ドコモ光 評判。 ドコモ光×GMOとくとくBBの評判は良い!メリット・デメリットともに解説!

ドコモ光のデメリットや悪い評判をまとめています!実際に使用して徹底評価中

ドコモ光 評判

ドコモ光とは、フレッツ光回線またはケーブルテレビの設備を使用し、ドコモが提供するプロバイダー一体型の光インターネットサービスです。 戸建て・マンションなど建物のタイプによりそれぞれ異なる月額費用が発生します。 ドコモ光には多様なプロバイダーやプランが用意されており、契約者はその中から自分に必要なギガ数や好みに合わせて選択することが可能です。 各プロバイダーのサポートやセキュリティサービスの体制も整っており、契約プラン等によっては割引きや特典などもあります。 契約から工事・開通までの手続きはスムーズに行えるのでしょうか。 電話などでのカスタマーサポートの対応も気になるところです。 ここには、実際に利用した人の生の声が投稿されていますので、ぜひ参考にしてください。 10ギガ提供開始のニュースを見たり、子どもが本格的にPCでネットを使い始めたりといったことがあるため、通信速度を上げたいと考えました。 現在の契約内容を確認してみたら、ドコモ光のサービスが始まったころに契約したためか、200Mbpsのままだったので、10ギガどころではなく、せめて1ギガに上げたいと思って、手続きをしようと思ったら、ネットで受け付けているのは新規ユーザーのみ。 すでに契約している者は電話でのみ受け付けるとのこと。 その電話が、まあ、つながらないこと。 ネットでも受け付けてくれれば24時間対応してくれるんだろうけど、電話受付は我々サラリーマンにとっては厳しい時間制限があり、しかもいつも混雑というのは、既存のユーザーを舐めているとしか思えない。 引越し先でドコモ光が継続して使えるとのことで、ドコモ光を利用予定でした。 工事日は1ヶ月後になるとのことで、渋々承諾しました。 そして実際決定工事日の5日前に工事店から電話が入り、工事がいつできるか分からないとの連絡。 理由はNTTの工事が急遽必要だったことが判明し、その工事がいつ終わるか分からない為。 あまりの急すぎる連絡に納得できず、ドコモカスタマーサービスに電話したが、いつ工事できるか分からないの一点張り。 挙げ句の果てには工事日が半年後になる可能性もあるとのこと。 あまりの酷すぎる対応に呆れました。 こういうことは最初の方に分かることだと思うし、こんなギリギリに判明して約1ヶ月無駄に待たされただけでした。 しかもネット開通までのサポートも一切ないとのこと。 もう解約しますが、二度ど使いたいと思わない。 キャリアもドコモから変更予定です。 皆さんも気をつけてください。 当方、回線などインフラ関係の仕事しています。 その中、ドコモ光に関しては、携帯との格安プラン(抱き合わせ商法)により、そこまで速度を求めていなけなら、安いし、まぁいいか?くらいくらいの気持ちで切り替えました。 3年ほど。 最初は安定をしていましたが、年々ひどくなり、今年になって回線はOCNのIPV6に接続でも、1メガを切る速度が連日起こる。 さすがに動画や重めのHPでは障害が出るので問い合わせると、タライまわしにされたあげく、NTTの速度計測で測れ・電源入れなおせ・ルーター設定はいじったかの、どの担当もデフォの繰り返し。 おいおい、そんなのは一昔前に(数年前)からしってるし、やってるし、単に回線に詰め込みすぎなのは明白だろが!それに、電源を何度も切って回線良くなるなら、それこそ問題あるじゃないかよ。 サポは定義文しか答えないし、間違っても認めたりしない。 (絶対に接続先の変更は勧めない) ベストエフォートならどんなに遅くてもいいのか?問題のレベルというより、企業が終わってるとしか言いようがない。 糞みたいな光電話対応ルータ(10年以上落ち)の物しかレンタルないくせに、ブリッジ組んでも速度大して変わらず、YAMAHAルータ組んでも安定せず、もう流石に諦めたよ。 御愁傷様。 さよなら確定で 先日 携帯料金プランの問い合わせをしたところ、なんだか不快な気持ちになった。 女性担当者 名前はふせるが・・・。 理由を考えてみたが 1.必要最小限のことしか答えない。 2.質問には答えるがこちらが理解できていないとわかっていても(おそらくわかっている)フォローがない。 3.こちらが質問をすることが悪いのではと思ってしまう。 * 電話だから顔はみえない。 しかし雰囲気で親切なひとかそうでない人かは伝わる。 