ブルーベリー レシピ おかず。 冷凍ブルーベリーの食べ方・レシピ12選!栄養や保存方法も紹介

レモンとブルーベリーのマフィン レシピ・作り方

ブルーベリー レシピ おかず

【ブルーベリージャム】鍋・レンジ・冷凍ブルーベリーを比較 タイプ 食感 風味 保存期間 とろりとして、適度な粒感がある 濃厚な味わい 冷蔵3週間 冷凍1ヵ月 さらりとしたソース状。 粒感がやや残る フレッシュで香り豊か 冷蔵2週間 冷凍1ヵ月 さらりとしたソース状。 ブルーベリージャムは鍋、電子レンジどちらの場合でも比較的短時間でできるのも特徴です。 鍋を使う場合は水分が少ないと焦げ付いてしまうため、ある程度の分量がある方がよいでしょう。 材料(作りやすい分量)• ブルーベリー…200g• 流水でよく洗い、ペーパータオルで水けをしっかり拭きとる。 2 鍋に材料を入れてさっくり混ぜ、強めの中火にかける 最初に強めの中火にかけてブルーベリーから水分を出すことで、鍋底に焦げ付きにくくなる。 3 水分が出たら中火にして、アクを取る ブルーベリーが浸かるくらい水分が出たら(写真左)中火にする。 4 8分ほど煮詰める さらさらの状態からとろみが出て、すくったときにとろっと流れ落ちるような状態になる。 できあがり 粗熱が取れたら完成。 翌日まで置くと味がなじむ。 冷蔵庫で3週間、冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 生ブルーベリーのフレッシュな香りが残るのも特徴です。 材料(作りやすい分量)• ブルーベリー…100g• 2 耐熱ボウルに材料を入れ、さっくりと混ぜる 3 ラップをせずに600Wの電子レンジで3分加熱する 適度に水分を飛ばすため、ラップをかけずに加熱する。 4 一度取り出してアクを取り、電子レンジでさらに2分加熱する できあがり さらりとしたソース状のジャムは、ヨーグルトなどにかけるのがおすすめ。 冷蔵庫で約2週間、冷凍庫で約1ヵ月保存可能。 冷凍ブルーベリーは生に比べて風味や香りが弱いため、よりさっぱりした味に仕上がります。 グラニュー糖の割合も減らし、甘くなりすぎないようにしましょう。 材料(2人分)• ブルーベリー(冷凍)…50g• 耐熱ボウルに材料を入れ、さっくりと混ぜる• ラップをせずに600Wの電子レンジで2分加熱する• 一度取り出してアクを取り、電子レンジでさらに2分加熱する あっさりとした風味は肉料理のソースとしても合わせやすい。 冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で約1ヵ月保存可能。

