シャンデリア ワルツ 歌詞。 シャンデリア・ワルツ

UNISON SQUARE GARDENの歌詞一覧リスト

シャンデリア ワルツ 歌詞

それは、苦境に立たされもがいている女性の心そのもの。 表現力のある歌詞とボーカルで、その闇が聴いている人をどんどん覆ってくるような感じです。 サビの歌詞にある 「シャンデリアからぶら下がるの」 これをどのように受け止めるか。 この歌詞を 「首を吊る」ことの暗喩だと解釈する人もいるみたいですね。 なるほど。 そんな解釈もありですね。 個人的な解釈だと、サビの部分。 「シャンデリア」と 「明日が無いみたいに生きる」と 「一晩中 鳥みたいに飛ぶ」の3つの歌詞は、ワンセットなのかなと。 ワンセットというか、どれも女性にとって同じような意味?? 明日が無いと思って今日を生きるのも、涙を乾かしながら鳥みたいに飛ぶのも、なにか 「その日をとにかく一生懸命に生きる」みたいに感じます。 「シャンデリアからぶら下がる」も同じような意味だとすると、 「危なっかしい綱渡りのような一日」を表現したいのかなと感じました。 そこからの「But I'm holding on for dear life」。 そんな 「綱渡りの、明日が無いような、涙を乾かしながらの人生だけど・・・今夜さえ乗り切れば・・・」 そんな女性の苦悩と、ほんのわずかな希望にしがみついている、そんな切実な想いの歌に感じました。 まあ、歌詞の解釈は人それぞれ自由ですからね。 創り手の意図と違っていたとしても、自分なりの解釈で歌詞を和訳して楽しむのもアリですよね。 それにしても、本当に心に覆いかぶさってくるような歌です。 自分の環境が、歌詞の主人公の女性と似ていたら、もっと刺さっていたんだろうなと。 そんあSiaシーアの「シャンデリア」の歌詞の和訳でした。

次の

【Chandelier(シャンデリア)】の和訳:SIA(シーア)

シャンデリア ワルツ 歌詞

今回は、 SIA(シーア)の 「Chandelier(シャンデリア)」の翻訳をしたいと思います。 「Chandelier」は、オーストラリアのシンガーソングライター・シーアの6thアルバム「1000 Forms of Fear」に収録されており、リードシングルとして2014年7月にリリースされました。 米国ビルボードトップ100では8位、UKシングルスでは6位、オーストラリアでは2位など世界各国のチャートで上位に入りました。 第57回グラミー賞(2015)では、最優秀レコード賞と他4部門にノミネートされました。 特に ミュージックビデオには、当時11歳のダンサーMaddie Ziegler(マディー・ジーグラー)を起用したことでも話題を集めました。 マディーの力強いダンスは見る人を魅了します。 それでは、聞いてみてください。 特に歌詞の中の「シャンデリア」の部分をどのように捉えるかで曲の印象が変わってくるのではないでしょうか。 「シャンデリア」の捉え方と感想 まず、ベースにあるのは「パーティガールの憂うつ」です。 パーティガールとは娼婦のことを指していると考えられ、お酒を飲み続けることで現実逃避を行なっています。 ただし、「Here comes the shame, here comes the shame(急に恥じらいが襲ってくる、恥じらいがくる)」の箇所から、朝がくるとふと我に返り自分自身が信じられなくなる。 これは、派手に遊んでるパーティガールが楽しそうに見えるけれど、実は負のスパイラルから抜け出せないことを指していると考えられます。 または、シャンデリアは派手ですが、元を見れば一本のロープで繋がってる「細く脆いもの」という暗示かもしれません。 「help me」これが実は本音の部分なのでしょう。 歌詞の意味をどう感じるかは聞く人それぞれでよいかと思います。 皆さんはどう感じましたか? 天才ダンサーMaddie Ziegler(マディー・ジーグラー)! PVに出演しているのはアメリカ人ダンサーのMaddie Ziegler(マディー・ジーグラー)です。 彼女は2002年生まれなので、撮影当時は11歳でした。 シーアはアメリカのTV番組「Dance Moms」でマディーが出演しているのを見て、Twitter経由でビデオ出演のオファーをしたそうです。 このPVは2015年グラミー賞のミュージックビデオ部門、2014年MTVミュージックビデオ部門にノミネートしました。 マディーはその後シーアのお気に入りになり、彼女の曲「Cheap Thrills」、「The Greatest」、「Rainbow」などに起用されています。 今後も注目したいアーティストになりそうです。 最後に文法・歌詞の説明 それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。 I feel the love, feel the love 「the love」の「the」が付いてるところがポイントです。 「呼べば誰とでも寝るような女」、そういった「一夜の愛」でも主人公は「愛」を感じているということ。 ここの訳は、「感覚がなくなるまで飲み続ける」となります。 シャンデリアに上でも説明しましたが、シャンデリアがポイントです。 シャンデリアにぶら下がってる姿は一見楽しそうですが、本人は必死になってしがみついています。 直訳すると「私は今夜のために維持し続けている」となります。 歌詞から見て朝がくると我に返り鬱になる、夜しか自身が羽ばたくことができないと理解しています。 なので、ここは「今夜をただ生きるために」と意訳しました。 さて、今回は以上になります。 最後まで見て頂きましてありがとうございました。 出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

次の

シャンデリア・ワルツの歌詞

シャンデリア ワルツ 歌詞

それは、苦境に立たされもがいている女性の心そのもの。 表現力のある歌詞とボーカルで、その闇が聴いている人をどんどん覆ってくるような感じです。 サビの歌詞にある 「シャンデリアからぶら下がるの」 これをどのように受け止めるか。 この歌詞を 「首を吊る」ことの暗喩だと解釈する人もいるみたいですね。 なるほど。 そんな解釈もありですね。 個人的な解釈だと、サビの部分。 「シャンデリア」と 「明日が無いみたいに生きる」と 「一晩中 鳥みたいに飛ぶ」の3つの歌詞は、ワンセットなのかなと。 ワンセットというか、どれも女性にとって同じような意味?? 明日が無いと思って今日を生きるのも、涙を乾かしながら鳥みたいに飛ぶのも、なにか 「その日をとにかく一生懸命に生きる」みたいに感じます。 「シャンデリアからぶら下がる」も同じような意味だとすると、 「危なっかしい綱渡りのような一日」を表現したいのかなと感じました。 そこからの「But I'm holding on for dear life」。 そんな 「綱渡りの、明日が無いような、涙を乾かしながらの人生だけど・・・今夜さえ乗り切れば・・・」 そんな女性の苦悩と、ほんのわずかな希望にしがみついている、そんな切実な想いの歌に感じました。 まあ、歌詞の解釈は人それぞれ自由ですからね。 創り手の意図と違っていたとしても、自分なりの解釈で歌詞を和訳して楽しむのもアリですよね。 それにしても、本当に心に覆いかぶさってくるような歌です。 自分の環境が、歌詞の主人公の女性と似ていたら、もっと刺さっていたんだろうなと。 そんあSiaシーアの「シャンデリア」の歌詞の和訳でした。

次の