烏滸 意味。 「烏滸」とは?意味や使い方をご紹介

烏滸

烏滸 意味

スポンサードリンク 『他愛ない』の意味 『他愛ない』(たわいない)の意味は 子供っぽくて、問題とするに足りない。 役にも立たない といった意味のようです。 子供だましで価値がない のような意味になりそうです。 例文としては 「どんなに戦艦並みのビームライフルであろうと、当たらなければ他愛ない相手だ」 「締切が迫っているんだから、他愛ないやり方をやめてくれ」 のような使い方が良さそうです。 「他愛」は当て字。 「たあいない」とも読まれますが 「たわいない」は音通りに読んだものになります。 「たわい」は しっかりした心・態度という意味。 現在、今では 「たわいなく」 正体もなく、あっさりと など否定の言葉を伴って使われます。 『伴う』(ともなう)は ある物事が同時に別の物事を併せ持つ。 一緒に連れていく。 引き連れる。 といった意味になります。

次の

「おこがましい」の意味と使い方を例文で!漢字や類語、ビジネスシーンでの使い方まで!

烏滸 意味

「おこがましい」の漢字と語源 「おこがましい」は漢字で <痴がましい><烏滸がましい><尾籠がましい>と3つの書き方があります。 それぞれに諸説があると言われていますので、解説していきます。 「おこがましい」の漢字・語源[1]痴がましい 「痴がましい」の語源は「痴」という時には「愚か」という意味があったためです。 「おこがましい」の元々の表記は「をこがましい」と書いていました。 「をこ」は「ばかばかしい」「愚かな」といった意味があります。 それにより「痴がましい」となりました。 「おこがましい」の漢字・語源[2]烏滸がましい 次に「烏滸がましい」となった語源ですが、「をこ」が「愚か」という意味なのは、昔の中国で揚子江や黄河のほとりで騒ぐ烏の様子を「烏滸(をこ)」と言っていました。 それが転じて、そのように馬鹿騒ぎをする愚かな人たちを「烏滸(をこ)」と呼んでいたことから、「烏滸がましい」と表記されるようになったというものです。 目下の人が目上の人に対して生意気な言動をした場合に指摘することができます。 ただ、ビジネスシーンでは主に次に説明する自分自身の言動を謙遜した表現として使います。 相手に対して「おこがましい」と言うのは失礼になるので気を付けましょう。 ・「彼のおこがましさには、いい加減呆れた」 ・「入ってきたばかりで、新しいプロジェクトのことで口出しするのはおこがましい」 「おこがましいですが」で自分自身の言動を謙遜した表現 「おこがましいですが」「おこがましいようですが」などと使うと 「自分の立場において、出過ぎた発言や行動」といったニュアンスを含み使われている言葉です。 特にビジネスシーンで、年齢や役職などが目上の人に対して身の程をわきまえずに発言したり行動したりする場合に使われています。 つまり、 自分自身の言動を謙遜している表現として使われています。 目上の人が間違った解釈をしていたり、納得できないことを言っていたり行動したりしている場合など、目下の立場でありながら意見をする際に用います。 ただそういったことに対して発言や意見をすると「生意気だ!」と思われてしまうため、まず自分から「おこがましいですが」と使うことで謙遜していることを伝える事ができます。 「おこがましい」と同様、目上の人に意見などをする時に自分自身のことを「厚かましいですが」と表現します。 「おこがましい」と「厚かましい」の違いは、 「おこがましい」が「身の程をわきまえないさま」を表すのに対して、「厚かましい」は「遠慮がないさま」を表す点です。 「厚かましいですが」と使う場合は「遠慮がないのですが」「図々しくありますが」となります。 「おこがましいですが」と使う場合は「目下である私が言うのは申し訳ないのですが」といったニュアンスになります。 そのため、 目上の人に対して謙遜していることを 強調して伝えない時は「おこがましい」を使うことが適切です。 お願いごとをする時は「厚かましい」を使い、上司に対して意見などをする時は「おこがましい」を使うなど、シーンによって使い分けましょう。 「必要以上におせっかいなことや厚かましいことなどをするさま」といった表現で使われています。 語源は、古語の「でしゃばる」「出過ぎたことをする」という意味の動詞「差し出づ(さしいづ)」に、「〜らしい」「〜みたい」という意味の接尾語「がましい」が付いたものです。 それが現代ではひとつの単語になり、読み方も「さしいでがましい」から「さしでがましい」になりました。 「おこがましい」は身分不相応な様を表し自分自身の行動のみを指して使うのに対して、「差し出がましい」は、自分と相手の行動についての内容に対しても使います。 そのため、目上の人だけではなく部下などの言動を注意する際にも使う事ができます。 ビジネスシーンでは「おこがましい」と「差し出がましい」がよく使われています。 「図々しい」の語源は、漢語の「図」から来ています。 「図」には「計画」とか「企み」などを意味します。 その「図」を「図」を重ねて形容詞化し、「図に乗る」とか「図に当たる」という意味になりました。 無神経な人、平気で列に割り込みをする人、人の物をもらおうとする人のことを「図々しい人」と言いますよね。 ビジネスシーンなどでは、「図々しいですが」と使うと「遠慮がないのですが」「自分勝手ではありますが」となります。 「おこがましい」などと同様に自分のことを謙りながら意見やお願いを言う時に使います。 しかし「図々しい」という言葉のイメージがあまり良くないので、 目上の人に対して謙遜を表する場合は「おこがましい」や「差し出がましい」を使うことをオススメします。

