米津玄師 mv「loser」。 米津玄師「LOSER」の歌詞の意味は??MVで米津玄師ダンスは振付師も絶賛!!

米津玄師、渋谷センター街壁面で「LOSER」MVをゲリラ解禁

米津玄師 mv「loser」

徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さんの楽曲「春雷」のミュージックビデオ(MV)のユーチューブでの再生回数が7月12日午前3時53分、1億回を突破した。 公開から950日での達成で、米津さん関連の楽曲では13作目の大台超えとなった。 「春雷」は2017年11月1日に発売された4作目アルバム「BOOTLEG」の収録曲で、恋に落ちた男性の一喜一憂して揺れ動く感情を「春」と「雷」という相反するモチーフで描いており、ライブでもたびたび披露されてファンの間で人気が高い1曲だ。 MVは公式ツイッターフォロワー100万人、ユーチューブ公式チャンネル登録者100万人の「ダブルミリオン」達成を記念して、この年の12月5日に公開された。 MVでは、この曲のライブ演出映像を手掛けた現代美術家Houxo Que(ホウコォ・キュウ)さんの妖艶な花のグラフィックと、怪しく光るペイントされたディスプレーで春と雷を表現。 スタイリッシュな楽曲と映像美が相まって公開直後から再生回数をじわじわと伸ばし続け、足掛け4年で新たな金字塔を打ち立てた。 米津さん関連のMV再生回数は「Lemon」が日本人アーティスト最多の5. 8億回、「打上花火」が3. 6億回、「アイネクライネ」が2. 6億回、「LOSER」が2. 4億回を超え、「ピースサイン」とFoorin版「パプリカ」1. 7億回、「Flamingo」1. 4億回、「orion」と菅田将暉さん「まちがいさがし」1. 3億回、「馬と鹿」1. 2億回、「パプリカ」1億回となっている。 ユーチューブチャンネル登録者数は日本人アーティストトップの507万人に上り、チャンネル総再生回数は28億回超えと日々記録を更新している。 10日午後11時に公開された最新曲「感電」のMVはわずか1時間50分で100万再生を達成し、自身の最速記録を更新すると、1日で400万再生を突破しており、どこまで記録を伸ばすか注目を集めている。 lnk. カムパネルラ 02. Flamingo (ソニーワイヤレスヘッドホンCM) 03. 感電 (TBS系金曜ドラマ「MIU404」主題歌) 04. パプリカ (Foorin「パプリカ」のセルフカバー) 06. 馬と鹿 (TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌) 07. 優しい人 08. Lemon (TBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌) 09. まちがいさがし (菅田将暉「まちがいさがし」のセルフカバー) 10. ひまわり 11. 迷える羊 12. TEENAGE RIOT (ギャツビーCM) 14. 海の幽霊 (映画「海獣の子供」主題歌) 15. Flamingo 02. LOSER 03. 砂の惑星 04. 飛燕 05. かいじゅうのマーチ 06. アイネクライネ 07. 春雷 08. Moonlight 09. fogbound 10. amen 11. Paper Flower 12. Undercover 13. 爱丽丝 14. ピースサイン 15. TEENAGE RIOT 16. Nighthawks 17. orion 18. Lemon EN1. ごめんね EN2. クランベリーとパンケーキ EN3. 灰色と青 MUSIC VIDEO 01. Lemon 02. Flamingo 03. TEENAGE RIOT 04. 海の幽霊 05. パプリカ 06. tbs.

次の

米津玄師「LOSER」MVのビルに囲まれた屋上のロケ地はココ!

