夜中 お腹 す いた 時。 【緊急】夜中にお腹がすいた時に今すぐ対処できる方法7選!OKな夜食も

ダイエット中にお腹がすいたら食べる!食事制限のない食べる効果も!

夜中 お腹 す いた 時

夜中に何かを食べるのはあまり良いことではありませんが、たとえば深夜まで働いたときや、すごく早く起きてしまったときなど、どうしても何か食べたいときってありますよね。 夜中に空腹感を感じやすい人もいます。 今回は、深夜の空腹を満たしつつ、体にやさしく睡眠の妨げにもならない食べ物を紹介します。 空腹のまま寝てはいけない理由 寝る前に食べるのをやめて、朝起きてから朝食を食べる方がベストだと思っていました。 でも、実は空腹感を和らげることは、良い睡眠をサポートするのです。 ピッツバーグ大学メディカルセンター UPMC の睡眠薬センターは下記のようにコメントしています。 とくに早い時間に夕食を食べたときや、活動的な一日を過ごした場合、寝る前に軽食をとることで血糖値が安定します。 血糖値が安定すれば、眠れない原因となる低血糖が解消され、朝からエネルギー満タンで起きられます。 睡眠中でも体はエネルギーが必要なのです。 消化不良を避けようとして寝る前に何も食べないと、お腹が空くだけでなく、快眠の妨げになることもあります。 だから、寝る前に適度な軽食をとった方がいいのです。 深夜の軽食にぴったりの食べ物 では、深夜にとる軽食には何が適しているのでしょうか。 UPMCの睡眠薬センターによると、メニューの選び方やとる量にはコツがあるそうです。 少量のたんぱく質と適度な脂肪分を含む食べ物を選びましょう。 食べる時のカロリーは合計200kcal未満にしましょう。 たんぱく質、脂肪分の適量を超えたり、200kcal以上のものを食べたりすると、寝るときに胃腸に負担がかかってしまいます。 消化によいものを食べ、胃腸の負担にならない程度に空腹を満たすようにしましょう。 では、具体的にどんな食べ物が適しているのでしょうか?下記は、深夜の軽食に向いている食べ物リストです。 脂肪分ゼロのヨーグルト: 栄養士のエリン・コールマンさんは、脂肪分ゼロのヨーグルトはたんぱく質やプロバイオティクスといった栄養素が含まれていて、寝る前の軽食におすすめだと述べています。 たんぱく質は、満腹感を持続させる効果があるので、朝まで空腹を感じないで済みます。 ただし、砂糖が多く含まれるヨーグルトは避けましょう。 白身の肉(鶏肉や豚肉、白身魚など): スポーツ栄養士 CISSN のジョエル・マリオンさんは、鶏肉や七面鳥の肉をすすめています。 白身の肉はゆっくり消化するため、インスリンの放出がゆるやかで、グルコーゲンを含んでいます。 グルコーゲンは、体が吸収した炭水化物と脂肪をエネルギーに変える助けになります。 なお、赤身の肉(牛肉や羊の肉など)は、おすすめできません。 カッテージチーズ: また、マリオンさんは、消化に時間がかかり、満腹感を感じられるたんぱく質を含むカッテージチーズもすすめています。 このとき、脂肪分ゼロのヨーグルト同様、チーズには砂糖や調味料を入れないでください。 どうしても何か入れたいときは、ベリー類を少し加えましょう。 全粒粉のクラッカー: ハーバード・メディカルスクールの女性の健康研究所によると、寝る前に全粒粉のクラッカーを数枚食べれば、朝食まで空腹感を感じないそうです。 クラッカー数枚にチーズやリンゴのスライスをのせて食べれば、胃がもたれることもなさそうです。 野菜: 運動やダイエットに関するのカレン・ボルサリさんによると、生のキュウリやニンジン、ブロッコリーなどは、お腹が満たされる一方で、カロリーが低く、さまざまな炭水化物を含んでおり、朝まで空腹感を感じずに寝られます。 何かつけて食べたいなら、スパイスが入っていないフムスにつけてください。 フムスは、体内時計を調節するホルモン、メラトニンの形成に必要なビタミンB6を含んでいるので、快眠をサポートします。 BRATフーズ(バナナ、お米、アップルソース、トースト): Banana(バナナ)、Rice 米 、Apple source アップルソース 、Toast(トースト)の頭文字をとって「BRAT foods」と言うのですが、これらは、食中毒から回復したあとに食べるのにもっとも安全だとされている、消化の良い食べ物です。 つまり、寝る前に食べるものとしてもふさわしいのです。 とくにバナナは、体の緊張を緩める作用があるカリウムとマグネシウムが豊富で、実は優れた快眠フードなのです。 上記の軽食はすべてヘルシーで、ダイエットの邪魔にもなりません。 就寝前に食べれば、健やかに眠りにつき、そして、朝までぐっすり眠れるでしょう。 寝る前に食べてはいけない食べ物 一方で、寝る前に食べると体内に大惨事を引き起こす食べ物もあります。 消化不良や胸やけ、胃酸の逆流は、深夜にそうしたものを食べた副作用です。 ということで、UPMCの睡眠薬センターが挙げている、下記の食べ物は食べないようにしましょう。 ・糖分や炭水化物を多く含むクッキーやアイスなどのお菓子• ・脂肪分が多い食べ物• ・消化しにくく、消化するのに時間がかかる食べ物 具体例をあげるなら、キャンディや揚げ物は避けるべきです。 消化のために多くの胃酸が必要になるスパイスを使った料理も避けましょう。 ハーバード・メディカルスクールの女性の健康研究所は、カフェインやアルコールを含むものは食べないように、と述べています。 寝る前の軽食として、ワインとチョコレートはNGです。 チョコレートは身体を興奮させるカフェインを含んでいます。 実は、チョコレートにはアルコールにも似た作用があるんです。 また、お酒は眠気を誘うと思っている人が多いですが、実はその逆で、体を興奮させて睡眠の妨げになります。 寝る前は、体に刺激となる食べ物を避け、今回紹介したような軽いものを上手にとって、快眠に役立ててみてください。 Patrick Allan(/訳:曽我美穂) Photo by Shutterstock.

