なんか かんな。 かんなさん体験レポ: あんぷり亭体験レポ

藤田かんな

なんか かんな

神流川(かんながわ)沿いにあるスーパー銭湯。 日曜日のゴルフ帰りの体を癒そうと夕方ぬくぬくーぽんを利用して訪れた。 入口入って左手にある100円リターン式靴ロッカーキーをフロントに渡すと、後清算バーコード付きリストバンドを渡されるシステム。 脱衣場ロッカーも100円リターン式。 内湯は、かけ湯から流れる源泉の湯と表記された20人サイズの円形湯舟、微細な泡で白濁しているスパークリングシャワーの湯と書かれた20人サイズの湯舟、3人分の寝湯と一体になった10人サイズのイベント風呂(当日は紫色のあじさいの湯)に、混んでいて入れなかったTV付きロウリュウサウナに水風呂の構成で、カランは18個。 泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉とされているが、源泉感はほとんどない。 露天はちょっとした庭園風になっていて、涼み用のベンチやプラスチックベッドがあるのはいいし、15人サイズの炭酸泉の岩風呂からはTVが見られるようになっている。 他には土日は薬用になる壺湯が4つに、8人サイズの塩サウナがあるが、シャワーが無いので、中で塩を落とさなければならないのはどうかと思う。 岩盤浴は利用しなかったが、クールルーム以外に休憩スペースが無く、廊下で休憩していたのもどうかと思う。 無料の大広間や(利用者があまりいなかったが)仮眠室があるのはいい! 平日夕方に訪問。 広い駐車場に車がわずか。 まぁ、平日ですからね。 下駄箱とロッカーは100円が必要。 (返金式) 割引は、JAFとパパママカードか適用できます。 安い! 天然温泉となっていますが、どれが温泉かわからなかったです。 後々パンフレットをみると内湯のかけ湯に使っているものが温泉でした… 源泉と確かになってたけど、かけ湯に使ってるし、温泉質っぽいとろみも色もなく、塩素臭かったので温泉??と疑問でした。 他お風呂は、ジャグジー、電気風呂、炭酸泉、壺風呂、スパークリングシャワー風呂がありました。 初めて見るスパークリングシャワー風呂は、細かい泡が乳白色になり、身体がよく温まり冷めにくかったり、老廃物の代謝がよくなったり?するそうです。 岩盤浴は岩、塩、ロウリュウ兼のものと、クールルームと4部屋。 岩も塩も温度も似たり寄ったりなのでどちらでも。 給水機はなく、水分は持参すべし!専用の冷蔵庫は用意あります。 母が良く利用しているので、帰省した際に一緒に来てみました。 お湯は温泉、炭酸風呂やスパークリングシャワー風呂などもあり、充実していますが、塩素が少し強めです。 館内はあまり空調が効いていないのか、寒く、湯上りでも靴下を履いている人が少なくありません。 食事は内容とのバランスを考えると、少し高めの価格で、コスパは良いとは言えません。 前回訪れた時に、仮眠室が少し暗く、静かでゆっくりできたので、楽しみにしていました。 しかし、今回は隣が宴会で、全く休める雰囲気ではありませんでした。 仮眠室の注意書きには、「会話等はご遠慮ください」とあるのに、襖を隔てただけの部屋で宴会をしていたら、全く意味はありません。 宴会前の準備もスタッフの話し声や、セッティングの音が響く為、休める状況ではありませんでした。 リクライニングの部屋は、受付のすぐ奥にあり、大きなテレビがついていますし、大広間の休憩所は椅子とテーブルのお食事処といった具合で、どちらも騒がしい雰囲気です。 家族連れが多く、また、老人会などの利用も重なって、賑やかなのは良いですが、騒がしい事もしばしばあるようなので、ゆっくり静かに過ごしたい方にはおすすめ出来ません。 スタッフの皆さんの対応は親切で、ソフト面では満足ですが、ハード面で、ゆっくり安らげないのが、残念です。 ゆっくり静かに過ごせるスペースが出来たら更に良い施設になると思います。 ごくごく普通のスーパー銭湯です。 家族で行くのに丁度よい広さと質。 高級でもなく、かといってチープではなく、ほどよく昔の面影を残した総合温泉施設といったところかな。。 子供連れでしたが、受付や施設内の従業員の方たちにあたたかく迎え入れていただいてホッとしました。 土曜日だったせいもあり、小さいお子さんからご高齢の方まで幅拾い年代の人たちで混みあっていて、とても賑やかでしたね。 温泉というか、総合的に力を入れている岩盤浴の方が充実していて、こっちメインでも充分楽しめると思う。 追加で利用料が追加されないので、ついでに岩盤浴に入ってみようかなー。。 で、大丈夫な気軽さがいいと思う。 あと、隣の棟では農産物や地元の特産など産直の売店があるので、そこで新鮮な野菜を買うことができます。 余談ですがそこのディスプレイが農産の売店とは思えないくらいオシャレな作りになっていて驚きました。 もちろん野菜は新鮮なので買って帰りました。 ファミリーには全く問題なく気軽に立ち寄れるスーパー銭湯です。 夏にはキャンプやバーベキューも出来るみたいなのでまた来ようと思います。 埼玉県神川町、川沿に立地する宿泊も出来る日帰り施設です。 こちらのサイトでもかなりの高評価、口コミ数が半端無く多いので一体どんな所なのかなと思い訪問しました。 施設に到着した第一印象として、公営施設? かと思いました。 広大な施設には公園・キャンプ場や地元野菜売り場等をはじめかなり大きな駐車場もありました。 