淡路島 事件 速報。 淡路島5人殺害:42歳男に死刑判決 神戸地裁

【速報】淡路島事件 近所の無職『平野達彦』容疑者を逮捕!!: GOSSIP速報

淡路島 事件 速報

静まりかえった法廷に動揺が走った。 8日に神戸地裁で開かれた兵庫県洲本市の男女5人刺殺事件の初公判。 「本当の被害者は私。 断罪されるべきはサイコテロリストと工作員だ」。 殺人などの罪に問われた平野達彦被告(42)は犠牲者5人を中傷する発言を傍聴する遺族の前で繰り返し、「無罪」「冤罪」を主張した。 のどかな田園地帯で起きた凄惨な事件。 悲しみの癒えない遺族は公判での真相究明を願うが、廷内には理解しがたい被告の言葉が響いた。 平野被告はダークスーツに青いネクタイ姿で法廷に姿を現した。 逮捕前より少しふっくらした印象で、口を真一文字に結んで傍聴席を一瞥。 長井秀典裁判長から「無職ですか」と問われると「違います」と即答し、ウェブサイトの名前を3つ挙げて「サイトのサポーターをしている」と答えた。

次の

淡路島地震

淡路島 事件 速報

今年5月、神戸市内の児童館で小学生にバットで殴られ右耳が聞こえにくくなっている女性職員が会見を開き、市や児童館の対応を批判しました。 「多くの先生がどんなにひどい犯罪行為を受けても、声をあげられない現実に疑問を感じました」(被害を受けた女性職員・20代) 今年5月、神戸市内の児童館に勤めていた20代の女性職員は子どもたちと公園へ向かう際、小学2年の男子児童に後ろから突然バットで右後頭部を殴られました。 女性は一時、気を失うほどでしたが救急車を呼んでもらえず、1時間半ほど経ってから病院へ連れられて行きました。 半年以上経った今も右耳が聞こえにくい状態だということです。 女性職員は22日の会見で市や児童館の対応を批判しました。 「今回の事件について、施設側は警察への通報、児童相談所への通告をいずれも行っていません。 私は、施設の対応に問題はなかったとは言えないと思います」(被害を受けた女性職員) 女性職員は自ら被害届を出し、警察はすでに男子児童を児童相談所に通告しています。 この秋オープンした兵庫県三木市の公園で、すべり台のボルトが立て続けに外されているのが見つかりました。 すべり台から突き出たボルト。 子どもが滑っていたら、大けがにつながりかねない危険な状態です。 ボルトが外されていたのは、兵庫県の三木山総合公園の中にある「みきっこランド」のすべり台でした。 今年10月にオープンしたこの公園は、大型遊具が設置されていて子どもたちに人気です。 ところがオープンしてわずか1か月。 すべり台を裏側で止めていたボルト10本が地面に落下していたのです。 点検中に見つかったため、市はすぐに使用を中止しその日のうちにボルトを強力な接着剤で締め直しました。 ところがさらに翌日の朝、今度はすべり台の表面のボルト5本が緩められ、表に突き出す形になっていたのです。 「締め直したところをまた外されていたので、かなり悪質だと思っています」(三木市道路河川課 神木徹さん) 幸いけがをした人はいなかったということですが、市はパトロールの強化などを警察に要請し、今後防犯カメラの設置も検討しているということです。 市議会の一般質問に答えた。 市は周辺に複数の防犯カメラの設置を検討している。 (井川朋宏) 市道路河川課によると、滑り台は幅1・68メートル、全長8・27メートル。 11月11日午後、滑り台裏側の約10カ所でボルトが抜け落ちているのを、同公園の指定管理者の職員が発見。 設計・施行を担当した岡山市の遊具メーカー「大久保体器」が同日中に補強して安全を確認したが、翌朝にも同じ滑り台の表側で数カ所のボルトが突起しているのを同職員が見つけた。 いずれも直ちに危険性を伴う状態ではなかったものの、市は13日昼ごろまで使用禁止とし、三木署に通報。 同署は周辺の巡回を強化した。 後日の点検では異常は見つからなかったが、同課は「悪意を持って人為的に外されたとみられる。 日常点検を継続し、防犯カメラで抑止を図りたい」としている。

次の

淡路島地震

淡路島 事件 速報

