マダックス パワプロ。 【パワプロ2018】再現選手一覧(MLB選手)

【パワプロ2018】再現選手一覧(MLB選手)

マダックス パワプロ

2017年02月22日 07時41分 殿堂入り投手のグレッグ・マダックスが正体を隠して打撃投手になり若手スターを翻弄 by スポーツ選手が特殊メイクなどによって正体を隠して素人を翻弄する、というのはスポーツバラエティ番組ではよく見かける企画ですが、レッドブルがその仕掛け人に野球殿堂入り投手である 氏を起用。 2015年新人王で、2016年にはナショナルリーグのMVPを獲得した 選手にイタズラを仕掛けています。 Greg Maddux Pranks Kris Bryant 映像はYouTubeで公開されています。 撮影は春季トレーニング前、ブライアント選手が基本練習を行っている南ネバダ大学の野球場で行われました。 ブライアント選手が来る数時間前、野球場近くの車にやってきたマダックス氏。 マダックス氏は現在はテキサス・レンジャーズのGM補佐で、2008年に現役を引退するまでは23年間で355勝・3371奪三振を達成し、2014年に野球殿堂入りしている伝説的投手。 当然、ブライアント選手に顔を見られたらバレるはずなので、濃いヒゲをつけるなどして変装します。 やがて、2016年のナショナルリーグMVP、クリス・ブライアント選手が登場。 素振りをする姿をレッドブルのカメラが撮影。 そんなブライアント選手の取材を行う音声スタッフとしてまぎれこんだマダックス氏。 やがて、打撃投手を置いての打撃練習が始まりました。 ブライアント選手の打撃音を、集音マイクを突き出して拾うマダックス氏。 と、打撃投手に電話がかかってきて、急用で離れなければいけなくなりました……。 そこで出てきたのがこの男です。 当初は「絶対に嫌だ」と拒否していたブライアント選手。 何者かもわからないオッサンにボールでも当てられたら大変なことなので、嫌がるのもよくわかります。 しかし、ブライアント選手の代理人にはマダックス氏が扮装しているという話が通っているので、代理人はブライアント選手をなんとか説得。 そして、いよいよ変なオッサンが投げ始めるのですが…… 「意外と悪くない」というのがブライアント選手の第一印象。 しかも、このオッサン、カーブまで投げ込んでくるので、だんだんとブライアント選手も「よし、ならば打ってやろう」という気持ちに。 いったんバッターボックスを離れて集中したブライアント選手は、そこからは真剣モードで快音を響かせていました。 練習の終了後、ブライアント選手はこのオッサンから「バットにサインしてもらえますか?『グレッグ・マダックスへ』で」と告げられて、オッサンの正体が「精密機械」「マッドドッグ」の二つ名で呼ばれた伝説の投手であったことに気付き、思わず「やられた」とこの表情。 変装を解くマダックス氏。 実は、ブライアント選手はちょうど1年前、大学生相手にイタズラを仕掛けて成功させていたので、次は自分が仕掛けられる番であったことをようやく悟ったのでした。 ちなみに、マダックス氏は積極的に奪三振を狙うタイプではなく、むしろ打たせて取って「1試合27球の完全試合が理想」というタイプでしたが、通算奪三振数3371は歴代10位。 22歳から35歳まで14年連続でシーズン200投球回以上・22歳から38歳まで17年連続でシーズン15勝以上というチームの柱で、最多勝3回、最優秀防御率4回、その年に最も活躍した各リーグの投手に与えられる を4回受賞しています。 YouTubeのMLB公式チャンネルでは、マダックス氏がわずか76球で完投勝利した試合のダイジェスト映像を見ることができます。

次の

チェンジアップとサークルチェンジの違いって一体何なのでしょう...

