引越し 料金 安く。 引越し料金【無知は大損!?1万円以上安くなる業者選びのコツ】

引越し繁忙期(3~4月)の料金相場と費用を安くするコツ|引越しの準備のことならズバット 引越し

引越し 料金 安く

この記事の目次• 「 サカイ引越センター」は、顧客満足度が高く、人気がある引越し業者のひとつです。 サカイ引越センターを利用してみたいけど、大手の引越し業者だし料金も高いのでは……?と迷っていませんか? 効果的な見積もりの取得方法や、料金を下げるコツなどを知っていれば、引越しの料金を安くすることはできるんです!ここでは、 サカイ引越センターの料金相場と、見積もりの取得方法などを詳しく紹介していきます。 サカイ引越センターの引越し費用の相場はどのくらい? 単身からファミリーまで、幅広い層に支持されているサカイ引越センター。 少しでも引越し費用をおさえるための方法を紹介しましょう。 季節や時期によって引越し費用の相場が変わる 3月から4月は引越し業者の「繁忙期」となり、料金が高くなります。 3月から4月は進学や転勤など、人の移動する機会が多くなる時期のため、引越しの需要が増えて相場が上昇するのです。 一方、3月から4月以外の閑散期には人の動きが比較的少ないため、料金が安くなる傾向があります。 また、繁忙期は料金が高くなるほか、 引越しの作業日程を押さえにくいといったデメリットもあります。 サカイ引越センターでは「 お得な引越しカレンダー」という、名前の通り引越し料金のお得な日が一目でわかるカレンダーを公式サイトに掲載しています。 引越しのサービス内容・距離などが引越し費用の変動要因になる サカイ引越センターでは、サービス内容や予算、家族・単身での引越しなどの条件に合わせて以下のような引越しコースが用意されています。 家族での引越しや、できるだけ引越し作業を任せたいという方におススメ らくらくコースプレミアム 食器などの小物や家具・家電までの荷造り、荷ほどきをサカイ引越センターが行ってくれます。 さらに掃除のプロ「ダスキン」に引越し後の新居の掃除を頼めるプレミアムなプランです。 らくらくAコース 食器などの小物から家具・家電までのすべての荷造り、荷ほどきをサカイ引越しセンターが行ってくれます。 らくらくBコース 食器などの小物から家具・家電までのすべての荷造りはサカイ引越センターが行ってくれます。 新居での家具家電などの設置は行ってくれますが、小物の荷ほどきは自分で行います。 らくらくCコース 食器や大型家具の荷造り・荷ほどきはサカイ引越センターが行ってくれます。 その他のものの荷造り・荷ほどきは自分で行います。 サカイ引越センターに引越しを依頼する際は、事前に見積もり訪問してもらう必要があります。 この章では、サカイ引越センターの見積もりについて解説します。 見積もりは引越しの約2カ月~3カ月前より依頼できます。 繁忙期に引越しをする場合は、なるべく早く連絡するとよいでしょう。 (step1)電話・WEBで見積もり依頼をする サカイ引越センターの公式ホームページで入力もしくは窓口に電話し、訪問見積もり日を決めます。 地域によって異なりますが8時~18時の時間帯から指定できます。 また訪問見積もりは 無料ですが、キャンセルする場合は早めに連絡するのがマナーですね。 (step2)訪問見積もりの当日 訪問見積もりの当日はサカイ引越センターのスタッフに、住居内の荷物の量をチェックし見積もり金額を算出してもらいます。 サカイ引越センターには多くのプランがあるため、悩んでいる場合は相談するとよいでしょう。 他の引越し業者とも見積もりを比較するという方も少なくないでしょうから、その場で契約するかどうかの返事をしなくても問題ありません。 引越し費用を少しでも安くするには? 人それぞれで引越しの条件が異なるため、引越し費用に「定価」というものはありません。 そのため、 工夫次第で引越し費用を安くすることができます。 ここでは、サカイ引越センターでの引越し費用を安くするためのコツをご紹介します。 荷物量を減らす工夫をしてみる 引越し費用は荷物量が少ないほど安くなるので、自分で運べる荷物はできるだけ運んでしまいましょう。 また、不要なものを引越し前に処分するのも、荷物量を減らすのには有効な方法です。 サカイ引越センターの「小口便引越サービス」を利用してみる 関東から関西、関西から九州などの長距離の引越しで荷物量が少ない場合には、小口便引越サービスを利用することで引越し費用を安くすることができます。 指定されている「高さ144cm、幅105cm、奥行き75cm(内寸)」のBOXに荷物を詰めて運ぶため、 料金が格安に設定されています。 ただし、小口便引越サービスは「同エリア内の移動は対応外」「資材は別料金になる」という条件があるので注意してください。 なお、梱包資材については3種類の資材セットの販売サービスがあります。 サカイ引越センターの資材セット Aパック 3,300円(税込) ダンボール大5個 ダンボール小5個 ガムテープ1個 布団袋1枚 Bパック 6,600円(税込) ダンボール大5個 ダンボール小5個 食器包装紙100枚 エアキャップ10m ハンガーBOX ガムテープ1個 布団袋2枚 単身資材パック 5,500円(税込) ダンボール大10個 ダンボール小10個 ガムテープ1個 布団袋1枚 小口便引越サービスは、専用BOXに荷物が収まれば引越し費用の節約ができるので、荷物が少ない方はぜひ検討してみてくださいね。 サカイ引越センターと他社との比較をしてみる 少しでも引越し費用を安くするためには、サカイ引越センター以外の引越し業者にも見積もりを依頼し、比較検討してみましょう。 比較した見積もり金額は、サカイ引越センターと交渉する際の材料になります。 引越し一括見積もりでサカイ引越センターの引越し費用も安くなる!? サカイ引越センターへ見積もりを依頼する方法や、引越し費用の相場、値引き交渉のタイミングのコツなどについて解説しました。 荷物量や引越し時期について工夫をすることでじょうずに引越し費用を節約することができますが、 複数の引越し業者から見積もりを取ってサカイ引越センターと料金の交渉をすることもおススメです! 「引越し一括見積もり」でよりおトクに引越しをしよう! よい引越しサービスをより安い料金で受けたいなら、まずは引越し一括見積もりサイトを活用してみましょう。 最初からサカイ引越センターに引越しの依頼をすると決めている場合でも、引越しの一括見積もりサイトを利用してみましょう。 引越しの一括見積もりサイトで自分の引越しの条件を入力すると、さまざまな引越し業者から一括して見積もりをとることができます。 また、引越し見積もりサイト限定の キャンペーンなどの優待を受けられるチャンスがあり、タイミングによってはサカイ引越しセンターへ直接依頼をするよりも、 引越し見積サイトを通して依頼した方がおトクになる場合もありますよ。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればおトクに電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

