個人型確定拠出年金 比較。 どちらが有利?「小規模企業共済」と「確定拠出年金」を比較

個人型確定拠出年金(iDeCo)を取り扱う金融機関を比較します

個人型確定拠出年金 比較

確定拠出年金と中退共 中退共という制度を知っていますか?退職金制度のひとつで、昭和34年に誕生しました。 似た制度に確定拠出年金というものがあり近年はこちらが注目されていますが、中小企業にとっては中退共のほうが馴染みがあるのではないでしょうか。 中退共 中退共の目的は、従業員の福祉増進や企業の振興、そして発展に寄付すること。 この根底には、企業側の相互共済、そして国の援助退職金制度が確立することにあります。 しくみは、• 事業主が中退共と退職金共済契約を結ぶ• 事業主は掛け金を支払う• 従業員が退職すると退職金が支払われる。 一番のメリットは、 安全であり確実、有利であることでしょう。 しかも管理が簡単ですから利用しやすい点もメリットになります。 掛け金は毎月口座振替になりますが、加入後は面倒な手続きがいりません。 事務処理も不要なので、管理が簡単といわれています。 また 掛け金の額は16種類から選択可能。 そのうえいつでも変更できるため、状況に合った掛け金の支払いができるというわけです。 ちなみに、 掛け金の最低月額は5,000円。 最高30,000円になります。 パートやアルバイトでも2,000円〜4,000円で加入できるので助かります。 確定拠出年金 以上が中退共になります。 では、 確定拠出年金はどうでしょうか?2014年からスタートしたこの制度は、加入することで老後の資産に役立てることができるようになります。 個人型と企業型に分類されますが、個人型であれば老後の自分年金が充実しますし、所得税を支払っている方であれば住民税と合わせた税金の負担が軽減されます。 企業型であれば、万が一会社が倒産しても従業員の年金資産を保護してもらえます。 企業型の場合、会社より従業員の掛け金を増やすことができますから、会社側の負担を減らしてはじめることができます。 また 退職金や福利厚生などに充てることができるため、従業員が安心・満足に働けるというメリットもあります。 メリット・デメリット では、 確定拠出年金と中退共ではどちらが良いのでしょうか?こればかりはそれぞれの運用次第になりますから、やはりきちんとメリットとデメリットを理解する必要があります。 たとえば、2つに共通しているのは払ったときの 経費化や福利厚生の充実などです。 これらはどちらも共通しています。 しかし、退職してからすぐに退職金として受け取れる中退共に対し、 確定拠出年金は60歳を過ぎるまで給付を受けることができません。 ですから、どちらが良いとは一概に決めることはできないでしょう。 2017年現在•

次の

確定拠出年金とは?企業型と個人型のメリット・デメリットを紹介

個人型確定拠出年金 比較

(1)対象者(制度に加入できる者)及び拠出限度額 HTML• 企業型年金加入者においては、企業型年金規約において個人型年金への加入が認められている方に限る。 老齢給付金 障害給付金 死亡一時金 脱退一時金 給付 5年以上の有期又は終身年金 (規約の規定により一時金の選択可能) 5年以上の有期又は終身年金 (規約の規定により一時金の選択可能) 一時金 一時金 受給要件等• 1.企業型年金を資格喪失した後に企業型記録関連運営管理機関に請求するケース。 ・以下の全ての要件に該当する者• [1] 企業型年金加入者、企業型年金運用指図者、個人型年金加入者及び個人型年金運用指図者でないこと。 [2] 資産額が15,000円以下であること。 [3] 最後に当該企業型年金加入者の資格を喪失してから6ヶ月を経過していないこと。 2.個人型記録関連運営管理機関又は国民年金基金連合会に請求するケース。 ・以下の全ての要件に該当する者• [1] 国民年金保険料免除者であること。 [2] 障害給付金の受給権者でないこと。 [3] 掛金の通算拠出期間が3年以下であること(退職金等から確定拠出年金へ資産の移換があった場合には、その期間も含む)又は資産額が25万円以下であること。 [4] 最後に企業型年金加入者又は個人型年金加入者の資格を喪失した日から起算して2年を経過していないこと。 [5] 上記1.による脱退一時金の支給を受けていないこと。 (6)確定拠出年金と確定給付企業年金の比較• 確定拠出年金 確定給付企業年金 仕組み あらかじめ定められた拠出額と その運用収益との合計額をもとに、 個人別に年金給付額が決定される仕組み。 あらかじめ給付の算定方法が決まっている仕組み。 実施主体 <企業型> 事業主 <個人型(iDeCo)> 国民年金基金連合会 企業年金基金または事業主 掛金 <企業型> 事業主拠出 (規約に定めた場合は加入者も拠出可能) <個人型(iDeCo)> 本人拠出 (を利用する場合は事業主も拠出可能) 原則事業主拠出 (加入者が同意した場合は加入者拠出が可能) 資産運用等 加入者が運用を行い、資産は個人別に管理される。 制度実施者(企業等)がまとめて運用管理を行う。

次の

個人型確定拠出年金取扱機関 かんたん比較&検索!