マダックス パワプロ

0回 140奪三振 防御率3. 18 WHIP1. 1回 135奪三振 防御率2. 95 WHIP1. 0回 144奪三振 防御率3. 46 WHIP1. 0回 198奪三振 防御率3. 35 WHIP1. 0回 199奪三振 防御率2. 18 WHIP1. 0回 197奪三振 防御率2. 36 WHIP1. 0回 156奪三振 防御率1. 56 WHIP0. 2回 181奪三振 防御率1. 63 WHIP0. 0回 172奪三振 防御率2. 72 WHIP1. 2回 177奪三振 防御率2. 20 WHIP0. 0回 204奪三振 防御率2. 22 WHIP0. 1回 136奪三振 防御率3. 57 WHIP1. 1回 190奪三振 防御率3. 00 WHIP1. 0回 173奪三振 防御率3. 05 WHIP1. 1回 118奪三振 防御率2. 62 WHIP1. 1回 124奪三振 防御率3. 96 WHIP1. 2回 151奪三振 防御率4. 02 WHIP1. 0回 136奪三振 防御率4. 24 WHIP1. 0回 117奪三振 防御率4. 20 WHIP1. 0回 104奪三振 防御率4. 14 WHIP1. 22 WHIP1. 21 ゴールドグラブ賞 通算 355勝 227敗 3371奪三振 防御率3. 16 WHIP1. 14 コメント一覧 38• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 13:54• ナにいたからコロラドバッティングセンターも投げなきゃいけなかったんだよなぁ。 それでこの通算はやばい。 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 13:59• 三振は要らない 3000奪三振達成• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 14:00• ランナーに気取られて打たれるくらいならランナーは無視すべきだ 牽制ズバー• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 14:10• 日米野球に来た頃はパワーピッチャーだった• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 14:13• 画像乞食軍団の豪華さ半端ない コーファックス二世こと画像クレイトンカーショウくんすき• 名無しさん• 2013年10月07日 14:25• ウォルター・ジョンソン 802試合531完投110完封417勝279敗34S 5914. 1回3508奪三振 投手三冠3回 最多勝6回 最優秀防御率5回 最多奪三振12回 MVP2回 1871~1970の100年間で3000奪三振を達成した唯一の投手 投手3タイトル獲得回数歴代1位• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 14:32• 野茂の最優秀防御率を1点近く離して阻止した畜生 まあでも確変野郎にとられるよりは良かったかな• このコメントは削除されました• 2013年10月07日 14:52• このコメントは削除されました• 2013年10月07日 15:27• コントールならグラビンのが良いとか何とか マダックスが凄いのはボールのムーブメントだとか• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 15:38• ステロイド時代で打高投低(笑)• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 15:47• マダックスのツーシームは気持ち悪いくらい急激に沈むんだよな• 2013年10月07日 15:59• まあ打たせてとるっていっても、ここでってときに三振とれんと先発としてやっていけんしな• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 16:03• メジャーのレジェンドは漫画でもありえないぐらいの選手一杯いるよね。 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 16:03• なんでなんJ民はWHIP大好きなん?• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 16:04• 2013年10月07日 17:06• 画像マダックス• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 17:15• 俺的にはカブスで孤軍奮闘してる姿が印象深いな• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 17:52• ウォルター・ジョンソンキチガイ杉内• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 17:52• 審判「マダックスが投げるんならそこはストライクなんだろ」• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 18:04• 三振重視のピッチャーとかゴミwww 3000奪三振達成• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 18:17• 当時は「マダックスゾーン」とか言われてたっけか。 (笑) ちなみに、自分はスモルツ派だったなあ。 マゾーニも素晴らしいコーチだったよなあ。 できれば、BALの投手も育てて欲しかったけど…。 とにかく、当時のATLはテッド・ターナー、ジョン・シャーホルツ、ボビー・コックスのフロント3本柱は優秀だったからなあ。 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 18:37• ウォルター・ジョンソンも凄いけど、サッチェル・ペイジも全盛期にメジャーでプレーできていればなあ。 個人的にはそれが一番残念なんだよなあ。 あと、ムービングファストボールといえば、マダックスより先に知ったハーシハイザーの方が強烈な印象が残ってるなあ。 二人とも技巧派で似たような感じのピッチャーだったよなあ。 ま~マダックスの方が凄かったと思うけど…。 僕自身コメントする喜びはあった• 2013年10月07日 18:54• 実際、三振は少ないだろ 圧倒的な投球回数で200奪三振僅か一回 本人が言うとおり三振はかなり軽視してた結果• 僕自身コメントする喜びはあった• 2013年10月07日 19:25• BAL時代のマゾーニはカブレラに付きっきり過ぎただけだから 震え声 おかげで日本でストライクはいるようになったやろ・・・• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 19:41• あのー150出るとか言ってる奴いるけどあくまで一時期やで• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 19:58• 日本だとにわかのごり押しで最近のヘボがP歴代1位にされるからなあ…それに比べMLBは勘違いした現代厨のごり押しがなくていいね• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 20:21• マダックスも最近の投手なんですがそれは• 風吹けば作るよ• 2013年10月07日 21:11• ゴロで打ち取るのが好きで技巧派よりコントロールのいい本格派• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月07日 21:44• 6回47球って頭おかC 1イニング8球以下やん・・・• 名無しさん• 2013年10月08日 05:03• ボールがグネグネ曲がるのに捕手のミットが動かない神秘• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月08日 05:48• 17年連続15勝以上だっけ? やっぱゴロPの方がシーズンは安定するんやろな。 名無し@MLB NEWS• 2013年10月08日 12:09• ゴロPになって球数を減らすほうが怪我や劣化しにくくなり長く活躍出来る傾向はあるね 球数が多い奪三振タイプのバーランダーやサバシア、リンスカムの早い劣化を見てると特にそう思う• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月08日 17:14• 元々ボールを150キロで投げるって事自体生きる上で不自然な行為やからな 個人差はあるけど球数投げまくって体に良い影響与えるわけがない• 名無しさん• 2013年10月08日 17:53• 米26 そらアメリカは時代変わっても一貫して舞台はMLBやからな 日本はショッボイショッボイプロ野球 笑 レベルからメジャーに手が届く選手が出てきたし 残念でもないし当然• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月09日 17:15• サインボールに 「全員三振に取ってやる!」 と書いたマダックス• 名無し@MLB NEWS• 2013年10月11日 06:35• 天才だよ• 名無し@MLB NEWS• 2015年10月28日 17:03• 古舘には報ステやめてナンだ!? みたいな番組してほしい• 名無し@MLB NEWS• 2016年12月19日 07:49• キローと同じ文章に入れるなよw馬鹿かwww アメリカだったら犯罪級の馬鹿さ加減だぞw.

次の

MLB NEWS@なんJ : 全盛期のグレッグ・マダックスwwwwwww

マダックス パワプロ

