年 女 2020 ネズミ。 【2020年の運勢】どんな年になる?2020年(令和2年)~星の動きは新時代の幕開けを示唆

2020年(令和2年)干支は子!ねずみ年の漢字由来や鼠の豆知識 [暮らしの歳時記] All About

年 女 2020 ネズミ

もくじ• 1972年ってどんな年? まずは1972年ってどんな年だったのか? 簡単に見ていきましょう。 1972年は元号でいうと、 昭和47年。 2020年は東京オリンピックが開催されますが、 1972年は2月に札幌オリンピックが開催された年なんですよね! 夏季と冬季と開催シーズンは違うものの、 同じ「ネズミ年」に、 日本でオリンピックが開催されるというのは、 ある意味スゴイ偶然ですよね。 (ちなみに1972年夏季オリンピックはミュンヘンで開催) 一方で同じく2月は、 「あさま山荘事件」が起きたことでも有名ですが、 この事件は今でもよくTVで取り上げられるので、 全くリアルで覚えていない出来事なのに知っているような感じになりますね。 1972年に流行った曲は? ところで1972年ってどんな曲が流行っていたのでしょうか? まずはレコード大賞で大賞を受賞した曲が、• ちあきなおみ:喝采 この歌は生まれた頃に流行っていたっちゃね〜 それ以外でどんな曲が流行っていたのかというと、• トワ・エ・モワ:虹と雪のバラード• 宮史郎とぴんからトリオ:女のみち• 小柳ルミ子:瀬戸の花嫁• よしだたくろう:結婚しようよ• 天地真理:ひとりじゃないの• 沢田研二:許されない愛• 山本リンダ:どうにもとまらない• 五木ひろし:かもめ町みなと町• 青い三角定規:太陽がくれた季節• 和田アキ子:あの鐘を鳴らすのはあなた• 橋幸夫:子連れ狼• 郷ひろみ:男の子女の子• 野口五郎:めぐり逢う青春• 西城秀樹:恋する季節• 森昌子:せんせい• 森進一:波止場町• ガロ:学生街の喫茶店• アグネス・チャン:ひなげしの花 ・・・などなど。 個人的に聴いたことある・知っている曲だけを挙げただけでも、 こんなに沢山ありました! リアルタイムではほとんど知らないはずなんですが^^; なのにこれだけ多くの曲を知っているということは、 昭和の歌謡曲は、 それだけ長く歌い継がれている曲が多いということが分かりますね。 ポーの一族• ベルサイユのばら• ムーミン• 海のトリトン• デビルマン• 科学忍者隊ガッチャマン• ど根性ガエル• マジンガーZ もちろんこれらは1部ですが、 今でも愛されている作品の数々が、 1972年に発表・放映開始した作品なんですね。 スポンサーリンク 2020年・年男年女! 1972年生まれの有名人芸能人 平成元年あたりに宮崎の高校生だった私は、 TVで同世代の有名人や芸能人を見て・・・ 同じ年なのに凄いなーなんて思いつつも、 「同じ年」ということで、 勝手に親近感を覚えて応援していましたが、 そんな同世代にあたる、 1972年生まれの有名人芸能人にどんな方がいるのか? 最後にまとめてみました。 1月8日 :田村亮(ロンドンブーツ1号2号)• 1月10日 :山口達也(元TOKIO)• 1月16日 :木下隆行(TKO)• 1月16日 :スマイリーキクチ• 1月17日 :平井堅• 1月19日 :中川家礼二(中川家)• 1月24日 :久保純子• 1月28日 :新庄剛志• 1月29日 : 濱口優(よゐこ)• 2月2日:HISASHI(GLAY)• 2月5日 : 長州小力• 2月9日:工藤順一郎・工藤光一郎(工藤兄弟)• 2月14日 :ヒロシ• 2月17日 :YUKI(元JUDY AND MARY)• 2月19日 :大森南朋• 2月25日 :有野晋哉(よゐこ)• 2月28日 :山本淳一(元光GENJI)• 3月2日 :魚住りえ• 3月5日 :菊間千乃• 3月5日 :熊川哲也• 3月10日 :藤井隆• 3月11日 :UA• 3月12日 :倉橋えりか(漫画家)• 