イナゴ 中国。 中国を襲うバッタ集団、日本の面積の3倍に……!?【澁谷司──中国包囲網の現在地】

中国“一難去る前にまた一難”…今度はイナゴの大群が穀倉地帯を襲う。

イナゴ 中国

イナゴ(サバクトビバッタ)の大群がアフリカ大陸からインドを通過し現在は中国に来襲しています。 その数は4000億とも言われており、大群は幅40km、長さ60km、重量80万トンと過去最悪の規模で世界各地の農作物を食い荒らしながら移動しています。 特に中国は新型肺炎のコロナウイルスで混乱しており、泣きっ面に蜂状態となっています。 中には日本にもやってくるのではと心配している方もいました。 以下動画と飛んでいる巨大イナゴの画像も含まれますので、苦手な方閲覧注意です。 アフリカではヘリコプターからの消毒液を巻いていましたが焼石に水状態でした。 イナゴの大群は東アフリカで発生、ソマリア、エチオピア、ケニア、南スーダン、ウガンダ、中国、インドが主な被害地となっています。 コロナウイルスとのダブルパンチで流通不全と食糧危機も危惧されています。 日本には多分来ない アフリカから欧州ではなくインドから中国に向かったのは偏西風によりでしょうか。 偏西風は日本にも向かっていますが、日本海があるので恐らく日本までは来ないはずです。 (アフリカ大陸からサウジアラビアに移動した際紅海を越えているようなので、サバクトビバッタの飛行能力があれば物理的には日本への来襲は可能ではあるようです。 ) ただし土の中に卵を産む性質があるので、土ごと人の手によって移動すれば、ヒアリのように今後日本で定着し大量発生しないとも言い切れないです。 虫が苦手な私としては何としてもこのイナゴの大群だけは阻止してもらいたいです。 先週「アフリカでイナゴが大発生!」 今朝「イナゴがインドに到達!」 夕方「イナゴが中国で大暴れ!」 無茶苦茶やね。 カラコルム越えられる訳ないね。 — 皿屋敷 sarayashiki ちなみに寿命も1か月から長くても3か月とかなり短いとのこと。 ネットの反応まとめ まずくて食べられないそうです。 しかし硬くて食べられなかった。 大量発生し群体になると、特殊なホルモンにより茶色の硬いイナゴへと変わる。 翅を硬く強固にし、長距離の飛行を可能にし、多くの個体に餌を確保させるための変化です — Herp-about. これを相変化と呼ぶ。 数が減ると、元の緑に戻るんだとか、日本でバッタと言われているのはイナゴの一種で、こういう変化は起こさない。 バッタとイナゴの違いは相変化するかしないか。 とんだ風評被害だなあ」と思っているのだ。