個人型確定拠出年金 比較

総合得点 「iDeCo(個人型確定拠出年金)サイトランキング」は以下のとおりとなりました。 このランキングは2017年6月7日~2017年6月12日までの個人型確定拠出年金の運営管理機関サイトの情報にもとづいて評価を行い、上位15サイトを選出、掲載しております。 順位 サイト名 得点 Webサイト 1 9. 26 2 8. 78 3 8. 78 4 8. 71 5 8. 69 6 8. 65 7 8. 64 8 8. 52 9 8. 52 10 8. 42 11 8. 4 12 8. 36 13 8. 28 14 8. 16 15 8. 同社では、60本を超える豊富な商品を用意しています。 商品選びをサポートするために、専門家の意見を動画で掲載しているほか、運用商品選びのためのシミュレーションを提供しています。 運用商品ランキングでは、購入金額やトータルリターンランキングなど複数のランキングを用意しており、1クリックで結果が切り替わるなど利便性の高い作りになっています。 またファンド詳細画面は、商品選定理由や運用方針の記載、表示期間が自由に変更可能な基準価額チャートなど、充実した内容となっています。 また、管理手数料や信託報酬が低く抑えられている点は、ランニングコストの節約となり、利用者に実質的なメリットをもたらします。 総合第2位は「りそな銀行」となりました。 「情報量と取扱商品の充実度」においても2位を獲得しています。 制度についての紹介や手続き時の疑問などを、図などを用いて説明しているのに加えて、それぞれ説明動画を用意するなど利用者にわかりやすく伝えようとする姿勢がうかがえます。 また、すべてのページからよくある質問や用語集を見ることができるほか、加入後のサポート体制や加入後の変更手続き方法を記載するなど利用者が安心できる情報を多く提供しているサイトです。 総合第3位は「楽天証券」となりました。 総費用面ではSBI証券とほぼ同等の水準になっており、コスト面における利点があります。 同社では、特設サイトを設けサイト内のすべてのページでスマートフォンサイトを展開しています。 そのため、利用者は閲覧するデバイスを問わず同じ情報を得ることができます。 また専門家の意見を掲載しているほか、口座を持っていない利用者も含めて誰でも参加できる「確定拠出年金」の無料セミナーを全国で展開しています。 この過去のセミナー動画は、サイトから閲覧することができるなど利用者にとって役立つ情報を多く提供しています。 評価の視点と全体的な傾向 全体的に、サイト改善の動きは活発で、制度改正による加入者範囲の拡大を受け、様々な利用者を想定した改善を積極的に行っています。 PCのみならずスマートフォンやタブレット端末を考慮したマルチデバイス化対応をしているサイトも見られました。 また制度の説明では、表や図解を用いてわかりやすく表現をするなど工夫がされています。 実際に制度を利用した際のメリットなどのイメージが持てるようにシミュレーションツールを提供しているサイトも多くあります。 一方で、商品情報については、多くのサイトで情報量に課題が見られます。 運用商品の特徴や商品選定理由の掲載、そのほか運用方針やリスク・リターン分析、表示期間が自由に変更可能な基準価額チャートの記載などいずれも確定拠出年金のサイトにおける重要な要素といえます。 運営管理機関サイトでは、誰もが見やすく使いやすいサイト設計および質の高い充実した情報の提供が求められます。 iDeCo(個人型確定拠出年金)サイト ランキング手法 2017年1月iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度改正により、加入者範囲が拡大されて今まで加入できなかった公務員や家庭の主婦も対象となりました。 「iDeCo(個人型確定拠出年金)サイトランキング」は、個人の利用者が自身の確定拠出年金を申し込む際に参考となるiDeCoを取り扱う金融機関等のウェブサイトおよびサービス状況をユーザーの視点にもとづいて総合的に評価しています。 特に、金融機関等におけるウェブサイトの使いやすさやサービス情報の充実度、取り扱っている運用商品の豊富さ、口座管理手数料や投資信託にかかる費用などのお得さなどに焦点を当てています。 1調査期間について 調査期間は2017年6月7日から2017年6月12日。 ランキング結果は2017年6月12日までの各社ウェブサイトに基づいています。 2ノミネートについて 以下のノミネート基準を満たす運営管理機関のウェブサイトをノミネートします。 (1)国内の運営管理機関でWebサイトを通じて個人型確定拠出年金の詳細な情報提供を行っていること (2)サービスを全国展開していること(ネット専業金融機関も含める) (3)取扱商品数が15本以上であること (4)その他当社の定める一定の基準をクリアすること など 今回は上記基準を満たすサイトのうち、とくに優れた上位15サイトを弊社サイト上で発表します。 3調査項目について 「iDeCo(個人型確定拠出年金)サイトランキング」では、運営管理機関サイトのユーザビリティやサービス状況をさまざまな角度から分析・評価するために、以下の3つの視点からなる46項目のランキング・スコアカードを用います。 各カテゴリは、以下のような評価内容となっています。 サイトの使いやすさ ユーザーがウェブサイトで効率的に迷いなく情報収集できるかを評価します。 情報量と取扱商品の充実度 個人型確定拠出年金に関する制度情報や特徴の掲載、シミュレーション機能の充実などコンテンツの充実度を評価します。 取扱商品数や商品情報の詳細な掲載度合いも調査対象です。 総費用 運営管理機関に支払う手数料や、投資信託の信託報酬などを評価します。 当評価カテゴリは、最も総費用が抑えられていた運営管理機関に10点(満点)が付与され、2位以下はそれを基準とした相対評価となります。 以上の視点に基づいた調査項目にユーザーにとっての重要度をそれぞれ加味して統計処理を行い、スコアおよびランキングを決定します。 4サイトパフォーマンスについて 「サイトの使いやすさ」の主要調査項目のひとつに「サイトパフォーマンス」があります。 サイトパフォーマンスの詳細な説明については、下記ページをご覧ください。 今回のランキングでは、2017年6月9日~6月12日までの各社確定拠出年金トップページの表示速度を測定し、ランキング評価に反映させています。

次の