同日別件で問い合わせしたが他担当者は感じの良いひとで安心した。 サポートセンターは困っているユーザーを手助けする立場だと思うのでユーザーに寄り添う気持ちが大切だとおもう。 責任者はおそらく日常でもそんな担当者はわかっていると思う。 ユーザーの為にも会社の為にも配置転換を考えた方がよい。 その担当者も楽しく仕事をしていないんじゃあないでのでしょうか? 土曜日夕方から急にWiFi使えなくなりネットから機器交換の申し込み。 連絡が来ないので こちらからdocomoサポートセンターへ電話。 その後 光故障センターより電話が来て翌日、日曜朝6時半に電話をしてくれるとの事。 WiFiが使えないと困るでしょう、日曜日中に直せるよう早めに連絡を入れた方がいいでしょうから、と。 そこまでは親切だな、と思いましたよ。 日曜日。 朝早くから電話を待つも一向に来ず。 9時半にしびれを切らせてこちらから電話。 また1から説明し直し、散々待たされ、再度電話を待つ。 修理業者から入れ替わりに電話が来て9時までは手薄になるので、連絡が遅くなったとの事。 だったら6時半に連絡するとか言うなや。 結局、機器を当日中に着くように送してもらうことで話がまとまり、荷物の到着を待つ。 午後二時過ぎ到着。 光ケーブルの故障かと思っていたが、届いたのは機器のみ。 当然直らず、またドコモへ電話。 また1から説明をし直し、ケーブル線を送付して貰えなかった理由を聞くと、送らないケースもあるとの事。 結局、日曜日の回復は望めず。 料金は1ヶ月分取られるのに使えない時間がある事、その間はパケット通信を使わなければならない事、その間の保証はあるのか、などドコモとのやり取りが延々と続くもらちあかず。 24時間以内に復旧しなければ、割引をするシステムだと言うが、センターから機器を発送した時点で一度、使えない時間がカウントゼロになるとの事。 いやいや、故障してから直って開通するまで時間カウント続くだろ普通は。 なのにドコモ側は1歩も引かず。 たかが100円かそこらだが、一言一言がカンに障る対応。 ドコモの方針が気に入らないのであれば解約してくれても結構、とのこと。 我が家が ドコモから離れたところで痛くも痒くもないのだろう。 本当に腹が立つ対応。 ほんとマジでクソ。 ありえない。 本日月曜日、朝NTT東日本から修理にやって来て光ケーブルの線を交換すると無事復旧。 送ってくれていれば日曜日には復旧出来ていたし 無駄な怒りを発生させずに済んだものを。 NTT東日本からは 出張費の名目でおよそ9000円の請求がドコモになされるそう。 ドコモから我が家に請求をするかしないかはドコモ判断なのだとか。 総務省に電話を入れ一部始終を聞いてもらったところ、その請求はドコモに対してなので払う必要は無いでしょうとの事。 本当に皆さんも同じような悔しい思いをしてるのだとここのクチコミを見て知りました。 違約金が発生しないのなら今すぐ携帯全てとドコモ光を即解約したい!! 素人なので専門用語、解説等間違っていたらごめんなさい。 今月初めドコモ光に乗り換え。 プロバイダーはGMO。 ひかりTV for docomoも併せて契約。 ルーターはGMO無料レンタルのWXR-1750DHP2を使用。 IPv6ルーターなので、設定も簡単でした(ドコモトータルサポートで遠隔サポート)ところが開通初日から不具合頻発。 光テレビの専門チャンネル、BS、地デジほぼ見れない。 録画失敗。 PCやスマホの通信が遮断等散々でした。 そこから連日トータルサポートに解決依頼をし、同時にルーターを修理に出しました。 修理の間300HPルーターでIPv4 接続で使用。 すると快適とまではいかないが不具合はほとんどなくなった。 原因は1750ルーターだと確信。 ところが二週間後戻っていた修理内容は、不良個所ありません。 初期化だけしましたとの回答書とともに戻ってきました。 淡い期待と祈る気持ちで再度接続。 トホホまったく改善されないどころか日に日に症状悪化。 他の原因を探るべくNTTにモデムの訪問修理依頼。 同時に光テレビターミナルも交換依頼しました。 トータルサポートにも考えられる原因を探っていただきました。 ルーターの設定変更も自身も含め10回ほど試みましたがどなたからも、解決のヒントすら得られずでした。 解約の検討をを始め、最後の望みで今日26日再度トータルサポートに電話しました。 すると・・・わずか10分ほどで問題解決。 