武漢 コロナ ウイルス 原因。 ノーベル賞受賞者が断言武漢コロナは人工ウイルス│気になる情報

新型コロナウイルス 「研究所から流出」説の真偽を追う

武漢 コロナ ウイルス 原因

中国初のBLS4実験室を擁する。 その安全管理の厳格さは想像を超えるレベルだというが…(写真は同施設の公式HPより) 連日新型コロナウイルスの話題が後を絶たない。 全世界での感染者は7万人を超え、死者は約2000人となった(2月19日現在)。 中国・武漢市に世界トップレベルのウイルス研究所「中国科学院武漢病毒(ウイルス)研究所」がある。 この研究所が備える最新鋭の設備の1つが、BSL4(バイオセーフティーレベル4)実験室だ。 実験室では、SARSやエボラ出血熱のような、感染力が強くて危険なウイルスのコントロールも可能で、洪水の被害が及ばない場所に設置され、マグニチュード7の揺れにも耐えうるという。 しかしいま、この研究所から新型コロナウイルスが流出したのではないかという疑惑が持ち上がっている。 1月末、インド・デリー大学とインド理工学院に所属する研究者たちがまとめた「新型コロナウイルスにエイズウイルスと不自然な類似点がある」とする論文が物議をかもした。 さらにこの研究者たちは「このウイルスが自然発生することは考えられない」とした。 この論文は大バッシングののちに撤回されたが、一部のネットユーザーの間で内容が拡散。 「新型コロナウイルスはSARSウイルスとエイズウイルスを武漢ウイルス研究所が人工的に合成したものでは」という憶測も飛び交い、不安が高まったのだ。 さらに1月28日、ハーバード大学公衆衛生学教授のエリック・ファイグルーディン博士は自身のツイッターで「武漢市の海鮮市場はウイルスの発生源ではない」と発信。 たちまち世界中のメディアで取り上げられた。 中国メディア『大紀元』は、2月6日、オンラインゲーム開発会社の会長が自身のSNSで「武漢の研究所が新型コロナウイルスの発生源」と発言したと報じている。 この人物は、かつて中国の生物学者が動物実験で使った牛や豚を食肉業者などに転売していた事件があったことから、新型コロナウイルスに感染した動物が市場で売られたのではないかと疑っているという。 現在、中国版Googleともいわれる検索サイト「百度」で「武漢病毒研究所」と検索すると、検索候補に「泄露(漏洩)」という文字が。 疑惑は広まる一方のようだ。 2004年、北京にあるBSL3の要件を満たす実験室から、SARSウイルスが流出する事件が発生し、責任者が処罰されている。 中国メディアの報道などによると、研究員がBSL3実験室からSARSウイルスを持ち出し、一般の実験室で研究をしたことで感染が広まった。 感染した研究者の1人は、症状が出たあと自力で病院に移動。 看護師に感染させ、鉄道で実家に向かったことが確認されている。 さらに、この研究者を看病した母親が感染、死亡している。 元産経新聞北京特派員の福島香織さんが言う。 「この頃、研究所からのウイルス流出や実験動物のずさんな管理が何度か問題になっていました。 例えば、動物実験ではウイルスを動物に感染させたりするのですが、実験が終わったらウイルスを不活化、つまり無害化させる処理をしなければいけない。 「世界有数のウイルス研究所を擁するフランスの技術協力を得て完成しました。 SARS事件があったのと同じ2004年頃から研究所を整備する計画が始まり、北京五輪やチベット問題などの紆余曲折があった末、2015年に竣工し、2018年から稼働しています」(福島さん) 今回疑惑を向けられている武漢ウイルス研究所のBSL4実験室の評価は高かった。 中国メディア『財新』は、この実験室のチームが2017年に、複数のコウモリを起源とするSARS型コロナウイルスが変異したものがSARSウイルスであることを突き止めたと報じた。 チームリーダーでBSL4実験室副主任の女性研究者は「コウモリ女傑」とも呼ばれ、コウモリの研究で政府から表彰されたこともあった。 そのコウモリの実験で発生したウイルスが華南海鮮市場に流出した可能性はあるのだろうか。 しかし、先の女性研究者は、SNSで一連の疑惑を真っ向から否定。 「新型コロナウイルスと研究所は無関係であることを私は命をかけて保証する」という内容の投稿をした。 中国メディア『財経』も、仮に実験室から流出したとしたら研究スタッフが真っ先に感染しているはずだが、そうではなかったと疑惑を打ち消す報道をしている。 しかし今度は香港メディアが華南海鮮市場から300mほどの場所にある実験室「武漢疾病予防管理センター」からウイルスが流出したという内容の論文(のちに削除)の存在を報じるなど、依然ウイルスの出所には疑惑がつきまとう。 発生源は華南海鮮市場ではないのだろうか。 「医学誌『ランセット』に中国の医師たちが寄稿した分析によると、新型コロナウイルスの患者41人を調べたところ、発生源とされる華南海鮮市場に関係しているのは27人。 さらに最も早い昨年12月1日に入院した初期患者4人のうち、3人が市場とは無関係でした」(福島さん) 中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰さんは「そもそも野生動物の市場取引は中国でも違法」と話す。 「中国当局もSARSの経験を教訓に厳しく取り締まってきましたが、時間と共にそれが緩くなり、武漢では堂々とヤミ市場が開かれていました。 違法だからこそ希少価値が出て、野生動物の値段が上がってしまう。 中国に限ったことではありませんが、お金さえもらえればなんでもする人はたくさんいます。 いまも違法な野生動物のヤミ市場は開かれているでしょう。 「香港大学医学院は1月27日に、新型コロナウイルスの感染者は約1週間ごとに倍増しており、4~5月頃にピークを迎え、夏頃までに減退していくと発表しました」(福島さん) ただ、ひと段落着いたとしても安心はできない。 7月24日から東京五輪が始まり、今年だけで世界中から3600万人もの人が訪日すると予想されている。 一旦収束したように見えても群衆の中で知らぬ間に感染し、それをまた本国に持ち帰る人がいてもおかしくない。 本当のパンデミックは夏以降にやってくるかもしれないのだ。 昭和大学医学部内科学講座臨床感染症学部門主任教授の二木芳人さんが言う。 「ウイルスは宿主に感染を繰り返すことによって更に変化が生じます。 インフルエンザウイルスのように変異し、またタイプの異なるコロナウイルスが大流行を引き起こす恐れもあります」 今回、武漢の研究所から流出したわけではなかったとしても、今後流出が起こらないとは限らない。 ある感染症の専門医は言う。 「SARSウイルスと同様、新型コロナウイルスも再発防止のため、すでにどこかの研究所に保管され、研究が進められているはず。