実はこちらの施設、もともと『神川ゆ~ゆ~ランド 』という公営施設に併設された『県営アカシアの湯』という施設が元々であり、温泉施設部分が民営化され、かんなの湯としてリニューアルオープンしたそうだ。 成程、施設内部の構成や湯船の造り等、公営色が強いなと思いましたが納得しました。 さて、受付からして大変気持ちの良い接客でした。 玄関では挨拶専門の従業員がいらっしゃいます。 従業員の方はかなり多いとみられ、アロハシャツを着た方々が気持ちの良い顧客対応をされてました。 好印象ですね。 値段に関しては、平日の利用とのことで、980円かと思いきや、『コストコの会員カードをお持ちですか? 今時お年寄り以外で、コストコのカード又はJAF会員証を持っていない人のほうが珍しいかと思いますので、実質会員に入らずともこの値段設定はかなりお得じゃないでしょうか。 施設は大変広い。 食事処から宿泊所まであり迷路のよう。 温泉施設は左手側となり、受付で入浴セットを受け取るスタイル。 浴室内は、まんま公営施設で、どの湯船もデカイです。 露天エリアにもいびつな形をした主浴槽他、様々な趣向をこらした湯船と休憩スペースがありました。 また露天には岩盤浴の出来る釜風呂のようなものもあり、これは珍しいかと思います。 最後に温泉そのものにつきましては、期待以下・・・。 各浴槽には、色々な入浴剤を入れたものやシルク風呂等のアイテムバスはあるものの、源泉浴槽が見つからない。 内湯かな? と思い、中央に位置する掛け湯兼用の浴槽に入り、ここが温泉である事は理解できました。 しかしながら元々の源泉のスペックは決して高くなく、また加温・循環・普通レベルの消毒が施されており、施設側も今時の流行のごとく、ここが源泉浴槽だよ! と特に宣伝しておりません。 こちらの施設は、源泉を純粋に楽しむのではなく、素晴らしい接客とアイテムバス、豊富な設備面でホスピタリティを生み出す趣旨なんだと思いました。 故に温泉マニア向けでは無く、地域密着型・ファミリー型の施設と言えるのではないでしょうか。 口コミ評価が高いので、県内だけど高速で1900円かけて遠征? 受付で説明を受け、いざ入浴。 効能はあまり期待していないけど、 一部を除いて、あまり特徴はない感じの湯。 まぁ、普通。 なんか長湯が出来そうなところがなく、 他の方も長湯は楽しんでいない感じ。 岩盤は予約なしで入れるところに入ったけどまぁ気持ちよかった。 食事はそばのセット。 可もなく不可もなく。 食後にひと眠りを思い、休み処に行ったら、 隣の部屋が宴会?で眠れなかった… でもここの良い所は接客。 受付も食事処も元気で気持ち良い接客。 ちょっと期待し過ぎた分のがっかり感があり、総合では辛口の3。 1時間以内に行ける所ならたまにいくかも。 因みにお気に入りの所は週1~3のペースで行っています。 子供のイベントの参加の関係で、入湯券が付いていたので、今回初めてかんなの湯を利用させていただきました。 見た目は普通の温泉施設ですが、多種多様な内湯はもちろんのこと、露天風呂も併設されています。 個人的に露天風呂が好きなのですが、絹肌エステの湯というお湯は、しゅわしゅわと細かい泡がまとわりつくようなお湯で、お肌もつるりとした感じになりました。 それから、ここは岩盤浴が無料なんですね。 トルマリンの岩盤浴は体の芯から温まり、サウナとまた違った内側からの汗とでも言うのでしょうか、毒素や老廃物が洗い流されたように感じました。 施設も清潔に保たれているようでピカピカですし、普通だと岩盤浴で別料金というところもあるのに、ここは良心的だと思います。 その他、お食事も美味しく頂きました。 全体の感想としては、ごく普通の温泉施設ですが、本格的な岩盤浴が出来るところが良い所ですね。 しかも無料で入り放題なので、一日じっくり時間をかけて入れば、体質改善なんかにも良いかもしれませんね。 リピーターが多いのも頷けます。 また機会があったら来たいと思います。 神流川温泉といえば、温泉好きには有名な「白寿」がありますが、それより高い点数の「かんな」とはどういうところなのか、 前々から気になっていましたが、今回サウナ好きの妻を連れて訪れてみました。 浴室で、まず驚いたのは、多種多様の湯船がありながら温泉浴槽が内湯の一つしかないこと、 無味無臭の特徴を感じない湯で、私のような素人には温泉かどうかの区別もつきません。 群馬との県境まで来てこんなもの? とこれはがっかりです。 岩盤浴は充実しており、時間交代制の部屋、少し低温の出入り自由の部屋、さらに浴室の露天エリアにも岩盤浴があります。 ここの魅力は、岩盤浴、タオル、館内着、髭剃り、ナイロンタオルのフルセットで、生姜湯や炭酸水などの飲料水飲み放題、それで1200円。 さらにクーポンを使えば1000円相当の個室レストランでの食事とソフトクリームがついて合計2000円と、 料金から考えると「ウソ」みたいにサービスが充実している点にあるのではないでしょうか? ですから、もし、これが都心に近い施設であれば、毎週でも行きたいところです。 でも、温泉県の群馬近くまで来るのであれば、もう少し天然温泉らしさもほしいところで、 「白寿」のような個性がない以上、はるばる来るようなものでもないという気はします。 温泉と関係ないのですが、 帰りに熊谷の日光と呼ばれ近年、国宝となった「妻沼聖天山」を見学しました。 遠くまで来ましたが、この見学とのセットで満足しました。