一年のうちで引越し料金がもっとも安くなる6月がやってくる? | 引越し見積もりを安くする方法

引越し 料金 安く

引越し料金は、引越しする時期によって変動します。 とくに注意したいのが、引越し業者に依頼が集中する3〜4月。 この時期は繁忙期と呼ばれ、それ以外の時期(通常期)に比べて、引越し料金が高めに設定されています。 繁忙期と通常期の引越し見積もり料金の平均をまとめたのが以下の表です。 引越し見積もり料金が高い時期(繁忙期)は3月と4月 引越し業者に依頼が集中するのは3〜4月です。 入学や卒業、就職、転職など、新生活がスタートさせる方が増えるこの時期、引越し業者は繁忙期をむかえます。 繁忙期となると、引越し業者では作業を担当するスタッフや手配できるトラックが不足しがちに。 そのため、希望した日に引越し予約をとりづらくなります。 繁忙期に引越しを予定している方は、引越し難民とならないためにも、早めに引越しの計画を進め、予定日を押さえておくことが大切です。 できるだけ安く引越しすることを優先したい場合は、繁忙期を避けて引越しするのがよいでしょう。 引越し見積もり料金が安い時期(通常期)は5~2月 繁忙期を除く、5〜2月は通常期と呼ばれます。 ゴールデンウィークがある5月、人事異動にともなって転勤が増える9月など、通常期でも引越し業者への依頼が一時的に増えることはありますが、繁忙期のように件数が多くなることはないようです。 通常期は、繁忙期に比べると引越し見積もり料金が安くなる傾向があります。 安く引越ししたい方は、ぜひこの時期に引っ越すとよいでしょう。 ただ、単身者の場合と比較して、繁忙期と通常期との差額が大きくなっています。 家族の引越しでは、休みを合わせたり、子どもの学校の事情があったりと、3月や4月の引越しが避けられないケースが多く、繁忙期に引越しが集中しやすい傾向があるのかもしれません。 単身者の引越し見積もり料金が安くなるのは11月、12月、8月 では、引越し見積もり料金が最も安くなるのはいつでしょうか。 以下の表は、単身者の引越しにかかった費用を月別にまとめたものです。 次いで8月が安く、45,746円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で58,168円、次いで4月が高く、55,010円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で13,135円となっています。 荷物が多い単身者の引越し料金が最も安くなるのは11月で、56,935円。 次いで8月が安く、58,447円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で87,643円、次いで4月が高く、81,943円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で30,708円となっています。 時期によって料金が変動することについて、アート引越センターの塚本斉さんに伺いました。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でも例えば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、そのなかでも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 3〜4月にかけて引越しの依頼が集中するため、3月・4月の料金が高くなるわけですね。 ただし、同じ3月でも、引越し料金を安くするためには、下旬より上旬に引越しするほうがよさそうです。 それぞれ、75,567円、93,538円となっています。 4人家族の引越し料金が一番安くなるのは6月で119,801円です。 逆に、引越し料金が一番高いのが3月。 2人家族は118,811円、3人家族は153,053円、4人家族は188,056円です。 引越し料金が最も高くなる月と安くなる月の差額は、2人家族で43,244円、3人家族で59,515円、4人家族で68,255円に。 単身者と同様、家族やカップルの場合でも、繁忙期の引越し料金が通常期に比べて大幅に高くなっていることが分かります。 引っ越し料金は、引っ越しする時期や家族の人数によって大きく変動することが分かりました。 では、やむをえず繁忙期に引っ越しする場合、引っ越し料金を安くするにはどうしたらよいのでしょうか。 ここからは、引っ越し料金を安くするための方法をご紹介します。 