東方 ロストワールド キャラランキング。 【東方ロストワード】リセマラ攻略!ガチャ当たり最強キャラ・絵札は?

【東方ロストワード】リセマラ当たりランキング

東方 ロストワールド キャラランキング

Noraml 1-2-1『探索戦1』 Hard 1-2-1『第1話』 Lunatic 1-2-1『第1話』 Lunaticは私自身まだは入れていませんが難易度が高いとのことなので、基本はNormal 1-2-1『探索戦1』かHard 1-2-1『第1話』のどちらか、オート戦闘でも十分勝てる方でレベリングしていくのが一番効率は良いでしょう。 ただ、これはあくまで『キャラのレベル上げ』のみにフォーカスした結果なので、例えば『素材を集めながらレベル上げしたい』となれば、それは当然素材が落ちるステージを選択すべきでしょう。 しかし、レベル上げだけをしたいのであれば上の2つのステージのどちらかを選んでオートで動かしておけば間違いありません。 低レベルキャラの育て方 当然と言えば当然ですが、レベルの低いキャラを育てる時は後衛に置いておきましょう。 例えば上のHard 1-2-1『第1話』でレベリングする場合、オートにしておけば前衛のキャラがポカポカ殴って後衛は出番無しで終わりです。 『寺子屋』に預けているキャラクターはそのまま戦闘にも出せますし、たべものに余裕があるなら寺子屋に預けたまま後衛で連れ出しても良いです。 低レベルキャラのレベリングの基本は『寺子屋に預けて、後衛で連れ回す』です。 経験値は分散しない 『6体キャラでクリアする時』『1体のキャラでクリアする時』だと、各キャラクターが獲得する経験値は全く同じです。 仲間が多いと経験値が分散するイメージもありますが、そういうことは無いので安心です。 ただ、当然1体で挑めば消費霊Pは少なくて済むし、アイテムドロップに関してはお得です。 少ない消費霊Pでアイテムゲット ここは自身のキャラの育成事情と相談して、何体連れて行くかは決めて行きましょう。 まとめ 『オートでもクリア出来る楽なステージで効率の良いレベリングが可能』ということで、取り敢えずの育成は中々にラクな感じです。 特にNormal・Hardの『』を突破するのにレベリングしている人は少なくないでしょうし、まずはこの辺で準備を整えて行きましょう。

次の

【東方ロストワード】配信日や事前登録など分かっている事まとめ!最新情報もチェック!【東方LW】

東方 ロストワールド キャラランキング

リセマラにかかる時間が増えますが、ガチャを引ける回数が多く強力なフェス限を狙うことができます。 チュートリアルガチャは2回引ける 東方ロストワードではゲーム開始時に1回、データダウンロードに1回の 合計2回のチュートリアルガチャを回すことができます。 排出されるキャラや絵札はランダムになっているので、チュートリアルガチャもリセマラできるポイントになっています。 ガチャの対象はキャラと絵札 東方ロストワードの ガチャの排出対象は「キャラ」と「絵札」になります。 キャラはそのまま戦闘で使用できることが可能で、絵札はキャラに装備できる強化アイテムになります。 優先度的にはキャラの方が高いので、リセマラではキャラを優先するようにしましょう。 リセマラ当たりランキング SSランク(リセマラ大当たり)• 八雲紫(フェス限定)• 茨木華扇(フェス限定) Sランク(リセマラ当たり)• 十六夜咲夜• パチュリー・ノーレッジ• 魂魄妖夢• リリーホワイト• 鈴仙・優曇華院・イナバ• チルノ• 大妖精• アリス・マーガトロイド• メディスン・メランコリー• 東風谷早苗• 河城にとり Aランク(リセマラ妥協)• 霧雨魔理沙(事前登録報酬)• 東風谷早苗(ログイン配布)• 博霊霊夢(事前登録報酬) リセマラのやり方.