経歴 [ ] プロ入りまで [ ] 少年時代はのパイロットだった父の仕事の影響で、ので一時期を過ごした。 帰国後はに移住。 現地の高校に通いながら、兄マイクと共に元メジャーリーグスカウトのラスティ・メーダーから投球術を教わった。 彼は兄弟にコントロールとボールに変化を加えることが速いボールを投げることより重要であると教え、ピンチの時こそ思い切り投げ込むのではなく丁寧に投げるべきだと説いた。 グレッグはすぐにこれを理解し、将来に渡ってこの教えを大切にした。 マイクはのでから5巡目に指名を受けて入団し、自身も大学に進んで野球を続けることを考えていたが、思ったほどのスポーツ奨学金の申し出を得ることができなかった。 高校時代に投手として優秀な成績を残したものの、大学のスカウトは彼の華奢な体格に不安を感じていた。 しかし、のスカウトであるダグ・マプソンは彼の才能を見抜き、スカウティングレポートの中で「体さえ出来上がれば球界ナンバーワンになれる」と太鼓判を押した。 シカゴ・カブス [ ] でカブスから2巡目(全体31位)に指名を受け入団。 9月にセプテンバー・コールアップにより20歳の若さでメジャーに昇格し、の戦でデビュー。 シーズン最後の登板となったのフィリーズ戦では、同年デビューした兄マイクと史上初の新人兄弟同士の先発投手として投げ合い、勝利した。 はほぼ1年を通じてプレイしたが、6勝14敗・防御率5. 61に終わる。 は投手コーチの助言もあって開幕から勝ち星を量産。 の戦では延長10回を完封。 からにかけて9連勝を記録するなど 前半戦で15勝3敗・防御率2. 14を記録し、自身初のに球団史上最年少で選出されたが、登板機会はなかった。 後半戦は3勝5敗・防御率4. 92と調子を落としたが、18勝8敗・防御率3. 18を記録した。 はリーグ2位の19勝を記録し、チームの地区優勝に貢献。 とのでは第1戦と第4戦に登板したが、第1戦でに満塁本塁打を浴びるなど不本意な投球で2敗を喫し、チームも1勝4敗で敗退した。 の投票では3位に入った。 のフィリーズ戦でメジャー記録の1試合7を記録した。 初のを受賞し、以後18回受賞する。 は20勝11敗・防御率2. 18、リーグ最多の268. 0イニングの成績でと並んでのタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞を初受賞。 シーズン中に総額2,850万ドルで契約延長を打診されたが 拒否。 オフの10月26日にとなった。 アトランタ・ブレーブス [ ] からは総額3400万ドルのオファーがあったが、出場の機会を求め 、に5年総額2800万ドルでと契約。 移籍1年目のは2年連続の20勝(10敗)・防御率2. 36を記録し、のタイトルを獲得。 22勝のグラビン、18勝の、15勝のと強力なを形成し、チームは104勝を挙げて球団最多勝記録を更新して地区優勝。 フィリーズとのでは第2戦と第6戦の2試合に登板して1勝1敗 だったが、チームは2勝4敗で敗退した。 オフに2年連続のサイ・ヤング賞を受賞。 は、の影響でシーズンが打ち切りとなったが、16勝6敗・防御率1. 56、いずれもリーグトップの202. 0イニング・10完投・3完封・WHIP0. 90を記録し、最多勝利(と同数)・最優秀防御率の二冠を獲得。 防御率は以降ではがにマークした1. 53に次いで2番目の記録である。 サイ・ヤング賞を満票で受賞し、史上初の3年連続受賞となった。 の戦の8回にに本塁打を打たれを逃す。 19勝2敗・防御率1. 63を記録し、(1918年 - 1919年)以来となる2年連続で防御率1. 70以下を記録。 勝率もがに. 9330を記録して以降で最高の. 905を記録した。 チームはに進出し、レギュラーシーズン100勝のを破って自身初の、そして生涯唯一のワールドチャンピオンの栄冠を手にした。 オフに4年連続4回目のサイ・ヤング賞を受賞し、2年連続の満票受賞は以来の快挙となった。 のフィリーズ戦でにレギュラーシーズンでは初の満塁本塁打を喫した(ポストシーズンでは先述の通り、1989年のNLCSでクラークに打たれている)。 15勝11敗・防御率2. 72を記録し、球団史上初の先発投手として4年連続で防御率3. 00未満を達成。 はのカブス戦では76球で完投勝利。 に投手としては史上最高額となる5年総額5,750万ドルで契約延長した。 19勝4敗・防御率2. 20の成績でサイ・ヤング賞の投票ではに次ぐ2位だった。 のジャイアンツ戦で通算200勝、のエクスポズ戦で通算2000奪三振を達成した。 18勝9敗・防御率2. 22、リーグ最多の5完封を記録。 防御率は8月まで1点台を維持していたが、9月に調子を落とした。 はリーグ3位の19勝を記録したが、イニングを大きく上回るキャリアワーストの被安打258、防御率は3. 57と前年より1点以上悪化して移籍後初の3点台となるなど、投球内容は良くなかった。 はにの持つ通算387の記録を更新。 