楽天でんき eneosでんき。 ENEOS都市ガスは床暖プランのお得感がすごい!

ENEOSでんき完全ガイド!提携クレジットカード払いがお得過ぎる件!

楽天でんき eneosでんき

この方法を利用すれば、毎月の電気料金を更に安くすることが出来ます。 楽天ポイント利用の注意点 「楽天でんき」の電気料金を楽天ポイントで支払うためには、支払い方法をクレジットカードに設定する必要があります。 また、契約した初期状態ではポイントでの支払にはなっていないので、設定から変更する必要があります。 楽天でんきを契約した時点ではポイント支払設定になっていない 前述したように、「楽天でんき」では、利用料金を期間限定ポイントで支払うことができます。 ただ、期間限定ポイントで支払う場合は、月額利用代金が確定したタイミングで有効期限が切れていないことが条件となります。 なお、楽天キャッシュでも支払いが出来ます。 優先度としては、楽天スーパーポイントで支払っても足りない場合に楽天キャッシュで支払が行われる順番となっています。 利用できる楽天ポイント数の上限ですが、一回あたりの支払では3万ポイントまでとなっています。 これは「楽天でんき」に限った話ではなく、楽天ポイントの仕様としてそうなっています。 「楽天でんき」の申し込み手順から契約完了まで 楽天でんきの申し込みページ 電力会社を「楽天でんき」に変更したい場合は、まず楽天でんきの公式サイトへアクセスし、「申込みはこちら」を選択します。 楽天でんきは、契約容量が20アンペア以下の少量利用では契約できませんので注意してください。 楽天でんきを利用できないケース 楽天でんきへ申し込みではまずクレジットカードの確認があります。 クレジットカードの確認 続いて、申込み区分を選択します。 私の場合は、これまで利用してきた「ENEOSでんき」からの切り替えになるので、「他社からの切り替え」を選択し、電気事業者に「ENEOSでんき」を選択しました。 他社からの移転について 次に、これまで契約していた電力会社の情報を入力します。 これまで利用していた電気会社の情報を入力 ここでは、現在利用している電力会社のHPにアクセスして情報を確認して入力してください。 東京電力やENEOSでんきなどではマイページで確認できます。 「ENEOSでんき」の契約情報 これで申し込みは完了となります。 楽天でんきへの契約申し込み完了 これまで利用してきた電力会社から「楽天でんき」へ契約が切り替わるタイミングですが、毎月11日に契約が切り替わります。 「楽天でんき」の契約日 そのため、申込み内容に不備があると、楽天でんきへの切り替えが1ヶ月遅れることがあります。 実際に、私のケースですと、申込み時にお客様番号としてENEOSでんきのマイページに記載されているお客様番号を入力して申し込んだのですが、それはお客様番号では無いということで、楽天でんきの使用開始が1ヶ月遅れました。 楽天でんきへの申し込み内容に不備があった場合のメール 実際のところは、ENEOSでんきの契約番号が、楽天でんき側が言うお客様番号だったのです。 ENEOSでんき側の紛らわしい表現にやられました。 「ENEOSでんき」の解約方法 新たな電力会社を契約する上で気になるのが、これまで利用してきた電力会社の契約を解約する方法についてだと思います。 これに関しては、新たに契約する電力会社が代行して手続きを行うので、私達の方で何かする必要はありません。 「楽天でんき」の契約を申し込むと、楽天でんき側で、これまで契約していた電力会社に対して解約手続きを行ってくれます。 「ENEOSでんき」の解約完了メール 「楽天でんき」を利用してみての感想 12月11日から電力会社が「ENEOSでんき」から「楽天でんき」に変わったのですが、特に電気を使う上では何も変わったことはありません。 当たり前ですが、いつも通りに電気が使えています。 契約が切り替わるタイミングで何か起きる訳ではないので、電力会社を変更しようと思っている人は安心して手続きしてもらえればと思います。

次の

ENEOSでんきと楽天でんきはどっちがオトクなのか?

