エージェント オブ シールド 6 ネタバレ。 『エージェント・オブ・シールド』シーズン6第1話【超ネタバレ】クラーク・グレッグの悪役ぶりが凄いことになってる!?

海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」ネタバレとあらすじ

エージェント オブ シールド 6 ネタバレ

エージェント・オブ・シールドのシーズン7の配信はいつ?どこで? を調べてみました! 過去シリーズが配信されてるVODサービスと、シーズン7の配信状況もあわせてご覧ください。 以下の記事もご覧ください• 「エージェント・オブ・シールド」の過去シリーズから一気見するなら、 か がおすすめです。 最新シーズンは2019年は で放送されていましたが、2020年1月現在放送されていませんでした。 今後も最新シーズンは で放送される可能性が高いですね。 (2020年2月調べ) エージェント・オブ・シールドとは スパイダーマン、アイアンマン、ハルク、キャプテンアメリカなどなど、数々のヒーローを生み出してきたマーベルシリーズ。 「エージェント・オブ・シールド」はそんな マーベルシリーズに登場する人間の捜査官たちで組織された国際平和維持組「S. (シールド)」の活躍を描いたスピンオフドラマです。 「アベンジャーズ」の激戦の後、シールドは世界への監視を強化し宇宙からの侵略者や怪物たちから地球の市民を守るために活動を続けます。 映画の中では死亡したことになっていた捜査官コールソンが実は生きていて、シールドチームを率いて地球の各地で起こる事件の調査を開始。 事件解決への糸口を探ります。 エージェント・オブ・シールドのシーズン7の配信はいつ? 2019年の夏にシーズン6が放送された「エージェント・オブ・シールド」。 シーズン7への更新が発表されていますが、 このシーズン7が最終シーズンであることも決まっています。 シーズン7は2020年の半ばに米ABC局から放送予定ということです。 13話構成ということなので、結構あっという間に終わってしまいそうな気がします…。 日本の民放局から放送されることがあるのかどうかは分かりませんが、アメリカでの放送から遅れて動画配信サービスから配信が開始するのかな?と思います。 待ち遠しいですね! 参考サイト: 、 シーズン7の動画配信サービスは? エージェント・オブ・シールドシリーズが視聴できる動画配信サービスはどこなのか、調べてみました!• ) ディズニー・ピクサー系の映画とスターウォーズシリーズ&マーベルシリーズの映画・ドラマが視聴できる動画配信サービス「(ディズニーデラックス)」からは、シーズン6まで配信されています。 これから放送される最終シーズン・シーズン7も、現在エージェントオブシールドシリーズを配信している動画配信サービスから視聴できるようになる可能性が高いかな?と思います。 アイアンマンやキャプテン・アメリカも見ていない〜という人も楽しめますのでご心配なく! 「アベンジャーズとエイリアンたちの激しい戦いがニューヨークで繰り広げられ、エージェント・コールソンが死亡したらしい・・・」というポイントだけ押さえておきましょう。 シーズン1はニューヨークでの壮絶な争いのその後が描かれます。 世界の平和維持のために活動を続けるシールドチーム。 エイリアンや怪物が関わる事件の調査を進めます。 シーズン1終盤、シールドが調査していたムカデ計画の背後にヒドラがいることが判明し、さらにヒドラがシールド自体にも関わっていることがわかります。 崩壊の危機に追い込まれるシールド。 シーズン2ではコールソンがシールドの新長官となり、新生シールドチームを結成。 国や市民からシールドの信頼を取り戻すべく、シールドメンバーたちが奮闘する様子が描かれます。 オベリスクやインヒューマンズをめぐる陰謀の謎が明らかになっていきますが、シールドチームはまたまた絶体絶命の危機に直面してしまいます…。 シーズン2は「キャプテン・アメリカ」のヒロインが登場し、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」のストーリーとリンクしたエピソードが展開します。 シーズン3〜4の簡単なあらすじ シーズン3では新しい政府機関やヒドラの残党、強敵ハイヴなどが登場。 シールドチームにも新戦力が加わり物語の展開も加速していきます。 未知の物質を含むオイルが海に溶け出し、それを摂取したせいで地球上のあちこちでインヒューマンズが覚醒。 そして行方不明のシモンズを探すフィッツ。 