イン ファイト 剣 盾。 【ソードシールド】わざマシンとわざレコード一覧【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】ギルガルドの型・調整・育成論まとめ

イン ファイト 剣 盾

受講生各位 アーサーです。 兼ねてより 誰も読んでない 剣盾の魅力を当noteでも書かせて頂いてましたが、オンライン対戦であるところのランクマッチ シングル でそこそこの結果を残せましたので、記念パピコよろしく夢でもあった構築記事をパピコさせていただきます。 ~隙あらば自分語り~ 私は初代金銀直撃世代 マスターボールも不思議な飴も無限に増やしてましたよ、えぇ… で、その後卒業してしまいましたが、バトレボ動画やニコ動の対戦動画に感化されBW2で復帰しました。 以来なんとなくオンラインにも潜ってましたが、最高はUSUMのレート1899と振るわず、こんな構築記事を書く界隈とは無縁でした。 もう齢30も超え、社会人としても中堅どころだし、なんなら2児の父で、ゲームできるのは家族が寝静まった後と、まとまった時間は取れないながらも運良く最終3桁という出来すぎた結果を残せましたので、受講生各位の参考になればと筆を取らせていただきます。 嘘です、ただの自慢です。 にしてもこういう記事書く人って大抵学生とかですよね。 まだ上位を目指せそうな雰囲気はプンプンしてましたが、絶対に最終3桁に乗せたかったのでチキってここで辞めました。 翌朝覗いたら680位でした!! 通算成績及び最終成績は次のとおりです。 勝率は65. 出来杉内!! パーティ紹介 では早速構築に参りましょう。 使用したのは次のパーティです。 タイトルにもあるように、インテレオンで壁を貼ってあとは刺さってそうなやつを出しツンデツンデしていくだけです。 S2からTODが仕掛けやすいルールに変わり、ネット上ではTOD糞みたいな話で持ちきりでしたが、本構築には全く無縁の話で一度も仕掛けられたことはありませんでした。 勝つも負けるも5分前後です。 よって勝つも負けるもより短いターンで試合が終わる積み構築をずっと使ってきた経緯があります。 通せたら勝ち、通せなかったら負けです。 採用経緯について 剣盾で導入されたダイマックスですが、これによって純粋なサイクル戦よりも居座っての殴り合いが多くなると予想し、ずっと使用してきた壁構築はそこそこ行けるのではと思ってました。 S1も元気に潜っていましたがそのダイマックスに慣れるのが遅かったのと、壁役のエルレイド君のポテンシャルを発揮出来なかったのもあり普通に5桁順位でフィニッシュしました。 その中でも竜舞バンギは最強だと感じたので継続することにしました。 剣盾の壁役と言えば、鬼舞辻無惨先輩ことオーロンゲ君が筆頭候補ですが、壁を使ってくると選出画面で悟られないことが壁を使う上で最も大切だと思っているので、彼は候補から外れます。 また宗教上の理由で使用率トップ3に入るような超強ポケは使えないので、壁ドラパも使えません。 別に縛りプレイではなく、ガンガンメタの対象になっている子を使うのが苦手・下手なだけです…。 S1上位勢の記事を読んでいると、上記2体の他に使われていたのは、インテレオンとジュラルドンでした。 壁役には高いSも持っていて欲しいということでインテレオン君を採用しました。 続いて、S1でエースであった竜舞バンギが苦戦したガアに対抗できるよう雷パンチ持ちのホルードを採用。 これまたバンギが苦戦しがちなミミカス対策にパルシェンと、型破りルチャブルを用意。 最後に受け構築をぶっ壊す党からストリンダー君に入ってもらいました。 名づけて「信用可能インテレオン」。 壁を貼れないような時は、ジュエル猫騙し軽業サワムラーという地雷に当たるような時だったので、本当に信用可能と言えると思います。 様子見してきがちなスカーフダルマとサザンを強く意識してます。 上位の記事を漁った結果、スカーフダルマは意地と陽気が半々くらい、スカーフサザンはほぼ臆病だったためBに厚くなってます。 初手ダルマサザンは大抵がスカーフなので一見こご風から入った方が良さそうに思えますが、ハチマキやメガネということも稀によくあるので素直に壁から入りましょう。 ダルマには大抵トンボで逃げられますが壁後のダルマは怖くないのでそこで試合終了です、勝利おめでとう! 元々は控えめでCにもそれなり振ってましたが、アイアントに何も出来ずタテられることが続いたのでアイアントを抜けるよう臆病にしSもがっつり振りました。 ダイストリームでは一撃で倒せません悲 ということで初手でアイアントと出会ったらこちらも即DM切らざるを得ないですが、結局1回も出会い頭撃たれませんでした。 アイアント使ったことないので分かりませんが、外しや襷やこっちのDM化考慮で撃てないんですかね? よく分かりませんが、相手からしたら謎ドヤムーブを決め込んで勝手に満足してました。 壁が貼れたら後続がなんとかしてくれるので初手アイアントだけはインテレオンにDM切ってました ほとんどありませんが…。 だから使う際はちゃんとダイマレベルも10にしといてくださいね。 技は後続の起点を作れそうなこご風と熱湯で完成です。 大体のカバも熱湯で確ニなので強気に行けます。 最強の壁役を見つけてしまった…。 有名なS1 4位ホルードです。 配分等お借りさせて頂きました、すみません、ありがとうございます。 御記事ではバンギを強く意識した調整になっていますが、うちのパーティではそこまでバンギを意識してもらうことはなかったので調整先を変えようとずっと思っていたのにずるずる最後まで使ってしまいました。 