淡路島地震の震源・余震域、兵庫県南部地震の震源、およびを含む淡路島北中部の断層分布 発生当日の4月13日11時30分にが発表した暫定値 では、この地震のは北緯34度25. 1分、東経134度49. 7分で、淡路島中部の五色町鮎原西付近にあたり、震源の深さは15km、()は6. 3だった。 なお、同じく気象庁によるとは5. 8と解析されており、気象庁マグニチュードの6. 3よりも小さいという結果が出ている。 は東西方向に圧力軸を持つ型(4月13日7時35分気象庁発表、速報)で 、地殻を構成する大陸プレート内で発生した地震()である。 大阪管区気象台はで発生したものだという見解を示し 、さらにの地震調査委員会は発生翌日の4月14日に臨時会を開き、淡路島の中央にある南北方向に伸びた長さ約10kmの西傾斜 の断層が起震断層であるとの見解を示している。 兵庫県南部地震との関連 [ ] この地震の震央は、18年前の1995年1月17日に発生した()の震央(付近)の南西約30km付近、また同地震の震源域(域)の南西端付近 、さらに同地震の複数あったの1つで地表に露出したことで著名なの(露出していない部分を含む)南西端付近に位置しており、近接している。 ただし断層面同士のずれの成分は、兵庫県南部地震は成分が大きかった のに対し、この地震は逆断層成分が大きかったため、ずれの方向が異なることを示している。 気象庁は発生当日午前の会見で、現時点ではこの地震が兵庫県南部地震の直接的な余震であるかどうかの判断は難しいとの見解を示した。 なお同会見で同庁地震津波監視課長の長谷川洋平は個人的見解として、「関連がある可能性はあるが、20年近く経過しメカニズムが異なることから、直接的な余震と言えるかは疑問」と述べている。 一方で専門家から異なる意見も同日報じられている。 東北大学教授のは、兵庫県南部地震の時のひずみが依然として淡路島に蓄積しており、淡路島地震は兵庫県南部地震の「広い意味での余震」だとする見方を示し、今後も同じような地震に警戒を続けるべきと発言、また名誉教授のは、1944年や1946年の前後に西日本で内陸地震が頻発したことから、今後の発生が予想されているとの関連を指摘し、同じような地震が今後も発生する可能性があるとの見解を示している。 前述の地震調査委員会は発生翌日の4月14日に開いた臨時会で、「この地震と兵庫県南部地震とは(地殻内の力の加わり方の変化などを要因として)何らかの関係がある」と断定している。 起震断層 [ ] この地震の震源の近傍にはの一部である「先山断層帯」がある。 先山断層帯は長さが約12km、北西側が相対的に隆起する逆断層であり、地震調査委員会は2005年公表の長期評価において、先山断層帯全体が1つの区間として活動した場合、M6. 近傍にはまた、先山断層帯と交差するように位置する「志筑断層帯」もある。 地震調査委員会が発生翌日の4月14日に開いた臨時会では、この地震は発見されていない断層が引き起こしたもので、先山断層帯や志築断層帯との関係は不明であるとされた。 余震と地殻変動 [ ] この地震でなどは発表されなかった。 気象庁は地震速報の段階で「周辺海域では若干の海面変動の可能性がある」と発表したが 、海面変動も観測されなかった。 陸地の地殻変動については、の4月14日の発表によると、「洲本」(洲本市宇山)で1cm強と僅かな水平方向の移動が観測されたものの、誤差の可能性がある。 余震活動について気象庁は、(発生当日から)1週間程度は震度5弱程度の余震が発生する恐れがあるとし、警戒が必要である旨を呼び掛けた。 最大の余震は、本震から8分後の5時41分に発生したM3. 9、震度3の地震である。 本震から約1か月後となる5月13日に行われた地震調査委員会の発表によれば、余震活動は「本震-余震型」であり余震活動は減衰してきているという。 なお、この地震の3か月後のに淡路市の北東部付近でM4. 0、震度3の地震が発生したが、大阪管区気象台によれば、約18年前の兵庫県南部地震の余震域で発生したものであって、4月の淡路島地震の余震ではないとされている。 観測・推定された揺れ [ ] 観測震度 [ ] 淡路市の、の2地点でこの地震最大の震度6弱を観測した。 両地区は震央の北東にありやに面している。 また、南あわじ市広田・湊と淡路市久留麻の3地点で震度5強を観測した。 