3月18日 :高橋里華• 3月19日 :稲森いずみ• 3月25日 :アンミカ• 3月28日 :古谷実(漫画家)• 4月7日 :葛山信吾• 4月15日 :椿鬼奴• 4月20日 :コウメ太夫• 4月23日 :IZAM• 4月26日 : 品川祐• 4月30日 : 常盤貴子• 5月2日 :堀込泰行(元キリンジ)• 5月6日 :高橋尚子• 5月9日 :小高恵美• 5月12日 :まいける• 5月14日 :日村勇紀(バナナマン)• 5月22日 :ゴリ(ガレッジセール)• 5月25日 :石田ひかり• 7月4日 :ケンドーコバヤシ• 7月16日 :児嶋一哉(アンジャッシュ)• 7月19日 :藤木直人• 7月21日 :はるな愛• 7月22日 : 伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)• 7月24日 : 魁皇博之(元大関・魁皇)• 8月11日 :喜多嶋舞• 8月12日 :貴乃花光司(元横綱・貴乃花)• 8月16日 : 西田ひかる• 8月18日 :KEIKO(globe)• 8月18日 :中居正広(元SMAP)• 8月20日 :梅宮アンナ• 8月29日 :ペ・ヨンジュン• 9月1日 :土田晃之(元U-turn)• 9月1日 :渡部陽一• 9月14日 : 中村獅童• 9月16日 :宮川大輔• 9月20日 :鈴木砂羽• 9月23日 :渡部建(アンジャッシュ)• 10月3日 :真木蔵人• 10月3日 :ケンタロウ• 10月6日 :リュ・シウォン• 10月9日 :長野博(V6)• 10月17日 :JIRO(GLAY)• 10月21日 :米倉利紀• 10月26日 :マツコ・デラックス• 10月29日 :堀江貴文• 10月31日 :飯島愛• 11月1日 :古内東子• 11月13日 :木村拓哉(元SMAP)• 11月26日 :Ryo(ケツメイシ)• 11月28日 :松雪泰子• 11月30日 : 橋爪浩一• 12月3日 :高岡早紀• 12月17日 :佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)• 12月18日 :武田真治• 12月24日 :逸見太郎• ) そんな活躍されている方々の一方で、 若くして亡くなった方もいますが、 有名なところで、 飯島愛さんや橋爪浩一さんなども、 実はこの1972年生まれ。 本来なら2020年に、 共に年男年女を迎える48歳になるはずだったんですよね・・・ 宮崎出身の1972年生まれ その若くして亡くなった1972年生まれのなかに、 ジャニーズの木村拓哉さんと同姓同名の読みの、 元プロ野球選手の木村拓也さんがいます。 都城出身の入来祐作さんも、 1972年生まれ!!(8月13日) それから漁師でありながら、 「SASUKEオールスターズ」のひとりで一躍有名になった、 長野誠さん。 長野誠さんは延岡市の出身なんですが、 この方も1972年3月30日生まれ! 現在長野誠さんは、 「SASUKE」を引退されていますが、 ・・・「SASUKE」での完全制覇をリアルタイムで見た時。 同じ年なのに凄いなーって思っていましたねw そんな長野誠さんは今でも、 「SASUKE」の特番に出演されることがあり、 大晦日に放送される「SASUKE2019 大晦日」に出演されるようなので、 選手としては出ませんが久しぶりにTVで姿を拝見できるので楽しみです! ということで、 さすがは第二次ベビーブーム世代の1972年生まれ! こんなにたくさんの有名人芸能人がいるわけですが、 こうした方々が同じ世代で、 平成元年あたりに共に多感な時期を過ごしていたかと思うと、 益々応援したくなりますし、 活躍されている姿をみると、 こっちも頑張らなきゃって励まされます^^ 2020年で48歳を迎える、 1972年組のみなさん、 体に気を付けてこれからも頑張ってくださいね!!.