1:複数の引越し業者の見積もりから一番安い料金を選ぶ 引っ越し料金は業者ごとに異なるため、最も引っ越し料金が安い業者を見つけるためには、複数の引っ越し業者から相見積をとり、比較する必要があります。 とはいえ、何社にも見積もりを依頼するのは面倒なもの。 そんなときに役立つのが、一括見積もりサイトです。 引っ越しに関する基本的な情報を入力するだけで、大手から中小まで、さまざまな引っ越し業者に見積もりを依頼することができます。 各社が提案する引っ越しの料金が一目で分かるので、簡単に最も安くなる業者を探し出すことができます。 2:訪問見積もりを依頼する 電話やネットで引越し見積もりをすると、荷物の量を自分で申告するので、あやまって多めに申告してしまうこともあります。 そうすると、見積もり料金が実際よりも高くなってしまう可能性があります。 荷物の量を正確に把握する自信がない場合は、訪問見積もりを利用するのもよいでしょう。 訪問見積もりとは、引っ越し業者に自宅を訪問してもらい、荷物の量などを実際に見て確認しながら引っ越し料金の見積もりを依頼することを言います。 訪問見積もりでは、熟練のスタッフが見積もりしてくれるため、正確な引っ越し料金を知ることが可能です。 実際、引っ越し会社の営業担当者に、訪問見積もりが本当に必要かどうか聞いてみたところ、どの引っ越し業者も「訪問見積もりしたほうが引っ越し見積もり料金が安くなることが多い」と回答しています。 また、訪問見積もり時に引越し料金を安くしてもらうよう交渉することもできます。 なかには「いま決めてくれたら〜円安くします」と即決を条件に値引きを提案する引越し業者もあります。 ほかにも検討したい引越し業者がある場合、見積り額に納得いかない場合は、きちんと断りましょう。 3:引越し前に不用品をできるだけ処分する 荷物を減らし、引っ越しに使用するトラックの大きさをサイズダウンできれば、大幅に引っ越し見積もり料金を抑えることが可能です。 引っ越しの荷物がどのサイズのトラックでまかなえるのかを知るのは難しいもの。 そこでトラックの大きさごとの引っ越し料金相場を以下にまとめました。 【トラックの大きさごとの料金の相場】 トラックの種類 大きさ 荷物量の目安 料金の目安 軽トラック 約5~5. 5㎥程度 単身(荷物小) 34,372円 1. 5トントラック 2トンショートトラック 約10~11㎥程度 単身(荷物大) 48,697円 2トンロングトラック 2. もしこれを2. 5トントラックにサイズダウンすることができれば、引っ越し料金は69,887円に。 14,187円も安くすることが可能です。 引っ越しの荷物を減らすには、不用品をできるだけ処分するのがおすすめです。 使い古して捨てようかと迷っている大きな家具など、引っ越しする前に捨てることができれば、ワンサイズ小さいトラックを使用できるかもしれません。 引っ越し料金を安くすることを優先するのであれば、引っ越し後ではなく引っ越し前に不用品の処分を検討しましょう。 4:大安を避ける 縁起がよいとされる大安を避け、仏滅や赤口などを選ぶことで、引っ越し見積もりが安くなる場合があります。 引っ越しする日のお日柄を気にする方は少なくありません。 とくに参考にされることが多い暦注が六曜。 そのため、縁起がよいとされる大安の日に引っ越し依頼が増える傾向にあり、割引が適用されにくくなる可能性が高まります。 縁起のよい悪いはあまり気にしない、それよりも引っ越し料金が安くなるほうがよいという方は、ぜひ仏滅や赤口を狙ってみるとよいでしょう。 5:早めに引っ越し見積もりを申し込む 早めに引っ越し見積もりを申し込むのも得策です。 早いうちから引っ越し会社に混雑していない日を問い合わせ、提案された日に引っ越しを依頼することで、値引きを検討してくれる引っ越し業者もあるからです。 早めに引っ越し予約すると、「早割」のようなサービスを受けられるケースもあります。 引っ越しすることが早くから分かっている場合は、日程に余裕をもって早割りサービスを積極的に利用するとよいでしょう。 6:梱包・荷ほどきは自分で行うプランに 引っ越しの荷物の梱包や荷ほどきを自分で行うプランを選択することで、引っ越し見積もり料金が抑えられます。 引っ越し業者には、梱包や荷ほどきなどをすべて業者まかせにできるプランがあるのが一般的です。 そのようなプランでは、引っ越し作業の手間が少ない反面、料金が高くなる傾向があります。 引っ越し料金を安くするのであれば、荷物の運搬以外の周辺的な作業を自分でするプランを選びましょう。 