クジラは英語でなんて言うの。 捕鯨って何が問題なの? 日本は世界の「目」とどう向きあうべきか。

動物の「子ども」の呼び方、知ってますか?

クジラは英語でなんて言うの

くびれのもっと下の外側に張っている部分ですね。 この「お尻」の単語選びって、実はけっこう微妙なんです。 ちょっと間違えると、思いがけなく下品な感じになってしまったりするので、上品系とそうではない系に分けてみました。 まずは、下品な匂いを感じさせないニュートラルな「お尻」を表す単語から。 お医者さんが使ったり、フォーマルな印象があります。 他にも、インフォーマルですが、こんなのもあります。 「お尻」を表す単語:その他 次は、少し気をつけたい「お尻」の表現です。 上品ではないものの、全く問題ないと考える人も多いようです。 ただ、ちょっと品がないと感じる人もいるということは知っておいてもいいかもしれません。 下品な単語も知っておきつつ、それを積極的には使わないという判断も大事かなと思います。 【URL】 活きた英語のちょっとした使い方や覚え方などを紹介する日刊のウェブマガジン 「日刊英語ライフ」.

次の

英語で「動物の群れ・集団」は何と言う?覚えておきたい言葉10選!

クジラは英語でなんて言うの

捕鯨支持か、反捕鯨か。 議論は全く噛み合わない。 まず、IWCとはどんな国際機関なのか。 「IWCは捕鯨支持国と反捕鯨国が拮抗して議論している組織です。 ここ15年ぐらい全く意見がかみ合わず、何も決まらない組織と言われてきました」(佐々木さん) 日本は、「捕鯨産業の秩序ある発展という目的はおよそ顧みられることはなく、鯨類に対する異なる意見や立場が共存する可能性すらない」(2018年12月26日の菅義偉官房長官談話)として脱退の決断に至った。 捕鯨支持か、反捕鯨か。 ここまで議論が噛み合わないのは、一体何故なのか。 ところであなたはクジラやイルカについてどんなイメージを抱いているだろうか? 頭が良くて、絶滅危惧種で、ちゃんと子育てをする動物? そんな高等な動物を殺すのは野蛮なことだ、という批判を多くの人が聞いたことがあるだろう。 「反捕鯨運動をやっている人は、クジラは1種類しかいなくて、すべてが絶滅危惧種で、すべてが頭が良く、すべてが子育てをちゃんとすると思っているかもしれません。 でもクジラやイルカは、実は世界に80種類ほどいます」 すべての特徴を持ち合わせたクジラが存在しているわけではなく、聖なる海の動物として作り上げられたこの架空のクジラを、ノルウェーの人類学者は「スーパーホエール」と名付けた。 「日本が捕まえているのはミンククジラという非常に数が多いクジラです。 南極海で調査捕鯨をして、その副産物としてクジラを供給していました。 世代によっては、かつて給食で食べていた記憶がある人もいると思います。 そこからぐんと消費量は減って、今では日本人全体で平均年間一人40グラム。 非常に少ないのです」 捕鯨は「食文化」として根付いている。 日本の捕鯨といえば「ザ・コーヴ」というアメリカのドキュメンタリー映画で描かれた和歌山・太地町のほか、宮城県石巻市の鮎川などが有名だが、北海道や九州など全国各地に捕鯨の伝統と食文化が根ざしている。 「日本人には、もともとクジラを食べてきた歴史があります。 海洋国家であり、食料資源としてみてきた。 ホタテも食べるしワカメも食べるし、クジラも食べる。 大事なタンパク源として食べてきた文化が残っているのです」 近代化して、日本人は鶏や牛も食べるようになり、1982年にIWCが商業捕鯨の一時的全面停止(モラトリアム)を採決して以来は、クジラを食べる量は極端に減少した。 しかし、最近は狂牛病や鳥インフル、豚コレラなど食に関する問題は尽きない。 食糧問題として考えれば、鯨食文化はタンパク源のリスク分散という視点で考えることもできる、と佐々木さんは指摘する。 