お中元お礼状 ビジネス 6月。 お中元のお礼状【ビジネス編】はがきの場合の書き方は?例文をご紹介!

「お中元のお礼状」書き方と例文テンプレート!暑中見舞い文例も

お中元お礼状 ビジネス 6月

サクッと流し読み• はがきの基本構成は4つ。 まずはおさらいしてみましょう。 まず、はがきの基本的な書き方をおさらいしてみましょう。 はがきの構成は手紙と同じで、 『全文、主文、末文、後付け』という4つの部分から構成されます。 はじめに、 『前文』には、よく聞く 「拝啓」などの頭語や時候の挨拶を書きます。 そして、 『主文』には、その 手紙の本題を。 次に 『末文』は 結びの言葉と「敬具」などの結語を書きます。 最後に 『後付け』は、 日付や差出人の署名、宛て名などを書きますね。 一応、まとめておくと次のような流れになります。 はがきの構成• 前文・・・頭語や時候の挨拶• 主文・・・手紙の本題• 末文・・・結びの言葉と結語• 後付け・・・日付と差出人の署名、宛名など ここまではいいでしょうか?? では、次にお礼状を具体的に書くにはどのように書いたらいいかをご説明します。 お中元の時期に一番悩む時候の挨拶。 7月初旬とその後で使い分けるとよいでしょう。 お礼状を書こうと思ったときに一番悩むのは 時候の挨拶ではないですか? お中元を頂くのは、現代ではだいたい 7月1日から7月15日の間となっています。 その7月の時候の挨拶で一般的なものは 「盛夏の候」ですが、これは いよいよ暑さが本格的になる時期に使われる言葉ですよね。 でも、7月初めはまだ梅雨も明けきらず、じめじめと肌寒い日がありますから、「盛夏の候」では少し違和感を感じる年もあるでしょう。 そんな年はなんて書いたらいいのでしょうか。 これについては、 もし梅雨明け前の7月初旬(6日頃)までなら「向暑の候」を使い、その後だと「盛夏の候」を使うという風に時候の挨拶を使い分けるのがおすすめです。 では、最後に「向暑の候」(盛夏の候)を使って例文を作ってみましょう。 梅雨明け前の7月初旬にお礼状を書くときの文例 お礼状(ビジネス編)例文 『拝啓 向暑の候(盛夏の候)、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素よりご交誼を賜り深謝申し上げます。 さて、この度は結構なお中元のお品をいただき、誠にありがとうございました。 こちらから時節のご挨拶を申し上げるべきところ、お心遣いのお品を頂きましたこと厚く御礼申し上げます。 これより、いよいよ暑さが厳しくなってまいります。 皆様のご健康と貴社のいっそうのご繁栄をお祈り申し上げます。 敬具』 はがきでお礼状を書く場合には、「敬具」のあとに、日付や宛先の会社と宛名を左側、自分が所属する会社名と名前を右側に書きます。 もし、OA用紙に印刷する場合には、この敬具のあとに書いた日付や宛先の会社、宛名などは文書の先頭に来ることに注意しましょう。 梅雨がダラダラと続くときは?? もし、ちっとも夏になったような気がしない年であれば、「 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃いかがお過ごしでしょうか?」のように、口語調の時候の挨拶も使えますので覚えておくとよいでしょう。 まとめ:お礼状はお中元をいただいてから3日以内には出しましょう。 今回はお中元のお礼状を梅雨の時期にハガキで書く場合についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 忘れてはいけないのが、ビジネスの場合は、 お中元を頂いたら遅くとも 3日以内にはお礼状を出すようにすること。 また、その際、もしお中元をいただいた相手が取引先の方など、仕事上、日頃から付き合いがある場合などは、文面が会社内で決まっている場合もあるでしょうから、一旦は過去の例文がないかどうか上司の方に確認してみるとよいでしょう。 今後の関係もありますので、個人で判断する前に、まずは上司に扱いを確認することも大切ですね。 さらに、個人的にお中元をいただいた場合でも、ビジネスの場合とお礼状の基本的な書き方は変わりませんので、安心していただければと思います。 どんな時候の挨拶の言葉を使えばいいか、手紙を書く際には毎回悩まされますが、大事なことは 「その手紙で何を一番に伝えたいか」ということです。 たかが一枚の定型的なハガキと考えず、しっかり感謝の気持ちを込めるようにしたいですね。

次の

お中元のお礼状(ビジネス編)梅雨の時期のはがきはどう書いたらいいの?

