背中寝違え。 » ゴッドハンド輝の寝違えとテーピング|骨盤・肩甲骨はがしの大阪門真整体院

「寝違え」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

背中寝違え

寝違えとは、起床時に首の痛みや肩、肩甲骨、背中、脇の下等に今までに無かった痛みが生じることです。 首を動かしたときの痛みが強く、酷い寝違えは痛みで首が固まったように動かせなくなり、何日も痛みが長引くこともあります。 また、痛くて起き上がれないこともあります。 首の寝違えは、朝起きて首の痛みに気付くため、悪い寝方で首を違えて痛みが起こったと考え、「寝違え」と言われるようになったのだと思われます。 しかし、医学的には寝違えという病名はなく、英語でも寝違えという単語はありません。 寝違えたような痛みは、実は、日中起きている間にも急に発症します。 寝違えたときの寝方がただ一つの原因ではありません。 寝違いを医学的に説明すると、首の痛みを生じる頚椎症という病気が、朝起きた時に発症したものと言えます。 それを「寝違えた」と一般の方が言っているのです。 正常な頚椎(首の骨)は緩やかに前にカーブしています。 頚椎の下部は前に向かってカーブし、上部は後ろへ向かってカーブすることで、頭は結局、体の真上に位置しています。 頭が体の真上にあるので、首や肩の筋肉は必要最小限の力で頭の重さを支えることができます。 悪い姿勢では、頭が前に突き出るので、頚椎の上部の後ろへ向かうカーブが無くなります。 すると、頚椎の上部も下部も前へ向かうことになり、頚椎のカーブが失われ、真っ直ぐになります。 その状態をストレートネックといいます。 ストレートネックは長時間に亘って悪い姿勢でパソコン作業をすることや、スマートフォンを見る姿勢によって生じます。 ストレートネックの状態では、頭の位置が体の真上ではなくて、体よりも斜め前方に位置してしまい、首が頭を支えるのに大きな力が必要になります。 頭を支える強い力が、首の関節や椎間板に負担をかけます。 その結果、ストレートネックがあると、慢性的な肩こりや首の痛み、寝違えに悩まされやすくなります。

次の

「寝違え」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

背中寝違え

身体に疲労がたまっていた (仕事上、下をむいて仕事をすることが多いので、首や背中に疲れが溜まりやすく、意識してストレッチなどをしないと筋肉が硬くなってしまう)• 季節の変わり目で、体が疲れていた(夏から秋、秋から冬と、どんどん寒くなっていくにつれて、体の体温調整機能がおとろえてしまい、どんどん疲れが溜まってしまっていた)• 体の動きを制限するようなものを着ていた(布団だけでは寒いので、ユニクロのダウンベスト着て寝たことにより、寝返りをうつ時に肩が引っかかってしまい、ちゃんと寝返りができていなかった) 寝違えの前兆 私の場合、いつも背中が寝違え状態になる前に、そろそろ来るな!っていう前兆があります。 前兆としては、• 左の脇腹あたりに違和感がある• 左手を前に伸ばすと力が抜けるような感覚• 寝るときに、変に力が入っていることが多い• 首が回りにくい感覚があった このように、普段と違う感覚が、首・脇・背中にある場合は、疲れが溜まっている可能性があるので、 寝違える可能性大と思っていたほうがいいでしょうね、 背中の寝違えの治し方 ストレッチで治す 寝違えによく効くと言われているストレッチ方法のひとつとして、『ゴッドハンド輝』という漫画でやっていたストレッチ方法があります。 そのストレッチでは、脇の下の圧迫された神経をほぐすことで、寝違えを治すことができるらしいです。 【ゴッドハンド輝の寝違えの直し方】 起き上がれない程の激痛でも治るの? 寝ているときは起き上がれない程の激痛でも、起きてからは痛いなりにも動いていると、身体が温もってきて筋肉がほぐれてくるので少しはマシになってきます。 ストレッチをしても、病院に行っても、マッサージをしても、マシにはなりますが、治るということはありません。 安静にしていれば、数日~1週間ぐらいで治るんですが、仕事がある以上、安静にすることはほとんどできないので、酷くならないように対策をしなければいけません。 寝違えを酷くしないための対策 背中の寝違えになってしまってから、これ以上痛みが酷くならないようにするために、私が気をつけていることです。 頭を前に下げると首と背中の筋肉に負担がかかるので、できるだけ頭は下げないようにする• 猫背になると背中の筋肉が引っ張られるような感覚があるので、胸を張って背筋を伸ばすよう意識する• 意識して肩甲骨周りのストレッチをする• 寝るときは身体が動きやすいようにストレッチ素材のスウェットで寝る• 首や肩を冷やさないようにする• 寝るときに足が寒くてなかなか体が温まらないので、足を温めるために湯たんぽを使う 起きている時は意識して対策できるんですが、寝ている時は意識がないので、無意識に寝違えが酷くなるようなことは避けないといけません。 とくに気をつけていることは、• 寝返りしやすいストレッチ素材のスウェットで寝る• 湯たんぽを使って足を温める ということをしています。 スウェットは、スポーツメーカーのものがいいですね。 動きやすいしかっこいいし。 湯たんぽは、いちいちお湯を入れるのがめんどくさいので、充電式のものを使っています。

次の

やってしまった「寝違え」に…… もしかして、間違った対処法をしていませんか?