淡路島を中心とした・岡山県・香川県・徳島県で震度4以上を観測した地点があり、震度1以上を観測した地点は九州からに及んだ。 淡路島を含む兵庫県内で震度6以上を観測したのは、1995年に発生した兵庫県南部地震以来であった。 このときは神戸市・淡路市などで震度7を観測している。 震度5弱以上を観測した気象庁の発表地点 震度 都道府県 観測点名 6弱 郡家・淡路市志筑 5強 兵庫県 広田・南あわじ市湊・淡路市久留麻 5弱 兵庫県 小路谷・洲本市五色町都志・南あわじ市福良・淡路市中田・淡路市富島 大阪 鳴門町 湊・安田 推定震度 [ ] 気象庁の推計震度分布図においても、淡路島を中心とした近畿や岡山・香川・徳島で、沿岸部や低地で震度4以上となると推定された。 淡路島は南部のや北東端を除く大部分が震度5弱以上になっていると推定され、最大震度5弱だった洲本市内でも震度5強の地域があると推定された。 長周期地震動階級 [ ] 気象庁は、この地震で観測された地域別のの分布図を公表した。 淡路島で階級2、兵庫県南東部・大阪府南部・徳島県北部で階級1を観測した。 階級2は「室内で大きな揺れを感じる」「物に掴まらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じる」「キャスター付き什器がわずかに動く」などと定義されている。 同庁は3月28日から、「長周期地震動に関する観測情報(試行)」と題してこの階級の公表を試験的に開始していた。 またの浅野公之によると、 PGV が大きかったK-NET東浦観測点(淡路市)の分析では、周期1秒以上の揺れは兵庫県南部地震よりもかなり小さいものの、周期0. 5秒前後の揺れは兵庫県南部地震の際に(神戸市中央区)や(神戸市須磨区)で記録された揺れよりも少し小さいか同等程度あり、地域によっては兵庫県南部地震と同程度の強さの揺れが感じられた可能性があるという。 緊急地震速報 [ ] この地震において気象庁は、発生直後の5時33分20. 3秒に地震波を検知し、3. 5秒後に予報第1報(高度利用者向けの)を兵庫、香川、徳島、和歌山、大阪、岡山の各府県に発表した。 5秒後の予報第3報では更に規模を大きく評価、実際より若干強めのM6. 7、震源を播磨灘と推定し、初めて警報(テレビ放送等が行われる一般向けの緊急地震速報)を発表した。 第3報時点の警報対象地域(推定震度4以上)は広島県から愛知県までの17府県に及んだ。 第1報から主要動到達までの猶予時間は、淡路島全域や淡路島に近い明石市や鳴門市付近で0秒と強い揺れに間に合わなかったと推定され、和歌山市中心部や神戸市付近、小豆島で5秒程度、大阪市で10秒程度と推定される。 近畿地方、中国地方、四国地方の各地方の多くの府県では、この地震において、2007年10月に一般向けの緊急地震速報(警報)が開始されてから初めての緊急地震速報(警報)となった。 被害と影響 [ ] 負傷者 [ ] 死者は出なかったが、重傷11人、軽傷24人の合わせて35人が負傷した。 内訳は、淡路市で8人、洲本市で7人など兵庫県内で26人、大阪府で5人など。 淡路市の高齢男性が避難のため自宅の窓から飛び降りて骨折、明石市と福井県で高齢女性がベッドから落ちて骨折するなどしている。 淡路島は阪神・淡路大震災の際にも被害を受けたが、その時の教訓から住民は比較的冷静に対応したとも報じられている。 建物・施設 [ ] のまとめによると、淡路市で住家全壊1棟・半壊32棟・一部破損2,383棟、洲本市で住家全壊7棟・半壊67棟・一部破損4,067棟、南あわじ市で住家半壊2棟・一部破損1,806棟など、合計で住家全壊8棟・半壊101棟・一部破損8,305棟。 被害件数は、市内最大震度6弱の淡路市よりも市内最大震度5強かつ震央となった洲本市の方が多かった。 兵庫県のまとめによると、建築物の被害が目立つ地域で行われるは、淡路市では旧の志筑・塩田、同市旧の郡家の各地区、洲本市では市街地の塩屋・炬口・物部・本町の各地区が主な対象となった。 淡路市では、とが合同で行った被害調査によると、志筑・網城・下司の各地区の市街地で家屋被害が目立った。 報道でも、同市では住宅のの落下や壁の亀裂、などが多数発生した地域があったと報じられている。 同市志筑にあるは、学内に被害が出たため地震発生の翌週を休校とした。 