ラーメンマン 宮崎。 ラーメンマン (拉麺男)

ラーメンマン(拉麺男)

ラーメンマン 宮崎

宮崎県のラーメンランキング・・をてげつー編集部で打ち合わせをしていた時にでてきた名前 ラーメン洋 ん・・宮崎ラーメンてげ大好き協会会長の私が行ったことない名前が。 ということで爆速でラーメン洋に行ってきました。 洋の文字だけ、青色です。 ラーメンの看板って赤い色が多いのになんか珍しい ラーメン洋の中は、こんな感じ この日は、開店前に並んだので、待たずに入れました。 午前11時の様子です。 ラーメン洋のメニュー ラーメン500円からは、嬉しいですね。 この日は、チャーシュー玉子入りを頼みました。 半焼き飯もオススメと聞いていたのですが、ダイエット中で控えめ ラーメン洋のチャーシュー玉子入り しばし待つこと5分くらい。 さっそくラーメンがきました。 シンプルな麺が、スープといい感じに絡み合います。 スープもしっかりとした味で、かつ後味が少し残り繊細な味付けです。 ラーメン洋の卵はゆでたまご よくある煮込んだ卵をイメージしていたのですが、シンプルなゆでたまご。 これもスープと絡み合って美味しいです。 女子好みかも ラーメン通は、薬味関係も見逃さない 私はにんにくが大好きです。 おろしたてのにんにく嬉しいですね。 この他にも紅しょうがや胡椒も準備されておりました。 後、これらの調味料関係ってどうしても少し汚れがめだつのですが、ラーメン洋は、とても清潔感があって素敵です(女子目線) 驚き!食べ終わる頃には満席 ラーメンを食べ終わる頃には、店内はほぼ満席で、外にはまっている人がいました。 凄! 地元の方が多い感じでしたね。 すごい人気だなぁ。。。 値段も500円からとリーズナブルだし、安定した味。 また行きたいです。

次の

宮崎で朝ラーするならラーメンマン(拉麺男)

ラーメンマン 宮崎

ビジュアルは王道の宮崎ラーメンです。 シンプルさの中にどこか洗練された雰囲気を感じます。 なみなみの白濁スープに香味油、トッピングはネギ、もやし、チャーシュー。 ネギももやしもたっぷり。 上の画像はチャーシューメンではなく普通のラーメンです。 栄養軒などの有名店も塩気が強いですしね。 チャーシューメン 700円 チャーシュー盛り盛りてんこ盛り。 重なっているから何枚入っているか分からないくらい盛り盛り。 チャーシューは柔らかくて美味しい。 味付けは薄味ですがスープが濃いので麺と一緒に口に運ぶと抜群のハーモニーを奏でます。 麺は中細のストレート。 程よいコシと滑らかさがあって美味しい麺です。 店によって味もビジュアルも違うから奥が深い。

次の

宮崎で朝ラーするならラーメンマン(拉麺男)

ラーメンマン 宮崎

宮崎市村角町にある、「 ラーメンマン(拉麺男)」 をご紹介します。 1998年創業。 既に 20年もの歴史を持つ、 宮崎を代表する人気店。 とんこつラーメンだけでも 3種、加えて 中華そばや 塩ラーメンまで楽しめるラインナップの幅広さも魅力です。 トンコツ(2018年8月) これぞ南国宮崎の呼び戻し!トロリッチな極濃パワフルとんこつを心ゆくまで ラーメンマンのルーツは、同じく宮崎のシンボルともいえる 「」 にあると聞きます。 フェニックス・シーガイア・リゾートからもほど近い場所にお店があります。 1998年の創業時は、ここから2キロほど離れた芳士という場所にお店があったとのこと。 2002年に現在の場所へ移転されたそうです。 店舗外観 結構大きな店構え。 ラーメンのラインナップは・・・ とんこつ系: あっさり、トンコツ、こってり その他: しお、 中華そば、(カレーラーメンは販売中止) その他に ギョーザや チャーハンなどのサイドメニューもズラリ並びます。 更には 平日限定セットメニューも。 店舗内観 ゆったり広々とした店内。 お座敷、テーブル席、カウンター席というフルラインナップで構成されています。 こちらの写真は翌日の朝早く訪れた際に、人が入れ替わったタイミングを見て撮ったもの。 お昼に訪れた際は、かなりのお客さんが入っていました。 ちなみに 持ち帰りメニューも。 食べログ、ラーメンWalker、宅麺など様々なジャンルで輝かしい実績を持つ実力店です。 卓上調味料 卓上には 紅ショウガや コショウと共に、 辛子高菜もスタンバイ。 これぞ南国宮崎の呼び戻し!トロリッチな極濃パワフルとんこつを心ゆくまで まずこちらは、本命の こってりトンコツ。 とんこつの旨いトコを、余すことなく味わえます。 食券を渡す際にお願いすると、更にパワフルな 背脂入りで供されます。 イイねぇ~この浸透圧! 短いスパンで何度も味わうなら、間違いなくこのメニューですね。 キャベツの食感と甘みが実にスープとよく合います。 これこそ 伝統的な宮崎ラーメン!という一杯です。 トンコツ こちらは 普通の トンコツ。 豚骨+鶏ガラ+魚介(鰹節・煮干し)を合わせた ミックス系の一杯です。 宮崎地鶏からとった あっさり沁みウマなスープを、 モンゴルの岩塩で仕上げたという一杯。 ここまでにトンコツをアレコレ食べた直後だったので、ちょっと真価を理解することができませんでした。 焼きと 揚げを両方食べてみました。 その他に、 手羽ギョーザや プレミアム海鮮ギョーザもありましたよ~ エビとレタスのチャーハン 最後は エビとレタスのチャーハン。 シンプルなチャーハンは無く、 あんかけチャーハンかこちらかという選択。 ホックリ系の一皿で、なかなかのお味でした。 朝ラー さて、フル一杯色んなメニューを楽しんだこの日は・・・ 海に行ったり、夜は地鶏を味わったりした後、シーガイアにお泊まり。 あっさりトンコツや ぞうすいなど、ラインナップを絞って営業中です。 こちらは 朝ラー 並 = 440円也。 久々の宮崎でトコトンまでラーメンマンを堪能しようと、 チャめしもオーダー。 訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。 メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。 店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。 遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。 店舗情報はこちらから.

次の