7:単身者なら単身パックがおすすめ 単身者であれば、単身パックを利用することで引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 荷物が少ない単身者向けに、多くの引っ越し業社が単身パックを用意しています。 単身パックとは、引っ越し業者ごとにコンテナを用意し、それに収まる荷物だけを運ぶプラン。 輸送できる荷物が少ない代わりに、料金が安くなっているのが特徴です。 引っ越し業者が提供する単身パックには以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン内容 コンテナサイズ 日本通運 「単身パックS」「単身パックL」の2種類から選択できる。 混載便とは、同じ方面に向かうトラックの荷室を共有し、引っ越しの荷物をまとめて運ぶ引っ越しトラックのこと。 引っ越し業者が提供する混載便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アーク引越センター ミニ引越し長距離プラン ワンルーム〜1LDKまでの少ない荷物の量で長距離(100km以上が目安)の引っ越しの場合に利用できる。 大型家具・家電の荷造りや運び込み、配置などはスタッフが対応。 1台のトラックで複数の引っ越しをまかなうため、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 運搬できる荷物の量が限られているため、荷物の量が少ない方はぜひ確認してみてはいかがでしょうか。 9:コンテナ便を利用する 荷物の量が多い方は、コンテナ便を利用することで引っ越し見積もり料金が安くなるかもしれません。 コンテナ便とは、JRの貨物用コンテナを使って引っ越しの荷物を運ぶ方法のこと。 トラックの燃料費や人件費を削減できるぶん、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 単身者だけでなく、家族のように荷物が比較的多くても利用できる場合があります。 引っ越し業者が提供するコンテナ便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アリさんマークの引越社 長距離エコ便 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと搬出、新居への搬入と最寄り貨物駅まで/からのトラック輸送を担当。 長距離エコリーズナブルパック 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと運び出し、新居での搬入作業などを担当。 ただし、通常の引っ越しよりも輸送日数が余計にかかる傾向があり、住まいと駅が離れていると、かえって費用がかかるケースもあるので注意が必要です。 10:長距離の引越しなら帰り便が使える場合も 帰り便が利用できれば、引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 帰り便とは、引っ越し作業を終えて帰途につく空のトラックを有効活用するプランのこと。 引っ越し料金には、往復分の運賃が含まれるのが一般的です。 ところが、帰り便で必要なのは片道分の運賃だけなので、引っ越し見積もり料金が安く抑えられます。 引っ越し業者が提供する帰り便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 料金(税別) プロスタッフ 長距離引越し格安プラン 52,000円〜(関西方面) 42,000円〜(中部方面) 66,000円〜(中国方面) 76,000円〜(四国方面) 91,000円〜(九州方面) 55,000円〜(東北方面) ただし、帰り便では、あくまで往路を行く便が優先です。 そのため、日にちや時間帯の希望が通らない可能性も少なくありません。 11:フリー便や午後便がお得! 引っ越し見積もり料金は引っ越し時期だけでなく、引っ越しする時間帯によっても変動します。 とくに予約が集中しやすい午前中に作業を開始するほうが午後よりも高くなる傾向があるようです。 そのため、時間指定をしないフリー便や午後便を利用することで、引っ越し見積もり料金を安くすることができます。 ただし、引っ越しの移動距離が長く荷物の量も多い場合は注意が必要です。 引っ越し作業に時間がかかり、その日のうちに作業が完了しなかった場合、追加料金を請求される場合があるからです。 事前に引っ越し業者に相談するとよいでしょう。

