はてなブログ 収入。 はてなブログの収入は激減している!?ブログは副業に向いていない!?その仕組みとは!グーグルアドセンス・アフィリエイト

hitodeblog|完全初心者のためのブログの始め方

はてなブログ 収入

おすすめの無料ブログサービス『はてなブログ』 無料ブログにはいろいろな種類がありますが、今最もおすすめなブログサービスは『』です。 なぜ、はてなブログがおすすめなのかというと、• SEOに強く、初期状態でも上位表示しやすい• 記事の投稿画面が使いやすい• デザインがきれいでオシャレ• アクセス負荷に強い といった理由があります。 これだけのメリットがありながら無料で使えるわけですから、最初は『はてなブログ』でブログ運営に慣れつつ 「アドセンスで稼げる!」ということを実感してみましょう。 Googleアドセンスは最初にブログの審査がありますが、はてなブログで審査にパスすることは問題なくできます。 「はてなID登録」をクリックします。 はてなID:ユーザーIDになるので好きなID名を入力します。 パスワード:パスワード決めて入力します。 メールアドレス:受信可能なメールアドレスを入力します。 「私はロボットではありません」にチェックを入れます。 すべて入力後、「入力内容を確認」をクリックします。 入力内容を確認して間違えがなければ「登録する」をクリックします。 登録したメールアドレスに 「【はてな】本登録のお願い」という件名でメールが送信されます。 メールに記載されている「本登録用URL」をクリックします。 以上で「はてなIDの登録」は完了です。 続いてブログを作成していきます。 はてなブログの作成方法• ブログURL:自分の好きな文字列(英数字)でブログのURLを入力します。 ドメイン:ブログのドメインは「hatenablog. com 」など5つから好きなものを選びます。 ブログの公開範囲:「すべての人に公開」を選択します。 「私はロボットではありません」にチェックします。 すべて入力後、「ブログを作成」をクリックします。 「ブロググループ」の設定は、ひとまず「スキップ」でOKです。 もし参加したいグループがあれば、そちらをクリックします。 以上でブログの作成は完了です。 次にはてなブログを設定していきます。 はてなブログの設定方法 画面右上の「ユーザー名」をクリックして、そこから「ダッシュボード」をクリックします。 左メニューから「設定」をクリックします。 ブログ名にブログのタイトルを入力して、画面下部の「変更する」をクリックします。 以上で、はてなブログの作成&初期設定は完了です。 はてなブログの使い方 ブログの準備ができたら作成したブログに記事を書いていくだけです。 はてなブログの使い方はこちらが参考になります。

