感染 症。 感染症ってなに?|感染対策コンシェルジュ

感染症ってなに?|感染対策コンシェルジュ

感染 症

0 7. 6 2,730 2 13,794. 1 5. 2 1,849 3 12,969. 0 4. 9 1,738 4 早産の合併症 10,139. 7 3. 8 1,359 5 8,253. 8 3. 1 1,106 6 性疾患 8,174. 3 3. 1 1,095 7 7,251. 2 2. 7 972 8 6,566. 6 2. 5 880 9 出生時仮死出生外傷 6,392. 8 2. 4 857 10 6,298. 0 2. 1 2. 2 803 12 5,164. 3 1. 9 692 13 背中と首の痛み 4,751. 5 1. 8 637 14 成人発症性の 4,735. 2 1. 8 635 15 4,528. 7 1. 7 607 16 性障害 4,417. 5 1. 7 592 17 4,112. 1 1. 5 551 18 3,907. 9 1. 5 524 19 新生児の感染症など 3,900. 9 1. 5 523 20 3,816. 2 1. 4 511 感染症(かんせんしょう、: infectious disease)とは、・・・・によるのにより、「」に生じる望まれざる反応 の総称。 感染症を対象とする医学領域はである。 は生物の発生と共にあり、有史以前から近代までヒトの病気の大部分を占めてきた。 医学の歴史は感染症の歴史に始まったと言っても過言ではない。 に初のであるが発明されるまで根本的な治療法はなく、は大きなと捉えられてきた。 特に・・・腸管感染症は発展途上国で大きな問題であり、のみならず・など集学的な対策が緊急の課題である。 感染症の治療に使われる薬には、、、、、などがある。 2013年においても世界では感染症により920万人が死亡しており、全死亡の約17%を占める。 先進国においては・に加えて、菌の蔓延やの脅威が公衆衛生上の大きな課題として注目を集める一方、高度医療の発達に伴って手術後の患者や免疫抑制状態の患者におけるが増加するなど、日常的にもまだまだ解決に向かっているとは言えない。 感染症 、、など• また、同一宿主に2種類以上の病原菌によって感染が起こることをという。 二次感染の一例として、一次感染を抗生物質で排除してもその抗生物質抵抗性の常在菌が異常増殖を起こすがある。 局所感染と全身感染 病原体が侵入・定着部位に限局して病変を起こす場合をという。 この病原体が血行性など全身に広がって症状が出た場合をという。 持続感染と不顕性感染と潜伏感染• :病原体が生体から完全に排除されずに症状が治まっている状態。 そういった状態の人をという。 :病原体に感染しても発症しない場合をいう。 :病原体に感染してもすぐ症状が出るわけではない。 感染しても発症していない状態をいう。 その期間をという。 公衆衛生学的な分類 [ ] 輸入感染症のうち、継続的に国内での発症が見られるようになったもの。 例:、 社会情勢の変化により、近年まで抑えられていた発症数が再び増加傾向を示すもの。 例:、、、 ヒトとヒト以外の動物の両方に感染を生じ、予防対策に両者への介入を要するもの。 例:、 病気を起こした個体 ヒトや動物など から病原体が別の個体へと到達し、連鎖的に感染者数が拡大するもの。 旅行者や輸入食品を介して病原体が海外から持ち込まれ、国内では稀な感染症を生じるもの。 例:、、 輸入感染症のうち一度国内に進入すると流行する危険のあるものは、によって検疫伝染病の指定されている。 例:、 日本における法的な分類 [ ] による。 感染力・重篤度・危険性が極めて高く、早急な届出が必要になる• 、、(痘瘡)、、、、 二類感染症 感染力・重篤度・危険性が高く、早急な届出が必要になる• 、、、(SARS、コロナウイルスに限る)、(MERS)、 、に限る 三類感染症 感染力・重篤度・危険性は高くは無いものの、集団発生を起こす可能性が高い為、早急な届出が必要になる• 、、(など)、、 四類感染症 人同士の感染は無いが、動物・飲食物等を介して人に感染する為、早急な届出が必要になる• 、、、、、、(、は二類)等41種 五類感染症 が感染症発生動向の調査を行い、国民・医療関係者・医療機関に必要な情報を提供・公開し、発生及び蔓延や伝染を防止する必要がある感染症• (鳥及び等感染症を除く)、(A型及びE型を除く)、(・)、、、等41種 新型インフルエンザ等感染症 新たに人から人に伝染する様になったウイルスを病原体にするインフルエンザ 既知の感染症の中で、上記の1-3類に分類されない感染症で、1-3類に準じる対応が必要な感染症• 、 新感染症 感染した人から他の人に伝染すると認められる疾病で、既知の感染症・症状等が明らかにそれまでの物とは異なり、その感染力とした時の重篤性から判ずるに、極めて危険性が高い感染症 診断 [ ] 感染症は痛み・発熱などを契機に気付かれることが多いが、これらの症状はまた腫瘍やアレルギーなど感染以外によっても惹き起こされるため、を踏まえた問診や身体診察により適切に鑑別を絞り込むことによって、必要十分な検査による診断が可能となる。 