また同市内では、や淡路市役所周辺など、沿岸を中心にとみられる泥水の噴出や舗装の亀裂が発生した。 国土交通省の調査では、液状化は志筑地区の特に臨海部の埋め立て地に集中しており、宅地では大きな被害は見られなかった。 一方、震度6弱となった震度計がある同市郡家地区の市街地では、阪神・淡路大震災後に建て替えが進んでいて、被害は瓦の落下がまばらに見られる程度であったという。 同市富島地区(旧)でも、同震災で地区の建物の8割が全半壊する被害を受けて以降、道路の拡幅や公園整備など地震防災を意識した再建を進め、産経新聞によれば「瓦1枚落とさなかった」ほどの軽微な被害だという。 洲本市では、前述の国土技術政策総合研究所・建築研究所合同調査によると、炬口・本町・物部の各地区で家屋被害が目立ったといい、その背景としてであり近隣地区と比較して地盤が比較的弱い事が挙げられた。 報道でも、屋根瓦の落下被害や水道管の破損、校庭の地割れ等が報じられている。 毎日新聞は同市炬口地区の住民の話として「阪神・淡路大震災の時よりも被害は大きかった」と報じている。 南あわじ市でも水道管の破損などの被害が報じられている。 一方大阪府でも、住宅の土壁の損壊や水道管の破損が報じられている。 生活への影響 [ ] 地震発生後数日後も営業を休止している家電量販店 洲本市塩屋 の供給区域では、揺れによる安全装置作動により2府3県の計6万件で都市ガスの供給が一時停止した。 淡路市で50世帯、洲本市で26世帯、南あわじ市で3世帯のほか、徳島県で1件、大阪市でも15件で地震により断水が発生していた が、4月16日の時点ですべて復旧した。 一方によると、同社管内で停電や設備被害は確認されていない。 主要道路の寸断などはなかった。 兵庫県のまとめによると、島内の大型商業施設は1店舗が当日、2店舗が翌4月14日と早期に営業を再開したほか、県が聞き取りを行った製造業者4社で設備被害はあったものの操業への支障はなかったという。 一部のでは片付けのため開店時間が遅れた。 は地震発生後もほとんどの店舗では通常通り営業していた。 洲本市内のでは店内に被害が出たため、長期休業を余儀なくされた店がある。 交通 [ ] 列車ダイヤが乱れている様子を示した電光掲示板 で撮影 地震直後よりの線と各線は運転を見合わせ、当日午前中のうちに大半は再開したものの、夕方までダイヤの乱れが発生した。 で最長約90分の遅れが計47本、東海道新幹線でも最長約70分の遅れが計12本、の在来線でも21路線の約1,100本で遅れや運休が発生し、延べ55万人に影響が出た。 高速道路については、を含むでは速度制限が行われたが通行止めはされておらず、淡路島や四国各地発着の高速バスの運行には大きな影響はなかった。 行政の対応 [ ] 日本政府は発生から3分後の5時36分に対策室を設置し、6時10分から緊急参集チームによる協議を開始した。 兵庫県は地震発生と同時刻の5時33分に災害対策本部を設置、徳島県、大阪府、岡山県、奈良県でも対策本部を設置したり警戒態勢のレベルを上げたりしたが、5府県とも当日中に解除している。 兵庫県の知事は当日淡路市を直接視察して被害状況を確認し、「地震の規模に比べ被害は軽度にとどまっている」として冷静な対応を呼びかけた。 また、翌日の14日はの投開票日であったが、両選挙は滞りなく執り行われた。 動物 [ ] 地震発生後、兵庫県西部ので飼育されていた約1,700羽のが死亡していたことが同県当局の調査により判明している。 発生直後、飼育施設内約6,000羽のうち約1,700羽が部屋の片隅に集まった状態で死亡しているのを養鶏場の担当者が発見した。 当初の可能性があったことから養鶏場は同県へ報告するものの、解剖によりインフルエンザが死因ではないと判明した。 他の原因として考えられるなどのが侵入した形跡は見つからず、原因は地震以外にないと判断された。 の担当者によると、鶏はパニックに陥ると1ヶ所に密集する習性があり、地震の揺れに驚いたことが原因でパニック状態に陥りした可能性が高いという。 復旧 [ ] 建物の全壊棟数の関係などから、自治体単位でのやの適用は行われない見込み。 