エグゼイド。 仮面ライダーエグゼイドとは (カメンライダーエグゼイドとは) [単語記事]

仮面ライダーエグゼイドとは (カメンライダーエグゼイドとは) [単語記事]

エグゼイド

お好きなところからどうぞ• 仮面ライダーエグゼイド 第23話「極限のdead or alive!」のあらすじ 恭太郎 演:野村宏伸 から、黎斗 演:岩永徹也 の陰謀を阻止しなければ永夢 演:飯島寛騎 と飛彩 演:瀬戸利樹 をCRから追放するという通知が届く。 衛生省の意向に反して黎斗をCRに搬送して、結果的に取り逃がし、ゲーマドライバーを壊してしまったためだった。 スポンサードリンク 黎斗がゲンムに変身し、衛生省の役人たちを襲った。 飛彩は永夢と大我 演:松本亨恭 にゲンム打倒を託し、対ゲンム用のガシャットの秘密を解明しようとする。 現場に着いた永夢は貴利矢が残したドライバーで仮面ライダーエグゼイドに変身。 しかし、不死身のゲンムとバグスターを攻略することができない。 そこに飛彩が駆けつけ、新型ガシャットを永夢に渡す。 永夢は変身を試みるも、ガシャットは起動しない。 だが、飛彩は永夢なら起動できると確信していた。 貴利矢は永夢の過去を調べていた。 それはすべてのバグスターの根源となるウイルスを探していたからであり、それこそが貴利矢が消された理由だった。 飛彩は、すべてのバグスターとガシャットを生み出したウイルスを体内に持つ永夢なら新たなガシャットを生み出せると信じていた。 飛彩の呼びかけに永夢の中のウイルスと遺伝子が反応し、ついに新がシャット 「マキシマムマイティX」を生み出すことに成功する。 「マックス大変身!」 永夢は 仮面ライダーエグゼイド マキシマムゲーマー レベル99に大変身! 超巨体から繰り出される攻撃力でゲンムを圧倒する。 レベル99の能力はリプログラミング。 バグスターの能力を書き換え、ゲンムから不死身の力を奪い去ったエグゼイド。 ゲンムのライダーゲージが復活する。 スナイプらの攻撃もあり、ゲンムはゲームオーバー寸前に追い込まれる。 が、永夢はとどめを刺さずに変身を解除してしまう。 甘い永夢に大我は怒りをあらわにするが、永夢、そして飛彩は医者である以上命を奪うわけにはいかないと反論する。 「僕は仮面ライダーである前にドクターです!」 だが、黎斗は逃走し、町中でバグスターウイルスを散布し始める。 「罪を犯しているのはお前たちの方だ!私は神だ!私の才能は具現化されなければならない!それを邪魔することこそが罪だ!」 黎斗にとどめを刺さなければいけないのか。 悩む永夢の前にパラド 演:甲斐翔真 が姿を現す。 人としての心を捨てた黎斗を消しても命を奪ったことにはならない、貴利矢を殺した黎斗を許していいのか、と永夢にとどめを刺すようそそのかすパラド。 大我がスナイプに変身してゲンムに勝負を挑んだ。 そこにブレイブも駆け付け、黎斗にとどめを刺すかどうかでもめる。 そこに永夢が現れる。 覚悟を決めた永夢はエグゼイド レベル99にマックス大変身。 ゲンムの攻撃を凌いだエグゼイドは、マキシマムクリティカルブレイクでゲンムを撃破! 黎斗は変身解除に追い込まれる。 再び変身しようと、「デンジャラスゾンビ」ガシャットのスイッチを押す黎斗だったが、何度やってもガシャットが起動しない。 実は、エグゼイドに攻撃されたときにリプログラミングの能力で体内のバグスターウイルスを消去されていたのだ。 抗体を持たないものは変身できない。 黎斗は変身の資格を失ったのだ。 黎斗の笑顔を取り戻したいと語る永夢。 だが、そこにパラドが現れる。 「敗者にはふさわしいエンディングってのがあるだろ」 パラドは「デンジャラスゾンビ」の中のゾンビのウイルスを黎斗に感染させる。 黎斗は「死にたくない!」とのた打ち回り、消滅してしまった。 「私は神だ! 私の夢は……不滅だぁああ! うわぁああ!!」 永夢らの活躍によって黎斗の野望は阻止された。 だが、バグスターウイルスがいる限り戦いは終わらない。 そして、黎斗の命を救えず、笑顔を取り戻すことのできなかったむなしさから、永夢は一人涙を流すのであった……。 toei. 「遺志を永夢に託す」という演出ならガシャットだけでもよかったはず。 なぜ、ドライバーまで託したのか……。 このためかぁ!! 今までの仮面ライダーシリーズで、途中で命を落としてしまったライダーは多いですが、死語もこんなにも影響を残したのは、貴利矢ぐらいではないでしょうか。 今までずっと永夢のことを「研修医」と呼んできたのに、ここぞという場面で 「永夢!」と呼びかけました。 最初、誰が言ってるのかわからなかった。 飛彩だとわかった時には鳥肌が立ちました。 呼び方ひとつで感動を生み出せるのだから、面白いですね。 一方で、貴利矢のことはあくまでも「監察医」。 前回「すごい奴だ」とほめていたし、ゲンム打倒の要の役割を果たしていたのだから、貴利矢も名前で呼んでほしかった。 レベル99のスーツが重すぎて、ほとんど動けないと思ったからです。 今日の放送では、思ったよりは動いていました。 でも、派手に走り回るところとかはやっぱりCGでした。 エグゼイドのスーツアクターの高岩成二さんが心配です。 「dead or alive」とは、「黎斗を生かすか殺すか」でした。 しかし、 ゲームと医療という対極の存在を描くことによって、人の命の重さをエグゼイドは見事に描いています。 今回はそこに「正義」も絡まり、「悪人とはいえ命を奪ってはけない」という立場と、「とどめを刺さないと更なる被害が拡大する」という立場が衝突しました。 toei. 迷う永夢のもとにパラドが現れ、とどめを刺すようにそそのかします。 以前にもパラドは永夢の前に現れ、「医者である限り人の死は避けられないのであれば、医者なんてやめてしまえばいい」とそそのかします。 自分でとどめを刺さずに、永夢にやらせようと仕向ける。 パラドの目的はいったい何なのでしょうか。 永夢から医者としての尊厳を奪おうとしているようにも見えます。 「死にたくない!」という絶望の断末魔と、「私の夢は不滅だ!」という狂気の大絶叫とともに消滅しました。 絶望しつつも、最後まで悪の矜持を見せた檀黎斗。 これで最後だというのが正直寂しい限りです。 まだまだ社長劇場を見ていたかったです。 キャストの公式ブログには、そんな黎斗の正義をキャストの岩永さんがつづっています。 これを読むと、また黎斗の見方が変わります。 しかし、彼の胸にこみ上げてくるのは、黎斗の命を救えなかった、笑顔を取り戻すことのできなかったむなしさでした。 飛彩の「失った命に向き合うのもドクターの仕事」という言葉が胸に刺さります。 夕日を見ながらひとり涙を流す永夢。 「人類の未来を守る」という大義の前に、一人のドクターとして目の前の命が救えなかった悔しさに涙する永夢の「正義」がよくわかるシーンでした。 まとめの感想 まさに激熱! これまでの展開をつなぎ、さらに次の展開へとつなげていく、まさに神回と呼ぶにふさわしい回でした。 次回 第24話「大志を抱いてgo together!」 次回はキュウレンジャーとのコラボ回。 そして、エグゼイド第3章の幕開け。 何やらポッピーに不審な動きが……。 まあ、闇落ちしたポッピーを見てみたい気もするけど。 30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