身体診察による診断の例として、での皮膚発赤のように視診で気付かれるもの、での呼吸器雑音など聴診で気付かれるもの、でのMcBurney圧痛点や腸腰菌膿瘍におけるPsoas signやObturator signなど触診で気付かれるものがある。 的検査の例: 、染色、直接鏡検、、 PCR• 化学反応を用いた検査の例: 菌のウレアーゼ活性試験、の尿中検出• 的検査の例:• EBウイルス、、、などで測定される。 、の尿中抗原など。 白血球の反応性... 感染でのクオンティフェロンTB-2Gなど。 の例:• や、、などで有用• 脊椎カリエスや、などで有用• 頭蓋内静脈洞感染、、膿瘍などで有用• レントゲン写真... 、、咽頭後壁膿瘍などで有用• 食道、赤痢など 治療 [ ] 感染症の多くは安静・休養・栄養・水分補給による免疫力の回復、あるいは体位による排痰促進や利尿などの補助療法を通じて自然に治癒するが、先進諸国においては治癒を早めたり、徹底したり、後遺症を予防したりする目的でしばしば/抗菌薬によるや、が併用される。 また、局所感染においては切開排膿やドレナージといった外科的治療が併用される。 ・・(SIRS)などを合併する重症感染症においては、ときに製剤やを併用する。 予防 [ ] 手洗い• 宿主の免疫力を保つためには、日常から適切な栄養と休養を要する。 しかし、例えばによるは、時にこれらを困難にする。 特定の病原体に対する免疫の向上には、のが有効である。 感染・発症・伝染・重症化を防ぐことができる。 において、病原体を体内に侵入させないためにはの遮断が有効であり、や・を要する。 集団発生を早期発見・予防するために、医療機関・地域・国家・世界の様々なレベルで、感染症が行われる。 消毒と滅菌 [ ] 病原微生物を殺すこと、または病原微生物の能力を減退させ病原性をなくすことである。 よって、すべての微生物を殺すことではない。 一般に消毒に用いられる物質を 消毒剤という。 病原体と非病原体の有無に関わらず、すべての微生物を死滅させる、あるいは除去すること。 手術における滅菌は 無菌操作と呼ばれる。 法・制度 [ ] 日本 [ ] 感染症を予防するための法律には以下のようなものがある。 (通称「感染症法」、1999年4月1日施行)• ・・(1999年3月31日に廃止)・(2007年3月31日に廃止)を統合。 WHOは感染症による死者を分類で集計しており、2002年についてのデータを以下に示す。 7 25. 4 32. 9 6. 8 4. 7 7 3 1. 8 3. 0 2 4 TB 1. 6 2. 7 3 5 1. 3 2. 0 4 6 0. 6 1. 1 5 7 0. 29 0. 36 7 8 0. 21 0. 15 12 9 0. 17 0. 25 8 10 0. 16 0. 19 11 11 0. 10 0. 93 6 12-17 6 0. 13 0. 感染症による死亡はほぼすべて減少しているが、しかしHIVによる死者は4倍に増加している。 歴史的パンデミック [ ] この節のが望まれています。 非感染性疾患との関連 [ ] 一部の感染症は非感染性疾患の発症に強い関連を持つことが、近年明らかになりつつある。 による・• ・による• 菌による• によるバーキット• による• 腸内細菌叢異常による IBD 血液型による感染率 [ ] ()の研究者が現在までの発見をまとめており、細菌やウイルス、感染症の感染性がに関係するのは、使用される血液型抗原によって抗原の感受性が異なるためである。 O型ではペスト、ノロウイルス、耳下腺炎、結核に弱く、A型では天然痘や緑膿菌、サルモネラに弱く、B型は淋病、結核、大腸菌、サルモネラに弱く、AB型は天然痘、大腸菌、サルモネラに弱い。 発行の遺伝医学の書籍では、O型はマラリアから防御され、コレラではO型が弱くAB型が強い可能性がある。 ヒト以外の感染症 [ ]• 出典 [ ] []• Excel Report. 2018-06. Association of American Medical Colleges. 2015年2月6日時点のよりアーカイブ。 2015年8月20日閲覧。 GBD 2013 Mortality and Causes of Death, Collaborators 17 December 2014. Lancet 385 9963 : 117—71. 2009年2月. 2009年2月閲覧。 CBC News. 2014年10月20日. PDF Report. 2004. PDF Report. 1995. たとえば肺炎、インフルエンザ、急性気管支炎など• ICD-10 A00-A79を参照• シャーガス病、デング熱、リンパ性フィラリア症、リーシュマニア症、オンコセルカ症、住血吸虫症、トリパノソーマ症などがある。 Wiley Interdiscip Rev Syst Biol Med 8 6 : 517—535. Laura Dean 2017. Medical Genetics Summaries. 関連文献 [ ]• 千酌浩樹「麻酔科医が知っておくべき感染症の知識(第1回) 基本的な感染症」『日本臨床麻酔学会誌』第37巻第4号、日本臨床麻酔学会、2017年、 513-531頁、 :。 関連項目 [ ]• ///• //////• 海外感染症情報 - 厚生労働省検疫所• - 環境省地球環境局総務課研究調査室•