次の

引越し料金を安く済ませるコツ・断捨離でかなり安くなります

引越し 料金 安く

訪問見積りのメリットは、引越し料金が安くなり、融通の利いたサービスが受けられるだけではありません。 引越し当日のトラブルを防ぐためにも一役買っていますよ。 見積額が引越し当日に支払う料金になる 引越し料金は、見積り後に引越し内容に変更がない限りは、見積り料金が引越し当日に支払う料金になります。 見積り料金は、業者側の言い値のところがあります。 ライバル業者があるかないかや、引越し日の混み具合いなど、依頼者から色々な情報を聞いて最終見積額を提示します。 訪問見積りで引越し料金が安くなる理由 訪問見積りのメリットは、正確な荷物量を業者側に見てもらった上で見積り料金を提示してもらえることです。 電話のみの見積りですと、荷物がトラックに入り切らないことを防ぐために、大きめのトラックが手配されることがあり、引越し料金が高くなりがちです。 訪問見積りをお願いすれば、正確な荷物量を業者側が判断できますので、荷物量に合わせたトラックが手配されて妥当な見積り料金が提示されます。 融通の利いたサービスが受けられることもある 訪問見積りは、営業担当者と直接顔を合わせてやり取りしますので、色々な交渉がしやすいメリットもあります。 普段はサービスにならないものを、サービスしてくれることがあるのは、訪問見積りのメリットです。 直接話をする中で、詳しいサービス内容や業者側の強みなどが分かるのもメリットの一つです。 訪問見積りは最低2社に依頼する 少しでも引越し料金を安くしたいのなら、相見積りが必須です。 訪問見積りをたくさん受けるのは大変なので、最低2社、できれば3社にお願いするとよいでしょう。 引越し料金の相場を知るためにも、相見積りが必要ですし、最安値の業者を探すためにも相見積りが必要です。 どこの引越し業者も、相見積りだと分かると、ライバル他社を念頭においた見積額を提示してくれます。 引越し料金がほぼ同額で迷った場合は、営業担当者の対応や補償内容、サービス内容など総合的に判断するとよいです。 特に、荷物の補償に関しては、人によって重要度が異なると思います。 特別大事にしている荷物なら、自分で持って行きたい気持ちが山々だとは思いますが、自分で運べないのなら業者に頼むしかありません。 見積書や営業担当者の話を聞いて、万が一の対応についても詳しく話を聞くとよいでしょう。 訪問見積りで引越しトラブルを防ぐ 訪問見積りのメリットは、引越し料金が安くなり、融通の利いたサービスが受けられるだけではありません。 引越し当日のトラブルを回避するという重要な役割を担っています。 その場で見積書が発行されるのでじっくり確認できる• 営業担当者が荷物量や建物状況を確認してくれる• 疑問点があればその場で直接聞ける• 荷造り方法や引越しのアドバイスが詳しく聞ける 引越しトラブルは、見積り内容を書面化しなかった場合や、電話見積りで依頼した場合などに多くあります。 見積り内容を書面化しない時というのは、電話で見積りを取って契約した場合にあります。 引越しの契約は、口約束のみでも成立しますので、電話で引越しの契約を取ることが可能ではありますが、見積書が手元にないことで、後々言った言わないなどのトラブルになることが懸念されています。 訪問見積りをお願いすれば、その場で見積書が発行されますので、引越し内容が書面化され、依頼者がじっくり目を通すことができます。 また、訪問見積りをすることで疑問点に気付くこともあります。 例えば、冷蔵庫が玄関から入らない場合にどのように対処してもらえるか、運び出したい家財は分解できるかどうかなどです。 電話見積りで正確な情報を申告できればよいですが、実際に話をしないとわからないことも多いです。 電話のみの見積りはトラブルになりやすい 電話見積りですと、建物状況や荷物量が正確に判断できないため、トラックに荷物が載り切らない、トラックが横付けできないなどのトラブルが起こる可能性があります。 