楽天でんき eneosでんき

関連記事• 私の利用歴 出来るだけ多くの新電力を自分で実際に使うことを目標にしており、頻繁に電力会社を切り替えています。 ENEOSでんきは電力自由化スタート直後の2016年4月から約1年、楽天でんきは2018年12月から4ヶ月間それぞれ自宅で利用しました。 ENEOSでんきの申込書 利用していた際の感想を交えながら、両社を詳しく比較します。 関連記事• 楽天でんきとENEOSでんきの比較 楽天でんきとENEOSでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。 料金プランの比較 どちらが安い? まずは料金プランを、世帯人数ごとの「平均使用量」で地域別に比較します。 ENEOSは特に 一人暮らし世帯では北海道で最安値水準の料金プランです。 関連記事• 特に一人暮らし世帯については、東北エリアの新電力の中でも最安値水準と言える低料金です。 4人世帯のみ楽天でんきが安いです。 「基本料金0円」なのでもともとの基本料金が高い50Aや60Aでメリットが大きくなります。 関連記事• 楽天でんきは基本料金0円という料金体系なので、50A以上のアンペア数で契約している場合はお得に利用できます。 関連記事• 楽天は基本料金が0円という料金体系なので、おおむね契約しているアンペア数が40A以上ならENEOSよりもお得。 30A以下ならENEOSの方がお得になります。 関連記事• ENEOSは特に一人暮らし世帯で北陸エリアでは最安値水準の料金プランです。 関連記事• 楽天でんきは使用量が少ないと関電よりも割高になるので注意が必要です。 一方、二人暮らし以上の世帯では楽天でんきの電気代が安くなります。 など最安値圏の新電力と比べるとやや高いものの、上位のお得な料金プランです。 関連記事• 楽天でんきだけでなく、四国の他の新電力と比較しても最安値水準と言えます。 2人以上の世帯ではいずれも楽天でんきの方が安いです。 関連記事• 特に一人暮らし世帯では、楽天でんきだけでなく九州エリアの新電力の中でも最安値水準の料金プランです。 関連記事• サービスの違い 続いて、ENEOSと楽天のサービス内容を実際に両社とも利用した際の感想を交えながら解説します。 ENEOS 楽天 駆けつけサービス あり 無し 支払方法 口座振替・クレジットカード クレジットカード ENEOSでんきでは、電気が点かない、コンセントが使えないといった 電気のトラブルに無料で対処してくれる「駆けつけサービス」があります。 部品代などは実費ですが、出張費や30分程度までの作業費が無料です。 また、 電球交換も年3回まで無料でやってくれるので高齢者世帯にもおすすめです(電球代は実費) 楽天でんきの「見える化」のグラフ また、両社ともウェブのマイページから自宅の電気使用量を確認できる「見える化」サービスも提供しています。 1日1回まとめてデータが反映される新電力が多いですが、ENEOSでんき・楽天でんきともに数時間遅れでデータがどんどん反映されていたので、使い勝手は良かったです。 ENEOSでんきの見える化のグラフ 顧客対応については、両社とも特に問題は無いというか新電力の中では良い方だと感じます。 特にENEOSのコールセンターはよく教育されていて、他の新電力のサポートがしどろもどろになるような質問にもスパッと答えてくれるので好印象です。 環境・エコは? CO2排出量 ENEOSでんき 楽天でんき 2018年度 494g 512g 2017年度 509g 589g 2016年度 459g 591g 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。 1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。 過去数年のデータでは、いずれも ENEOSでんきのCO2排出量が少ない結果となっています。 楽天でんきと比較して環境負荷が小さいと評価できます。 楽天でんき16・17年度の数値は、新電力の中でも排出量が多いと言える水準です。 特徴をまとめると・・ 最後に、2社の特徴をまとめます。 ENEOSでんき 主に電気の使用量が少ない世帯や、契約アンペア数が大きくない世帯でお得に利用できます。 給油がリッター2円割引になる特典も別途あります(試算には含めていない) また、無料で使える「駆けつけサービス」などの付帯サービスや、環境負荷が小さいこともメリットと言えるでしょう。 口座振替での支払いにも対応しています。 関連記事• 楽天でんき 楽天の本社ビル 使用量が多い4人以上の世帯や、契約アンペア数が大きい世帯でお得に使えます。 付帯サービスではENEOSに劣るもの、楽天ポイントを電気代の支払いに充当することが出来るので、ポイントの使い道が無くて困っている人におすすめです。 関連記事• 関連記事•