次の

e

感染 症

第十三条 獣医師は、一類感染症、二類感染症、三類感染症、四類感染症又は新型インフルエンザ等感染症のうちエボラ出血熱、マールブルグ病その他の政令で定める感染症ごとに当該感染症を人に感染させるおそれが高いものとして政令で定めるサルその他の動物について、当該動物が当該感染症にかかり、又はかかっている疑いがあると診断したときは、直ちに、当該動物の所有者(所有者以外の者が管理する場合においては、その者。 以下この条において同じ。 )の氏名その他厚生労働省令で定める事項を最寄りの保健所長を経由して都道府県知事に届け出なければならない。 ただし、当該動物が実験のために当該感染症に感染させられている場合は、この限りでない。 2 前項の規定による指定を受けた病院又は診療所(以下この条において「指定届出機関」という。 )の管理者は、当該指定届出機関の医師が前項の厚生労働省令で定める五類感染症の患者(厚生労働省令で定める五類感染症の無症状病原体保有者を含む。 以下この項において同じ。 )若しくは前項の二類感染症、三類感染症、四類感染症若しくは五類感染症の疑似症のうち厚生労働省令で定めるものの患者を診断し、又は同項の厚生労働省令で定める五類感染症により死亡した者の死体を検案したときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該患者又は当該死亡した者の年齢、性別その他厚生労働省令で定める事項を当該指定届出機関の所在地を管轄する都道府県知事に届け出なければならない。 第十六条の三 都道府県知事は、一類感染症、二類感染症又は新型インフルエンザ等感染症のまん延を防止するため必要があると認めるときは、第十五条第三項第一号に掲げる者に対し同号に定める検体を提出し、若しくは当該職員による当該検体の採取に応じるべきことを勧告し、又はその保護者に対し当該検体を提出し、若しくは同号に掲げる者に当該職員による当該検体の採取に応じさせるべきことを勧告することができる。 ただし、都道府県知事がその行おうとする勧告に係る当該検体(その行おうとする勧告に係る当該検体から分離された同号に規定する感染症の病原体を含む。 以下この項において同じ。 )を所持している者からその行おうとする勧告に係る当該検体を入手することができると認められる場合においては、この限りでない。 2 厚生労働大臣は、一類感染症、二類感染症又は新型インフルエンザ等感染症のまん延を防止するため緊急の必要があると認めるときは、第十五条第三項第一号に掲げる者に対し同号に定める検体を提出し、若しくは当該職員による当該検体の採取に応じるべきことを勧告し、又はその保護者に対し当該検体を提出し、若しくは同号に掲げる者に当該職員による当該検体の採取に応じさせるべきことを勧告することができる。 ただし、厚生労働大臣がその行おうとする勧告に係る当該検体(その行おうとする勧告に係る当該検体から分離された同号に規定する感染症の病原体を含む。 以下この項において同じ。 )を所持している者からその行おうとする勧告に係る当該検体を入手することができると認められる場合においては、この限りでない。 第二十六条 第十九条から第二十三条まで、第二十四条の二及び前条の規定は、二類感染症及び新型インフルエンザ等感染症の患者について準用する。 この場合において、第十九条第一項及び第三項並びに第二十条第一項及び第二項中「特定感染症指定医療機関若しくは第一種感染症指定医療機関」とあるのは「特定感染症指定医療機関、第一種感染症指定医療機関若しくは第二種感染症指定医療機関」と、第十九条第三項及び第二十条第二項中「特定感染症指定医療機関又は第一種感染症指定医療機関」とあるのは「特定感染症指定医療機関、第一種感染症指定医療機関又は第二種感染症指定医療機関」と、第二十一条中「移送しなければならない」とあるのは「移送することができる」と、第二十二条第一項及び第二項中「一類感染症の病原体を保有していないこと」とあるのは「二類感染症の病原体を保有していないこと若しくは当該感染症の症状が消失したこと又は新型インフルエンザ等感染症の病原体を保有していないこと」と、同条第四項中「一類感染症の病原体を保有しているかどうか」とあるのは「二類感染症の病原体を保有しているかどうか、若しくは当該感染症の症状が消失したかどうか、又は新型インフルエンザ等感染症の病原体を保有しているかどうか」と読み替えるほか、これらの規定に関し必要な技術的読替えは、政令で定める。 第三十五条 都道府県知事は、第二十六条の三から第三十三条までに規定する措置を実施するため必要があると認めるときは、当該職員に一類感染症、二類感染症、三類感染症、四類感染症若しくは新型インフルエンザ等感染症の患者がいる場所若しくはいた場所、当該感染症により死亡した者の死体がある場所若しくはあった場所、当該感染症を人に感染させるおそれがある動物がいる場所若しくはいた場所、当該感染症により死亡した動物の死体がある場所若しくはあった場所その他当該感染症の病原体に汚染された場所若しくは汚染された疑いがある場所に立ち入り、一類感染症、二類感染症、三類感染症、四類感染症若しくは新型インフルエンザ等感染症の患者、疑似症患者若しくは無症状病原体保有者若しくは当該感染症を人に感染させるおそれがある動物若しくはその死体の所有者若しくは管理者その他の関係者に質問させ、又は必要な調査をさせることができる。 第三十九条 第三十七条第一項又は第三十七条の二第一項の規定により費用の負担を受ける感染症の患者(新感染症の所見がある者を除く。 )が、健康保険法(大正十一年法律第七十号)、国民健康保険法(昭和三十三年法律第百九十二号)、船員保険法(昭和十四年法律第七十三号)、労働者災害補償保険法(昭和二十二年法律第五十号)、国家公務員共済組合法(昭和三十三年法律第百二十八号。 