国民生活センターに寄せられた相談事例の中に、電話見積りで起こったトラブルが紹介されていました。 電話で引越しの見積りを依頼。 家族の人数とタンスの大きさや数を聞かれたので伝えたところ、「2tトラック2台とダンボール箱30個で納まる」と言われて、その事業者と契約した。 見積書や契約書は一切渡されていない。 ダンボールが届いたので荷造りを始めたところ、30個では足りず自分でさらに調達してから荷物を詰めた。 当日やって来たトラックにはダンボール箱20個しか載らなかったため、仕方なく仕事が休みの日に自分の車で2往復して荷物を運んだが、それでもまだ残っている。 自分で運んだ分のガソリン代や高速代等の実費を負担してほしい。 () 電話で見積りをお願いした際に、業者側が判断した荷物量と実際の荷物量に差があり、手配されたトラックに荷物が積み切れなかったトラブルです。 業者側の見積りミスですが、依頼者側の負担はかなり大きいものになっています。 電話のみの見積りですと、引越し当日に荷物が積み切れないトラブルが多々あります。 トラブルを防ぐためにも、訪問見積りをお願いして営業担当者に直接荷物量を確認してもらうことが大切です。 引越しすることになり、予算を決めてネットで数社から見積りを取ったところ、ある業者から「自宅前に2t車を横付け作業できる」と電話連絡があり、作業に便利だと思って契約しました。 ところが当日、家の前の道に車は横付けできず。 運搬作業料約2万円を追加請求されました。 () 自宅前にトラックが横付けできない場合は、小さいトラックを再度手配して複数回に渡って荷物運搬をするか、横付けできる場所から、作業員数を増やして荷物を運搬するかなどで対応してもらうことになります。 どちらの場合にも、作業員数の増員や所要時間の関係で追加費用が請求されることがあります。 訪問見積りを依頼すれば、建物状況は営業担当者が確認できますので、トラックが自宅前に進入できないなどのトラブルを防ぐことができます。 訪問見積りに抵抗がある場合 女性の一人暮らしなどで訪問見積りに抵抗がある方もいるでしょう。 荷物量が少ない一人暮らしの方は、電話のみの見積りでもよいとは思いますが、正確な情報を引越し業者に伝えることが必要になります。 運び出す荷物の申告はもちろん、家財のサイズを正確に伝えます。 大きい家財を運び出す場合は、見積りをお願いする前に、メジャーでサイズを測っておくとよいです。 また、電話見積りで契約をしたとしても、見積書を書面化してもらうとトラブルになりにくいです。 見積書を郵送で送ってもらったり、メールで見積り内容を送ってもらいます。 ある程度荷物量がある場合や、大きな家具等の運び出しを業者にお願いする場合は、訪問見積りを取ることをおすすめします。 訪問見積りですので、実際に家の中に入って荷物を確認します。 見られたくないものは、目につかない場所に入れておいたり、女性一人での対応が不安な場合は、家族などに付き添ってもらうとよいと思います。 訪問見積りの注意点• 同日に複数社の訪問見積りを受ける場合は、時間配分に気をつける• うまい話には乗らないよう冷静な判断が必要• 時には割り切って断ることも必要 訪問見積りを同日に複数社行う場合は、見積りする段階で、他にも後から見積りをお願いしていることを伝えておくとよいでしょう。 訪問見積りの所要時間は、平均して1社30分程度ですが、見積り内容によっては、見積り時間が長くかかります。 引越し業者の中には、「今契約してもらえればここまで値下げできます。 明日は値引きができないかもしれません」などど、即決を迫れることもありますが、1社目で即決するのはおすすめできません。 その場ではお得に感じても、後々他に条件がよい引越し業者が現れる可能性がありますし、相見積りをして気がつく比較ポイントもあります。 契約を強引に進める引越し業者は実際に存在しますが、自分のための引越しなんだからと割り切り、時には断ることも必要だと思います。

次の