あっけにとられ原因を聞くと、PCの設定が(購入時(windows7のちにwindows10にアップデート)最初の設定でシャットダウン時に通信制限をし10Mしか使えない設定になっていて、PCを有線接続していたためルーターにその情報が読み込まれ、光テレビにも10Mでしか情報量を送れなかったため起こった事象ですとのこと。 毎日ストレスが溜り約1か月10数人係で解決できなかったことがいとも簡単に!!!複雑な気持ちですが、とりあえず解決??かな。 長い長い1か月でした。 まず光回線をお願いしたときのドコモショップのスタッフの対応がとても悪かったです。 あと光回線についての知識がまったくなく質問しても、まったく回答にならないような事ばかり。 そしてサポートセンターも、まず繋がらないことも多いし、繋がってもスタッフの対応がマニュアルみたいなものでまったく意味がないし、スタッフが答えられないものはすべてお客様の方で問題があると思われますだのといいその場を逃げようとします。 結果的に我が家には問題は無く、ドコモ側の回線の問題でしたがね。 サービスを勧めたり、使わせたりしたいならまずスタッフの教育からちゃんとした方がいいと思います。 それとサポートセンターが繋がらないのも改善すべき。 こっちはお金払ってサービスを受けてるんだから。 wifiをしたいと申し出たら月300円のカードが必要と説明され契約。 提携プロバイダーから無料でレンタルできるルータがあればwifiはできるのに一切説明はなかった。 その後キャンセルしたつもりだったがこちらの勘違いでできていなかったことを工事当日に知る。 (電波状態が悪くキャンセルできているか不安だったため、念のため何度も確認の電話をかけるが一切繋がらない) 工事当日に無線lanカードをもってきていたので、受取拒否を申し出るとそれはできないとのこと。 その時点で電話するも繋がらず。 その後電話がつながった時に意図しない契約だったこと、電話がつながらなくてキャンセルできなかったことを伝えたら、 キャンセルの手続きができていない時点で完全にこっちの落ち度。 電話が繋がりにくいことは申し訳ないが、それはキャンセルの問題とは関係がない。 カードの受け取り拒否もできません。 あなたは工事の拒否をするべきでした、とのこと。 カードがいらないなら解約金を払って解約してください、という対応でした。 あと店舗でも受付できましたよって言うけど、外出自粛しろと言われてる中行けといいますか…。 別件で、ドコモショップに行った時、待ち時間にアンケートを書かされ その内容を見た店員からドコモ光を薦められた。 特に興味も無かったが、固定電話代も安くなるし、今よりお得云々と言われて じゃぁ、まぁ良いかぁ程度に申し込み。 後日、ドコモ光のサポートセンターから電話があり、工事日を決めたいと言うので対応 した所、自分の住所と固定電話番号、名義人が一致しないので日程が決められない と言われる。 この辺りの地域は、以前都市開発地域でその時に番地変更しているから、もしかしたら 旧番地で登録してあるかもしれないと伝え、それで検索してもらってもヒットしない。 で、では、電話を一番初めに引いた名義は?と言われ親父の名前と住所も答えるが、 それもヒットしない。。 何で、名義が一致しないの?だったら電話引けないじゃん!!自分の口座から電話 代金落ちていますが?と言ったら、もしかしたら漢字を間違えてるかもしれない とか、名前のカタカナ表記が濁っていたりいなかったりの可能性もあるとかで、 NTT東日本に確認してくれと言われる。 絶対、おかしいと思いつつも東日本に確認すると、住所も番号も名義も一致して存在 してますよ!だって。。 ん?でも…と光とのいきさつを話すと、おかしいですねぇ…。 と言われる。 と、 ふざけるな!!そいつがミスして、貴重な時間を何時間も割かせてその言いぐさか!! と、抗議すると、では、しかるべき人間から後程電話させますと。 で、そいつの上席とか言う男が電話して来て、謝罪しますとマニュアル通りの対応。 なぜ、本人を出せないのか!本人の口から私のミスでしたと言えば別に簡単に済む 事だ!!と言ってもそれは出来ないんですと一方的。 だったら、何で最初電話に出る時にサポートセンターのだれだれですって名乗るのか?? 何かあった時にその担当と話が出来る為に名乗るのではないのか!!!しかもこっち の会話は録音されてます。 とか勝手にするんじゃねーよ!!! と言っても、すみません、仰る通りですが…申し訳ありませんのオンパレード。 