背中寝違え

人間の頭部は、正面から見た首の幅に対して中間の位置にあるのが望ましいのですが、睡眠中はどうしてもその位置からずれがちです。 長時間にわたって首がおかしな方向に曲がったままになっていると、首の筋肉が部分的な阻血状態になり、筋肉も凝り固まりやすくなります。 そのような状態で起床時に急に頭首を動かすと、寝違えが発生するのです。 例えば運動をするとき、ストレッチをせずにいきなり激しい運動をしたら筋肉を傷めてしまいますよね。 それと同じで、 睡眠中に凝り固まった筋肉をいきなり動かすと、軽度の肉離れが起きるのです。 つまり寝違えは、寝ているときに生じるわけではありません。 寝違えの原因は睡眠中に作られますが、寝違えの炎症が発生するのは起床時なのです。 筋膜を傷めているケースと、中心部分を傷めているケースです。 例えば、首を右に回したときに左側が痛ければ、筋膜(筋肉の表面を覆う膜)が傷ついている可能性が高いと言えます。 反対に、 首を右に回したときに右側が痛ければ、筋肉の中心部分が傷ついている疑いが。 前者の方が痛みは強く、治りにくい傾向があります。 痛みが出てから48時間程度は、消炎鎮痛成分が入っている冷湿布を貼るのもおすすめ。 ただし、長時間貼るのは避けてください。 目安は1時間程度です。 寝違えは炎症、つまりケガです。 なるべく動かさない・触らないようにしてください。 痛みや違和感を治そうと、首のストレッチをしたりもんだりするのもNGです。 また、 アイスパックや氷のうを使って長時間冷やすのもおすすめできません。 アイシングをすると、一時的な鎮痛効果は得られます。 その一方で筋肉の血流が悪化するため、損傷部位の回復が遅くなる可能性が考えられます。 また、筋肉ではなくじん帯や神経を傷めている場合は、炎症が首の奥深い部分にあるので、冷やしたところで鎮痛効果が期待できません。 このほか、炎症を起こした直後は温めるのも良くありません。 患部は熱を持っているため、 温めると炎症を助長させてしまうおそれがあります。 温湿布やカイロを使って温めるのはもちろん、湯船につかるのも避けたほうがいいでしょう。 寝違えた直後は一時的に冷やすのはOKですが、長期的に冷やすのはNG。 温めるのは、痛みが治まる安定期までNGと覚えると良いでしょう。 炎症が筋膜に生じているとき:4日~1週間程度• 「痛い」と感じる動作は避けてください。 傷ついた組織を修復するためには、これ以上の治療はないとも言えます。 痛みが和らぐ安定期に入ったら、血流を良くして回復を促しましょう。 血流改善には、温める・ストレッチをする・マッサージをするなどいろいろな方法があります。 どの方法が適切かは病態によって異なるため、専門家の指示に従うように。 顎を安定させることが目的なので、首が苦しくなるほどきつく巻く必要はありません。 仕事の都合などで首にタオルやマフラーを巻くのが難しい場合は、腰にコルセットをつけるのがおすすめです。 腰にコルセットをすると背骨がまっすぐ伸びるので、首周りの筋肉に負担がかかりにくくなるのです。 もしも、できるだけ早く治したいというのであれば、専門医を受診するといいでしょう。 ただし、 あまりに頻繁に寝違えを起こしているようであれば、一度検査と治療を受けることをおすすめします。 首の骨が本来あるべき位置からずれていて(いわゆるストレートネックなど)、首周りの筋肉を日常的に圧迫している可能性があるからです。 関連: 寝違えの原因は、睡眠時に作られます。 つまり予防のためには、就寝環境の改善が要になってくるのです。 寝相の良い方は、就寝中に姿勢があまり変わっていない可能性が高く、筋肉・血流が凝り固まりやすいからです。 就寝時の姿勢と起床時の姿勢があまり変わらない方・寝相が良いと人から言われる方は、自然な寝返りを促す就寝環境を作るようにしましょう。 例えば、 マットレスは硬めのものがおすすめです。 低反発や柔らかい素材は寝返りが打ちにくくなるので、避けましょう。 あまり寝返りを打たない人でも、枕の位置を正しくセッティングするだけで寝違えのリスクは随分減ります。 冬場はもちろん、夏場もクーラーで冷やしすぎないように気をつけましょう。 その理由はふたつ。 ひとつは、筋肉内の血流が低下しやすくなること。 もうひとつは、酔っていると感覚が鈍くなるため、寝返りの回数が激減することです。 また、過度に疲れているときにも、お酒を飲んだときと同じことが起きやすくなります。 飲酒後やいつもより疲れているときは、 寝る前に経口補水液などでミネラル分を補給するのがおすすめです。 ミネラル分摂取は血流の低下を防ぎ、寝違えの予防につながります。

次の