うちはエースバーンが若干重いので、弄るとしたらまずはそこからかなと思います。 終盤はこの型が有名すぎたので、役割対象であるはずのガアにも上手く受け回されてしまいました。 この枠はもう一度考え直したいと思います。 S1から色々な型を使ってきました。 ・HA弱保 ・AS気合溜めピントレンズ etc... が、結局足の遅いバンギは使用感が悪かったため最速にしました。 ほぼアイアントを抜かすためだけにここまで振りました。 ヨプと壁があれば馬鹿力も耐えますので舞ってほのパンで返り討ちに出来ます。 ガアについても先に展開できていればダイバーンで受からない所まで削れます。 ただ、こちらも上手いこと回されダイマックスターンが切れ素のほのパンで相手をしないといけない展開になると絶妙に足りません。 ほのパンは馬鹿力、アイヘとの選択肢になるかと思います。 DM時の効果もそれぞれ有用ですが、後続に控えたりするパルシェンのために砂を止めたり、相手の水技を狙って半減にできたりと絶妙に使い勝手がよかったため炎技はありだったと思います。 次シーズンはもう少し検討します。 DM切られてバンギが倒れたあと、DMじゃれを受けて、影撃ちを受けるということが結構あるので少しだけBに振っています。 Sはまた難しい話ですが、1回破ると最速スカーフダルマは抜けて最速スカーフサザンは抜けません。 性格は意地にしたいしスカーフダルマくらいは抜きたいので準速ですかね…。 356年前からある古き良きパルの型ですが、無難に最強でした。 終盤はすべてのパーティに刺さっていたと行っても過言ではなく、攻撃面では完全にMVPです。 物理偏重環境とはいえ襷は手放せません。 つまり舞えればスカーフドラパも縛れる。 ごく稀にDMを切ってあられを降らせたりするムーブもあるので、こちらもダイマレベルをちゃんと10にしておきましょう。 そこでオノノクスとの選択になりましたが、一致ダイジェッターに軍配が上がりました。 パルシェンに次ぐ活躍で、こいつもその内日の目を見るんじゃないかなぁと思ってます。 素の火力は絶妙に足りませんが舞ったあとはダイジェットを撃っているだけで勝てます。 アイヘはミミカスをはじめとしたフェアリー用に持ってましたが、ブレバで事足りることが多く要検討です。 大抵インテレオンにはドヒドを投げられるので、その後毒をスカせ火傷も痛くないやつを探してこの子に当たりました。 ドヒドガア水地面枠は一人で対処出来ます。 陰キャ対策のロトム勢を受けるサザンには爆音波が通るし、陰キャ対策のサザンを受けるニンフィアにも何もさせないので、陰キャの同居人にもある程度強いところが評価ポイントです。 最強だと思ってたのですが、電気を受ける地面枠がドリュウズであることが増え、ドリュウズ相手には何もできないため、中盤あたりから選出が控えめになっていきました。 変えるならこの枠ですが、オンリーワンの個性すぎるし、選出画面でどのような圧を放っているか正直わからないので後任が見つからずにいます。 まじで地ならしとか覚えてくれないかな… ストリンダー使い以外はあまり知らないと思いますが、ハイはギアチェンジを覚えるため物理型で使われがちです。 逆にローは特殊向きの性格なので何も考えなければローなら特殊型でしょう。 それを偽装するためにハイの特殊型を使っています。 ハイの性格で孵化して、控えめミント適用 勝率に影響しているかは全く分かりません。 ガチでインテレオン絶対選出初手縛りやってるでしょう? それでもこの勝率ですから信用可能具合が伝わるかと思います。 またパルの活躍っぷりが見てとれると思います。 ルチャもようやっとる。 バンギごめん…。 DMはホルード、バンギ、ルチャブルに切ります。 アイアントがいたらバンギ、ロンゲ・ドヒドがいたらホルード、カビゴン・ブラッキーがいたらルチャ、なんか先に展開してきそうな奴がいたらパルと、強く意識したのはこの辺でしょうか。 苦手なのは、まぁ積み構築の宿命ですがS操作してくるやつ全般ですね。 岩石封じバンギにやられた印象が強いです。 トリルもきついかなと思ってましたが、ダイウォールで時間稼げたりするので以外となんとかなりました。 誰も追いつけないスカーフドラパも単純にきつめです。 あとは対策ポケが3体いるにも関わらずなんか上手いこと躱されて思うように勝てないガア。 S3は更にメタってやろうと思います。 ちくしょーー!! こちらは被選出のログです。 ミミカスは完全に対策できているので雑魚、はっきり分かります。 ガア…笑 バンギ…苦笑 ダルマとかは完全にカモ。 初手に出てきたらホッとします。 ダルマ以降もズラッと並んでいますが、長いので割愛で。 最後に 拙い記事をここまで読んでいただきありがとうございました。 上記に書いたいくつかの検討事項を元にS3もブラッシュアップしていきたいと思います。 なお、本ブログは私だけではなく、であれこれ書いてます。 ポケモンの記事は自分だけですが、皆で様々なジャンルの記事をあげていますので興味があってお時間がございましたら、ぜひ色々見ていって下さい。 多岐に渡るジャンルの記事の一例をあげときます。 ・ X戦士によるスプラ解説 ・ 4人による激論 ・ おじさんの感想 ・ SEKIRO考察! ・ テラハ考察w また、仲間内の一人が東方プロジェクトの原曲紹介兼原作の攻略動画を上げるチャンネルを設立いたしました。 嫉妬するほどクオリティ高いのでチェックのほどよろしくお願いいたします。 SUNのチャンネル.