次の

新型コロナ日本での感染初確認は1月16日。そのとき今の状況を想像した人はいただろうか…【ニュースで見る新型コロナウイルス】

武漢 コロナ ウイルス 原因

生鮮市場で肉を選ぶ客(2016年1月22日、中国)。 どちらもコロナウイルスが原因で、生鮮市場から始まっている。 露店がひしめき合い、狭い通路を作っているこうした市場 —— ケージに入った大量の鶏を売る店のすぐそばには肉をカットするカウンターがあり、お腹をすかせた犬がそれをうらやましそうに見ていたり、新鮮な食用ウサギや魚、エビといったシーフードを売る店などが並んでいる —— では、地元住民や観光客が新鮮な肉や魚、農産物を購入している。 生鮮市場では人間と、生きているまたは死んでいる動物 —— 犬、鶏、豚、ヘビ、ジャコウネコなど —— がコンスタントかつ密に接触する。 これが動物から人間へ、ウイルスをうつりやすくしている。 1月22日、中国・湖北省武漢の当局は、生鮮市場での生きた動物の販売を禁止した。 とされる華南海産物市場は1月1日に閉鎖された。 これまでに約550人が新型コロナウイルスに感染し、17人が死亡している。 非営利組織「EcoHealth Alliance」の自然保護活動家で病気の生態学に詳しいケビン・オリバル(Kevin Olival)氏は、「こうした不自然な状況で動物たちを集めると、人間の病気が出てくるリスクがある」と。 「ストレスの多い、悪条件の下に置いていると、動物たちがウイルスによって病気になる可能性を高めかねない」とオリバル氏は言う。 コロナウイルスは、初めは動物から人間に感染する。 SARSの場合、そのウイルスの起源はコウモリだった。 ウイルスはコウモリから他の動物に伝染し、それが人間にうつった。 中国の生鮮市場の様子を見てみよう。