「シビルウォー キャプテン・アメリカ」のストーリーとリンクしたエピソードが展開します。 ヒドラに敗北してしまったシールド。 デイジーはシールドを離れ、コールソンたちは現実世界を守るために仮想世界「フレームワーク」の中で戦い、闇のヒーローと取引をすることに。 米軍に追われそうになるシールドでしたが、突然出現した男たちに連れ去られてしまいます。 コールソンたちの運命は・・・? シーズン5〜6の簡単なあらすじ シーズン5は宇宙空間から物語が始まります。 地球が粉砕しコールソンたちは未来世界へと飛ばされてしまいます。 その宇宙空間では怪生物「ゴキブリ」が人間を襲っています。 元いた時間へと戻るため、コールソンたちの戦いが始まります。 元の世界に戻ることができたコールソンたちは、地球が木っ端微塵になる未来を変えるため、さらなる試練に挑みます。 しかしコールソンの体は蝕まれていて、命の危機に瀕してたのです。 コールソンは余生をメイとともに過ごそうと、シールドを引退しタヒチへと旅立ちます。 一方、フィッツは低音凍結カプセルで蘇生措置が取られたまま宇宙空間を漂っています。 シーズン6のスタートはコールソンの死から1年後。 シールドの長官にはマックが就任し、新体制で活動を再開していました。 宇宙空間をさまようフィッツを見つけるべく、捜索を続けるデイジーとシモンズ。 フィッツの入ったカプセルを乗せた宇宙船は攻撃を受け、真っ二つにされ壊れてしまいますが、カプセルの中にフィッツの姿はありませんでした。 フィッツは生きている?だとしたらどこへ? そして死んだはずのコールソンにそっくりの謎の男が登場。 彼の正体は・・・?衝撃の展開が続きます! さいごに 「エージェント・オブ・シールド」の過去シリーズから一気見するなら、 か がおすすめです。 最新シーズンは2019年は で放送されていましたが、2020年1月現在放送されていませんでした。 今後も最新シーズンは で放送される可能性が高いですね。 (2020年2月調べ) 以下の記事もご覧ください•

次の

【エージェント・オブ・シールド】シーズン6ネタバレ(最終話)メイ死してコールソン復活!? シーズン7は大荒れの予感!

エージェント オブ シールド 6 ネタバレ

【エージェント・オブ・シールド】シーズン6第6話あらすじ アタラに連行されたフィッツとシモンズは、クロニコム星が滅びたことを聞かされ、過去にさかのぼって問題を解決すべくタイムトラベルの方法を解明せよと命じられる。 出典: ジェマとフィッツは気を失ったまま、ある部屋に隔離されていました。 アタラ「私はアタラ 知覚を備えたクロニコム 故郷は……」 フィッツ「故郷は僕らの言う白鳥座だろ」 アタラ「もうない。 命は死滅した星は燃え上がりマグマに覆われ石と化した もはや救えない 過去に戻って手を打たねば 協力するなら拘束を解く」 出典:【エージェント・オブ・シールド】シーズン6第6話から引用 フィッツは、それは物理の法則に反するし不可能だと拒否しましたが、アタラはジェマが出来ると言ったと伝えます。 フィッツはジェマに「様々な矛盾が発生する」と言いましたが、それはジェマも分かっていたこと。 クロニコムの最新技術を使って、タイムトラベルの方法を解明せよと指示されたのです。 以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。 【エージェント・オブ・シールド】シーズン6第6話「マインド・プリズン」超ネタバレ(前半) 2回目のプロポーズ アタラはクロニコムの最新技術は自由に使っていいと言い、必要な道具は想像するだけで現れると言います。 また、フィッツとジェマの知識と記憶も共有できると、真っ白な部屋(牢)に実験道具やホワイトボードなどが出現しました。 ジェマは、記憶を共有するのは危険だとアタラにいいますが、それでもアタラは時間移動という難問をクリアするには強力な手段も必要だと姿勢を変えません。 脱走しても正気を失うだけで無駄な行為、2人の頭脳こそが牢を開ける鍵、出たければ解明しろと言い残し消えてしまいました。 タイムトラベルの解明への道が開けるかどうか分からないという状況だったせいか、フィッツはジェマの手を取って言います。 「ちゃんとしたかったけど、いつ出られるか不明」と前置きした上で、彼女にプロポーズしたのです。 2人はすでに結婚していましが、目の前にいるフィッツは 結婚する前のフィッツ。 ジェマはそのことは話さずに、 もう1度プロポーズを受けたのです。 頭脳こそ牢を開ける鍵 フィッツとジェマはソファーとテーブル、そしてお菓子やお茶を想像して出し、2人の時間を楽しんでいました。 