次の

中国“一難去る前にまた一難”…今度はイナゴの大群が穀倉地帯を襲う。

イナゴ 中国

中国ではイナゴ大量発生か。 南米アルゼンチンでも。 世界的な食糧不足の中どう生きるか 中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者が増えている 中国東北部では、6月に入ってから、 イナゴの大群が発生し、農作物の被害が広がっていることが明らかになった。 東北部は中国の主要食糧生産地である。 中共ウイルスによる パンデミックで食糧の輸入が激減し、また、 中国各地では異常気象が起きており、今後国内で 食糧不足が発生する可能性が高いとみられる。 黒龍江省林草局は、6月1日に各関係部門に送った通知において、同省ハルビン市周辺の5つの区、県(市)で深刻な蝗害(こうがい)が発生し、 面積2万4631畝(約244万2744平方メートル)の農作物が被害を受けたと明らかにした。 同省のジャムス市と樺川県でも蝗害が見つかったという。 また、吉林省吉林市農業農村局も6月5日、各部門に蝗などの害虫調査実施や被害防止強化を要求した。 同局の通達によると、4日までに吉林市管轄下の蛟河市、樺甸市、永吉県、龍潭区などの荒れ地や林を含む13. 4ヘクタールに及ぶ場所で蝗の群れが観測された。 イナゴの密度は、 1平方メートルあたり10〜20匹だが、場合によって 1平方メートルあたり50匹もいる。 現在、イナゴの状態はまだ幼虫だという。 吉林市政府は同日、農業農村局の通知を中国版ツイッター、微博に投稿した。 これに対して、微博のユーザーは「 疫病が収束していないうえ、4月に雪が降った。 しかも、豪雪が東北部を直撃し、気温が15度以上に急降下した。 地震、蝗害、干ばつと災いが続いている。 次は何が起きるのだろうか」と不安を示した。 東北部でみられたイナゴは、 中国当局が警戒しているサバクトビバッタではないとされている。 昨年、サバクトビバッタの大量発生で、 インドやパキスタンの農業生産に甚大な被害をもたらした。 今年3月、中国当局は、サバクトビバッタが6月に中国の雲南省や新疆ウイグル自治区、チベット自治区を経由して、中国国内に飛来する恐れがあるとして、専門家による対策チームを設置した。 一方、中国インターネット上では、 中南部の湖南省永州市でも蝗害が起きているとの映像が投稿されている。 中国国家統計局のデータによると、東北三省である黒龍江省、 吉林省と遼寧省の食糧生産量は中国全体の20. 8%を占める。 昨年、3つの省の総生産量は約1億3811トンだった。 また、農業が盛んな湖南省の昨年の食糧生産量は2975万トンと、遼寧省の2430万トンを上回った。 大量のサバクトビバッタが中国の雲南省などに襲来すれば、農業も深刻な被害を受けると予測される。 中国当局は、中共ウイルスの感染が拡大してから、 各国有企業に対して海外からの食糧輸入を増やすよう求めた。 しかし、 インドやタイ、フィリピン、ベトナムなど各国政府は、緊急事態時に自国の食糧を確保するよう、小麦やコメなどの輸出を規制した。 中国南部の広東省や福建省など11の省は、6月8~11日まで、豪雨による洪水と土砂災害に見舞われた。 中国当局の発表では、262万人以上が被災し、22万人超が避難した。 14万5900ヘクタールの農作物が被害を受け、直接的な経済損失は40億4000万元(約609億円)に達した。 12) イナゴだけでなく、サバクトビバッタも入ってきたら中国で食糧不足になります。 これは対岸の火事ではありません。 日本政府が輸出を制限したとしても、日本に住んでいる多くの中国人が日本国内の食料を大量に購入し、中国へ送ることが考えられます。 また、地球の反対側である南米でも被害が出ているそうです。 南米アルゼンチンの政府機関は23日、 バッタの大群が同国北部に押し寄せ、農作物に被害が出ていると発表した。 地元紙によると、 大群は4千万匹ほどで、1日で牛2千頭分、3万5千人分の食料に相当する農作物を食い荒らしているという。 アルゼンチンの農畜産品衛生管理機構(SENASA)の発表によると、 バッタの大群は隣国パラグアイで発生、その後アルゼンチン北部に侵入し、風に乗って南下を続けている。 地元農業専門紙によると、 大群の帯は長さ10キロ、幅8キロほどに及び、毎日100キロほど移動。 キャッサバ、サトウキビ、トウモロコシなどを食い荒らしている。 今後、 周辺国のウルグアイやブラジルでも広がる恐れがあるといい、警戒感が広がっている。 アフリカでも数千億匹とも言われるバッタが大量発生。 収穫前の農作物を食べ尽くし、食料危機の懸念が高まっている。 24) こちらもアフリカのサバクトビバッタとは別種で、サバクトビバッタより小さいツチイナゴ種のようです。 Plaga de langostas llega a Argentina: comen como 350. 000 personas Los voraces insectos provienen de Paraguay y tienen en alerta a los agricultores de la provincia de Formosa. — 𝑱𝒐𝒓𝒈𝒆 𝑹𝒂𝒗𝒂𝒏𝒂𝒍𝒆𝒔 𝑨. QuedateEnCasa jravanales アフリカではバッタ被害の第2波が起こり、食糧不足に陥っています。 このままバッタ被害が続くと、世界的な食糧不足や生態系の変化なども見られる可能性が高いと思われます。 私たちが今できることは、 食糧を無駄にしないことです。 感謝して適量をいただきましょう。 いずれ日本でも食糧不足になる可能性があります。 腹八分目以上食べないと足りないかた、暴飲暴食しがちなかたは、やや少量でも気にならずに生活できるよう、今から少しずつ近づけることが必要かもしれません。 このバッタの被害がさらに拡大したら、 備蓄のレベルではないと考えられます。 そうなると、 自分自身の免疫システムですね。 新型ウイルスも第2波が懸念される今、自身の体調管理に気を付け、少し運動をして、良く寝てストレスをためない生活にしていくことが大切ではないかと個人的には思います。 恐れすぎるとストレスになりますので、今をしっかり生きて、日ごろから体調に気を付けていきましょう。 また、続報がありましたら、ピックアップしたいと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