次の

【収益公開中】はてなブログは稼げるのか?10ヶ月間の運営報告から考察

はてなブログ 収入

ページコンテンツ• ブログで稼ぐには?2020年の最新事情 ブログはオワコン、とか言われることもありますが、本当でしょうか? まず、ブログで稼ぐ手法について、整理します。 大きく分けると、下記となるでしょう。 <ブログで稼ぐ方法> 1. ブログアフィリエイトで稼ぐ 2. ブログアドセンスで稼ぐ 3. コンテンツマーケティングで稼ぐ もちろん、その他にもあるでしょうが、個人が効率的に稼ぐのはこの辺かと思います。 1のアフィリエイトですが、これはブログから商品を紹介して、そこから販売ページに移行して購入までしてもらうと報酬が発生する、という仕組みです。 成果報酬型とも言われますので、当然ながら売れなければ1円にもなりません。 実際、月収10万円以上稼いでいる人が2. 8%ということですので、なかなか厳しそうな印象を受けますよね。 月収3万円以上で、5. 8%とのことでした。 ただ、多くのブロガーが続けることができなかったりで撤退していっているのが実情ではないでしょうか。 すぐに成果が出るとは限らないですからね。 アフィリエイト協会主催のセミナーに参加しましたが、そこでは、大体月3万円以上稼いでいる人がどんな人なのか、というモデルケースを教えてくれました。 あくまでも目安ではありますが、ブログ運営歴1年以上、5サイト程度の運営、平均作業時間は1日2時間、ということです。 当たり前のことですが、これ位の作業量で一定期間継続しなければ、残りの9割以上の稼げないブロガーになってしまいます。 そして、2のアドセンスアフィリエイトですが、こちらはもっと単純で、ブログに貼った広告をクリックされると、報酬が発生します。 よくアフィリエイトとアドセンスとどちらが良いか?も聞かれますが、初心者にはアドセンスをお勧めしています。 その理由は、アドセンスは広告をクリックしてもらえば良いので、単純にブログへのアクセスを集めれば稼げます。 非常にシンプルですよね。 それに対して、アフィリエイトは広告をクリックしてもらい、購入をしてもらう、という最低でも2ステップ必要になるので、報酬発生のハードルが高くなります。 購入してもらうためには、商品の選定眼やコピーライティングのスキルも必要となり、難易度は高めです。 いずれにせよ、1のアフィリエイトも2のアドセンスも、ちゃんとやれば稼ぐことは可能です。 市場規模では、アフィリエイトは2019年3400億円を超えていて、毎年伸びているという有望な市場です! 挑戦してみない手はないと思いますが、くれぐれも「続けて」くださいね 笑。 さて、3のコンテンツマーケティングは更に難易度が高くなり、複雑なので、別の章で詳しく解説しますね。 ブログで稼ぐには、アメブロはなし!無料ブログはやめよう ブログで稼ぎたいのでしたら、アメブロをはじめとした無理ブログはやめましょう。 無料ブログは、簡単に無料で開設できる、というメリットはあります。 ただ、この資本主義社会でなぜ無料で使えるのか?を考えていただけば、お勧めできない理由がわかるかと思います。 ご存知のように、アメブロには広告が掲載されています。 その広告料を受け取るのが誰がというと、アメブロを運営するサイバーエージェントなのです。 せっせと記事を書いてアクセスを集めたとしても、ユーザーが広告をクリックしたとしても、それではあなたの収入にはなり得ません。 アメーバの広告を外す選択もありますが、こちらは有料です! 有料だったら、無料ブログのメリットはなくなっちゃいます・・・。 しかも、それでもアドセンスを貼ることはできませんので、クリック型広告で収益をあげることはできません。 唯一、ブログで稼ぐ方法として残されているのは、アフィリエイトです。 以前はアメブロの商用利用は禁止されていましたが、規約変更により、現在はアフィリエイト可能となっています。 それでも、wordpressの方がSEOに強いので断然お勧めです。 また、アメブロに限らず、他の無料ブログ、シーサーブログやライブドアブログなども同じことです。 ただし、はてなブログはちょっと違いますので、次章でご説明します。 ブログで稼ぐには、はてなブログかwordpressか? ブログで稼ぐには、はてなブログもいけるんじゃないのか? それでもwordpressの方がいいのか?という疑問には、これまたやはり「wordpressで!」という答えです。 確かに、はてなブログは規約を守ればアフィリエイトは可能です。 しかしながら、無料プランではアドセンスはできません。 有料プランであればアドセンス可能ですが、どのみちお金を払うのであれば、wordpressの方が絶対にお勧めです。 なぜならば、はてなブログは基本的にカスタマイズがあまりできませんので、SEO対策がしずらいです。 SEO対策ができなければアクセスを集める対策ができません。 また、アドセンス広告を貼る位置も限られているので、効果的な広告出稿ができません。 確かに、はてなブログは始めやすいですが、その代償は大きいと思います。 wordpressのブログを作ろうとしたら、確かにサーバー契約やドメイン取得といった多少の知識が必要です。 ブログで稼ぐには、こんな方法もあり!コンテンツマーケティングとは ブログで直接稼ぐという訳ではないかもしれませんが、アドセンスやアフィリエイトの広告収入以外の方法もあります。 これが、3. コンテンツマーケティングで稼ぐ です。 コンテンツマーケティングとは、昨今大手企業でも主流のマーケティング手法です。 これまではマスマーケティングがメインでしたが、不特定多数の人への訴求は効果に限界があります。 また、消費者も広告にうんざりしている現状もあります。 我々も、さすがにテレビCMを見てすぐに何かを購入することもあまりないのではないでしょうか。 買うか検討する際に、ネットで一旦調べる人が多いと思います。 そこで、例えば「ニキビ 原因」と検索エンジンに打ち込んだ人に対して、知りたい情報を提供し、そこで自社製品を紹介することをコンテンツマーケティングと言います。 「コンテンツ」とは、つまりお役立ち情報であり、直接の広告ではないのです。 売りたい商品のターゲットが検索しそうなことを良質なコンテンツとして準備しておいて、そこに集客することで商品販売に繋げる手法です。 これは大手企業だけではなく、個人でも可能です。 例えばですが、心理学が得意だとして、人間関係に関する記事を書き、そこに集客した人に対して小冊子を販売する、とか。 講座やコンサルティングを売る、といったことができます。 ここでも、ポイントとなるのは、販売したい商品やサービスのターゲットが悩んでいることや調べたいことの記事を書く、という点です。 これはあらゆる業種で応用可能ですので、こういうブログでの稼ぎ方も、ぜひ検討してみてください。 ブログで稼ぐことは可能ですし、稼ぎ方にも色々な方法があります。 ただし、一朝一夕で稼げるものではありませんので、挫折していく人がほとんどという現状があります。 正しいやり方で続けていれば、成果はでますので、ぜひ続けましょう。 ブログで稼ぐ正しい方法については、無料講座にまとめていますので、よろしければダウンロードしてみてください。