太陽が3つあるサルドン星に行ったこと、フィッツがあちこちで死にかけたこと、シヴィア語を憶えた事など話は尽きません。 しかし、本当に未来へ行ったの?というフィッツの問いにジェマは口を閉ざしてしまいました。 冒険を聞かせてほしいとフィッツに言われるも、ジェマは彼を失った辛い記憶を思い出したくなかったこともありますが、何より彼が未来で死ぬことを伝えたくなかったのです。 最初から話すのが嫌なら後から話すのでもいい、どうやって未来から戻ったのか、モノリスで?と言った途端、フィッツの背後にモノリスが現れました。 フィッツはさらにジェマに話を聞こうとしますが、「その話はあとで」とジェマは拒否。 戻れたならモノリスを制御できるはずだ「なぜ隠すんだ」とフィッツが言った瞬間、ジェマが7歳の少女になっていました。 「言いたくないのよ」 そう言うと小さいジェマは、実験台の下に潜り込んでしまいます。 実験台の下にはトンネルのようなものがあり、そこを抜けた先はジェマの部屋になっていました。 小さなジェマはベッドに隠れ、フィッツは自分たちが置かれている状況を解明しはじめます。 想像するだけで必要な者が現れるというのも、 仮想現実にいるからこそのものでした。 イノックは、人間にその技術を使うのは危険だと忠告しますがアタラは「人間の脳は協力だから2つ合わせれば大丈夫だろう」と言うのです。 実際に、2人が入れられていたのは大脳融合装置というもので、睡眠状態で 脳を共有することが出来る技術。 倫理的に問題があるというイノックにアタラは、別々の脳内にあるデータを最大限に活用して問題を解決する、多大な成果を得られる技術だと反論しました。 「フィッツなら君って最悪だ」と言うだろうと伝えましたが、イノック自信もそう思っていたようです。 7歳のジェマvsフィッツ その頃フィッツは、小さいジェマと格闘していました。 大人のジェマも口達者ですが、子供のジェマはなおさらで、「あんたはケツ顔よ!」とフィッツに面と向かっていう始末。 2人がいい合いをしたのは何度かありますが、今回ほど激しいいい合いは珍しいです。 これは子供のジェマだからという訳ではなく、となのジェマに戻っても続きます。 さらに、子供のジェマが後ろに何かを隠しているのに気づいたフィッツは、「出しなさい!」と、まるで親が子を叱るようにいいました。 爆弾でも作るつもりか!というフィッツでしたが、子供のジェマは 記憶にある物しか作れないとのこと。 7歳のジェマが知っていること、習ったことしか今の彼女には分からないのです。 タイムトラベルなんてSFという考えの、7歳のジェマにフィッツは苛立ってきました。 そこフィッツは、ジェマがダメなら別の人に頼む「エイダなら計算が早いし……」と威嚇。 するとその瞬間、後ろには大人に戻ったジェマがいたのです。 【エージェント・オブ・シールド】シーズン6第6話超ネタバレ(後半) 消したい記憶 フィッツは、エイダの名前でジェマを刺激して大人に戻そうとしましたが、それが彼女の怒りを買ってしまいます。 未来の話をせがんだら、ジェマが7歳児になったから大人に戻そうとしてやったことだと反論するフィッツにジェマは口を閉ざしてしまいました。 その時、フィッツの死を伝えに来た時のマックが現れます。 「久しぶり」と声を掛けるフィッツ。 しかしマックは、フィッツの姿が見えないのか問いかけには答えません。 「ジェマ。 彼の遺体が戻った。 顔を見るか。 無理しなくていい」とういうと、ドアから出て行きます。 フィッツは気になってマックの後を追っ行こうとしますが、ジェマは「見てほしくない」と引き留めました。 説明するというジェマの言葉をよそに、フィッツはドアから出てしまったのです。 そこは、フィッツの亡くなった後のライトハウスで、デイジーやヨーヨー、メイがフィッツの死を悼んでいました。 フィッツは黒いカバーに入れられた自分の遺体を確認し、目を見開いて驚きます。 また、マックとメイの会話から自分が未来に行って戻ってきたこと、世界の破壊ループを自分が命がけで断ち切ったことを知ったのです。 フィッツを捜しに行っても見つかる可能性は低い、君は正気じゃないとマックに言われたというジェマ。 マックは落胆してフィッツの葬式をしたがったけれど、ジェマの案に賭けたのかゼファーの改造を手伝ってくれたと、すべてフィッツに話したのです。 それを見たフィッツは、すでに未来の自分はジェマにプロポーズして結婚式まで挙げていたことを知り、頭の中の整理がつかなくなってしまいます。 ジェマから、コールソンは長い間抱えていた病気をみんなに隠していた……と聞いた瞬間、彼の未来に何が起こるか察したフィッツは、これ以上は耐えられないと最後まで聞かなかったのです。 