今回のミスは、何が原因かあなたは分かってるのか!!と言ったらヒューマンエラー かもしれません。。 だと、本人から事情も聴いてなくて、よく謝罪だとかヌカして電話して来たな!! 初動では、私のミスですみませんでしたと謝罪してもらえれば、気をつけて下さい ね。 で納まった所、マニュアル通りの心ない対応と分けのわからない奴が後から 電話して来て、また杓子定規な対応をするので、怒りが増幅!!火に油とはこの事! 一旦、加入しようと思った心もこれにより無くなりこの時点でキャンセル! こんな、対応するような会社の物を導入して、また後でトラブルがあった場合 こうやって逃げの一手で躱されるのは目に見えてる。 実際、後でここの書き込みを見て納得した。 人を馬鹿にするのもいい加減にしろや!! 人、木石に非ず!どんな些細な事でもこんなクソ対応がクビを絞めるってのを しっかり感じろ!! 使用1年くらい経ちました。 Wi-Fiの接続の調子が悪くなり、数ヶ月すると全く接続できなくなりました。 その際に、修理の問い合わせをしました。 Wi-Fiが壊れてから約1ヶ月経っていますが、未だに直っていません!! もう20回程、サポートセンターや修理担当の方に電話んして、代わりの部品などが送られてきていますが、それでも直らず。 酷いのは、何回電話しても前回の問い合わせの記録が残っておらず毎回同じことを説明しなきゃいけなかったこと。 何時にここの番号に電話して下さい。 とドコモ光側から指定があったのにも関わらず、電話すると、対応時間外なので明日お掛け直し下さい。 の一点張り。 これが3回もありました。 教えられた番号が違ったこともありました。 そして、翌日掛け直すと、記録が残っていないため、また始めからの振り出しです。 また、契約者名と契約番号を伝えたのにも関わらず、弊社では契約の登録がないです。 と3回程言われました。 人によって、対応が違いすぎて普通の企業とは思えないです。 本当に腹が立つ。 もう二度と契約しない!!!! 書類の送り先管理すら出来ない会社です。 新しい住所で使用するので契約しました。 書類等は現住所に送付をお願いしてたのにも関わらず新しい住所に送付するお粗末さ。 偶然新居で打ち合わせしていた為受け取れたものの、通常であれば、個人情報が誰もいない家のポストに置き去りにされた、必要な書類が届かない、手続きに余計な手間がかかる、など起こっても不思議でない状況。 コールセンターもなかなか繋がらない。 繋がっても機械的な対応で怒りが増幅するだけという悪循環。 ドコモ契約15年ですが、携帯電話から見直そうかと思えるほどショックを受けました。 ちなみにプロバイダとして選んだぷららはもっと酷い。 30分以上保留状態で電話つながらない・・・ 余談ですが、工事の打ち合わせをした時も、当日14時〜17時の間で伺います、到着10分前に連絡します。 とこちらの都合は関係ないと言わんばかりの対応されて唖然としたのを思い出しました。 他の業者と雲泥の差です。 7年前ほどに契約しましたが、ここ数か月ほど途轍もない回線速度の低さを感じていたため、しばらくPC作業時に常に回線速度を確認しておりましたが、現状とんでもない最低品質です。 ウェブサイト等で毎日の各地域の平均回線速度が見れるため、確認してみてください。 よく見てください。 Megaではありません。 Killoです。 つまり、どこも光の最大パフォーマンスでも、平均の2000分の1、最低ラインの200分の1のパフォーマンスしか出ていません。 ちなみにこれは、過去約2か月間常にです。 なお、理由は端的で、「利用者を際限なく増やしながらも、施設・設備拡張を一切行っていない」ためです。 そしてそれは、現在コロナ渦にあり在宅する方が増えてることが影響し、ますます加速する一方です。 また、どこも光の公式サイトをそれなりに広くあらゆるページを見ましたが、インターネット回線の仕組みをあまり詳しく分かっていない 多くの方はそうだと思います。 人では気づけない「詐欺まがいどころではない完全な詐欺」の説明文になっています。 インターネットで検索しても、どこも品質に関係のない「価格」や、根本的には品質や速度に一切関係のない部分のパフォーマンスばかりを推した、どこも光の雇われブログばかりで本当の姿が全く見えてきません。 唯一、実際のユーザーたちの書き込みが多く、参考になるサイトがここだけであった為、私もここにこうして書き込んでいます。 釘をさすようですが 「でも、一番利用者が多いってことは一番信頼性があるということでは?」