クジラは動物愛護運動における「カリスマ動物」。 一方、反捕鯨運動とは一体何なのか。 遡ってみれば、1970年代から環境保護運動や動物愛護運動が盛り上がりを見せる中で、ホッキョクグマやパンダと並び、クジラも絶滅危惧種のカリスマの一つになったという。 「クジラは一つのアイコンでしかありません。 ほんの入り口で、活動家の中には牛や豚を食べることも禁止したいというコアな人たちもいます。 彼らはベジタリアンで、中でもヴィーガンというチーズもミルクも卵も摂らない完全菜食主義者。 水族館や動物園、毛皮にも利用してはいけない、動物を搾取してはならないというのが彼らの主張です」 すでに広く普及している牛や豚を食べる文化を否定することは難しいが、カリスマ動物であるクジラをターゲットにして保護をアピールすれば、団体にとって支持者やお金を集めやすい。 そのため、クジラは擬人化され、スーパーホエールのようなイメージが作り上げられる。 捕鯨を批判している人の一部は動物全般の生きる権利を守ろうという、すなわち「動物の権利」運動を主導している。 スペインなら反・闘牛、フランスなら反・フォアグラとなり、反捕鯨運動とつながっている。 アメリカの歴史は動物の権利運動とも密接に結びついている。 アメリカでは、民主主義の発展にともなって、黒人の権利、女性の権利、マイノリティの権利、LGBTの権利といった流れで、社会的弱者の様々な権利を擁護してきた。 そして今たどり着いたのが動物の権利を擁護する運動だ。 しかし、その日本でも少しずつではあるが、確実に広がってきている。 「捕鯨の問題は21世紀の論争で、日本はその前夜の状況にいると著書に書きました。 明治維新の時には黒船がやってきて、それによって文明開化や近代化が進んだ。 私はシー・シェパードも黒船だと思っています。 日本人よ目を覚ませ、これが世界の常識である、と彼らは過激な活動をやっているんです」 日本は「黒船」と、どう対話するのか。 こうした活動家たちは東京五輪もターゲットにしている、と佐々木さんは見る。 「イギリスの前外相でEU離脱強硬派の一人、ボリス・ジョンソンが反捕鯨の論文を発表しました。 その恋人と噂される女性が主導したデモでは『捕鯨をやめよ。 東京五輪をボイコットせよ』との横断幕が掲げられた。 平昌五輪の時にも、韓国の伝統である犬料理が批判を浴びた例があります。 もちろんすべてのヴィーガンの人たちが過激派ということではありません。 ごく一部の人たちが、過激派になっているということです。 サイバー攻撃で、日本の企業がターゲットにされたこともあります」 動物の権利を主張する動きは加速を続ける。 アメリカでは治安当局が、違法行為を犯す過激派を徹底的に取り締まり、その実態は「緑狩り」(Green Scare)とも言われる状態にまで発展している。 第2次世界大戦の後、共産党の支持者をパージする「赤狩り」 Red Scare があったが、緑狩りはこれをもじったものだ。 こういった状況は日本ではあまり知られていないうえに、置かれた状況に対して、日本は反論を英語で発信することがほとんどできていない、と佐々木さん。 「日本の食文化や伝統について、英語で発信しなければ、理解してもらうことは難しい。 もちろん反論が返ってくるでしょうが、意見を言わなければ理解されることもありません。 例えば海外に留学をしたら、捕鯨が話題になることもあると思う。 どんどん議論をぶつけてみたらいいと思います。 ダイバーシティを重視する共生社会の第一歩は、相手を理解した上で、尊重すること。 議論することで、捕鯨が食文化の問題であり、動物の権利の問題でもあることがお互いにわかるでしょう」 (文:高橋有紀) * 次回のハフトークは4月11日(木)夜10時から生放送。 ジャーナリストの相沢冬樹さんをゲストにお迎えし、「森友学園再入門」について特集します。 ぜひお見逃しなく。