からかけてが1988年に59回連続無失点を記録して以降では2番目に長い39. 1回連続無失点を記録。 は5月終了時点で4勝5敗だったが、6月から10連勝を記録し、からにかけて72. 1イニング無四球で連続無四球のリーグ記録を更新。 9月以降は4連敗で17勝11敗の成績でシーズンを終えた。 は16勝を記録し、に次いで史上2人目の15年連続15勝を達成したが199. 1イニングに終わり、1988年以来14年続いた200イニングが惜しくも途切れた。 5年契約が満了したは1,475万ドルで1年契約を結ぶ。 開幕から3試合で3敗、防御率11. 05と絶不調だったが徐々に調子を上げ、最終的に16勝11敗・防御率3. 96を記録し、史上初めて16年連続15勝を達成した。 同年のゴールドグラブ賞はが受賞し連続受賞が13年で途切れた。 オフの10月29日にフリーエージェントとなった。 カブス復帰 - ドジャースにトレード [ ] でウォーミングアップ中のマダックス は4月に5勝0敗・防御率1. 35を記録したものの、5月から7月の間は4勝11敗、防御率5点台と不振に陥る。 にとの交換トレードでへ移籍。 8月に3勝0敗・防御率2. 37を記録するなど復調。 は中3日で先発登板し、7回を投げ3安打2失点で勝利投手となった。 7月末の時点でチームは地区最下位だったが、マダックス加入が投手陣安定の最大の要因となり、8月は21勝7敗、9月は16勝12敗の好成績ででプレイオフ進出の原動力となった。 10月31日にFAとなった。 サンディエゴ・パドレス [ ] 2006年にと1000万ドル(2008年はマダックス、球団双方にオプション)の1年契約を結んだ。 のフィリーズ戦で10勝目を挙げ、史上初の20年連続2ケタ勝利を達成。 からにかけて59. 2イニング連続無四球を記録。 これは2001年の72. 1回に次いで自身2位、球団史上の68イニング()に次いで歴代2位の記録だった。 オフにとを上回る史上最多17回目のゴールドグラブ賞を受賞し 、に球団が1,000万ドルのオプションを行使し、残留が決まった。 本人によると残留以外の選択肢は引退で、同年は楽しく過ごせ、引退する気になれなかったという。 の戦で史上9人目の通算350勝を達成。 ドジャース復帰、現役引退 [ ] 2008年に後日発表の2選手プラス金銭との交換トレードでドジャースに復帰。 のジャイアンツ戦で通算355勝目を挙げ、通算勝利数において歴代単独8位となった。 以降の投手としてはの363勝に次ぐ記録であり、戦後生まれとしてはクレメンスを抜き最多勝利投手である。 同年は8勝13敗に終わり、連続二桁勝利は20年でストップした。 10月30日にFAとなり、に現役引退を表明。 マイナーでも36勝しており、生涯での勝ち星は391勝にも達した。 引退後 [ ] マダックスのブレーブス在籍時の背番号「 31」。 アトランタ・ブレーブスのに指定。 にカブスはからマダックスの在籍時の『 31』を、マダックス以前に同じく『31』をつけたと連名でに指定することを発表 、に11年間在籍したブレーブスもからマダックスの在籍時の背番号『 31』を永久欠番に指定することを発表した。 1月11日にカブスのGM補佐に就任。 11月29日にカブスを離れ、レンジャーズのGM特別補佐に就任した。 は・の投手コーチを務めた。 に資格取得1年目でブレーブス時代の僚友トム・グラビンと共に入り。 得票率97. 一方で、代名詞ともいえる(高速)と、他にや、を織り交ぜて投球のほぼ全てを打者の手元で微妙に動かし、打者のタイミングを外したり、バットの芯を外すピッチングが信条 のである。 抜群の制球力から『 精密機械』と称され 、ここぞというときにはフォーシームのきれいな速球やチェンジアップを際どいコースへ投げ込み三振も狙って取れる。 また、打者の心理の虚をつく頭脳的な投球スタイルや、普段はをかけていた(後年、視力を矯正)ことから、「プロフェッサー(教授)」なるニックネームが定着している。 柔和な容貌とは裏腹に闘争本能が強く、ブレーブス在籍時にチームメイトからは名前の響きからとって「マッド・ドッグ(狂犬)」と呼ばれた。 通算与四球率(9イニング当たりの与四球数)は1. シーズン与四球率でリーグトップに9度なっている。 特に1997年は0. 77で、2位に0. 5以上の差をつけるなど数々の制球力の良さを示す記録を持つ。 マダックスの象徴的な持論として、投手にとって一番過大評価されている記録は奪三振であり、27個のアウトを27球で取るのがベストというものがある。 77、多くのシーズンは7を切る水準だった。 また、打者との勝負よりも試合全体の勝敗を重視しており、数は通算177での179に次ぐ歴代2位である。 100球未満で完封することを「マダックス」と呼ばれている。 マダックス本人は13度、達成している。 守備力 [ ] 史上最多の18回のゴールドグラブ賞に輝き、卓越した守備能力も特筆されるべき彼の特徴である。 