次の

お腹が空いて起きる娘・・・

夜中 お腹 す いた 時

夜中に急に腹痛を起こす原因はこいつらだ! 気持ちよく寝ていたのに、腹痛で目が覚める原因は、あなたの体の中にありました! もちろん、たまたま食べたもので食あたりを起こした、という場合もあるんですが、それ以前に、あなたの体が悲鳴を上げているだけかもしれないんですよ。 これから、順に説明していきますね。 慢性的な消化不良 食べたものが、しっかり消化されない、消化できない状態がずっと続いている可能性がありますよ。 消化不良になるのには、様々な理由があります。 栄養のバランスが悪い食事 外食ばかりして、栄養のバランスが偏っていたり、暴飲暴食をしたりしていませんか。 たんぱく質や脂肪の多い食品を食べ過ぎるのも、消化にはよくありませんよ。 また、トウガラシやニンニクなど、刺激の強い食品も摂り過ぎは良くないですね。 いま例を挙げたような食生活を続けていると、消化不良は避けられません。 ストレス 疲れやイライラが溜まっていませんか?ストレス過多の状態は、精神的な問題にとどまらないんですよ!ストレスや疲れによって、自室神経のバランスは乱れてしまいます。 そして、胃腸の機能まで低下させるんです。 胃や腸がうまく働かないんですから、何を食べても消化は悪くなりますよね。 便秘症 お腹が張っている腹痛は、便秘が原因の場合がありますよ!毎日ちゃんとトイレに行っていますか?便秘をすることで、便といっしょにガスも腸の中に溜まってしまいます。 それで、お腹が張ってしまうんですね。 ガスは、健康な人でも1日に500~2,000ccものガスを放出するようになっています。 れっきとした体の仕組みなのに、出さないように我慢していると、お腹の中にペットボトルと同じくらいの量のガスを溜めることになってしまうんですよ! お腹の中は決して広くありません。 そんな狭いところに、ガスをずっと溜めていたら、腹痛を起こしても仕方ないですよね。 ここまでで、「あ、私のことだ!」と思うことはありませんでしたか?これから、解決策をお話ししますよ! 夜中の腹痛を、撃退するには? 夜中にお腹が痛くなるのを防ぐのにも、ちゃんと補法がありますよ! 消化不良、便秘症に心当たりがある人は、次のことを試してみてください。 消化不良のとき 消化不良である場合は、たんぱく質の摂取量を減らしてみましょう。 そして、酢やクエン酸などの酸っぱいものを、食事と一緒に摂ると良いでしょう。 酢やクエン酸は、唾液や胃液の分泌を促すので、消化が良くなるんですよ!最近では酢の飲料も売っていますし、クエン酸はレモンやグレープフルーツなどのかんきつ類に多く含まれます。 便秘症のとき この症状のある人は、腸内の環境を整える効果のある食事をすることをおすすめします。 肉類が好きな人は、ガスが溜まりやすいんですよ! 食べてはいけないとは言いませんが、量には十分注意するようにしましょう。 スポンサーリンク また、食物繊維を積極的に摂ると良いですね。 ここで注意点! 食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。 摂り方を間違えると、便秘がより頑固になってしまう可能性があるんです! 水溶性食物繊維 これは、便が固くなりがちな人が摂取すると効果が出ます! りんごやニンジン、海藻などに多く含まれていますよ。 不溶性食物繊維 こちらは、大豆やイモ類、ごぼうなどに多く含まれます。 下痢になることが多い人は、不溶性の食物繊維を摂ると良いでしょう!腸内環境を整えるには、発酵食品もおすすめですよ! 納豆や漬物、酢など、意識して食事に取りいれるようにしてはいかがでしょうか。 