と思ってしまわれる方も多いかと思いますが、 元国営ゆえの体制か、この会社に限っては「利用者が増えれば増えるほどパフォーマンスが下がり搾取されるだけになる」のが実際です。 くれぐれも皆さん、間違えても新規契約をしないようにお気を付けください。 ドコモ光は、国内最大級の携帯電話キャリアであるNTTドコモが提供しているサービスです。 そのため、「ドコモのスマートフォン(スマホ)を利用しているから契約した」という人がほとんどでした。 ドコモのスマホを利用している場合、利用料金の割引が受けられる(光セット割)ほか、スマホと料金を合算することができます。 また、「ずっとドコモ割」についての口コミもありました。 ずっとドコモ割とは、利用年数に応じて自動的に割引になるサービスのことです。 他にも様々な割引やキャンペーンなどを提供していたり、ドコモ光電話やひかりTV、スカパー!などオプションが充実しているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。 何か分からないことや聞きたいことがある場合は、メールや電話のほか、My docomo、スマホお悩みサポートメニュー、スマホ・タブレットまるわかりBOOKなどのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。 解約については、定期契約プランを利用している場合、更新期間以外での解約は解約金が発生するので注意しましょう。

次の

ドコモ光の評判|契約前に知りたいメリット・デメリット【2019年版】

ドコモ光 評判

料金プラン ドコモ光は、NTT東日本・西日本が提供しているフレッツ光と同じ品質・通信速度の光コラボです。 そのため、同じ品質のフレッツ光とドコモ光の料金を比べてみました。 ホームタイプ マンションタイプ ドコモ光 5,200円 4,000円 フレッツ光 5,700円+プロバイダ料 3,350円+プロバイダ料 ドコモ光は プロバイダ料込みの料金のため、同じ通信速度にも関わらず月々の支払いに差額が生まれているのが分かります。 品質が変わらないのであれば、よりお得に使いたいと思いますよね?フレッツ光からの乗り換え(転用)なら違約金もかからず、工事不要で乗り換える事ができるので、とてもおすすめです。 初期費用 ドコモ光を契約する際にかかる初期費用は事務手数料の3,000円のみです。 工事費は、フレッツ光や光コラボからの乗り換えであればそもそも工事自体不要です。 新規申し込みの場合でも、 キャンペーン特典として工事費無料になりますので、契約時にかかる費用は事務手数料のみとなります。 ただし、土日祝日の工事などは適用外となり、環境によっても追加の工事費が必要となる場合もありますので事前に問い合わせておきましょう。 選べるプロバイダ ドコモ光では 全24社のプロバイダから選ぶ事ができます。 『24社もあるとどれを選んで良いか分からない…』という方も多いと思いますが、結論を言いますとGMOとくとくBBがおすすめです。 高額なキャッシュバックが1番の魅力ですが、特徴としてIPv6(IPoE)を使ったv6プラスという接続方式に対応しています。 従来の方式では、混雑する時間になると速度遅延を起こしてしまいがちでした。 しかし、v6プラスならそんな憂鬱な速度遅延を解消し、混雑する時間でもサクサクで快適な通信が実現可能です。 プロバイダについては、こちらの記事で詳しく紹介していますのでご参考にしてください。 ドコモ光セット割 ドコモのスマホ、もしくはケータイを使っている人なら、ドコモ光を契約し、ネットとスマホをセットにする事で、携帯代を安くする事ができます。 割引額はなんと最大3,500円にもなり、長期で利用する方には2年契約の更新の際に「ドコモ光更新ありがとうポイント」としてdポイントが3,000ポイントプレゼントされます。 ドコモの携帯を利用している人は、ドコモ光に契約するべき1番の理由は、このセット割があるからという事ですね。 ドコモ光セット割については、こちらの記事で詳しく紹介していますのでご参考にしてください。 様々なオプションサービス ドコモ光では有料オプションですが様々なサービスを提供しています。 サービス名 月額料金 備考 光電話 500円 別途、通話料が必要 ひかりTV 2,500円 2年割適用時 dTV 500円 初回31日間無料 スカパー! 