次の

沙汰(さた)の意味

烏滸 意味

「烏滸(おこ)」には、次の2つの意味があります。 ・馬鹿げていること。 滑稽なさま。 ・ふとどきな様子。 不敵なさま。 もともとは中国の言葉で、黄河や揚子江の港に集まる騒がしい人のことを意味していました。 「滸」は水辺やほとりのことを指しており、水辺にいるカラスのようにうるさい人々を「烏滸」と呼んでいたようです。 日本では、はじめ「をこ」「うこ」と平仮名表記されていましたが、平安時代になり「烏滸」「尾籠」「嗚呼」という当て字がされるようになります。 この頃の「烏滸」は、愚かや愚鈍 の意味と、人を笑わせる行為や非常識な振舞 を意味していました。 ここから、物まねや滑稽な仕草の歌舞の芸と、それを演じる人々を「烏滸」と言ったり、面白おかしい話を「烏滸話」、『鳥獣戯画』などの人を笑わせることを目的として書かれた絵を「烏滸絵」と呼ぶようになりました。 室町時代になると、愚鈍なものを表す表現「馬鹿」が使われるようになります。 そして、江戸時代には「馬鹿」と言う言葉が広く使われるようになり、次第に「烏滸」は使われなくなってしましました。 「烏滸」の他に「烏」が含まれる表現をご紹介します。 ・ 烏の行水(からすのぎょうずい) 意味:入浴時間が極端に短いことのたとえ ・ 濡烏(ぬれがらす) 意味:日本人女性の理想の黒髪の色とされる色の名称。 「烏の濡れ羽色」ともいう。 ・ 闇夜に烏(やみよにからす) 意味:見分けがつかないことのたとえ。 ・ 三羽烏(さんばがらす) 意味:三人組のこと。 ・ 烏合の衆(うごうのしゅう) 意味:統率の取れていない寄せ集めの集団や軍隊のこと。 ・ 白兎赤烏(はくとせきう) 意味:時間のこと。 ・ 烏飛兎走(うひとそう) 意味:あっという間に時間が過ぎることのたとえ。 ・ 烏白馬角(うはくばかく) 意味:絶対にありえないことのたとえ。 ・ 烏焉魯魚(うえんろぎょ) 意味:文字を書き間違えること。

次の