米津玄師 mv「loser」

「LOSER」のMV再生回数が2億回突破 米津玄師「LOSER」ミュージックビデオが、6月21日18時13分、YouTubeでの再生回数が2億回を突破した。 自らを鼓舞する力強い歌詞と躍動感のあるサウンドが多くの人々の支持を集め、Music Videoでは米津玄師自身が初めて「ダンス」を披露し、大きな話題となった。 ダンス未経験ながら、MV撮影前のダンス練習期間は2週間、振り付けの辻本知彦とは、この作品が出会いの時であった。 2016年9月15日のMV公開以降、2018年にHonda[JADE]CMソングとしての起用もあり、2018年7月6日に1億再生を突破。 CM公開後すぐにオリコンデジタル 単曲 ウィークリーランキングで1位まで上昇するなど発売後も長く多くのユーザーに愛される楽曲となり、再生数を伸ばし続け、今回2億再生を突破した。 MVの再生回数記録達成ラッシュ 米津玄師のMVでは「Lemon」が驚異の4. 0億再生を突破したばかり。 その他にも、「打上花火」2. 8億再生、「アイネクライネ」2億再生をはじめ、1億再生超えタイトルは8作品(Lemon、打上花火、アイネクライネ、LOSER、orion、ピースサイン、灰色と青(+菅田将暉)、Flamingo)。 YouTubeチャンネル登録者数は日本人アーティストとしてトップの383万人になり、チャンネルの総再生回数は19億回越えと、日々記録を更新中である。 6月に入り最新楽曲「海の幽霊」のみならず様々な楽曲がMVの再生回数で数々の記録達成ラッシュとなっている米津玄師。 日ごとに注目度を増し続ける米津のこれからに、期待してほしい。

次の

LOSER 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

米津玄師 mv「loser」

米津玄師が9月28日リリースのニューシングルより、「LOSER」のミュージックビデオを渋谷・センター街にて初解禁した。 「LOSER」に関してはこれまで夏フェス会場でのパフォーマンスのみとなっていたが、ミュージックビデオ公開にあたってはゲリラ公開の形がとられた。 9月14日 水 の夜に米津玄師本人がSNS上で「ちょっとした企画をやります。 みんなよろしく(ピース)」という告知とともにLINE LIVEでのカウントダウンを開始し、ファンの間で話題が急沸騰。 翌15日(木)の正午から、上映場所の特定につながるヒントが30分毎に1枚ずつ解禁され、特定作業が進んでいく。 上映会場となったのは、渋谷センター街のとあるビル。 ビルの壁面には日の落ちかけた17時ころから大きくイメージビジュアルが照射され、道行く人々はもちろん、場所を特定した一部のファンが集まり始め異様な雰囲気に包まれた。 日没とともにカウントダウンが始まり、会場は大きな盛り上がりを見せる中、カウントがゼロになると待望のMVが壁一面に投影。 新曲「LOSER」初解禁と共に、米津玄師がダンスをするという新たな肉体表現に挑戦した作品にその場は騒然。 集まったファンは画面を見入っていた。 「LOSER」は、自身の等身大なリリックを、リズムトラックに乗せた躍動的な作品。 負け犬と称しながらも、いやおうなく前へと突き動かされる言葉とハイブリットなビートは、現代のストリートアンセムとも言える1曲。 その音に呼応するように、今回のMVでは米津玄師がダンスを初披露した。 ダンスの振付は、ストリートダンスやバレエ、コンテンポラリーなど、多岐にわたる分野で世界的に活躍する辻本知彦が担当。 日本人として初めてシルク・ド・ソレイユのダンサーとして活躍するなど国内外で注目を集め、最近では土屋太鳳がダンスを披露したことで話題のSIA「ALIVE」日本盤MVの振り付けも彼によるものだ。 米津玄師による自らの身長、手足の長さを活かした踊りは、振付を担当した辻本氏をして「惚れ惚れする程美しい」と評されるほど。 指先の繊細さと、それに対比するように縦横無尽にスペースを動き回るダイナミックなダンスはアーティストとしての天性が発揮された素晴らしいものとなっている。 さらに頭が良い、そして無邪気だ、がむしゃらに踊った時は身体のコントロールがきかない程踊ってしまう。 だが人を引き込む力『魅力』がそこに存在する。 身体のうねりが流れとなり腕を通り米津玄師の綺麗な指先へ流れこむ、惚れ惚れする程美しいと思いました。 LOSER M-2. ナンバーナイン M-3.

次の