自分を探しに来るまでの一連の流れを見たフィッツは、自分を追い込んでしまったようです。 ジェマとフィッツの出会い 次の場面は、フィッツとジェマが出会って間もない頃。 フィッツは、研究を手伝ってほしいとジェマを自分の部屋に招待しましたが、実際にはひとりで出来てしまうが君はアイデアを跳ね返す共鳴板であり、ジェマがいると整理しやすいと伝えます。 簡単に言えば、思考がグチャグチャだから整理するのを手伝って欲しいと言いたかったようです。 その日は2人が友達になった記念すべき日。 鍵となるのは タイムトラべル。 ジェマが苦しんだことを考えると、クロニコムを救ってやりたい、好きなだけ過去をやり直せばいい」と言うも、フィッツの頭の中はストレスを感じてしまったようで爆発寸前だったのです。 ジェマはフィッツが感じるストレスこそが一番心配でした。 なぜなら、かつてフレームワークにいた時のフィッツは、全く別の人格だったから。 その時、足音が……。 2人はドアから逃げますが、レオポルトに見つかってしまい急いで部屋の戻ります。 その時、部屋にあったオルゴールの小箱が間にかを示すようにカタカタと動きだしました。 どうやら、昔ジェマが夜眠れずにいたら「父がイヤな気持ちは箱にしまえ、嫌なことはそのうち潰れる」と教えていたそうな……。 フィッツはジェマ貞子に襲われ、彼を捜していたジェマはレオポルトに罠にかかり窮地に……。 ジェマは記憶を取り出す装置に掛けられ、フィッツはジェマ貞子に襲われてしまいます。 大切な仲間 フィッツとジェマの脳波に異常が現れ、イノックは頭の中でお互いと戦っている状態だから中止するようアタラに求めますが、彼女は2人が脳死しても構わないと言うのです。 それどころか、同胞に協力するのか分解される方がいいのか選べと迫ります。 装置に掛けられたジェマは、「ひとりじゃない、彼も一緒だ」と苦痛に耐える一方で、ジェマ貞子に逆さ吊りにされ腹を刺されたフィッツもまた「ひとりじゃない」と念じました。 すると、2人の頭の中に「自分たちだけじゃない、仲間がいる」と気づいたのです。 その瞬間、フィッツのところにはマックが、ジェマのところにはデイジーが現れ2人を救います。 そして、逃げ込んだ隔離ボックスで今度はお互いがお互いの闇に、ひどい目に遭わされたことを巡る激しい言い争いが始まりました。 ・ジェマの本性はフィッツの心臓を切り取った ・フィッツの分身はジェマを空っぽにしようとした (2人もかなりエグい闇をもっています) お互いが言いたいことをぶちまけてスッキリしたのか、最後には「愛している」と……。 すると、ボックスの外をうろついていたジェマ貞子とレオポルトにも異変が。 変わり者同士?サディスト同士?なのか、2人が抱き合っているという 奇妙な場面となりました。 場面は元の場所へと戻り、自分たちは運命の相手だと確信します。 そしてジェマは、あの時には戻れないけれどと伝えた上で、フィッツに指輪を渡したのです。 幸せなひとときもつかの間。 アタラが、仕事に戻るよう催促しに現れたのです。 フィッツは、タイムトラベルは厄介だから関わりたくないと言い、ジェマも2人なら一生そこに閉じ込められてもいいと伝えました。 そしてアタラが「2人じゃな……」と言った瞬間、キーンという不快な音と同時に動きが止まります。 アタラとハンターたちを倒しフィッツとジェマを解放すると、ハンターが使っていた瞬間移動の装置を使い、3人は姿を消したのです。 【エージェントオブシールド】シーズン6第6話の評価 今回、ストーリーのほとんどがフィッツとジェマの物語という感じでした。 2人が初めて友人になった日の事、実はジェマにもフィッツの闇と値するほどの闇があったこと、7歳のジェマは今のジェマ並みに無謀だったことなど、本編では描かれないような内容が豊富です。 また、レオポルトの非情さも健在で、シーズン4のフレームワークのストーリーを思い出してイラッとするほど。 ジャンプで地球まで行けるのか、それとも一旦別の船まで行って地球までジャンプするのかは不明ですが、ずれにしろシールドと合流することは間違いないでしょう。 次回は、地球上をベースにしたストーリーでサージがマックに謎めいた予言をするようです。 6話では少し足踏みしてしまいましたが、【エージェントオブシールド】シーズン6は全13話。 すでに折り返し地点なので、ここから一気に進んでいくのかも?という感じですね。

次の

【エージェント・オブ・シールド】シーズン6ネタバレ(7話)サージが歩んできた背景もチラリ、フィッツも地球へ還る!?