住家被害の復旧等に対して兵庫県は、従来の給付に加えて損壊割合1割以上の「一部損壊」世帯にも見舞金5万円を支給する対策を4月18日に発表しており、約500世帯が対象になると見込んでいる。 淡路市も同じ基準で見舞金1万円、南あわじ市は全ての「一部損壊」世帯に見舞金5千円を、それぞれ支給する追加の対策を発表している。 これは、国の、県・市がそれぞれ規定する災害見舞金などの対象外となり公的支援がない「一部損壊」世帯への支援策である。 なお兵庫県は、阪神・淡路大震災後に創設された兵庫県住宅再建共済制度(『フェニックス共済』)に加入している「一部損壊」世帯にも特例として見舞金5万円を支給、また一部損壊世帯に対する住宅再建資金や中小企業・農業者への復旧資金の一定期間無利子融資を行う対策を講じた。 また4月28日には、損壊割合1割以上の世帯に対して、簡易の無料化および、工事費の補助率を従来の3分の1から2分の1に引き上げる措置を発表した。 被害の程度を考慮し、淡路島3市のは災害復旧のボランティアを同じ市内からの受付に限定し、市外から募集しない方針とした。 義援金等について、は4月15日時点で義援金の募集は予定していない。 その他 [ ] は、南あわじ市をはじめとした測定局のの値や気象衛星の雲画像から解析した「」の分布などをもとに、4月7日に「淡路島を中心にマグニチュード5クラスの地震が発生する」とする予測を発表していたと報じられている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2013年4月13日. 2018年4月29日閲覧。 気象庁. 2018年6月18日閲覧。 「CMT解 」気象庁、2013年4月17日閲覧• 地震調査委員会、2013年4月14日付、2013年4月17日閲覧• 第115回地震予知連絡会(1995年5月22日)資料• 「地震の基礎知識とその観測 」防災科学技術研究所、2012年9月最終改訂版、2013年4月13日閲覧• 「」毎日新聞、2013年4月13日12時53分付、2013年4月13日閲覧• 「」地震調査研究推進本部 地震調査委員会、2005年1月12日、2013年4月13日閲覧• 「六甲・淡路島断層帯の長期評価について 」地震調査研究推進本部 地震調査委員会、2005年1月12日、2013年4月17日閲覧• 「」日本経済新聞、2013年4月14日15時59分付、2013年4月17日閲覧• 「」国土地理院、2013年4月14日発表、2013年4月17日閲覧• 「 」大阪管区気象台、2013年7月19日付、2013年7月27日閲覧• 「 」大阪管区気象台、2013年4月13日、2013年4月13日閲覧• 「長周期地震動に関する観測情報(試行) 」気象庁、2013年4月13日、2013年4月13日閲覧• 「」防災科学技術研究所、2013年4月15日13時50分付、2013年4月17日閲覧• 「緊急地震速報の発信状況 」気象庁、2013年4月13日閲覧• 「」毎日新聞、2013年4月13日付(13時25分更新版)、2013年4月13日閲覧• 「」気象庁、2013年4月26日、2013年6月25日閲覧• 「」日本経済新聞、2013年4月26日付、2013年6月25日閲覧• 「」関西看護医療大学、2013年4月18日閲覧• 「 」消防庁、2013年4月16日19時30分付、2013年4月17日閲覧• 「」関西電力、2013年4月13日付、2013年4月19日閲覧• 「」朝日新聞、2013年4月13日15時11分付、2013年4月13日閲覧• 「」読売新聞、2013年4月13日11時55分付、2013年4月13日閲覧• 「」読売新聞、2013年4月17日15時10分付、2013年4月17日閲覧• 「」読売新聞、2013年4月19日付、2013年4月21日閲覧• 「」毎日新聞地方(淡路)版、2013年4月20日付、2013年4月21日閲覧• 「」毎日新聞地方(淡路)版、2013年4月24日付、2013年5月18日閲覧• 「」毎日新聞地方(淡路)版、2013年5月18日付、2013年5月18日閲覧• 「」神戸新聞、2013年4月19日18時3分付、2013年4月21日閲覧• 「」日本赤十字社兵庫県支部、2013年4月15日付、2013年4月21日閲覧• 「 」、大気イオン地震予測研究会、2013年6月27日閲覧• 