他の法律において準用し、又は例による場合を含む。 )、地方公務員等共済組合法(昭和三十七年法律第百五十二号)、高齢者の医療の確保に関する法律(昭和五十七年法律第八十号)又は介護保険法(平成九年法律第百二十三号)の規定により医療に関する給付を受けることができる者であるときは、都道府県は、その限度において、第三十七条第一項又は第三十七条の二第一項の規定による負担をすることを要しない。 第四十二条 都道府県は、第十九条若しくは第二十条(これらの規定を第二十六条において準用する場合を含む。 以下この項において同じ。 )若しくは第四十六条の規定により感染症指定医療機関以外の病院若しくは診療所に入院した患者(新感染症の所見がある者を含む。 以下この条において同じ。 )が、当該病院若しくは診療所から第三十七条第一項各号に掲げる医療を受けた場合又はその区域内に居住する結核患者(第二十六条において読み替えて準用する第十九条又は第二十条の規定により入院した患者を除く。 以下この項において同じ。 )が、緊急その他やむを得ない理由により、結核指定医療機関以外の病院若しくは診療所(第六条第十六項の政令で定めるものを含む。 )若しくは薬局から第三十七条の二第一項に規定する厚生労働省令で定める医療を受けた場合においては、その医療に要した費用につき、当該患者又はその保護者の申請により、第三十七条第一項又は第三十七条の二第一項の規定によって負担する額の例により算定した額の療養費を支給することができる。 第十九条若しくは第二十条若しくは第四十六条の規定により感染症指定医療機関に入院した患者が感染症指定医療機関から第三十七条第一項各号に掲げる医療を受けた場合又はその区域内に居住する結核患者が結核指定医療機関から第三十七条の二第一項に規定する厚生労働省令で定める医療を受けた場合において、当該医療が緊急その他やむを得ない理由により第三十七条第一項又は第三十七条の二第一項の申請をしないで行われたものであるときも、同様とする。 第四十三条 都道府県知事(特定感染症指定医療機関にあっては、厚生労働大臣又は都道府県知事とする。 次項において同じ。 )は、第三十七条第一項及び第三十七条の二第一項に規定する費用の負担を適正なものとするため必要があると認めるときは、感染症指定医療機関の管理者に対して必要な報告を求め、又は当該職員に感染症指定医療機関についてその管理者の同意を得て実地に診療録その他の帳簿書類(その作成又は保存に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。 )の作成又は保存がされている場合における当該電磁的記録を含む。 )を検査させることができる。 第四十四条の七 都道府県知事は、新感染症のまん延を防止するため必要があると認めるときは、第十五条第三項第三号に掲げる者に対し同号に定める検体を提出し、若しくは当該職員による当該検体の採取に応じるべきことを勧告し、又はその保護者に対し当該検体を提出し、若しくは同号に掲げる者に当該職員による当該検体の採取に応じさせるべきことを勧告することができる。 ただし、都道府県知事がその行おうとする勧告に係る当該検体(その行おうとする勧告に係る当該検体から分離された新感染症の病原体を含む。 以下この項において同じ。 )を所持している者からその行おうとする勧告に係る当該検体を入手することができると認められる場合においては、この限りでない。 2 厚生労働大臣は、新感染症のまん延を防止するため緊急の必要があると認めるときは、第十五条第三項第三号に掲げる者に対し同号に定める検体を提出し、若しくは当該職員による当該検体の採取に応じるべきことを勧告し、又はその保護者に対し当該検体を提出し、若しくは同号に掲げる者に当該職員による当該検体の採取に応じさせるべきことを勧告することができる。 ただし、厚生労働大臣がその行おうとする勧告に係る当該検体(その行おうとする勧告に係る当該検体から分離された新感染症の病原体を含む。 以下この項において同じ。 )を所持している者からその行おうとする勧告に係る当該検体を入手することができると認められる場合においては、この限りでない。 第五十三条の二 労働安全衛生法(昭和四十七年法律第五十七号)第二条第三号に規定する事業者(以下この章及び第十二章において「事業者」という。 )、学校(専修学校及び各種学校を含み、修業年限が一年未満のものを除く。 以下同じ。 )の長又は矯正施設その他の施設で政令で定めるもの(以下この章及び第十二章において「施設」という。 )の長は、それぞれ当該事業者の行う事業において業務に従事する者、当該学校の学生、生徒若しくは児童又は当該施設に収容されている者(小学校就学の始期に達しない者を除く。 )であって政令で定めるものに対して、政令で定める定期において、期日又は期間を指定して、結核に係る定期の健康診断を行わなければならない。 第五十六条の二 動物(指定動物を除く。 )のうち感染症を人に感染させるおそれがあるものとして厚生労働省令で定めるもの又は動物の死体のうち感染症を人に感染させるおそれがあるものとして厚生労働省令で定めるもの(以下この条及び第七十七条第九号において「届出動物等」という。 )を輸入しようとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該届出動物等の種類、数量その他厚生労働省令で定める事項を記載した届出書を厚生労働大臣に提出しなければならない。 この場合において、当該届出書には、輸出国における検査の結果、届出動物等ごとに厚生労働省令で定める感染症にかかっていない旨又はかかっている疑いがない旨その他厚生労働省令で定める事項を記載した輸出国の政府機関により発行された証明書又はその写しを添付しなければならない。