次の

楽天でんきとENEOSでんきの比較

楽天でんき eneosでんき

今回は、薬局ネタとはまったく関係なく「電気代」のお話です。 タイトル通りなので「ENEOS電気」から「楽天でんき」に乗り換える過程で、考慮した乗り換え理由と乗り換え手続きを紹介していきます。 ストレスなく節約するには固定費の削減が一番効率的。 変更するだけで、毎月毎月ちょっとずつ節約できます。 最初は、めんどうなんだけど、1回だけの手間で安くなるなら、その労力を惜しみません。 「電力会社」って自由化でいろいろと選べるようになってます。 東京に住んでいても、電気は「東京電力」にしないといけないというわけではなく、いろんな会社を選ぶことができます。 いまだとガスと電気を一緒にするとオトクみたいなのが流行ってますね。 東京ガスからの勧誘もおおいので、私のまわりは電気は「東京ガス」という人がおおいです。 うちは、ずっと「ENEOSでんき」を利用しており、東京ガスからのお誘いも検討しましたが、どうもメリットがないので「ENEOSでんき」で継続しています。 しかし、今回、楽天が さらに安くなるサービスをスタートするということで、さっそく検討してみたわけです。 公式 薬局も消費電力が大きいので事業者としても乗り換えを検討する価値はあり。 楽天でんきを選ぶメリット 「楽天でんき」がサービスをスタートするのは2018年11月1日からですが、現在は、事前申し込みをすることができます。 実際のサービス提供は11月1日になります。 いま申し込むと3000ポイントのプレゼントキャンペーンやってるので申し込むなら早いほうがいい。 公式 キャンペーンが終わっても、2000ポイントはもらえます。 キャンペーン期間中だけ3000ポイントにアップですね。 この3000ポイントは1回こっきり。 これだけで判断するのは早計なので、電気代がどれくらい安くなるの計算してみましょう。 ということで、手っ取り早く、我が家の1年間の電気代を公開してしまいます。 東京電力エリアです。 年月 使用量(kWh) ENEOSでんき 楽天でんき 2017年10月 120 3546 3120 2017年11月 149 4200 3874 2017年12月 244 6337 6344 2018年1月 295 7480 7670 2018年2月 403 10224 10478 2018年3月 247 6459 6422 2018年4月 183 5056 4758 2018年5月 135 4011 3510 2018年6月 136 4055 3536 2018年7月 173 4942 4498 2018年8月 270 7309 7020 2018年9月 212 5947 5512 合計 2567 69566 66742 「ENEOS」と「楽天」の料金比較表で、どちらも税込みになっています。 「ENEOSでんき」の方は、うちに実際に来た請求金額です。 それに対して「楽天でんき」の方はこの使用量だといくらになるのかシミュレーションした金額です。 元が安い電力会社つかってたので、こんなものですが、東京電力使ってる人はもっと大きな節約効果があるとおもいます。 ちなみに、シミュレーションは公式サイトで簡単にできるけど、もっと簡単な方法があります。 「楽天でんき」の料金プランは非常にシンプルで、基本料が0円で使った分だけが従量課金されます。 もしお手元に電気料金の検針票とかあれば計算して比較してみてください。 この26円というのはエリアごとに違うので、他のエリアの方はこちらで確認ください。 公式 個人・ご家庭向けプランです。 現在の契約アンペア数が30~60Aのお客様が対象です。 まず、料金が安くなるということがわかりましたが、変更するメリットはこれだけではありません。 さらに、楽天ポイントがザクザクたまります!! 使用料におうじて楽天ポイントがもらえる 電気代200円毎に1ポイントたまる!! うちの場合は1年で66742円使っているため約333ポイントがたまります。 また支払いを楽天カードにしておけば100円で1ポイントたまるのでさらに約670ポイントはいります。 これが上乗せされるのは大きいですよね。 さらに、このたまったポイントを支払いに当てることもできます。 楽天ポイントは「くら寿司」「マクドナルド」「ミスタードーナツ」といった店舗でもつかえるからリアルでも使いやすい。 これらの店舗に行けばポイントカードが作れるから楽天IDとリンクさせればポイントカードに「でんき代」のポイントが直接たまっていきます。 楽天ポイントは使える店舗が多いしネットショッピングでも使えるから電力会社ごとの「謎」のポイントよりは断然使いやすい。 他社電力会社からの乗り換え手続き いざやってみると拍子抜けするほど簡単です。 工事は一切不要なので、ネットで申し込むだけで完結します。 ほんの5分で終わります。 東京電力からの切り替えだったら、間違いなく安くなるので、あれこれ悩む時間がもったいないので申し込んでしまいましょう。 電力会社を変更すると言っても、送電線は全部そのままつかうので契約先を変更するだけで、ほかは何もいらないし、何もかわらない。 申し込めば、むこでポッチッときり換えてくれます。 東京電力の人は「検針票」情報を入力するだけ、それ以外の電力会社の人はマイページみながら契約情報を入力するだけです。 現在契約している電力会社を廃止する手続きすらも必要なくって、全部「楽天でんき」が勝手にやってくれます。 ENEOSでんきの人は気をつけてほしいのが、申込時に「お客様番号」の入力が必要なのですが、「ENEOSでんき」の場合は「お客さま番号」以外に「契約者番号」というのがあるので、入力するのは「契約者番号」の方なので注意。 申込みは、楽天IDもってる人はさらに簡単。 住所や電話も自動で入力されるし、すでにクレジットカードの登録がある人は、クレジット情報を入力する必要もない。 手元に「検針票」さえあれば5分もかからないでおわります。 これで年間数千円オトクなら、やらない手はない。 薬局知識を1日5分でアップデート! 薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません! 医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。 でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。 忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。 なんで勉強しないといけないのか? それは、 次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。 制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。 これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。 たとえば、いま注目されているのは「 リフィル処方箋」です。 このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか? つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。 要件に加えられてから焦っても遅いんです。 常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。 そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。 もし効率よく薬局情報を収集したいなら「 」を利用するのが1番。 「 」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。 たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。 通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。 利用するには登録が必要ですが、登録と利用は 無料で 1分もあればできます。

次の