基本パックの場合:3,600円 ドコモ光なら2ヶ月無料 DAZN 980円 初回31日間無料 無線LANレンタルサービス 100円/300円 東日本・西日本のエリアによる ドコモ光テレビオプション 750円 別途、初期費用あり ネットワークセキュリティ 350円 12ヶ月間無料 ネットトータルサポート 500円 初回31日間無料 1つ1つ紹介したいのですが、長くなってしまいますので、詳細につきましては公式サイトからご覧ください。 ドコモ光に契約していなくても利用できるスカパー!やdTVなども含まれていますが、独自の特典や割引などもありますので、必要に応じて利用してみるのもいいと思います。 ドコモ光の評判・口コミ それでは、ドコモ光の評判や口コミについて見ていきましょう。 すると、良い評判だけでなく悪い評判もある事が分かりましたので、それぞれご紹介します。 ドコモ光の良い評判 速度に関してですが、 全体的に見ると『満足している』『速い』などの口コミが多いですが、一部では『遅い』といった評判もありました。 プロバイダによって、v6プラス方式ではない可能性もありますので、速度の遅延や時間帯による差があるのは接続方式に差があるのかもしれません。 サポートに関しては、『丁寧で親切に対応してもらえた』という口コミが多かった印象です。 大手キャリアというだけあり、サポート体制には安心しても良いのではないでしょうか。 ドコモ光のメリット・デメリット ドコモ光の口コミ・評判を調べるとメリット・デメリットがそれぞれあることが分かってきました。 デメリットも知ることで解消する方法や、よりお得に契約することにつながりますのでご紹介していきます。 ドコモ光3つのメリット 口コミなどから分かったメリットは以下の3つです。 ドコモ光3つのメリット• ドコモスマホ・携帯とのセット割引がお得• 最新接続方式のv6プラスが使える• 万全のサポート体制 ドコモスマホ・携帯とのセット割引がお得 ドコモに並ぶ3大キャリアである、auとソフトバンクでも光回線とのセット割引はありますが、どちらも最大1,000円割引となっています。 しかし、ドコモ光なら 最大3,500円もの割引を受けることができ、群を抜いてお得であることが分かります。 また、auやソフトバンクのようにセット割引を組む際に光電話が必須条件だったりもしません。 ドコモスマホ・携帯ユーザーで他の光回線を使っているなら、是非ドコモ光に乗り換えて携帯代を安くしちゃいましょう。 最新接続方式のv6プラスが使える ドコモ光ではプロバイダ利用料は月額料金に含まれているので、全24社のプロバイダから料金を気にすることなく自由に選ぶことができます。 そのメリットとして、 最新接続方式のv6プラスを利用できるプロバイダを選ぶことで、より速く、遅延のないインターネット環境を手に入れることができるのです。 もし、何も知らずにプロバイダを選んでしまうと、悪い口コミでもあったように、時間帯によって遅くなるといった現象にあなたもなってしまうかもしれません。 万全のサポート体制 サポートは実際に利用している人にしか分からないので、口コミはとても重要です。 結果としては、 素晴らしいという評判が非常に多かったです。 加えてドコモ光のサポートセンターは24時間受け付けてもらうことができますので、深夜に、仕事中にも関わらずインターネットに繋がらないなんて事になってしまっても安心ですね。 ドコモ光2つのデメリット 僕がドコモ光について調べ口コミや評判を見たところ、以下のようなデメリットも見つけました。 ドコモ光2つのデメリット• プロバイダ選びに失敗すると最悪• 引っ越しをする際の費用が高くなる場合もある プロバイダ選びに失敗すると最悪 ドコモ光を、お得に、快適に利用するためには プロバイダ選びは非常に重要です。 v6プラスを採用していて、尚且つキャッシュバックなども大切ですよね。 もし、プロバイダ選びを間違えてしまうと、通信速度が遅くなってしまったり、変更するのにも事務手数料が3,000円かかってしまうこともあります。 ドコモ光でおすすめのプロバイダは、先ほども少し触れましたが、GMOとくとくBBです。 詳細については最後に説明させていただきます。 引っ越しをする際に費用が高くなる場合もある この点に関しては、どこからどこへ引っ越すのかということが重要になりますが、東日本と西日本をまたぐ場合、ドコモユーザー以外は19,000円〜22,000円の引っ越し費用を負担しなければならないというデメリットがあります。 