食事の内容を変えるだけで、解決できるなら簡単ですよね! 今晩から、やってみませんか? 参考: 夜中に腹痛が起こる、怖い病気?! ここまでは、食生活によって引き起こされる夜中の腹痛の話をしてきました。 ところが、夜中にお腹がいたくなるのは、それだけではなかったんです! 十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)とは 十二指腸は、胃の出口にある消化管です。 十二指腸のはたらきで、すい臓からすい液、胆のうから胆汁が押し出され、スムーズに消化ができるんですよ。 十二指腸の元気がなくなったら、消化不良が起こるのがよくわかりますね。 十二指腸潰瘍になると、粘膜が傷つき、そこに胃酸が入りこんで臓器の内壁がえぐられていき、強い痛みが発生します。 胃潰瘍と同じですね。 見逃さないで!十二指腸潰瘍の初期症状 十二指腸潰瘍は、空腹時に痛みが強いと言われています。 夜中は、夜ごはんが消化されて、お腹が空いてきますよね。 それで夜中に腹痛が起こるんです。 他に、あまり食欲がない、ということはありませんか?食欲不振も、十二指腸潰瘍の初期症状のひとつです。 ほかにも、強い腹痛、胸やけ、口臭などの症状がありますよ。 どうして十二指腸潰瘍は起こるの? 十二指腸潰瘍の原因は、胃酸過多であると言われています。 胃と違って、十二指腸の粘膜は弱く、胃酸によって傷ついてしまうんです。 胃酸が異常に多くなってしまう原因は、主に4つ挙げられます。 薬の長期利用 効果の強い鎮痛剤を、長い期間にわたって飲み続けることは、十二指腸の粘膜に負担をかけてしまいます。 鎮痛剤は、副作用として十二指腸の粘膜を保護している成分を減らして、十二指腸を傷つける可能性が高いので、服用には気をつけなければいけません。 刺激物の摂取 トウガラシなどの辛い食べ物、酸っぱすぎる食べ物、アルコール、タバコなど。 これらは、体にとっては刺激物であると言えます。 毎日のように摂取することで、胃の粘膜が傷つけられてしまう、と言われているんですよ。 ストレス 十二指腸潰瘍の最大の原因として、ストレスがあげられます。 仕事や家庭で、ストレスをまったく感じない、ということは少ないのではないでしょうか?ストレスを感じずにいられない場所が億あるために、体は休まらず、胃液が過剰に分泌されることがあるんです。 ピロリ菌 ピロリ菌は、本来は胃酸のような強い酸がある場所では生きられない菌ですが、ウレアーゼという酵素を持ち、自分でまわりの酸を中和して生きているんです! 胃や十二指腸潰瘍の患者は、ピロリ菌に感染していることが多いとされ、潰瘍ができることはピロリ菌に関係しているとされているんですよ! 知らず知らずのうちに、十二指腸潰瘍になるかもしれない行動をしていませんでしたか?その行動が、夜中に腹痛を起こさせる原因かもしれません。 参考: まとめ 夜中に腹痛を起こす原因には、生活習慣が大きく関わっています。 消化不良も、便秘症も、十二指腸潰瘍も、すべてあなたの生活の中にある食事やストレスが関係していましたよね。 あなた自身の行動や習慣で、腹痛を起こし、安眠できない状態をつくっていたのかもしれません。 消化不良にも、便秘症にも、十二指腸潰瘍にも、食やストレスなどの習慣が大きく関わっているんですから! そのことから、少しずつ、生活習慣を変えるだけで、腹痛は良くなると考えられています。 もちろん、自分ではどうにもならない場合は、病院で診察を受けましょう。 夜中の腹痛は、つらいことですが解決できないことではありません!できることを、今日から始めてみましょう! 参考: カテゴリー•

次の

夜中寝ている時に胃や腹痛がする時は注意!十二指腸潰瘍かも!

