アライブ 清原 翔。 『アライブ』の清原翔さん。ヘアメイクさんに「格好よくして」とお願いした理由(ESSE

松下奈緒『アライブ』撮影現場で35歳の誕生日 清原翔も共感の本音

アライブ 清原 翔

腫瘍内科での研修をまもなく終える結城(清原翔)は、いずれ家族が経営する病院を継ぐべきかどうか悩み、薫(木村佳乃)に相談する。 すると薫はこう答える。 「行くべきかどうかじゃなく、行きたいかどうかで考えてみれば?」と。 このテーマは、医師や患者、その家族はもちろん、すべての人に共通した普遍的なテーマといえるだろう。 膵臓がん患者の佐伯芳雄(相島一之)の弟・隼人(丸山智巳)は、難易度の高い手術を腕の良い医師がいる有馬総合病院で受けさせたいと転院を申し出る。 進行が速く、できるだけ早めの手術が必要と考えながらも、患者の家族の意志を尊重しようとする心(松下奈緒)たち。 しかしそんな折、有馬総合病院の理事である結城(とよた真帆)が、佐伯に断りを告げるために横浜みなと総合病院にやってくる。 彼女は佐伯への謝罪と同時に、息子である結城の職場を見に来たのだというのだ。 結城が医師家系のエリートであるというバックグラウンドを有していることは、以前に佐倉(小川紗良)との会話の中で語られていた。 それをより具体的に描き出したのが今回のエピソードというわけで、そう考えると、比較的大きな波が訪れやすい最終回直前のエピソードとしては至ってシンプルなストーリーにも思える。 しかし家庭内の微妙な不和の中で将来を模索し決断する結城の姿と、がん医療センターから声がかかり横浜みなと総合病院を離れる選択をしなくてはならなくなる心など、他の登場人物たちそれぞれの物語が絶妙に絡み合っていくのだから、非常に重要な意味を持つエピソードであると捉えることができる。 結城と同様に腫瘍内科での研修を間もなく終え、小児科を志望しながらも腫瘍内科の意義を再認識する夏樹(岡崎紗絵)や、ピアサポーターを目指すということを宣言する佐倉、さらには心の息子・漣(桑名愛斗)も京太郎(北大路欣也)のように脚本家になると言い出すなど、ほとんどの登場人物が一気に未来へと視点を据えていく。 さらには自分の人生を犠牲にして親の介護をやってきた佐伯を何としても救いたいと願う弟の想いも然り。

次の

『アライブ』清原翔、岡崎紗絵、小川紗良が撮了に充実の笑顔!|TVLIFE web

アライブ 清原 翔

女優の松下奈緒が8日、フジテレビ系ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』 毎週木曜22:00~ の撮影現場で、サプライズの誕生日祝を受けた。 左から 清原翔、松下奈緒、木村佳乃=フジテレビ提供 この日行われた収録は、松下演じる心、木村佳乃演じる薫、清原翔演じる結城が、院内の廊下で会話するシーン。 松下が収録現場に現れると、「今日は松下奈緒さんのお誕生日です! 」とスタッフが声をあげ、先に現場で待っていた木村、清原が「おめでとうございます! 」と言いながら『アライブ』のイメージカラーであるブルーを基調としたカップケーキタワーを運びながら登場した。 木村、清原、スタッフらが「ハッピーバースデー」を歌い、祝福。 歌が終わると、まるでローソクを吹き消すような仕草をみせる松下に、木村が「さすが! 全部消えたね! 」と笑った。 今後の抱負について、松下は「35歳になって初めてのドラマが『アライブ』です。 みなさんと一緒に頑張りますので、最後までよろしくお願いします! 」と意気込んだが、「最近朝が起きられないですが…頑張ります」と本音も見せ、清原が「僕も起きられません」と共感して笑いを誘う場面も。 また、清原が「このカップケーキは松下さんの好きな紅茶味だそうです」と伝えると、松下は大喜び。 その後、『アライブ』のロゴが入ったアイシングクッキーが乗ったカップケーキを手に、木村、清原と笑顔で記念撮影を行った。 松下は、同ドラマの今後の見どころについて、「薫先生との関係性が動き出します。 どうして出会ったのか、なんのために出会ったのか、その謎が解き明かされていきます。 医療の現場で、腫瘍内科医としてできることを精いっぱいやりながらも、私生活でも心の葛藤が生まれてくると思います。 今後も目が話せない展開になっていきますので、ご期待ください」と呼びかけている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

清原翔が『アライブ』で体現した普遍的なテーマ 最終回直前の重要なエピソードに|Real Sound|リアルサウンド 映画部

アライブ 清原 翔

腫瘍内科での研修をまもなく終える結城(清原翔)は、いずれ家族が経営する病院を継ぐべきかどうか悩み、薫(木村佳乃)に相談する。 すると薫はこう答える。 「行くべきかどうかじゃなく、行きたいかどうかで考えてみれば?」と。 このテーマは、医師や患者、その家族はもちろん、すべての人に共通した普遍的なテーマといえるだろう。 膵臓がん患者の佐伯芳雄(相島一之)の弟・隼人(丸山智巳)は、難易度の高い手術を腕の良い医師がいる有馬総合病院で受けさせたいと転院を申し出る。 進行が速く、できるだけ早めの手術が必要と考えながらも、患者の家族の意志を尊重しようとする心(松下奈緒)たち。 しかしそんな折、有馬総合病院の理事である結城(とよた真帆)が、佐伯に断りを告げるために横浜みなと総合病院にやってくる。 彼女は佐伯への謝罪と同時に、息子である結城の職場を見に来たのだというのだ。 結城が医師家系のエリートであるというバックグラウンドを有していることは、以前に佐倉(小川紗良)との会話の中で語られていた。 それをより具体的に描き出したのが今回のエピソードというわけで、そう考えると、比較的大きな波が訪れやすい最終回直前のエピソードとしては至ってシンプルなストーリーにも思える。 しかし家庭内の微妙な不和の中で将来を模索し決断する結城の姿と、がん医療センターから声がかかり横浜みなと総合病院を離れる選択をしなくてはならなくなる心など、他の登場人物たちそれぞれの物語が絶妙に絡み合っていくのだから、非常に重要な意味を持つエピソードであると捉えることができる。 結城と同様に腫瘍内科での研修を間もなく終え、小児科を志望しながらも腫瘍内科の意義を再認識する夏樹(岡崎紗絵)や、ピアサポーターを目指すということを宣言する佐倉、さらには心の息子・漣(桑名愛斗)も京太郎(北大路欣也)のように脚本家になると言い出すなど、ほとんどの登場人物が一気に未来へと視点を据えていく。 さらには自分の人生を犠牲にして親の介護をやってきた佐伯を何としても救いたいと願う弟の想いも然り。

次の