蝗害

イナゴ 中国

アフリカ東部におけるサバクトビバッタの大量発生について、16日に中国メディア・界面新聞が今後の被害状況の予想を伝えると、ネット上では中国への影響を危惧するコメントが数多く寄せられた。 写真はバッタ。 今年に入り、アフリカ東部の国々でサバクトビバッタが過去最大級の規模で発生し、作物を食い荒らすことによる深刻な食糧不足が懸念されている。 国連食糧農業機関(FAO)が予測した今後の被害状況を16日に中国メディア・界面新聞が伝えると、中国のネットユーザーからは中国への影響を危惧する声が数多く上がった。 界面新聞は中国版ツイッター・微博()上で、FAOの発表を基に「蝗害(こうがい、バッタ類の大量発生による災害)はアフリカ東部で拡大し続けている。 バッタは紅海を超えてイランやパキスタン、インドといった南西アジアの国々にも移動しているほか、現時点においてケニア、エチオピア、ソマリアでは、総数が3600億匹に達している。 このまま放置すれば、その数は6月までにさらに500倍になる可能性がある」と伝えた。 この報道を受け、中国のネットユーザーからは「最近起きたの流行や豪州の火災、バッタの大量発生について考えると、人類に対する自然からの報復のように思える」といった感想のほか、「もしもバッタのような破壊力の強い昆虫がや雲南省から中国に入ってくることがあれば、想像したくもないような結果になるだろう。 中国はよく対策を打つか、もしくはパキスタンやインドを支援するなどして国外でバッタを駆除すべきだ」といった意見が寄せられた。 なお、今回の蝗害の中国への影響について、中国の昆虫学者の康楽(カン・ラー)氏は中国の科学雑誌で、「中国はサバクトビバッタの分布地域ではないため、中国に深刻な脅威をもたらすことはない」「(中国では海や河川、湖が蝗害の中心地となってきたが、)1950~60年代にかけて、共産党と国の指導の下で黄河や准河の整備が行われ、蝗害の起こりうる地域の面積は大幅に縮小された」などと説明している。 しかし、ネットユーザーからは、「専門家は中国には影響が及ばないと言っているけれど、それでもしっかり対策はしないと」「この事態はきちんと重視すべき。 新型コロナウイルスの感染拡大当初のようになってはいけないからね」「専門家はもう『安心してください』『被害は出ません』なんて軽率なことは言わないでくれ」といった慎重な意見が数相次いだ。 これは、現在中国で爆発的に感染が拡大している新型コロナウイルスについて、初期段階では「ヒトからヒトへの感染を明確に示す証拠はない」といった事実と異なる見解が示されていたことを踏まえたものと見られる。 このほか、今回の蝗害について、一部から「バッタを食べて解決しよう」といった声が上がっていることについても、「野生動物の肉を食べた人が原因で新型コロナウイルスが発生したのに、この期に及んでまだバッタを食べようなどと言う人がいるなんて」「野生動物の肉を食べた人たちに、バッタも食べて片付けてもらおう」などと新型コロナウイルスに関連した批判的な意見が寄せられた。

次の