次の

【ゲッターズ飯田が2020年を大予想】ガラっと価値観が変わる運気

年 女 2020 ネズミ

興味のあるところから読んでくださいね• 2020年 辰年(たつどし)の総合運 2020年の辰年の総合運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の辰年の人は、あなたの抱えている問題や周囲の人の行動に流されやすい一年となってしまいそうです。 やむを得ない事情から、転職や引っ越しをする可能性もあります。 次に、生年別の運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、孤独感が強く何事も迷いやすい一年です。 環境が大きく変わる可能性が高いですが、この一年は物事が思い通りに進むことは少なそうです。 月運は、2月が吉。 10月は吉凶混合の月。 4月・6月・7月・8月・9月・11月・12月は要注意の月です。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、周囲の人に流されることが多くなるかもしれません。 変化が起きやすい一年ですが、自分から変化を作ろうとすることはマイナスです。 月運は、3月・4月・10月が吉。 8月・9月・11月・12月は要注意の月となります。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、人づきあいが多く忙しい一年となりそうです。 人との交流は楽しいと感じるよりも、気を遣って疲れることのほうが多くなるかもしれません。 月運は、2月・5月・6月・10月が吉。 4月・7月・8月・9月・11月・12月は要注意の月となります。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、健康上の問題が起きやすい一年となりそうです。 また、怠惰な生活を送らないように気をつけましょう。 月運は、1月・2月・4月・5月・6月・10月・11月・12月が吉。 3月・7月・8月・9月は要注意の月です。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、自立心が強くなり、いろんなことに挑戦したくなりますが、空回りしやすいかもしれません。 自分自身を鍛えることが重要となります。 月運は、1月・5月・6月・11月が吉。 4月は大きな変化が起きやすい月です。 10月は吉凶混合の月。 2月・3月・7月・9月・12月は要注意の月。 2020年 辰年(たつどし)の仕事運 2020年の辰年の仕事運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の辰年の人は、転職や起業をする人が多いかもしれません。 しかし、あなたが考えたようにはスムーズに物事は進まず、がっかりすることが増えそうです。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、内向的になりやすく、仕事を辞める可能性も高いです。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、やむを得ない転職や部署異動から、慣れない仕事で苦労することになるかもしれません。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、接待が多く気を遣うことも増えるため、ストレスを溜め込みやすいでしょう。 労力をかけた割には、結果が伴わなさそうです。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、集中力が低下し、ミスが増える一年となりそうです。 また、やらなければいけないことを後回しにしないように気をつけましょう。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、仕事でも勉強でもやる気が出る一年です。 しかし、すぐに結果を求めてしまうところがあります。 着実に努力を重ねていくようにしましょう。 2020年 辰年(たつどし)の恋愛運 2020年の辰年の恋愛運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 既婚者や交際相手のいる辰年の人は、今まで見過ごしていた問題を解決する必要が出てきそうです。 場合によっては、別れることになる可能性もあります。 フリーの人はなかなか出会いに恵まれず、片思い中の人も成就は難しそうです。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、愛情運が低下します。 既婚者の人はパートナーの気持ちを深読みしないように注意しましょう。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、相手に尽くすだけの運勢となりそうです。 女性は横柄な男性との縁が強くなります。 交際中の人は、なかなか結婚にたどり着けないかもしれません。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、異性からモテる運気です。 しかし、真面目な恋愛とは縁遠く、軽い恋愛が増えるでしょう。 異性関係のだらしなさから、信用を失わないように要注意。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、刺激を求めやすく、不倫や三角関係に手を出しやすい運勢です。 望まぬ妊娠に要注意。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、恋愛に関して主導権を握ることができる運勢です。 恋愛成就の確率も高くなりますが、長続きさせる努力も必要となります。 2020年 辰年(たつどし)の金運 2020年の辰年の金運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年は公私ともに変化が多いことから、何かとお金が必要となりそうです。 収入が増える可能性は低いため、生活が苦しくなる辰年の人が増えるかもしれません。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、金銭的に苦しい一年となりそうです。 援助も期待できないため、慎ましい生活を送るようにしましょう。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、仕事の不調から金銭的に苦しい一年となるかもしれません。 また、収入は変わらず、責任が重くなったり仕事が増えることもあり得ます。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、入ってくるお金はあるのですが、出ていくお金もとても多い一年です。 貯金は増えず、赤字となるかもしれません。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、収入は増えない割に、娯楽や外食に浪費しやすい運勢です。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、安定した金運です。 収入は増えないかもしれませんが、収入に見合った生活を送り、貯金も増えるでしょう。 2020年 辰年(たつどし)の健康運 2020年の辰年の健康運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の辰年の人は、腎臓・泌尿器系・婦人科系の病気に注意してください。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、メンタルの不調に気をつけてください。 散歩をすると気分が上向きます。 8月は体調に気をつけてください。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、疲れやすく体調を崩しやすい一年です。 とくに、1月・11月はケガや事故に気をつけてください。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、人づきあいが多く、不規則な生活が増えることから体調を崩すかもしれません。 暴飲暴食には要注意。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、体調を崩しやすい運勢です。 規則正しい生活を心がけ、睡眠をしっかり取るようにしましょう。 10月は体調に気をつけてください。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、安定した健康運です。 少し疲れやすいところもありますが、おおむね問題ありません。 1月・11月は、基礎体力を養うといいでしょう。 2020年 辰年(たつどし)のラッキーアイテム• 青色のもの• 良好な相性の干支はあなたの運気を上げてくれますが、要注意な相性の干支はあなたの運気を下降させることがあります。 良好な相性• 1960年(昭和35年)・1972年(昭和47年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人• 1980年(昭和55年)・1992年(平成4年)生まれの申年の人• 1981年(昭和56年)・1993年(平成5年)生まれの酉年の人.