次の

初めての副業ブログは「はてなブログ」で始めることをオススメする4つの理由

はてなブログ 収入

単純に考えて、PVが多ければ、広告をクリックしてもらえたり、商品が売れる可能性が高まるため、PVが多いに越したことはない。 ただ、ここで気になるのは、ぶっちゃけ、「ブログの収入はだいたい何PVでどのくらいの稼ぎになるのか?」ということではないだろうか。 実際に、目安のPVを目標にして取り組むことで、モチベーションの維持にもつながりますので、ブログの収入とPVの関係性を知っておいて損はありません。 ブログで収入を得ると一言で言っても、Googleアドセンス、アフィリエイト、リストマーケティングなど種類があります。 今回はそれぞれの仕組みに応じて、収益を最大化させる方法もお話していますので、お見逃しなく。 ブログの収入とPVの関係性と収益を増やす方法 まず、ブログで稼ぐと一言で言っても、お金を得る方法は1つではありません。 クリック報酬で広告収入を得るGoogleアドセンス、商品を紹介してその成果報酬を受け取るアフィリエイト、自分のメルマガに誘導してセミナーやコンサルティング、アフィリエイトを行うリストマーケティングなどが代表的な稼ぎ方。 そして、その稼ぎ方によって、収益を増やしていく戦略というのは異なります。 例えば、アフィリエイトで稼ぎたいのであれば、ただやみくもにPVを増やしていけばいいというわけではないのです。 実際に、どのくらいのPVでどのくらいの収益を得ることができるのか、また、収益をさらに増やしていくためにはどうすればいいのだろうか? また、現在、初期費用がかからず、リスクもなしでブログを使って稼ぐことができるネットビジネスを特別講義として期間限定でお話しています。 それこそ、今回取り上げている ブログビジネスですので、あなたにとっても価値のある内容かと思います。 初心者でもわかりやすく0から稼ぐ方法をお話しておりますので、下記から無料で学んでみてください。 世の中の99%の人が知らない"新時代のお金の稼ぎ方"を無料公開中。 Googleアドセンスではブログの記事内に広告を貼り付けて、それをクリックしてもらうことで報酬が発生する仕組みのビジネスとなっています。 アフィリエイトとは違い、商品を売る必要がなく、それこそPVを多く集めれば稼ぐことができるという点で初心者におすすめ。 ただし、クリックによる報酬のため、報酬単価(1クリックあたりの報酬)はどうしても低くなってしまいます。 具体的なGoogleアドセンスで得られるブログ収入とPVの関係性は以下の通り。 月間0〜3,000PV:0円〜数百円• 月間3,000PV〜1万PV:数千円• 月間3万PV〜10万PV:1万円〜3万円• 月間10万PV〜30万PV:3万円〜10万円• 月間30万PV〜100万PV:10万円〜30万円• 月間100万PV〜300万PV:30万円〜100万円• 月間300万PV〜:100万円〜数百万 1クリックあたり数円〜数十円(たまに数百円)という報酬であるため、基本的には莫大なアクセスを集めることが収益を増やすカギとなる。 実際に、月間30万PVを越えたあたりから、報酬も約10万円を超えるようになり、数十万円と稼げるようになります。 このPV数から見て、Googleアドセンスは決して最初から稼げるわけではないということ。 (アフィリエイトでも同じですが。 ) 実際、ブログの記事数が増えたり、運営歴が長くなればなるほどアクセスも増えてくるため、ブログで稼ぐのは継続が命であることを理解しておきましょう。 Googleアドセンスではいかにクリックをしてもらえるか、そのためのアクセスを増やせるか、がキモとなるため、基本的にはトレンド系の記事、クリスマスやバレンタインなどの季節系の記事を書くことが戦略となります。 その中でもいかにライバルの弱い部分をせめて、効率よく上位表示させることができるかがポイントで、キーワード選定とライバルチェックを欠かすことなく行っていきましょう。 また、Googleアドセンスと合わせて、時折、楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトの商品を紹介して、細々とした報酬を拾っていくのも効果的です。 商品を紹介する成果報酬型のアフィリエイトの場合 続いては商品を紹介してその成果報酬に応じた報酬を受け取るアフィリエイト。 Googleアドセンスよりもアフィリエイトの方が知名度が高いのですが、商品を売らなければならないため、実際はアフィリエイトの方が難易度は高めです。 そんなアフィリエイトによる収入とPVの関係性ですが、結論からいうと、案件によるため非常に差が激しくなります。 私自身が知っているないしは運営しているサイトであれば、特定の季節に8万PVで月に800万円を稼ぐサイトもあれば、毎月5万PVで安定的に月に80万円以上を稼いでいるサイトもあります。 (特定の季節に月2000万円を稼ぐ化け物サイトも。 ) 報酬単価が大きく1件売れれば2000円〜2万円を得ることができるため、Googleアドセンスの場合よりも、少ないPVで報酬を獲得できるのがポイント。 そして、アフィリエイトの場合はアクセスというよりも流入キーワードの方が重要になってきます。 例えば、ダイエットの案件を扱う場合は「痩せたい」、「すぐに 痩せる 方法」などといったキーワードでアクセスを集めることができれば、商品との親和性があり、収益が上がりやすい傾向にあります。 そのため、アフィリエイトに取り組む場合は、売る商品と集めるキーワードを意識して取り組んでいきましょう。 ブログ自体もいろんな内容のブログというよりは、ダイエット特化、脱毛特化、筋トレ特化などジャンルを特化させることで、狙っているキーワードを効率よく集めることができるのです。 アフィリエイトで稼ぎたいという場合は、最低限のPV数をあげることはもちろん、流入キーワードを意識してみてください。 参考: メルマガに誘導してコンテンツ販売をする場合 ブログで収入を得る方法にはGoogleアドセンスとアフィリエイト以外に、メールマガジンに誘導するリストマーケティングという方法もあります。 リストマーケティングの場合は、自分の好きなタイミングで、読者全員にメールを流してセールスを行うことができるため、非常に効率がよく、攻めのマーケティング手法。 もちろん、ブログの運営だけでなくメルマガも執筆しなければならないため、難易度は非常に高くなりますが、月収数百万、月収数千万というレベルの人たちはほとんどメルマガを発行しています。 このリストマーケティングで稼ぐ場合も、ブログと収益の関係性はメルマガで販売する商品や運営スタイルによって変わってきます。 例えば、月間8万PVのブログでステップメールという自動メール配信システムを利用し、完全自動で月に60万円を稼げたり、月間6万PVながら高額商品を販売するため、月に200万円を稼ぐこともできます。 リストマーケティングのいいところは読者を解除されない限り、メールを送ることができるため、「読者=資産」となること。 そのため、時間を置きつつ何度も何度も商品をセールスして、何度も何度も商品を購入してもらうことも可能になります。 自分で商品を作って販売する、セミナーやコンサルティングを実施する、アフィリエイトを行う、メルマガであればなんだってできるのです。 このリストマーケティングでのブログ運営スタイルは2つあり、ホリエモンのような完全なファンビジネスとして展開してファンを増やすのか、それとも、アフィリエイトのように特定のジャンルに絞って商品に興味のある人を探すのか、で戦略が変わってきます。 アフィリエイトと同じく商品と親和性のあるジャンルに特化させてキーワードを狙う方が稼ぎやすいため、個人的にはそちらがおすすめ。 ただ、リストマーケティングは難易度が非常に高いため、Googleアドセンスやアフィリエイトで数十万円でも稼げるようになってから取り組むといいでしょう。 今回はブログ収益とPVの相関関係についてお話をしていきましたが、自分には難しいと感じた方は下記の『クビでも年収1億円』を読んでみましょう。 私がサラリーマンの時にネットビジネスで0から稼げるようになった方法の全てをお話していますので、ネットビジネスをするのであれば非常に参考になるはずです。 現在、期間限定で無料プレゼントしていますので、ぜひ下記から無料でお受け取りください。 サラリーマンの人生を変える最強の一冊を全ページ無料で公開中。 まとめ ブログで得られる収入はPVと大きく関係しているが、稼ぎ方によってその重要度は変わる。 クリック報酬を収益源としているGoogleアドセンスではいかに莫大なPVを集めることができるかがポイントとなり、アフィリエイトの場合は、いかに商品に直結するキーワードでアクセスを集めることができるかがキモとなる。 また、リストマーケティングという手法で稼ぐこともできるが、難易度が高いため、他のビジネスで稼げるようになってから取り組むべき。 いずれの手法でも収益が上がるまでは時間がかかるため、PV数をモチベーションに記事を更新していくとよい。 名前:小玉歩 性別:男性 1981年生まれ、秋田県出身。 ネットビジネス界の異端児。 一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。 この経験を書籍として出版した(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。 その後も出版依頼が殺到し(幻冬社)、(徳間書店)、(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。 現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No. 1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。 経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

次の