エージェント オブ シールド 6 ネタバレ

海外ドラマ【エージェント・オブ・シールド】とは? エージェント・オブ・シールドは、マーベルコミックを実写映画化した大人気映画「」シリーズのスピンオフドラマです。 製作はマーベル関連作品の制作を専門に扱うマーベルテレビジョンで、アメリカではABCテレビで放送されました。 主にアベンジャーズシリーズで起こる事件の裏側を描く作品で、アベンジャーズシリーズに登場する架空の組織「S. (シールド)」を題材にしたドラマオリジナルのストーリーです。 映画アベンジャーズで殉職したフィル・コールソンでしたが、ファンがツイッター上で起こした「 coulsonlives(コールソンは生きている)」という活動も後押しとなりコールソンが主役の本作が生まれ大ヒットとなりました。 テレビドラマでありながら映画アベンジャーズシリーズに登場する事件やキャラクターも登場し、マーベルファン必見の作品となっています。 【エージェント・オブ・シールド】シーズン1のネタバレ・あらすじ アベンジャーズをはじめとした超人達の登場で、世界の情勢は一変していました。 超人達を自治管理する国際組織「S. (シールド)」が、超人関連の事件の対策をします。 シールドの上級エージェントであるグランド・ウォードは、シールドのエージェント、フィル・コールソンに少数精鋭の新チームを結成するために召集されます。 コールソンはロキに殺害され殉職したものと思われていましたが、シールドの医療技術「タヒチ計画」により復活を遂げていたのです。 コールソンはウォードのほかに、科学者のレオ・フィッツと、ジェマ・シモンズ、戦闘能力と操縦技術に長けるメリンダ・メイをチームに召集します。 そして超人関連の事件で知り合った一般人のハッカー、スカイを仲間に迎え入れ、超人や超人の異物等、正体不明の存在である「084」の調査対策を行います。 084の調査の中で超人の能力を増強させる「ムカデ計画」、超人を作りだす「デスロック計画」の存在を知ります。 そして計画を進めるサイバーダイン社の裏には、世界征服計画を立てる悪の組織「ヒドラ」が居ることに気づいたコールソン達はヒドラ壊滅のために動き始めます。 調査の中で次第に自分が生き返ったことに疑問を感じ始めたコールソンは、自分の出生の謎を探るスカイと共に、秘密裏に自分たちの過去について探り始めます。 コールソンはムカデ計画を進めるレイナに拉致され、脳の記憶を呼び覚ます装置に入ったことでタヒチ計画の真実を知ります。 コールソンに植え付けられていたタヒチでの幸せな記憶は植えつけられたもので、実はエイリアンの体液から生成された「GH325」という薬品を使用し死者を強制的に生き返らせる計画こそがタヒチ計画だったのです。 そんな中、シールドに潜んでいたヒドラがシールド壊滅へと動き出します。 シールドの奥深くまで侵入していたヒドラの攻撃はすさまじく、シールドは事実上壊滅状態となってしまいます。 そしてシールドのエージェントであるジョン・ギャレットがヒドラ幹部であり、ムカデ計画とデスロック計画を進めるクレアボヤントであることが明かされます。 チームのメンバーの働きでクレアボヤントとヒドラに洗脳されたシールドの工作員を確保することに成功しますが、今まで一緒に闘ってきたウォードもクレアボヤントに洗脳された敵の一人で、クレアボヤントを解放し敵に寝返ってしまいます。 そしてクレアボヤントはGH325を入手し、自分に注射することで超人的な能力を手に入れます。 コールソンとチームはサイバーダイン社とヒドラ壊滅のために単独で戦いを挑みます。 フィッツは戦いの中で脳に重傷を負います。 GH325で力を手に入れたクレアボヤントに苦戦するコールソンですが、シールドの元長官であるニック・フューリーの協力もあり次第にクレアボヤントを追い詰めます。 そしてデスロック計画によって敵の戦闘員になっていたマイク・ピーターソンの洗脳を解くことでクレアボヤントの確保に成功します。 そして最後のあがきを見せるクレアボヤントにコールソンがとどめを刺し、事件に終止符を打ちます。 事件の後フューリーに命じられ、コールソンは新生シールドの長官となり、084の調査と共にシールド再建に向けて動くことになります。 しかしコールソンはタヒチ計画の後遺症で謎の暗号が頭に浮かぶようになり、その謎に悩みを募らせます。 【エージェント・オブ・シールド】シーズン2のネタバレ・あらすじ コールソンとチームのメンバーは、メカニックのミックらシールドの生き残りと共に084の調査とシールドの再建に動いています。 長官となったコールソンは事務作業に追われると共に、GH325の影響を受けた自分の体の状態を検査する日々を送ります。 フィッツは脳の損傷が激しく、潜入任務でシールドから離れていたシモンズの幻影を見るなど情緒が不安定で独り言が増えていきます。 シールドにとらえられたウォードはスカイに父親の存在を伝えますが、ウォードに不信感のあるスカイは信用しようとしません。 そしてウォードは移送中に脱走し、単独で動き始めます。 スカイの父であり闇医者のカルは、ムカデ計画を進めていたレイナと接触します。 