次の

【干支占い】子年(ねずみどし)生まれ 2020年の運勢を占う

年 女 2020 ネズミ

興味のあるところから読んでくださいね• 2020年 子年(ねずみどし)の総合運 2020年の子年の総合運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、そこそこの運勢となりそうですが、それ以外の子年の人は体調を崩したりすることが多いかもしれません。 とくにプライベートの問題が子年の人を悩ませそうです。 次に、生年別の運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、娯楽にハマりやすい一年となります。 しかし、度が過ぎると怠惰な生活に陥ってしまうこともありそうです。 また、疲れやすい一年でもあります。 月運は、1月・2月・3月・5月・10月が吉。 6月は吉凶混合の月。 7月・8月・9月・11月は要注意の月。 12月は大きな変化が起きやすい月となります。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、変化の多い一年を送ることになりそうです。 強いパワーに恵まれる反面、我が強くなる傾向があります。 コツコツ真面目に仕事に励むことで、幸運を呼び寄せることができるでしょう。 月運は、1月・5月・8月・10月が吉。 3月・7月・9月は要注意の月となります。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、子年の中でも運気が低迷しやすいです。 また、挫折しやすく内向的になりやすいでしょう。 無理のない程度に働いたり、何でもいいので創作活動に励むと運気が安定してくるはずです。 月運は、2月・8月・10月が吉。 6月・7月・9月・11月・12月は要注意の月となります。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、不安定な一年となりやすいです。 また、仕事が非常に忙しい場合もあります。 また、あなたの父親が体調を崩すこともありそうです。 月運は、2月・10月が吉。 4月・6月・7月・8月・9月・11月・12月は要注意の月となります。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、人づきあいが多く疲れやすい一年となるでしょう。 仕事も忙しいのですが、その割に給料は少ないかもしれません。 また入ってきたお金は交際費ですぐに消えてしまうでしょう。 月運は、2月・8月・10月が吉。 6月は吉凶混合の月。 4月・5月7月・9月・11月・12月は要注意の月。 2020年 子年(ねずみどし)の仕事運 2020年の子年の仕事運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の子年の人は、内在するパワーが強くなり、そのパワーを仕事に活かすことができる人と、反対にあなたの内面やプライベートの問題に翻弄され、仕事も不調に陥る人とで分かれそうです。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、健康面での心配があり、それをきっかけに転職をしたり失職する可能性もあります。 また、サボり癖がつきやすい一年でもあるため、気をつけてください。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、独立に向いている一年です。 また、パワーもあるため、残業が多くても乗り切ることができるでしょう。 職場では協調性を大事にして下さい。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、内向的になりやすいことから人間関係がうまくいかず、仕事を辞めてしまう傾向があります。 しかし、転職がうまくいく可能性は低いため、我慢して現在の仕事を続けるか、生活を維持できる程度にアルバイトをするようにしましょう。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、職場が忙しく忙殺されやすい運勢です。 変化を求めて転職したくなりますが、現状維持を心がけましょう。 2020年の論争や出世争いは勝てる見込みがなさそうです。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、忙しく気を遣う接待も多いため、ストレスが溜まりそうです。 その割に成果も給料も上がらないため、落ち込むことが増えるかもしれません。 2020年 子年(ねずみどし)の恋愛運 2020年の子年の恋愛運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の子年の人は、恋愛への関心が強く、異性に対して積極的に行動できそうですが、結果は芳しくなさそうです。 肝心なところで臆病になったり、ワガママが出てしまい、好意のある相手といい関係を築くことが難しいでしょう。