次の

今月号のちゃお|ちゃおランド

なんか かんな

「南関 なんかん あげ」が生まれたのは、熊本県の南関町。 県の北西部、福岡県との県境に位置する、山あいの緑豊かな町です。 名前の通り、かつて交通の要所となる関所が置かれた地として、古くは鎌倉時代に書かれた「平家物語」にもそのことが記されています。 江戸時代には参勤交代の休憩所であった御茶屋があり「豊前街道南関御茶屋跡」として現存しています。 そんな歴史の町、南関で誕生した南関あげは、昔から地元の人々の食卓に欠かせない伝統食品です。 南関あげの発祥は、江戸時代初期の1637年〜38年に起こった「島原の乱」の後、四国伊予松山からの移住民の中に油あげの製法を知る人がいて、そこから今の南関あげの原型が伝わったとされています。 現在の南関あげの製法は、水に浸した大豆をすり潰し、その汁を煮て豆腐を作ります。 できあがった豆腐を5ミリほどの厚さにスライス。 圧縮機にかけて水分を抜き、その後、二度揚げにします。 この製法で作ると、普通の油あげと違って長期保存が可能になるといいます。 見た目も食感も普通の油あげと異なり、30センチ角の大きさで、調理する前はパリっとしており、出汁や煮汁を含むとふっくらとジューシーになるのが南関あげの特徴です。

次の

藤田かんな

なんか かんな

』日比幕中 新入生名前募集 結果発表!! れんさいまんが• あつまれ どうぶつの森 加藤みのり• 大人はわかってくれない。 まいた菜穂• 片想いミステイク! 森田ゆき• ガル学。 ~聖ガールズスクエア学院~ おりとかほり• キセキのローレライ 能登山けいこ• 今日からパパは神様です。 寺本実月• キョーダイなんかじゃいられない! 辻󠄀永ひつじ• げっし~ず 鮎ヒナタ• こっちむいて!みい子 おのえりこ• JKおやじ! 加藤みのり• そらいろメモリアル やぶうち優• 溺愛ロワイヤル 八神千歳• 同級生と恋する方法 大木真白• ねこ、はじめました 環方このみ• はろー! マイベイビー かわだ志乃• ブラックアリス なかむらさとみ• メロと恋の魔法 篠塚ひろむ•

次の