レイナはシールドが保管していた最初の084「オベリスク」を持ち出していました。 オベリスクの力は謎に包まれていますが、ヒドラの幹部であるホワイトホールは、オベリスクを使い兵器を開発しようと画策します。 コールソンは自分の頭に浮かぶ暗号が地図だということを知り、手掛かりを見つけるために戻ってきたシモンズ達と共にプエルトリコの地下都市を目指します。 そして地下都市の謎を知るレイナを引き入れ、スカイは徐々に自分の出生とオベリスクの謎を知ります。 しかしレイナはウォードとつながっており、スカイは連れ去られてしまいます。 スカイはヒドラの基地で父と再開を果たしますが、父の異常さに受け入れることができません。 地下都市はオベリスクを発動させるためのもので、レイナはそこでオベリスクを発動させようとします。 スカイはレイナを追い地下都市に入りオベリスクの発動に巻き込まれ石化してしまいます。 しばらくするとまとっていた石が剥がれ、スカイは地震を起こす超能力に目覚め、レイナはオベリスクの力で全身針に包まれたおぞましい姿になり悩み苦しみます。 見た目には変化のなかったスカイも、シールドに戻ると力を危惧した仲間達とは距離を感じます。 スカイは能力を使いこなすことができずに悩んでいた時、両目のないゴードンという男があらわれスカイを連れ去ります。 スカイが連れ去られた先は「アフターライフ」というスカイのように能力に目覚める人間「インヒューマンズ」を集めた村でした。 アフターライフはスカイの母であるジャイーンが統治していました。 スカイはジャイーンから自分の本名がデイジー・ジョンソンだと知らされます。 能力者を受け入れ平和に見えた村でしたが、ジャイーンは自分を実験台のように扱った人間たちを恨んでおり、オベリスクに含まれる「テリジェンクリスタル」を使い、人間を全滅させようと戦争を仕掛けます。 コールソンはテリジェンクリスタルの力で片腕を石化され失ってしまいます。 ジャイーンはテリジェンクリスタルを世界にまき散らし人間を全滅させようとしますが、スカイによって阻止されます。 逆上したジャイーンはスカイを殺そうとしますが、カルの手によってとどめを刺されます。 カルは記憶を消し世界は平和を取り戻したかのように見えましたが、テリジェンクリスタルは海に溶けだし、それが魚たちの体内に蓄積し、その魚を使ったフィッシュオイルが市場に流通し、新たな波乱が幕を開けます。 そしてシモンズとフィッツは心を通わせていましたが、シールドが保管していた謎の石「モノリス」に飲み込まれ行方不明となってしまいます。 【エージェント・オブ・シールド】シーズン3のネタバレ・あらすじ 世界には、テリジェンクリスタルの含まれるフィッシュオイルの影響でインヒューマンズが続出し、能力の制御の効かないインヒューマンズの事件が多発していました。 政府はインヒューマンズを異星人による脅威として排除しようとしますが、シールドは電気を操れるリンカーンら一部のインヒューマンズを味方につけ、秘密裏にインヒューマンズを保護する活動を続けます。 片腕を失ったコールソンは機械の義手を取り付け、デイジー(スカイ)は能力を制御しシールドのエージェントとして戦いを続けています。 フィッツは消えたシモンズの追跡を続けますが、シモンズはいまだ行方不明です。 シモンズはモノリスに飲み込まれた後謎の星に飛ばされてしまい、同じ星に送り込まれていた宇宙飛行士のウィルと生き延びていました。 フィッツはイングランドにシモンズを助ける手掛かりを見つけ、デイジーの能力を使い謎の星に行くことに成功します。 その星には強大な力を持つ謎の存在がおり、シモンズはフィッツに救い出されますが、ウィルは謎の存在に飲み込まれ安否不明になってしまいます。 シモンズはウィルと恋人関係にあり、フィッツとシモンズはウィルを助けるためにまた謎の星へ向かうことを決めます。 ウォードは新たなヒドラのボスであるマリックの下に付きます。 マリックは、異星の謎の存在は「ハイヴ」というクリー人に作られた生物で、ヒドラはハイヴを地球に連れ戻すために作られた組織だと明かします。 ウォードはシモンズを人質に取り、フィッツやコールソンと共に謎の星へ行きます。 ウィルはハイヴに体を乗っ取られ助けることはできませんでした。 コールソンはウォードを殺しますが、ハイヴはウォードの遺体に乗り移り地球へ行きます。 地球では青い怪物のインヒューマンズが無作為にインヒューマンズを襲う事件が多発します。 デイジーやシールドも襲われますが、青い怪物「ラッシュ」はメイの元夫でシールドの協力者であるアンドリュー・ガーナー博士であるということがわかります。 ガーナー博士は意思をもって攻撃しているわけではなく、力も強大で倒すことは困難だったので一時的にシールドで隔離措置を取ることにします。 しかし徐々にガーナー博士の自我は失われ、完全なラッシュに変貌を遂げてしまいます。 シールドは、ハイヴがクリー人の血液を使いすべての人間インヒューマンズにして自分の意のままに動かそうという計画があることを知り、ハイヴを倒す計画を立てます。 しかしインヒューマンズを洗脳するハイヴの能力で、デイジーが敵の手に落ちます。 