次の

「目くじらを立てる」「目からうろこ」の語源は?英語では何て言う?

クジラは英語でなんて言うの

クジラ構文の典型的な例文A whale is no more a fish than a horse is. この比較 クジラ構文「no more A than B」を理解するのに大切なことは• 2つのことを比べている• no は「差がゼロ」を表す• no が more を強く否定し「~なんてとんでもない」を表す• than は「どれだけありえないのか」を表すための引き合い この4つのポイントをしっかりと理解出来ていれば大丈夫です。 「~でないのと、~でないのは同じだ」というのをそのまま覚えるよりも分かりやすいし、色んな場面でパッと英文が理解出来ると思います。 クジラ構文って名前がついていますが、これも比較の文ですので必要以上に恐れないようにして下さい。 比較は2つのことを比べている まず、クジラ構文は比較の文ですので、この場合も2つのことを比べています。 この例文では、 「A whale is a fish」と「a horse is a fish 」を比べています。 どんな点で比べているかというと、この場合は「 a fish 」という点で比べているわけですね。 とりあえず「魚」とか、「魚っぽさ、魚度」とでも言えばいいでしょうか(笑) 要は 「クジラと馬の、魚っぽさ」を比べているわけです。 まずこれを理解して下さい。 形容詞ではないので、魚っぽさというのは厳密にいうとおかしいかもしれませんが。 「 どっちがより魚か」ということですね。 no は「差がゼロ」を表す 次に、「 no more 」の no です。 これは「比較しているものの 差がゼロ」ということを表します。 つまり、「クジラと馬の魚っぽさ」を比べた時に「 どちらがより魚であるかに差がない」ということです。 「 クジラと馬の、魚度は同じ」です。 no が more を強く否定し「~なんてとんでもない」を表す no が more を強く否定します。 クジラ構文「no more A than B」の than は「どれだけありえないのか」を表すための引き合い than a horse is a fish. クジラの例文ではこの部分です。 「馬が魚である」というのはありえないですよね? こういう「ありえないこと」を引き合いに出すことで、それと「クジラが魚である」というのは 同じレベルでありえないことなんだよということが言いたいのです。 比較 クジラ構文「A whale is no more a fish than a horse is. 」のまとめ A whale is no more a fish than a horse is. 4つの材料が全部揃ったので、それを使ってこの有名な例文を考えてみましょう。 「クジラが魚であるというのは、馬が魚であるのと同じくらいとんでもない」 つまり、 クジラは魚なんかでは決してない。 ということが言いたいわけですね。 than 以下はどれくらいありえないかを表すために引き合いに出された、おまけのようなものとも言えます。 これを少し言い換えると、クジラ構文の定番の訳「クジラが魚でないのは、馬が魚でないのと同じだ」となるわけですね。 別にこの形で必ず訳さないといけないわけではありませんが一応。 どうでしたか?一度しっかりと理解しておくと、英文で出会うたびに慣れてくると思います。 暗記した和訳を当てはめるやり方よりも、考え方自体を理解しておくのがおすすめです。 比較 クジラ構文のno more... thanの使用率、改まり度・自然さ度 no more … thanの個人使用率• ビジネスレター 69%• くだけた会話 94%• 改まった会話 88% no more … thanの改まり度・自然さ度(各5段階評価の回答者平均値)• 改まり度 2. 自然さ度3. 7 田中茂範「データに見る現代英語表現・構文の使い方」 このような結果が載っています。 この本では、80%を超えると「使用率がかなり高い」表現となっているので、会話では普通によく使われる表現のようですね。 50~79%は「どちらかと言えば使用率が高い」表現となっていますので、ビジネスレターでもどちらかというと使用率が高い表現のようです。 また、 「」という、Googleの持っている古今の大量の書籍データの中から、ある単語や表現がどのくらい使われているのかなどを調べられるサービスがあります。 先ほどの田中茂範先生の本は90年の出版なので、「古いデータで信用ならん!」という人はこちらで調べてみて下さい。 もちろん、次の例のようにこの構文は1単語でない場合も沢山ありますので、実際はもっと多く使われているはずです。 クジラ構文が実際に英語のネイティブスピーカーに使われた例 次は、実際にクジラ構文「no more A than B」が使われた英文を1つみてみましょう。 有名どころでは、2013年のオバマ元アメリカ大統領の2期目の就任演説で出てきていますね。 こちらです。 先ほどのデータとこの就任演説の例で、「クジラ構文はネイティブも使わない表現」というのは否定されたかと思います。 この演説は有名なので知ってる人もいるかもしれませんが、一応少し解説しておきます。 fascism or communism は「独裁主義と共産主義」ですが、「第2次大戦と冷戦」のこと• muskets and militias は「マスケット銃と民兵」ですが、これは「独立戦争の時に使った武器と兵」のこと まず、この2つを前提知識として知っておきましょう。 その方が、この英文の理解がよりしやすくなると思います。 「 アメリカ国民が単独で世界の要求に応えることが出来るってのは、(独立戦争の時代の武器である)マスケット銃と民兵で、独裁主義(第2次大戦)・共産主義(冷戦)を戦えたというのと比べて同じくらいとんでもないことだ」 要は、「アメリカ国民が団結しないと今日の世界の要求には応えられんよ」 ってことですね。 「アメリカ国民が単独で世界の要求に応えることが出来る」ということがどれだけありえないことかの例として「独立戦争時代の戦力で第2次大戦と冷戦を戦う」ということを引き合いに出しているわけです。 「これくらいありえないんだぞ」と。 これを少し言い換えると、クジラ構文の「アメリカ国民が単独で世界の要求に応えられないのは、(独立戦争の時代の武器である)マスケット銃と民兵で、独裁主義(第2次大戦)・共産主義(冷戦)を戦えないのと同じだ」となります。 最後に 今回は、有名な比較のクジラ構文「no more A than B」を解説しましたが、どうでしょうか。 ただ和訳を覚えて当てはめるよりも、この記事で解説したようなことをしっかりと理解して上で読むほうが近道だと思います。 クジラ構文は本当に苦手な人が多いので、この記事を読んだ人が少しでも苦手を克服できればいいのですが…。 英文を前から読んで一度でしっかりと理解出来るくらい慣れておきたいですね。

次の