次の

感染症ってなに?|感染対策コンシェルジュ

感染 症

感染症のことを理解しよう!• このサイトでは、一般的な感染症の情報を掲載しています。 感染経路や感染症の流行時期を把握し、日々の生活での対策にお役立てください。 感染症とは? ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入して増殖し、発熱や下痢、咳等の症状がでることをいいます。 感染症には、インフルエンザのように人から人にうつる感染症のほかに、破傷風や日本脳炎のように人から人にはうつらず、傷口から、あるいは動物や昆虫から、感染する感染症も含まれています。 感染して発病する場合もあれば、ほとんど症状がでずに終わってしまう場合もあります。 また、一度症状がでるとなかなか治りにくく、時には死に至るような感染症もあります。 感染経路 感染症によって、病原体の体内への侵入方法が異なります。 大きく2つに分類すると、人からうつる感染症と、人以外からうつる感染症があります。 人からうつる感染症には、「接触感染」「飛沫感染」「空気感染」の3つの経路があり、感染症を予防するためにはそれぞれにおいて感染経路を断ち切るための対策が必要になります。 感染症の種類• 鼻づまり• 関節痛• 倦怠感• 鼻づまり• 目の充血• 鼻づまり• 目の充血• 発しん• 鼻づまり• 発しん• 発しん• 発しん• 倦怠感• 関節痛• 倦怠感• 腹痛 感染対策カレンダー 感染症は常に身近に存在するため、一年を通しての感染対策が必要です。 まずは、毎日の「正しい手洗い」を心がけましょう。 各季節に流行する感染症の種類は多様で、それぞれの症状や感染経路にあわせた対策が重要です。 「感染対策カレンダー」を参考に、その季節に適した感染対策を行いましょう。

次の