デイジーはクリー人の血液から作ったGH325を注射したことでクリー人のDNAを持ち、ホールデン・ラドクリフ博士の協力のもと自分の血液を使い人間をインヒューマンズにする実験を成功させます。 そしてハイヴはデイジーの血液から作った「パラサイト」を使い人類をインヒューマンズにする計画を遂行します。 デイジーは実験の中でハイヴの計画に疑問を持ち始めます。 そこにラッシュが現れます。 まだ洗脳の中にいたデイジーはラッシュと戦いますが、ラッシュは自分の能力を使い、デイジーの洗脳を解きます。 その後ラッシュはハイヴの手下に殺され、正気を取り戻したデイジーはシールドに帰還を果たします。 シールドはハイヴを確保しますが、ハイヴはシールド基地内でインヒューマンズを作り出し攻撃を始めます。 デイジーは自分の能力でハイヴと戦いますが人質にされてしまい、ハイヴはシールドの高高度戦闘機を使いパラサイトを宇宙からまき散らす計画を実行しようとします。 コールソン達は戦闘機に乗りこみ戦いますが、ハイヴに勝つことはできません。 デイジーは自分が犠牲になり、ハイヴとパラサイトを乗せて大気圏外で爆発しようとします。 しかしリンカーンが操縦席に先回りし、デイジーを脱出させて自分が犠牲になります。 戦闘機は大気圏外へ行き、リンカーンとハイヴは静かな世界の中で語り合いながら爆発に巻き込まれ死亡します。 6ヶ月後、街に謎のインヒューマンズが現れ、コールソン達シールドはそのインヒューマンズを追います。 そのコールソン達が追っている相手はなんとデイジーでした。 コールソン達はスカイを確保しようとしますが、デイジーは能力を使い姿を消します。 ラドクリフ博士は一人実験を続けているようで、シールドが過去に計画していた実験を続け、人造人間のようなものを作成することに成功します。 【エージェント・オブ・シールド】シーズン4のネタバレ・あらすじ シールドを離れたデイジーは「クェイク」と名乗り、単独で悪党と戦う活動をしていますが、能力を使った過激な行動でお尋ね者扱いされていました。 デイジーは活動の中で悪者を焼き尽くすゴーストライダー(ロビー・レイエス)の存在を知ります。 シールドはメイス新長官を迎えたことでコールソンのチームは解体され、コールソンは現場に復帰し、メイは技術指導、フィッツはラボで、シモンズは新長官直属の科学技術担当長官特別顧問になりメンバーはバラバラで活動していました。 ラドクリフ博士はシールドの活動を支援する「エイダ」というアンドロイドを完成させます。 街ではギャング達が殺し合う事件が起こります。 「ダークホールド」と呼ばれる本から現れる幽霊に触れることで錯乱し殺し合ったのです。 デイジーはいまだ一人で活動していましたが、ダークホールドの存在を知り、ロビー、シールド、デイジーは手を組みダークホールドに立ち向かうことを決めます。 しかし捜査を進める中で、コールソン、フィッツ、ロビーは次元のはざまに閉じ込められてしまいます。 ラドクリフ博士はエイダにダークホールドを解読させることで次元の扉を開け、3人の救出に成功します。 ロビーの叔父であるイーライはダークホールドを操る計画を立てていて、計画がばれたことでロビーと戦い、2人は消滅してしまいます。 エイダなどのアンドロイドを開発する「LMD」は危険をはらむためシールドの管轄に置かれることになりますが、すでにメイのLMDが作成されシールドに潜入させられています。 エイダはダークホールドを盗みだそうとしますが、コールソン達にばれて破壊されます。 しかしラドクリフ博士はエイダを複製し、ダークホールドを自分のものにしようと秘密裏に動きつづけます。 捕らわれたメイの意識は「フレームワーク」という仮想現実の世界に閉じ込められ闘っていました。 そしてコールソン、マック、デイジー、メイス長官もフレームワークに閉じ込められてしまいます。 シールド内には複数のLMDが潜り込んでいましたが、LMDのメイが自爆し敵を一掃します。 シモンズはコールソン達を助けるためにフレームワークに自ら潜入しますが、そこはヒドラが支配する世界で宿敵のウォードも生きていました。 デイジーはヒドラのスパイに、コールソンはヒドラの教師に、フィッツはヒドラの幹部に記憶が書き換えられていましたが、現実では宿敵だったウォードはヒドラを敵視するレジスタンスの一員になっていました。 シモンズはコールソン達を現実世界に連れ戻そうとしますが救出の過程でメイスは死んでしまいます。 エイダはフレームワークでインヒューマンズの力を手に入れ、現実世界でも超能力を使えるようになっていました。 複数の超能力を操るエイダに太刀打ちできないシールドのメンバーでしたが、そこにゴーストライダーになったロビーが現れます。 一度は引いたエイダでしたが、シモンズに襲い掛かります。 そこにコールソンが登場し、ゴーストライダーとなってエイダを倒します。 エイダを倒したことでフレームワークの世界は崩壊し、そこに残ったラドクリフ博士も消滅します。 ロビーは地獄の扉を開けどこかに消えていきます。 平和に過ごすシールドのメンバーでしたが、突如全員拉致され、コールソンが目を覚ますとそこは宇宙でした。 