夜中 お腹 す いた 時

お腹が鳴るということで悩まれているのですね。 早速ですが、お腹が鳴る原因と対策について、回答していきたいと思います。 一般にお腹が鳴る時は、まず空腹が考えられます。 胃は筋肉でできた袋です。 胃袋は伸びたり縮んだりして、食べ物を動かし、消化液によく混ざるように運動します。 そして、食べ物をどろどろにしてから、腸に吸収されて栄養分になります。 そこで、空腹になり血中の糖濃度が低下すると、脳がこれを感知し、「お腹がすいた」と感じます。 すると脳はいつ糖分が入ってきてもいいように、胃袋の中のものを十二指腸に送り出すよう指令を出します。 その結果、胃が伸びたり縮んだりを活発にし、中の空気が圧縮されて、その空気が狭い胃袋の出口から腸に移動する時にグーグーと音が鳴る、これがお腹の音の正体です。 胃袋の中には前に食べたものや、つばと一緒に飲み込んだ少量の空気が多少残っています。 お腹の虫の正体は空気でした。 また、満腹なのに鳴ってしまった、という経験はありませんか? これは胃の中で消化されたものが小腸や大腸を通るときに微量のガスが発生し、腸の壁を動かすために音が鳴るのです。 このガスはおならの原因ともなります。 その他、ストレスなどの原因からなる「過敏性腸症候群」なども考えられます。 では空腹時にお腹が鳴るのを止めたい場合にはどうすれば良いでしょうか?とりあえず間食?これはいけません。 なぜなら胃の働きが活発になり、胃液の分泌が多くなって逆に胃に負担をかけてしまうからです。 胃腸の働きを正常にすることは、ひいては急にお腹が鳴るのを防ぐことにもなるので、三食決まった時間に食事をとる事が身体には良いようです。 また、朝食を摂ることが一番です。 一番食事の間隔があく時間は、夜から朝にかけてです。 よって身体が食べ物を吸収しようとするので非常にお腹がすきます。 朝はパンよりもご飯をおすすめします。 パンは消化が早いのでまたすぐにお腹がすいてしまうのです。 少量で腹持ちの良いご飯を食べてください。 お腹が鳴りそうになったとき、息を吸いお腹を膨らませ、内側から空気の圧力で胃の収縮運動を抑えれば良いのです。 要は腹式呼吸の要領で胃の中に空気を貯めれば抑えることができる、というわけです。 次に、上記で、触れました、過敏性腸症候群について、回答していきたいと思います。 過敏性腸症候群とは、大腸や小腸に原因となる異常が見つからないのに、便通異常と腹部症状が続く病気です。 主な症状は腹痛、腹部不快感(お腹の張り、お腹が鳴る、ガス過多、お腹がゴロゴロする おならが出やすい など)、下痢、便秘などの便通異常です。 腹痛や腹部不快感のみの場合もあります。 この様な症状はありませんか。 原因としては、腸の運動機能や分泌機能が亢進していることにより、下痢や便秘などがおこると考えられます。 また、腸のひろがる刺激に対して過敏となっているために、通常では痛みとして感じないような刺激を痛みとして感じてしまうのではないかと考えられています。 ストレスに対して自律神経のバランスを乱しやすい素因のあるところに、肉体的な疲労や不安・緊張などの精神的なストレスが加わることで、症状が起こってきます。 対策としては、症状によって、次の方法を試してみて下さい。 症状によって、市販の整腸剤を服用されてみて下さい。 整腸剤には、腸内環境を整える効果があります ので、症状が改善してくると思います。 下痢や便秘がひどい場合は、市販の下痢止めや便秘薬を症状に応じて、服用されてみて下さい。 また、冷たいもの、辛いもの、カフェイン(コーヒーなどに含まれる)、アルコール、脂っこいもの などの胃腸の刺激となるものを控えて下さい。 また、お腹の張り、ガスが溜まりやすいなどの症状には、小林製薬のガスピタンという市販薬を服用されてみると良いと思います。 ガスたまりや膨満感に効果があります。 症状が続く様でしたら、一度、病院を受診されてみて下さい。 参考になりましたら、幸いです。

次の