ただし、走者に対するクイックや牽制などに対しては、打者に対する投球術とは裏腹に、無関心と呼べるほど注意を払わない。 しかし、盗塁に無関心な姿勢をに利用されてしまったこともある。 ブレーブス時代の2003年6月15日、マリナーズとのインターリーグのことである。 初回に先頭のイチローに内野安打を許し二盗された後、悪送球で三塁へ進まれ、味方のタイムリーで1点。 3回の打席でも内野安打を許した後、二盗、三盗と連続で盗塁され、内野ゴロの間に一点を取られ、結果的に2-1でマダックスは敗戦投手となってしまった。 試合後に記者の「打ち取っていれば、たとえそれがヒットになっても、打たれたという気はしないものか?」という質問に対し、「あれで気分が良くなったと思うか? 冗談じゃない! そんな風に考えられるはずはないじゃないか」と返したという [ ]。 ゴールドグラブ賞は監督やコーチの投票で選ばれるため、連続受賞選手の中には、守備力が落ちているのに名前やイメージで選ばれるケースが少なくない。 しかし2007年のマダックスの数はリーグトップの51で、40歳を過ぎても優れた守備力を誇っていたことの証明である。 平均的な投手の補殺数は15から20程度と言われており、平均的な守備力しか持ち合わせていなければ2007年の防御率(4. 14)は5点台であったと推測され、自身の投手成績に守備力は大きく影響している。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 6 5 1 0 0 2 4 0 --. 333 144 31. 0 44 3 11 2 1 20 2 0 20 19 5. 52 1. 77 30 27 1 1 0 6 14 0 --. 300 701 155. 2 181 17 74 13 4 101 4 7 111 97 5. 61 1. 64 34 34 9 3 1 18 8 0 --. 692 1047 249. 0 230 13 81 16 9 140 3 6 97 88 3. 18 1. 25 35 35 7 1 0 19 12 0 --. 613 1002 238. 1 222 13 82 13 6 135 5 3 90 78 2. 95 1. 28 35 35 8 2 1 15 15 0 --. 500 1011 237. 0 242 11 71 10 4 144 3 3 116 91 3. 46 1. 32 37 37 7 2 3 15 11 0 --. 577 1070 263. 0 232 18 66 9 6 198 6 3 113 98 3. 35 1. 13 35 35 9 4 0 20 11 0 --. 645 1061 268. 0 201 7 70 7 14 199 5 0 68 65 2. 18 1. 01 36 36 8 1 2 20 10 0 --. 667 1064 267. 0 228 14 52 7 6 197 5 1 85 70 2. 36 1. 05 25 25 10 3 6 16 6 0 --. 727 774 202. 0 150 4 31 3 6 156 3 1 44 35 1. 56 0. 90 28 28 10 3 6 19 2 0 --. 905 785 209. 2 147 8 23 3 4 181 1 0 39 38 1. 63 0. 81 35 35 5 1 2 15 11 0 --. 577 978 245. 0 225 11 28 11 3 172 4 0 85 74 2. 72 1. 03 33 33 5 2 4 19 4 0 --. 826 893 232. 2 200 9 20 6 6 177 0 0 58 57 2. 20 0. 95 34 34 9 5 4 18 9 0 --. 667 987 251. 0 201 13 45 10 7 204 4 0 75 62 2. 22 0. 98 33 33 4 0 1 19 9 0 0. 679 940 219. 1 258 16 37 8 4 136 1 0 103 87 3. 57 1. 34 35 35 6 3 1 19 9 0 0. 679 1012 249. 1 225 19 42 12 10 190 1 2 91 83 3. 00 1. 07 34 34 3 3 1 17 11 0 0. 607 927 233. 0 220 20 27 10 7 173 2 0 86 79 3. 05 1. 06 34 34 0 0 0 16 6 0 0. 727 820 199. 1 194 14 45 7 4 118 1 0 67 58 2. 62 1. 20 36 36 1 0 0 16 11 0 0. 593 901 218. 1 225 24 33 7 8 124 3 0 112 96 3. 96 1. 18 CHC 33 33 2 1 2 16 11 0 0. 593 872 212. 2 218 35 33 4 9 151 2 0 103 95 4. 