【エージェント・オブ・シールド】主要キャストの紹介 クラーク・グレッグ(フィル・コールソン役) 1962年4月2日生まれのアメリカ人俳優です。 精悍な顔立ちを生かしたクールで冷静な役が多いですが、クラーク自身は非常にウィットにとんだ性格で、インタビューにも積極にこたえるナイスガイです。 自身も子供のころからマーベルコミックが好きで、コミコンでのインタビューではマニアをうならせる回答をして会場を盛りあがらせました。 アイアンマンに始まるマーベルシネマティックユニバースでは元々一捜査員として配役され、アイアンマンでの好演を受けシリーズにおいて重要なフィル・コールソン役が決まったそうです。 クロエ・ベネット(デイジー・ジョンソン、スカイ役) 1992年4月18日生まれのアメリカ人女優です。 キャリアは短く、テレビドラマ「ナッシュビル」でヘイリー役を演じた後、本作で主演女優の座を射止めています。 デイジーは作中で中国系のジャイーンと白人のカルの娘と言う役どころですが、クロエ自身も中国人の父とアメリカ人の母を持つハーフです。 そのことでかつて差別的な扱いを受けていたことを公表しており、自身の経験からアジア系アメリカ人を支援する団体を設立しています。 ミン・ナ(メリンダ・メイ役) 1963年11月20日生まれの、マカオ出身の中国系アメリカ人女優です。 メイ役でも激しいアクションが魅力のミンですが、映画「ストリート・ファイター」で春麗役を演じるなどアクションにも積極的に取り組んでいます。 またアニメ映画「ムーラン」や、「ファイナルファンタジー」では声優としても出演しています。 クールで大人っぽい印象のあるメイですが、ミン自身は大のSFファンでアベンジャーズシリーズのファンでもあり、本作への出演を決めた時は大興奮で喜んだそうです。 イアン・デ・カーステッカー(レオ・フィッツ役) 1987年12月29日生まれのスコットランド人俳優です。 本作はキャスト間の仲の良さもたびたび話題になりますが、カーステッカーはデイジー役のクロエとイタズラ合戦をしているとコールソン役のクラークが明かしています。 エリザベス・ヘンストリッジ(ジェマ・シモンズ役) 1987年9月11日生まれのイギリス出身の女優です。 映画「ゲットパッカーズ」や「ウルフアットザドア」に出演しています。 メディア露出は少ないエリザベスですが、ツイッターでファンとの交流や、イギリスでもエージェント・オブ・シールドを鑑賞し実況するなどお茶目な一面も見せています。 ブレット・ダルトン(グランド・ウォード役) 1983年1月7日生まれのアメリカ人俳優です。 テレビ映画「リンカーンを殺した男」や、テレビドラマ「ブルーブラッド~NYPD家族の絆~」、「アーミー・ワイフ」に出演しています。 また2018年3月全米放送予定の「ディセプション」に出演することも決定しています。 本作出演前は俳優活動ではなくホテルのサービス係をしていたようで、エージェントという肉体派のウォードを演じるにあたって急きょトレーニングし7kgの増量に成功したそうです。 ヘンリー・シモンズ(マック・マッケンジー役) 1970年7月1日生まれのアメリカ人俳優です。 大きな体格を生かしてテレビドラマ「CSI:マイアミ」、「SHARK カリスマ敏腕刑事」、「NYPDブルー」などで刑事役を演じる機会が多いです。 映画作品では「TAXI NY」や、「スパルタカス」等にも出演しています。 子供のころは一般的な子供と同じようにマーベル作品に夢中になったそうですがシールドについては無知だったので、出演に際して過去に買い集めたコミックを引っ張り出して読み返したと語っています。 ルーク・ミッチェル(リンカーン・キャンベル役) 1985年4月17日生まれのオーストラリア人俳優兼モデルです。 元々オーストラリアで主に活動しており、「ネイバーズ」や「H2O:ジャスト・アド・ウォーター」、「Home and Away」などオーストラリアでは国民的なドラマに出演していました。 アメリカでは無名でしたが、ドラマ「The Tomorrow People」に出演したことをきっかけに、2013年にはメディアが選ぶ最もセクシーなテレビ俳優に選ばれています。 【エージェント・オブ・シールド】監督の紹介 本作の製作総指揮を務めるのはジョス・ウィードン氏です。 シリーズを通して弟のジェド・ウィードンや弟の妻であるモーリサ・タンチャローエン、ジェフ・ローブらとチームを組みエージェント・オブ・シールドシリーズを作成しています。 ジョス・ウィードンはマーベルの映画シリーズでも監督を務めており、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」まで監督・脚本を務めました。 近年ではマーベルコミックのライバルであるDCコミック原作の映画「ジャスティスリーグ」でもメガホンを取っています。 ディズニーピクサーのアニメ映画「トイストーリー」の脚本を手がけた経歴もあり、映画「セレティニー」でネビュラ賞最優秀脚本賞を獲得しています。 また漫画や小説の原作者としての活動も活発で、ヒューゴ賞を1度、プロメテウス賞特別賞を1度、アイズナー賞を3度受賞した輝かしい経歴の持ち主です。

次の