もし、引っ越しの予定がある場合は引っ越してから契約をするか、一度解約してから新規に申し込みをする方がお得になります。 ドコモユーザー以外の方は要注意です。 ドコモ光がおすすめな人 ドコモ光はどんな人におすすめなのか、また、おすすめできない人もいることが分かってきました。 それぞれの特徴をご紹介します。 ドコモ光がおすすめな人 ドコモ光を使うべき人の特徴は以下の3つです。 ドコモ光をおすすめしない人• 速度への優先度が高く、NURO光の提供エリアの人• ドコモユーザー以外の東日本・西日本をまたぐ引っ越しの予定がある人 光回線で飛び抜けて速いのはNURO光です。 ただ、提供エリアが限られていますので、エリア内に住んでいて最速の通信速度を求める方にはドコモ光ではなくNURO光をおすすめします。 ドコモ光のデメリットとしてもあった、引っ越しの際の費用を負担しなければならないという面を考えると、NTT東日本・西日本をまたぐ引っ越し予定の人にはおすすめできません。 ドコモ光のお申し込みはここから! これまでも触れてきましたが、ドコモ光のおすすめのプロバイダは 「GMOとくとくBB」です。 ドコモ光の場合、基本的にはプロバイダ業者が窓口になって申し込みを受け付けているケースが多いですが、GMOとくとくBBはその中でも多くの信頼・支持を得ています。 IPv6(IPoE)を使った最新の接続方式v6プラスが利用できるだけではありません。 最大20,000円のキャッシュバック• dポイント2,000pt• v6プラス対応のWi-Fiルーターが永年無料レンタル このように、GMOとくとくBBでは上記3つの特典がもらえるキャンペーンを実施しています。 『5,500円は安い…』と思う方も多いかもしれませんが、GMOとくとくBBでは、キャッシュバック以外にも「Wi-Fiルーター無料レンタル」といった独自の特典も打ち出しています。 レンタルされるルーターはBUFFALO 製の「WSR-2533DHP3」というタイプで、定価12,800円(税抜)の高性能ルーターです。 他のプロバイダでもキャッシュバック金額にはあまり差がないため、Wi-Fiルーターレンタルなど 独自特典を打ち出しているGMOとくとくBBはやっぱりお得と言えます。 手続き方法は、開通後4ヶ月以内に案内メールが届き、メールの案内に従って振込口座の情報を登録するだけで翌月末に振り込まれます。 お得に、快適にドコモ光を利用するためにはGMOとくとくBB公式サイトからのお申し込みがおすすめです。

次の

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判は良い!メリット・デメリットともに解説!

ドコモ光 評判

【集合住宅、プロバイダ:BIGLOBE】 10年ほど前から使っています。 携帯電話をauに乗り換えた時、au光に乗り換えようとしましたが、住宅環境により、そのままドコモ光を使っております。 料金についてですが、乗り換えれるならau光の方が月額1000円ほど安いです。 通信速度は、安定はしておりますが、深夜帯はあまりよくない印象です。 リモートサポートを契約させていただいており、何度か電話で問い合わせしたことがありますが、そこの担当の方がどの方に対応していただいてもすごくいいです。 丁寧なのはもちろん、リモートサポートの規格外の事にも対応していただいたこともあり、とても感謝しております。 ただ、電話はつながりにくいです。 30分ほどは待つイメージがあります。 「ドコモ光」を契約し使用してから今丁度半年になりす。 契約してから使用出来るまで3~4ヵ月かかりました。 申し込んだら近日中に工事が行われていると思っていましたが、申し込みが多いため工事着工まで最短でも1ヶ月以上かかると言われました。 我が家はそれ以上待ちましたが・・・。 使用してみて思ったことは、通信速度に波があり時間帯によっては、画像を取り込むのにかなり時間がかかることがあります。 場所によって違うのかも知れませんが、我が家では、深夜帯に通信速度が遅くなる場合が多いです。 私は「ドコモ光」しか使用したことはないでしが、友人が以前他の光回線を使っていたけど、ドコモで勧められて「ドコモ光」に変更したけど、以前使っていた方が通信速度が速かったと言っていました。 今のところ我が家では、通信速度に若干イライラすることもありますが深夜帯にはあまり使用していないので、「ドコモ光」に満足しています。

次の