次の

【ポケモン剣盾】ギルガルドの型・調整・育成論まとめ

イン ファイト 剣 盾

元eno界隈のエルメロイ改めAlucardでーす。 構築記事 メモ書きに近いかも は初めて書きますが、今回はS2ダブルで終盤最高順位55位 最終順位134位 を記録した構築を簡単に紹介します。 タイトルの環境対応型というのはやといった重すぎるものの遭遇率が低かったを無視し、トリルや環境に多いの対策を重視したためです。 ジョー いのちのたま 性格:ようき 特性:すいすい :H4 A252 S252 技構成: ドリルライナー 運用: 動かし方は耐久が低いため、基本的にックス切り前提の使い方をします。 雨下のダイストリームの火力は凄まじく等倍での受けを許しません。 素の素早さでの上を取れて、天候上書きも可能。 また、初手でと出すことも多かったです。 ダイアースと組み合わせることでがH振りだけで珠持ちでないジュラルドンの鋼技を確定で耐えるようになります。 さらに、ダイアークで相手全体をDダウンさせた後にの眼鏡でごり押しすることも出来、非常に強力な組み合わせでした。 こだわりメガネ 性格:ひかえめ 特性: :H252 C252 S4 技構成: マジカイム 運用: ドラパルトキラーの妖枠として採用していましたが、環境にフェアリー半減のが少なかったためか、適当にハイボしているだけでも強かったです。 前述のジョーとの組み合わせたeasywinのしやすさから思考停止選出していたのは反省点です。 しめったいわ 性格:ひかえめ 特性: :H252 C252 余り4振り 技構成:ねっとう ぼうふう おいかぜ 運用: やといった天候始動要因に天候を上書きされてしまうため、 初手で出す機会がほぼありませんでした。 仕事は後出しからの天候の上書きとおいかぜがほとんどでした。 最初はを入れてましたが、使う機会がないので等を防げるに変更しました。 持ち物はを他のが持っていたので、なるべく雨状態を長引かせるしめったいわを選択しました。 ルンパッパ たつじんのおび 性格:ひかえめ 特性:すいすい :H126 c252 s136 技構成: だくりゅう 運用: 今作からだくりゅうを取得によりと違い味方が損害を受けずに全体攻撃出来ます。 や水がいる相手には活躍しましたが、が環境に多く選出率はそれほど高くありませんでした。 は雨状態で最速ドラパルト抜き調整。 ジュラルドン 性格:おくびょう 特性:すじがねいり :H76 C180 S252 技構成:てっていこうせん バークアウト 運用: 3000位くらいの時はパッチラゴンがこの枠にいましたが、との組み合わせとが重かったので採用。 性格をおくびょうにして最速にすることでとの上を取れます。 が、ぶっぱしてもそこまで確定数が変わるもいなかった筈ですし、火力不足もとくに感じませんでした。 性格:おくびょう 特性:すりぬけ :H4 C252 S252 技構成:ねっぷう ふういん 運用: が環境に多かったため対策枠として採用。 を採用した理由はふういん持ちの中でもトリル対策だけに特化せず炎技を持ち、おいかぜとの相性も良く汎用性が高かったためです。 とくこうが非常に高くアタッカーとしても優秀で、持ち物のと相まって腐りませんでした。 ふういんは読まれることも多かったのでックスを切ってトリル始動役のを味方のと併せて落とすというプレイングをすることもありました。 最後に 環境を研究してを入れ替えて完成した構築だったので、 プレイング次第でもう少し上を狙えたと思います。 拝見していただきありがとうございました。 Sophypoke.