お中元お礼状 ビジネス 6月

プライベートのお礼状でしたら、6月の場合は「紫陽花が色鮮やかな季節になりました。 」「梅雨明けが待たれる今日この頃、」「梅雨空のうっとうしい季節になりました。 」などの時候の挨拶から始めて、「お変わりなくお過ごしのことと存じます。 」といった文章を添えます。 お礼状の場合は、改まったものでなければ、冒頭の時候の挨拶は省略してもかまいません。 」といったような書き出しにしたほうが堅苦しさが消えて自然な感じになります。 時候の挨拶として俳句を使ってみるのもひとつの方法です。 時候の挨拶として俳句を使ってみるのもひとつの方法です。 たとえば6月でしたら、日野草城(ひのそうじょう)の「樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ」(きもくさも しずかにてつゆ はじまりぬ)という俳句を使って、「樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ(ひのそうじょう)このたびはご当地特産の生大福をいただきましてありがとうございました。 甘いものには目がない私には、何よりのプレゼントです。 」などの書き出しにすると、6月らしい梅雨の季節を感じる文章になります。 ただし儀礼的なビジネス礼状の書き出しには俳句は不向きです。 6月のはがき礼状|主文の書き方とポイント はがきでお礼の気持ちを伝えるときは、長々と書く必要はありません。 短い言葉で感謝の気持ちを具体的に伝えるようにします。 「具体的に」というのがポイントです。 たとえば、お花をいただいた場合でしたら、「このたびはお花をいただき…」と書くのではなく、「このたびは素敵な紫陽花をお贈りいただき」とか「このたびは見事な白いユリの花をお届けいただき」などのように、具体的な花の名前を入れると、相手に感謝の気持ちがより伝わります。 花言葉を使ってお礼の気持ちを伝えるのもひとつの方法です。 「このたびは白いユリの花をいただきありがとうございました。 白いユリの花言葉を調べましたら『純粋』『無垢』とありました。 私も無垢な気持ちを肝に銘じて励んでいきたいと思います」など。 ただし、花言葉の意味が、あまりよくないものや誤解を招くような場合は、この方法はNGです。 6月のはがき礼状|末文の書き方と締めの言葉 末文の結びの言葉は、改まった場合でしたら、季節の言葉などは使わずに「今度とも変わらぬご指導のほどよろしくお願い申しあげます。 」などとして、「まずは略儀ながらお礼まで。 」と結びます。 一般的なはがき礼状の末文は、6月でしたら「梅雨もしばらく続きそうです。 ご自愛専一にお過ごしください。 」などと書いて、「まずは取り急ぎお礼まで。 」と締めくくります。 個人的なお礼でしたら「梅雨明けも間近。 どうかお元気で。 まずはお礼まで。 」といった感じでまとめます。 6月の結びの言葉…蒸暑い日が続きます。 /梅雨明けも間近。 /うっとうしい毎日が続きますが、/今年は例年になく空梅雨となりましたが,/心が塞ぐような連日の梅雨空ですが、/例年にない梅雨寒ですが、/梅雨明けまではもうしばらく時間がかかりそうです。 /暦の上では夏もすぐ近く。 /例年にない今年の空梅雨は水不足も心配です。 6月のはがき礼状|ひな型(ビジネス・プライベート) 6月のはがき礼状のひな型を「ビジネス」「プライベート」の2種類作りました。 文面は下記のとおり。 改まったビジネス文例として、お花をいだいた礼状(上の印刷画像)、プライベートのほうは名産品をもらった礼状です。 原稿は横書きですが、実際は縦書きを想定しています。 6月のお礼はがき文面|ビジネス…お花をもらったお礼.

次の

【お中元のお礼状】書き方やマナーは?時候の挨拶や例文、全文テンプレートをビジネス・上司・親戚や親しい人向けに厳選

お中元お礼状 ビジネス 6月

普段お世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈るお中元。 デパートに行くと、夏の風物詩のように様々なギフトの品が並べられていますね。 昔はデパートまで足を運んでお中元の品を選び、相手方のご自宅までご挨拶に出向いていたものですが、近年はデパートから直接相手側へ配送の手配をしてもらったり、ネットで注文して配送するなど、お中元の渡し方も変わってきました。 手渡しではなくなってくると、いただいた側としても直接お礼を言うことができないので、電話で一報を入れた後、あらためて お礼状を送るというのがマナーとなってきます。 お中元の時期は地域によって少し異なり、 早いところでは6月から始まり、最終的には立秋(お盆前)の頃までに終わるようですね。 頭語(拝啓など) 2. 時候の挨拶の流れから相手の近況を伺う言葉や健康を気遣う言葉 3. (必要であれば)自身や自身の家族の近況報告 4. お礼や感想を伝える言葉 5. (必要であれば)今後の付き合いをお願いする言葉 6. 相手や相手の家族の健康を気遣う言葉の流れから結びの挨拶 7. 先にも述べたとおり、お中元の時期は地域によって異なり、早いところでは6月から始まります。 今回は、その 6月の「季語」を、上旬・中旬・下旬に分けて紹介していきます。 これらの「季語」を用いた時候の挨拶を次項で紹介していきますので、併せて参考にしてくださいね。 <時候の挨拶> 暑気払いの会でも設けて、じめじめとした暑さを吹き飛ばしたいと願う毎日ですね。 <結びの挨拶> この夏は猛暑になるとのこと。 皆様どうぞご自愛ください。 【ビジネス向け】お中元のお礼状に使える6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶&結びの例文 最後に、 ビジネス向けのお中元のお礼状に使える時候の挨拶と結びの例文を、同じように 6月上旬・中旬・下旬に分けて紹介していきましょう。 ビジネス向けの挨拶の特徴は、少し固く、なんとなく難しい表現を用いることが多いというところでしょうか。 特に 漢語調のものを用いて固めの表現をすることが多いですね。 ちょうど末の子が部活動を始め、疲れを癒したいのか入浴剤を楽しむようになった頃でしたので、大変役立っております。 本人も大喜びです。 今時期は我が家の庭の琵琶の木に実がたくさん生っておりますので、お近くにお越しの際にはぜひ、遊びにいらしてくださいね。 時折晴れ間がのぞいてはおりますが、まだまだ雨の日は続きそうです。 くれぐれもおからだを大切にしてください。 取り急ぎお礼まで。 敬具 こうして全体の文章を見ると、お礼状や手紙を書くときの始まりには時候の挨拶を使うと、全体の流れがうまくまとまるということがわかりましたね。 特にお中元のお礼状には、 季語を用いた時候の挨拶で初夏の雰囲気を出すと、とてもキレイな仕上がりに感じますね。

次の