次の

【東方ロストワード(東ロワ)】リセマラ当たりランキング!オススメキャラとリセマラ方法まとめ【最新版】

東方 ロストワールド キャラランキング

元々、 不利属性から受けるダメージ20%ダウンの効果も相まって耐久値はかなり高め。 育成を進める事で自身だけでなく、 味方へ防御バフも付与出来たりと防御面のエキスパートといえる性能。 攻撃される度に確率でヘイトアップを獲得出来るので全体攻撃を受けない限りは味方へのダメージも大きく軽減。 ただ防御面が優秀とはいえ、攻撃が集まる分落とされやすいのは間違いないので念の為ヒーラーの同時編成を行いたい。 不利属性に対しての与ダメージアップや 人間からの被ダメージ20%ダウン等、特殊な状況で真価を発揮するタイプ。 その為、汎用性自体はやや低いが刺さる場所では大きな効果を生む。 ステータス自体が平均して高く、その時点で獲得しておく価値は十分。 育成する事で 自身にファスト+火力バフを付与出来たりと使い勝手も向上。 優先して育成する事を条件にかなり強力なキャラになるものの、フェス限定キャラの為育成し辛いのがネック。 攻撃を受ける度に火力アップを行える為、長期戦では非常に優秀な性能を誇る。 ステータスは平均しており、 やや防御力が低いといった性能。 しかし優先して育成するのならバフの重ね掛けにより、かなりの高火力を発揮。 アタッカーといて優秀な性能を誇る為、入手しておいて損はない。 ブースト使用時には速力アップを得られる為、高火力でのダメージを先手で狙える点も優秀。 攻撃型のキャラに比べると火力はそこまで高くはないが、デバフ要素に長けている分幅広い運用が可能。 アタック連携を持つ為、後列キャラに火力の引継ぎが行える点も魅力。 5位:知恵と日陰の少女 パチュリー・ノーレッジ キャラ性能&個別評価 技巧式のキャラ。 自身のヘイトを下げつつ、「燃焼」を付与することで耐久値の高い敵に継続ダメージを付与出来る。 継続ダメージによってHPが0になる事はないが、陰気 攻守 を下げられるのは大きなメリット。 被ダメージ軽減としても運用出来るのは非常に優秀。 自身も攻撃された後に陰防アップ、魔法使いからの被ダメージダウンなど状況によっては優秀なバフを保有。 特定の状況で力を発揮する技巧式だが、燃焼効果は汎用性が広く使いやすい。 速力も高く、先手で状態異常を付与出来るのもポイント。 6位:紅魔館のメイド 十六夜咲夜 キャラ性能&個別評価 自身にファストや速力アップを付与出来る速攻式のキャラ。 先手で行動するのに長けており、優先して育成しておけば初手で敵数を減らす事も可能。 ただ、その分 防御能力に関しては低めに設定されておりヒーラーが居ない場合は長期戦は不利。 短期戦等では 完全ダメージカットのグレイズを利用する事で十分持ちこたえる事が出来る為、気にならない。 スピード連携持ちなので後衛に速力の遅いキャラを配置させておくのも有り。 7位:狂気の月の兎 鈴仙・優曇華院・イナバ キャラ性能&個別評価 拡散全体ショットを持つ妨害式のキャラ。 その他、 敵全体に回避を下げる「帯電」を付与出来たりと回避デバフに特化した性能。 さらに、自身の攻撃ステータスも陽攻が高めで火力面でも十分役立つ。 8位:春を運ぶ妖精 リリーホワイト キャラ性能&個別評価 回復能力を持つ支援式のキャラ。 さらに、 グレイズ使用時にも味方全体の陽防をアップしたりとサポート面に充実した性能。 グレイズ等のシステムにより回復能力の優先度は低めだが、これだけ特化されているのなら獲得も有り。 自己回復が出来ない分、八雲紫には劣るもののタダで貰えるキャラとしては十分。 回復要員を編成しておけば、生存率のカバーも出来るのでそこまで気にならない。 ただ、 火力の低さが気になるので味方全体にバフをかけれるようなキャラとの編成が必須。 攻撃力が高く、ボス戦等で高火力を発揮してくれる。 デバフ要素が皆無でショットで全体攻撃が出来ないのはネックだが、そこは対ボス用と割り切れば問題無し。 火力が高く、活躍の場が多いので優先して育成しておくのも有り。 結界はグレイズを使用する際に必要なものなので、自身で補える点は非常に優秀。 さらにそれが味方全体へ作用する為、優先して育成するのも悪くはない。 サポート面に突出している反面、 ステータスは平均的にやや低め。 しかし、それでも味方全体へ恩恵は大きく優秀なキャラといえる。 「毒霧」は「燃焼」と同様に継続ダメージを与えられる。 速力が遅く、先手を取られてしまいがちなので速力アップを行えるキャラと編成したい。 継続ダメージではHPを0にする事は出来ないが、高耐久の敵に対しての安定したダメージソースになるのは魅力。 13位:七色の人形使い アリス・マーガトロイド キャラ性能&個別評価 技巧式のキャラ。 自身のヘイトを下げつつ、味方の火力アップを行える。 その為、高火力の味方と相性が良くバフ要員としての活躍を期待。 さらに 被ダメージ時にもヘイトダウンの効果を獲得出来る為、長期戦でのサポートが得意。 偏った性能となっているのでステージによって使い分けるようにしたい。 14位:名もなき大きな妖精 大妖精 キャラ性能&個別評価 支援式のキャラ。 拡散全体攻撃のショットを持つ為、Pを溜めるのに便利なキャラ。 ただ、自身がサポートメインのキャラとなっているので正直火力には期待が出来ない。 スキルでは 味方への火力バフや 全体回復等、サポート能力が優秀。 回復要員は先を見据えて確保しておくに越したことはないがグレイズ等、ダメージ回避システムがあるので優先度は低め。 15位:超妖怪弾頭 河城にとり キャラ性能&個別評価 妨害式のキャラ。 敵全体の命中をダウンさせ、「帯電」効果を付与する事に長けたキャラ。 「帯電」を付与する事で敵の回避を大きく下げられる為、味方の火力アップにも貢献出来る。 さらに、 人間から受けるダメージを20%軽減したりと特定の相手には高耐久。 その為、序盤はこの3体のキャラで進める事も十分に考えても良いでしょう。 上位のキャラは勿論、強力ですが育成に同一キャラを重ねる必要があったりと中々育成が厳しいのも問題です。 その為、あえて育成する為に前述した3体のキャラを狙うのも有りです。

次の