次の

【ポケモン剣盾】マンタインの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

イン ファイト 剣 盾

元eno界隈のエルメロイ改めAlucardでーす。 構築記事 メモ書きに近いかも は初めて書きますが、今回はS2ダブルで終盤最高順位55位 最終順位134位 を記録した構築を簡単に紹介します。 タイトルの環境対応型というのはやといった重すぎるものの遭遇率が低かったを無視し、トリルや環境に多いの対策を重視したためです。 ジョー いのちのたま 性格:ようき 特性:すいすい :H4 A252 S252 技構成: ドリルライナー 運用: 動かし方は耐久が低いため、基本的にックス切り前提の使い方をします。 雨下のダイストリームの火力は凄まじく等倍での受けを許しません。 素の素早さでの上を取れて、天候上書きも可能。 また、初手でと出すことも多かったです。 ダイアースと組み合わせることでがH振りだけで珠持ちでないジュラルドンの鋼技を確定で耐えるようになります。 さらに、ダイアークで相手全体をDダウンさせた後にの眼鏡でごり押しすることも出来、非常に強力な組み合わせでした。 こだわりメガネ 性格:ひかえめ 特性: :H252 C252 S4 技構成: マジカイム 運用: ドラパルトキラーの妖枠として採用していましたが、環境にフェアリー半減のが少なかったためか、適当にハイボしているだけでも強かったです。 前述のジョーとの組み合わせたeasywinのしやすさから思考停止選出していたのは反省点です。 しめったいわ 性格:ひかえめ 特性: :H252 C252 余り4振り 技構成:ねっとう ぼうふう おいかぜ 運用: やといった天候始動要因に天候を上書きされてしまうため、 初手で出す機会がほぼありませんでした。 仕事は後出しからの天候の上書きとおいかぜがほとんどでした。 最初はを入れてましたが、使う機会がないので等を防げるに変更しました。 持ち物はを他のが持っていたので、なるべく雨状態を長引かせるしめったいわを選択しました。 ルンパッパ たつじんのおび 性格:ひかえめ 特性:すいすい :H126 c252 s136 技構成: だくりゅう 運用: 今作からだくりゅうを取得によりと違い味方が損害を受けずに全体攻撃出来ます。 や水がいる相手には活躍しましたが、が環境に多く選出率はそれほど高くありませんでした。 は雨状態で最速ドラパルト抜き調整。 ジュラルドン 性格:おくびょう 特性:すじがねいり :H76 C180 S252 技構成:てっていこうせん バークアウト 運用: 3000位くらいの時はパッチラゴンがこの枠にいましたが、との組み合わせとが重かったので採用。 性格をおくびょうにして最速にすることでとの上を取れます。 が、ぶっぱしてもそこまで確定数が変わるもいなかった筈ですし、火力不足もとくに感じませんでした。 性格:おくびょう 特性:すりぬけ :H4 C252 S252 技構成:ねっぷう ふういん 運用: が環境に多かったため対策枠として採用。 を採用した理由はふういん持ちの中でもトリル対策だけに特化せず炎技を持ち、おいかぜとの相性も良く汎用性が高かったためです。 とくこうが非常に高くアタッカーとしても優秀で、持ち物のと相まって腐りませんでした。 ふういんは読まれることも多かったのでックスを切ってトリル始動役のを味方のと併せて落とすというプレイングをすることもありました。 最後に 環境を研究してを入れ替えて完成した構築だったので、 プレイング次第でもう少し上を狙えたと思います。 拝見していただきありがとうございました。 Sophypoke.

次の