎 うずく

歯がむずむず!考えられる6つの原因と対策 1-1 歯周病 歯がむずむずとうずく原因で考えられるものには、まず歯周病があります。 歯周病は段階的に進行するものであり、進行していても気付かないケースもあるのです。 そのため、痛みなどの明らかな自覚症状がなくても、むずむずすると感じたときには早めに歯科へ行くべきです。 歯周病は最初に、プラークなどが原因で歯肉炎を起こすところから始まります。 出血や腫れなどが見られ、体の抵抗力の低下によって起こるケースもあります。 これが進行すると歯周炎となり、歯茎や骨などが細菌に感染して侵食が起こります。 こうした侵食の状態には、はっきりした自覚症状がない場合が多く、さらに症状の進行を早めてしまう原因にもなるのです。 これが重篤化すると歯槽膿漏となります。 周辺組織の侵食が進み、歯を支えることができなくなって、抜け落ちてしまうこともあります。 さらに出血や化膿が起こり、元の状態に治療するのが非常に難しくなってしまうのです。 1-2 虫歯になっている 虫歯がひどくなった場合、歯の神経や歯茎などの周辺組織にまで炎症が及ぶ場合があります。 その場合には、歯がむずむずする感覚に襲われることもあるでしょう。 進行した虫歯が神経を刺激している場合、周辺の歯の感覚にまで影響を及ぼすため、その部分も含めてむずむずとうずいてしまいます。 虫歯の治療は早めに行えば軽度で済みますが、虫歯の炎症が神経にまで達している場合、歯の根まで削って殺菌する根管治療を行う必要があるため、注意が必要です。 1-3 親知らずが腫れている 親知らずのケアがうまく行われていなかったり、生え方などに問題があったりといった理由で、親知らずの周辺が腫れている場合にも歯がむずむずしてしまうことがあります。 親知らずがうずく程度ならまだ初期段階ですが、進行すると強い痛みが生じたり、腫れや膿ができたりすることもあるのです。 そのまま放置していると、細菌感染が顎周辺から全身に及ぶこともあり危険なため、親知らず周辺がむずむずするときにも歯科の診察を受けましょう。 1-4 ストレス 強いストレスを受けると、体のいたるところに影響を及ぼすといわれます。 その影響は歯にも及ぶことがあるのです。 ストレスによって体の免疫力が低下し、歯のトラブルに発展するケースも見られます。 その他、ストレスを受けていることによって体に力が入り、歯を強く食いしばるなどといった力が加わることで歯が少しずつ動き、噛み合わせをくずしてしまう原因にもなります。 1-5 歯ぎしりや食いしばり 普段の噛み合わせだけではなく、睡眠中に歯ぎしりや歯の食いしばりを引き起こしてしまう方もいます。 特に睡眠中に起こる場合は自分では対処することが難しく、意識しない間に歯に強い力がかかって、歯の根にヒビが入るなどの状態 歯根破折 が起こってしまうことがあるのです。 歯の根が破損してしまうことで歯のむずむずが起こるだけではなく、痛みも発生します。 こうした場合、睡眠中にマウスピースをはめて歯にかかる力を軽減するのが有効です。 また噛み合わせの悪さが、歯ぎしりをしたり過剰に歯を食いしばったりといった現象の原因になることもあります。 そのような場合は、歯列矯正によって噛み合わせを調整したりするのがおすすめです。 1-6 その他の病気 上記のような原因に心当たりがない、また歯科の診察を受けても特に原因が見当たらないといった場合は、歯以外のところに原因があることも考えられます。 物理的な原因だけではなく、神経系のバランスのくずれにより、むずむずした感覚やしびれのような感覚を覚える方もいるのです。 歯のむずむずについて原因がわからない、どの歯科を受診しても原因が見つからないといったときは、心療歯科を受診するのも1つの方法です。 心療歯科は、歯科の観点と心理療法の観点から診察を受けることが可能で、心理的に問題を抱えていたり、自律神経のバランスがくずれていたりといった原因による歯の不快感にも、カウンセリングや認知行動療法などの方法で症状の改善に導きます。 自分でできる対策 2-1 正しいブラッシング・デンタルフロス 歯を常に清潔な状態に保って歯周病や虫歯などのリスクを減らすために、毎日正しくブラッシングを行うことは基本です。 1日に2回、できれば食後のたびにブラッシングを行うことが理想です。 また歯の間や、歯と歯茎の間にもプラークがたまりやすいですから、デンタルフロスを使ってきれいにしておきましょう。 出血がある場合には、無理をせず力を入れずに掃除をします。 きれいな状態を保つことができれば炎症も治まってくるでしょう。 2-2 むずむずしても触らない 不快な歯のむずむずは、ついつい気になって触ってしまいがちです。 しかし歯や歯茎にトラブルがある場合には、むやみにさわると傷がついてしまい、そこからさらに症状が悪化してしまう可能性もあります。 特に指で触ると雑菌が侵入し、むずむずした状態から痛みや腫れに発展することもありますから、できるだけ触らないようにするのがおすすめです。 2-3 上の歯と下の歯を出来るだけ合わせない 上の歯と下の歯が合わさっていると、その分歯に力がかかってしまいます。 歯ぎしりや食いしばりの癖がある方は特に、上下の歯を合わせないように意識してみるのも1つの方法です。 歯への負担を少しでも減らすようにしてみましょう。 2-4 酒とたばこを控える 酒やたばこを嗜好品として好む方も多いでしょう。 ストレスがたまったときに解消する方法として用いる方も多いかもしれません。 しかし酒のアルコールやたばこのニコチンは、歯を強く食いしばるなどの原因となる場合があります。 その結果、歯根破折を起こして歯のむずむずにつながるケースもあるのです。 歯のむずむずが気になるなら酒やたばこを控えてみましょう。 歯のむずむずを放置するとどうなる? 3-1 歯が抜けてしまう危険性 歯のむずむずが歯周病や虫歯からくるものであった場合、放置していると症状が悪化して歯を支える歯茎や骨が侵食されてしまいます。 その結果、歯が耐え切れずに抜けてしまうのです。 歯がぐらぐらしてきたり、出血や膿がひどくなってきたりした場合は歯周病の末期です。 歯が抜けてしまった歯は元に戻すことができませんから、注意が必要です。 3-2 最悪の場合命を落とすことも 歯周病や親知らずの炎症などによって、歯の周辺だけではなく顎にまで細菌感染が及んでしまうケースも見られます。 細菌感染が進むと顎の血管に入り込み、そこから首、胸まで細菌が侵入すると、肺や心臓にまで炎症が起こる危険性も考えられるのです。 ここまで発展してしまった場合には、肺炎や心筋炎を起こして、最悪の場合には命にかかわる重篤な状態になります。 ちなみに、親知らずなどから細菌感染が進み、死に至ったケースは症例の20%ともいわれています。 歯のむずむずを放置していると命を落とすケースは確実に存在するため、放置するのは危険なのです。 まとめ 歯のむずむずは不快な症状ではありますが、痛みを伴わない状態では軽く見過ごしてしまいがちです。 しかし、その症状にはときに重篤な症状の前触れが隠されていることが多く、放置していると歯がなくなってしまったり、最悪の場合は命を落としたり危険性もあります。 歯は一生付き合っていくものであると同時に、デリケートな器官でもあります。 毎日のケアをしっかり行って大切に使っていきたいものです。 そのためにブラッシングをきちんと行うこと、歯や周辺組織を痛めてしまう原因を少しでも減らすことが大切です。

次の