次の

失敗なし!基本の「ブルーベリーソース」レシピ&レンジでの作り方

ブルーベリー レシピ おかず

ブルーベリーは青紫色がきれいな、甘酸っぱい果物です。 ブルーベリーは栽培しやすいので、個人で栽培している方もいます。 園芸や家庭菜園に興味ある方は自分で栽培してみても楽しいですよ。 ブルーベリーは追熟しないため、購入後はすぐ使い切るようにしてください。 日持ちのするジャムに加工するのもオススメですよ。 ブルーベリーはジャムにしたり、ケーキのデコレーションに使われたりと、お菓子作りに利用されるイメージが強いですよね。 ブルーベリーの甘酸っぱさは、豚肉や鶏肉などのがっつり系の料理との相性も良いんですよ。 ブルーベリーを料理に使うことで味に深みが出て、フルーティーな甘みに仕上がります。 ぜひ、いつもと違う味付けを楽しんでみてくださいね。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ブルーベリージャムの甘みとさわやかさで味に深みが出ます。 子供も喜ぶ、卵の肉巻き黒酢風のレシピです。 作り方は豚肉に塩こしょう、片栗粉をまぶしてゆで卵を巻きます。 巻き終わったら軽く握るとしっかりくっつきますよ。 フライパンに並べて転がしながら焼き、肉に火が通ったら一度取り出します。 野菜を炒め、ブルーベリージャム、酢、酒、みりん、醤油で味付けします。 卵を戻して味を絡めたら出来上がりです。 ブルーベリーアイス 4番目におすすめする「ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選」は、 「食べごたえ抜群!! ブルーベリーアイス」です。 ザクザクオレオの食感が美味しい、ブルーベリーアイスのレシピです。 夏はアイスの消費量が増えますよね。 今年は手作りアイスで、暑い夏も楽しく、おいしく乗り切りましょう。 作り方はボウルに生クリーム、砂糖を入れてハンドミキサーで泡だてます。 卵、ブルーベリージャムを加えて混ぜたら保存容器に半分流します。 砕いたオレオ、アーモンドを散らして残りのクリームを重ねます。 スプーンで軽く混ぜたら冷凍庫で冷やして完成です。 ブルーベリーといえば、「青くて甘酸っぱい」というイメージでしょうか。 ブルーベリーには上品な甘さがあり、酸味とのほど良いバランス、ブルーベリー特有の風味が特徴です。 皮をむかず、まるごと食べられるので「ブルーベリー狩り」も人気ですね。 ジャムにしたり、ヨーグルトやケーキにトッピングしたりといろいろな食べ方があります。 輸入物はさまざまな産地から一年中入荷されてきますが、国産ブルーベリーは夏が旬です。 ブルーベリーの濃い青紫色はアントシアニンという成分のため。 このアントシアニンは目の疲労を和らげ、視力低下予防、視力向上に効果があります。 ほかにも、がん、生活習慣病の予防や老化防止などブルーベリーパワーはあなどれません。 この記事では、「ブルーべリー」とはどういう食材なのか紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のおすすめレシピのみをまとめました!ぜひ参考にしてくださいね。 アントシアニンを豊富に含むことから眼精疲労や視野を広げる効果に注目されているブルーベリーは、他にもビタミンEを豊富に含み、細胞の老化を防止したり、血液の循環を促すなどの抗酸化作用があります。 新鮮なブルーベリーの表面には、ブルームと呼ばれる白い粉がついていて、これは雨や朝露などの水分を弾いて果実の病気を防ぎ、新鮮さを保つ働きがあり、鮮度の良い証拠です。 密閉容器に入れて冷蔵庫の野菜室で保管すると2〜3日ほど保存できますが、食べきれない場合はジャムやジュースなどに加工するか冷凍保存することがおすすめです。 皮にハリがあって大粒で、表面に白い粉がついているものを選んでくださいね。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ケーキやジャムなどの材料としても人気のあるブルーベリーは、小さな粒に甘酸っぱさが詰まった果物です。 栽培がしやすく、園芸用の小果樹としても人気があってしっかり管理すれば農薬を使わずに栽培できることも魅力的ですね。 ブルーベリーに豊富に含まれる「アントシアニン」は眼精疲労の改善に期待できる他、抗酸化作用によるガン予防にも有効と言われています。 血液の循環を良くするビタミンEも含むため、高血圧や動脈硬化の予防にも効果的ですよ。 ブルーベリーの周りにつく白い粉を「ブルーム」と呼び、ブルームがついているものは新鮮な証拠です。 鮮度を保つ働きがあるため、ブルームは食べる直前まで洗い落とさないようにしてくださいね。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ほのかな酸味と甘みが口いっぱいに広がるブルーベリー。 ケーキやお菓子に使われたり、ヨーグルトに入れて食べたりと、比較的お菓子などによく使われる果実です。 輸入しているものは通年手に入りますが、国産は夏に旬を迎え、6月~8月ころに出回っています。 旬の時期にはブルーベリー狩りを開催しているところも多く、楽しみながら食べることができるのはとても嬉しいですよね。 そんなブルーベリーですが、栄養価が高い果実で、特に視力を向上させるアントシアニンという成分が豊富に含まれています。 目の網膜視細胞で光の伝達をしているロドプシンの再合成を促進してくれる作用があると言われます。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ブルーベリーは夏が旬の果物でスーパーでは海外産や国産のものが販売されています。 ブルーベリーはポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれているので視力を向上させる働きがあります。 また、アントシアニンはがんの原因でもある活性酸素を抑制する働きや骨粗しょう症を予防する働きがあるとされています。 ブルーベリーは生のまま食べることができますし、デザートにも最適です。 ヨーグルトにもぴったりの食材なので朝ごはんにもおすすめです。 ブルーベリーを使ったアレンジレシピが多く紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

冷凍パイシートの人気レシピ20選!お菓子やおかずなどをご紹介

ブルーベリー レシピ おかず

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の