02 1. 18 35 35 3 0 1 13 15 0 0. 464 936 225. 0 239 29 36 4 7 136 8 0 112 106 4. 24 1. 22 22 22 0 0 0 9 11 0 0. 450 572 136. 1 153 14 23 3 0 81 0 0 78 71 4. 69 1. 29 12 12 0 0 0 6 3 0 0. 667 290 73. 2 66 6 14 4 0 36 0 0 31 27 3. 30 1. 09 '06計 34 34 0 0 0 15 14 0 0. 517 862 210. 0 219 20 37 7 0 117 0 0 109 98 4. 20 1. 22 34 34 1 0 1 14 11 0 0. 560 830 198. 0 221 14 25 3 6 104 5 0 92 91 4. 14 1. 24 26 26 0 0 0 6 9 0 0. 400 638 153. 1 161 16 26 4 5 80 2 2 80 68 3. 99 1. 22 LAD 7 7 0 0 0 2 4 0 0. 333 166 40. 2 43 5 4 1 1 18 0 0 25 23 5. 09 1. 16 '08計 33 33 0 0 0 8 13 0 0. 381 804 194. 0 204 21 30 5 6 98 2 2 105 91 4. 22 1. 21 通算:23年 744 740 109 35 36 355 227 0 0. 610 20421 5008. 1 4726 353 999 177 137 3371 70 28 1981 1756 3. 16 1. 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• 3回:1992年、1994年、1995年• 4回:1993年 - 1995年、1998年 表彰 [ ]• 4回:1992年 - 1995年• 18回:1990年 - 2002年、2004年 - 2008年• 選出 8回:1988年、1992年、1994年 - 1998年、2000年• 10回:1988年6月、1993年8月、1995年7月・9月、1998年6月、1999年8月、2000年9月、2001年6月・7月、2006年4月• 1回:2006年 背番号 [ ]• 31(1986年 - 2006年途中)• 36(2006年途中 - 同年終了、2008年途中 - 同年終了)• 30(2007年 - 2008年途中) 脚注 [ ]• BaseballLibrary. com. 2008年12月28日閲覧。 2008年1月10日閲覧. 2008年4月11日閲覧。 2008年1月10日閲覧,• BaseballLibrary. com. 2008年12月28日閲覧。 2008年1月10日閲覧. 2008年4月12日閲覧。 2008年1月10日閲覧. 2008年4月12日閲覧。 2008年1月10日閲覧. 2008年4月12日閲覧。 2008年1月10日閲覧. 2008年4月12日閲覧。 2008年1月10日閲覧. 2008年4月12日閲覧。 2008年4月13日閲覧。 2008年4月13日閲覧。 「マダックスがドジャースにもたらしたもの グレッグ・マダックス [ドジャース 36] Greg MADDUX」『』2006年11月号、、2006年、雑誌15509-11、44 - 47頁• MLB. com Padres Press Release 2006年12月13日. 2014年3月2日閲覧。 The Official Site of The San Diego Padres 2007年11月19日. 2009年4月3日閲覧。 2007年11月19日. 2009年4月3日閲覧。 MLB. com Dodgers Press Release 2008年8月19日. 2014年3月2日閲覧。 Muskat, Carrie 2009年3月18日. The Official Site of The Chicago Cubs. 2009年4月3日閲覧。 MLB. com Cubs Press Release 2010年1月11日. 2014年3月2日閲覧。 MLB. com Rangers Press Release 2011年11月29日. 2014年3月2日閲覧。 Kirk Bohls 2012年5月5日. 2012年10月19日閲覧。 2012年8月23日閲覧。 『Field of Dreams』、2008年12月15日。 MLB. com. 2008年12月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)— ( National Baseball Hall of Fame)による紹介• 選手の通算成績と情報 、、、、、• gregmaddux -.

次の