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、遊びの恋愛からのトラブルに注意してください。 望まない妊娠もあり得ます。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、恋愛に積極的になれる一年です。 ただし、我が強すぎると敬遠されるでしょう。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、内向的になりやすく恋愛とは縁遠くなるでしょう。 ただし、女性は年下の男性と、男性は年上の女性と縁が生まれやすい時期でもあるのですが、悪縁となりやすいです。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、この年に結婚すると生活基盤がしっかりせず、苦労することが多いかもしれません。 女性は傲慢な男性との縁があります。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、モテる一年ですが真面目な恋愛とは縁遠いでしょう。 この年の恋愛は金銭の絡んだトラブルが増えるかもしれません。 2020年 子年(ねずみどし)の金運 2020年の子年の金運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 財は入ってきても流れやすい運勢です。 しかし、生まれ年によっては貯金も可能です。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、娯楽に浪費してしまい、生活が苦しくなる可能性が高いです。 また医療費がかさむ可能性もあります。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、真面目に働きながらコツコツ貯蓄できる運勢です。 ただし、貯蓄額はそこまで多くはないかもしれません。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、金銭的に苦しい一年となるかもしれません。 仕事も安定しないため、生活が困窮する可能性もあります。 ともかく、最低限生活を安定させる努力をしましょう。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、金銭の出入りが激しいでしょう。 貯蓄は増えない可能性のほうが高いです。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、金銭の出入りが激しい運気です。 入ってきたお金は、ほぼ交際費で消えるでしょう。 2020年 子年(ねずみどし)の健康運 2020年の子年の健康運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の子年の人は、腎臓・泌尿器系・婦人科系の病気に注意してください。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人で、体調に要注意です。 規則正しい生活を心がけ、暴飲暴食は控えましょう。 とくに睡眠はしっかり取ってください。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、おおむね健康ですが、無理は禁物です。 スパイスの利いた食べ物は、あなたの健康に役立ってくれるはずです。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、心身ともに無理は禁物です。 部屋に引きこもりがちなため、外に少しでも出るようにして、夜更かしはせず規則正しい生活を心がけましょう。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、注意が必要な健康運です。 焦りやすいため、事故やケガにも気をつけてください。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、人づきあいが多く不規則な生活を送りやすいです。 しかし休日にはしっかり休むようにすれば回復するでしょう。 2020年 子年(ねずみどし)のラッキーアイテム• 赤色、青色のもの• ラジオ 2020年 子年(ねずみどし)にとって相性のいい干支・悪い干支 この相性は、2020年限定のものです。 良好な相性の干支はあなたの運気を上げてくれますが、要注意な相性の干支はあなたの運気を下降させることがあります。 良好な相性• 1986年(昭和61年)生まれの寅年の人• 1965年(昭和40年)・1977年(昭和52年)生まれの巳年の人 要注意な相性• 1960年(昭和35年)・1972年(昭和47年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人• 1980年(昭和55年)・1992年(平成4年)生まれの申年の人• 1981年(昭和56年)・1993年(平成5年)生まれの酉年の人• 1971年(昭和46年)・1983年(昭和58年)生まれの亥年の人.

次の