次の

新型コロナウイルスの発生源である武漢の生鮮市場 希少生物を食用販売

武漢 コロナ ウイルス 原因

日本でも数多くのメディアが転電したので、この報道内容をご存知の方も多いと思う。 実際には、同様の憶測はかなり早い段階から中国のネットでも取りざたされていたし、日本にもそれは伝わっていた。 だが、今回、トランプ政権寄りで知られるフォックス・ニュースだけでなく、反トランプで鳴るワシントン・ポスト等でも似たような見方がほぼ一斉に報じられた。 これは、アメリカ政府が相当程度の関連情報をまとめ上げ、リークしたからではないか…筆者はそう考え、ダメ元で、旧知のアメリカ政府関係者に尋ねてみた。 この筆者の問い合わせに対する回答を以下、紹介したい。 12月末に警鐘を鳴らしていた中国人医師(ウェイボより) 「そして、何よりも先に断言しておくが、このウイルスは間違いなく動物由来である。 研究室で人為的に作製されたものではない」 アメリカ・メディアも遺伝子工学の技術を使って作られた形跡は無いという専門家の見立てを報じているが、この関係者は「コロナウイルスやインフルエンザウイルスのようなRNAウイルスを使って生物兵器を作ろうとする国家は地球上に存在しない。 これらのウイルスは変異があまりに早くコントロール不可能だからだ」と付け加えている。 しかし、 「人為的ではないと言った。 が、最初、研究室で発見され分離されたウイルスである可能性は極めて高い」と言う。 武漢にウイルス・細菌取り扱い施設は2カ所 武漢にはウイルスや細菌を取り扱うBSL(バイオセーフティーレベル)施設が二つあるという。 一つは 武漢ウイルス研究所。 ここは最高レベルのBSL4の施設で、エボラやSARS・MERSなどの極めて危険なウイルスを扱うことができる。 武漢ウイルス研究所 もう一つが CCDC・中国疾病予防センターの施設で、こちらにはBSL2の研究室がある。 そして、このBSL2の研究室でコロナウイルス類の研究が継続していて、最近では雲南省で見つかったコウモリの保有するコロナウイルスの探索と分離作業が行われていたらしい。 武漢の海鮮市場から数ブロックしか離れていないのはこちらのCCDC・中国疾病予防センターの施設だという。 そして、「 この研究所の技術者がウイルスに感染して第1号患者となり、たぶん無症状だったため、全く自覚なしに、外に持ち出す結果になったと強く疑われる」という。 BSL2の研究所は今回の新型コロナのような伝染力の強い危険なウイルスを取り扱うには不適格で、研究員や技術者を適切に保護することはできないというのだが、そうとは知らずに、或いは、そこまで考えが及ばずに、新型ウイルスを拡めてしまったということになる。 (ちなみに、日本の国立感染症研究所は、新型コロナウイルスについてはより厳密な基準のBSL3の施設で取り扱うことを推奨しているという。 ) 新型コロナウイルス 一方、やはり旧知の アメリカの国務省元当局者は「一連の報道に確たる証拠は無い。 インテリジェンスの世界の話を鵜呑みにしてはいけない。 イラクの大量破壊兵器問題を思い起こしてみるべきだ。 あれと同じ構図が透けて見えるではないか」と言う。 こちらの可能性も確かに否定できない。 「中国政府がこの事実を認め、封じ込めに失敗した経緯等を世界に向けて公表する可能性はゼロ」と先にご登場頂いた関係者も断じる。 他方、法廷に提出できるような証拠もない。 となると、最初の関係者も言うように「 真相は未来永劫闇の中に留まる」ことになる。 当事者の一人が名乗り出て来て証拠を示すといった行動に出ない限り。 同じような大惨事を起こさないために だが、真相は不明でも、同じような大惨事を起こさないよう対策を講じることなら多少はできる。 例えば、 BSL施設の運用をより厳格化して、危険性の高いコロナウイルスの研究は公的資格を持った研究者以外の関与を禁止する、感染の有無の検査や規則を順守しているかどうかチェックする第三者による抜き打ち査察を頻繁に行う、他の危険なウイルスやヒトに対する病原性が不明のウイルスの研究も同様にする、などである。 そこまで気にする必要は無いと断言できる人はもはや居ないはずである。 いつか必ず出現するであろう次のウイルスは感染力や致死率がもっと高いかもしれないからである。 また、中国が対応ミスをどのように重ねていったのか、もしくは、隠ぺいしようとしたのか、詳細な検証結果を我々が直接知ることは不可能でも、 中国政府自身はこれを検証し、その反省を今後の対策、例えば次のパンデミックやエピデミックに備えたタイムラインなどに反映させるはずである。 同じ過ちを繰り返さないためにもそうしなければおかしい。 そして、彼らが作成するであろうその新たな対応策案なら他国の参考になる。 ただし、当然ながら、隠ぺい工作は反面教師として。 WHOのテドロス事務局長(左)と習近平国家主席(ウェイボより) 関連して、旧知の イギリス外務省の中国専門家は「武漢の研究所起源説の真偽は分からないが、危機を脱したら、あらゆる面からこのパンデミックと各国の対応の検証が必要になる。 それには 中国の参加が不可欠で、今、 対中関係を波立たせるようなレトリックは望ましくない」と述べている。 これもその通りと思う。 不幸なことに犠牲者はさらに増え続けるだろう。 だが、人類はいずれこの危機を克服する。 そして、パンデミック後の世界の姿がどうなるか?それは神のみぞ知るかもしれないが、一つだけ言えるとすれば、 パンデミック以前の元通りの世界に簡単に戻ることはないだろうというのは誰でも容易に想像できると思う。 その時、この新型コロナウイルス出現の根本原因が闇に葬り去られていたとしても、 この大惨事が中国発だという紛れもない事実を我々は忘れてはいけないし、中国の巨大マーケットや彼らのマネーに惑わされて、発源地は中国という事実を風化させるような愚はあってはならないと思う。 そうでなければ、現時点で既に十万単位に達するこれまでの犠牲者とこの先の犠牲者に我々は顔向けができなくなる、と筆者は思うのである。 そして、将来の犠牲者に自分自身や家族がなる可能性があるという恐るべき現実に戦慄を覚えるのである。 (フジテレビ報道局解説委員 二関吉郎).

次の