田所柳子「」、毎日新聞、2013年04月28日付、2013年6月27日閲覧 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 地震調査委員会、2013年4月14日付• 、2013年4月15日付• 地震予知研究センター• 海洋研究開発機構• 産業技術総合研究所 活断層・地震研究センター• 地震予知連絡会会報 第90巻• 『日本地理学会発表要旨集』 2013年度日本地理学会秋季学術大会 発表要旨 セッションID:P010, :• :1891年(明治24年), M8. :1892年(明治25年), M6. :1893年(明治26年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1895年(明治28年), M7. :1896年(明治29年), M7. :1896年(明治29年), M8. :1896年(明治29年), M7. :1897年(明治30年), M7. :1897年(明治30年), M7. :1898年(明治31年), M7. :1898年(明治31年), M7. :1899年(明治32年), M7. :1899年(明治32年), M7. :1921年(大正10年), M7. :1922年(大正11年), M6. :1922年(大正11年), M6. :1923年(大正12年), M7. 九州地方南東沖 :1923年(大正12年), M7. :1923年(大正12年), M7. :1924年(大正13年), M7. :1924年(大正13年), M7. 網走沖 :1924年(大正13年), M7. :1925年(大正14年), M6. :1926年(大正15年), M7. :1926年(大正15年), M7. :1927年(昭和2年), M7. :1928年(昭和3年), M7. 0 1930年(昭和5年) - 1939年(昭和14年)• :1930年(昭和5年), M6. :1930年(昭和5年), M7. :1931年(昭和6年), M7. :1931年(昭和6年), M7. :1931年(昭和6年), M6. :1931年(昭和6年), M7. 日本海北部 :1932年(昭和7年), M7. :1933年(昭和8年), M8. :1933年(昭和8年), M7. :1933年(昭和8年), M6. :1934年(昭和9年), M7. :1935年(昭和10年), M6. :1935年(昭和10年), M7. :1936年(昭和11年), M6. :1936年(昭和11年), M7. :1936年(昭和11年), M6. :1937年(昭和12年), M7. :1938年(昭和13年), M7. :1938年(昭和13年), M6. :1938年(昭和13年), M7. :1938年(昭和13年), M7. :1939年(昭和14年), M6. :1939年(昭和14年), M6. 8 1940年(昭和15年) - 1949年(昭和24年)• :1940年(昭和15年), M7. :1941年(昭和16年), M6. :1941年(昭和16年), M7. :1943年(昭和18年), M6. :1943年(昭和18年), M7. :1943年(昭和18年)M6. :1943年(昭和18年), M7. :1943年(昭和18年), M5. :1944年(昭和19年), M7. :1945年(昭和20年), M6. :1945年(昭和20年), M7. :1946年(昭和21年), M8. :1947年(昭和22年), M7. :1948年(昭和23年), M7. :1948年(昭和23年), M6. :1948年(昭和23年), M7. :1949年(昭和24年), M6. :1949年(昭和24年), M6. :1960年(昭和35年), M7. :1961年(昭和36年), M5. :1961年(昭和36年), M7. :1961年(昭和36年), M7. :1961年(昭和36年), M7. :1962年(昭和37年), M7. :1962年(昭和37年), M6. :1963年(昭和38年), M8. :1964年(昭和39年), M7. :1965年(昭和40年), M6. :1966年(昭和41年), M7. :1968年(昭和43年), M6. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1969年(昭和44年), M7. :1969年(昭和44年), M6. 6 1970年(昭和45年) - 1979年(昭和54年)• :1970年(昭和45年), M7. :1971年(昭和46年), M5. :1971年(昭和46年), M7. :1972年(昭和47年), M7. :1973年(昭和48年), M7. :1974年(昭和49年), M6. :1974年(昭和49年), M7. :1975年(昭和50年), M6. :1975年(昭和50年), M7. 日本海西部 :1975年(昭和50年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. 4 1980年(昭和55年) - 1989年(平成元年)• :1980年(昭和55年), M6. :1981年(昭和56年), M7. :1982年(昭和57年), M7. :1982年(昭和57年), M7. :1983年(昭和58年), M7. :1983年(昭和58年), M6. 三重県南東沖 :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M6. :1987年(昭和62年), M6. 日本海北部 :1987年(昭和62年), M7. :1987年(昭和62年), M6. :1989年(平成元年), M7. 1 1990年(平成2年) - 1999年(平成11年)• :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M6. :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M7. :2001年(平成13年), M6. :2001年(平成13年), M7. :2002年(平成14年), M7. :2003年(平成15年), M7. :2003年(平成15年), M6. :2003年(平成15年), M8. :2004年(平成16年), M7. :2004年(平成16年), M6. :2004年(平成16年), M7. :2004年(平成16年), M6. :2005年(平成17年), M7. :2005年(平成17年), M7. :2005年(平成17年), M7. :2007年(平成19年), M6. :2007年(平成19年), M6. :2008年(平成20年), M7. :2008年(平成20年), M7. :2008年(平成20年), M6. :2008年(平成20年), M7. :2009年(平成21年), M6. 5 2010年(平成22年) - 2019年(令和元年)• :2010年(平成22年), M7. :2010年(平成22年), M7. :2010年(平成22年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), 9. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M5. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2012年(平成24年), M7. :2012年(平成24年), M6. :2012年(平成24年), M7. :2013年(平成25年), M6. :2013年(平成25年), M6. :2013年(平成25年), M7. :2014年(平成26年), M7. :2014年(平成26年), M6. :2015年(平成27年), M8. 薩摩半島西方沖 :2015年(平成27年), M7. :2016年(平成28年), M6. :2016年(平成28年), M6. :2016年(平成28年), M7. :2016年(平成28年), M6. :2018年(平成30年), M6. :2018年(平成30年), M6. :2019年(令和元年), M6.

次の