次の

EXCITE(仮面ライダーエグゼイド)

エグゼイド

ある意味風評被害の被害者な曲だよなこれ -- 名無しさん 2018-01-19 02:11:16• めっちゃかっこいい曲。 エグゼイドにもぴったりだし -- 名無しさん 2018-01-19 02:16:36• 紅白にもライダー出てたら嬉しかったなあ -- 名無しさん 2018-01-19 07:49:57• 割と長い間… -- 名無しさん 2018-01-19 11:28:41• 曲自体はすごい良い曲だし大好きな曲。 だからこそ最近の公式からもネタ曲扱いされてるのが嫌だわ。 -- 名無しさん 2018-01-19 12:13:54• 歌詞が分かる前は「EXCITE」の部分が「エグゼイド」って空耳してたなぁ。 ライダーのOPでも1 -- 名無しさん 2018-01-19 13:56:06• 紅白でこれが流れた直後にTwitterのトレンドに「宝生永夢ゥ」が他の大晦日特番のワードに並んで入ってて腹筋がリボルクラッシュしそうになった…永夢の中の人も苦笑混じりに困惑してた -- 名無しさん 2018-01-19 14:15:08• 岩永さん自身もネタにしてるしwww -- 名無しさん 2018-01-19 17:15:24• 公式がネタにしてるというか、例のシーンをネタにするならこれも外せないね!って感じだと思う。 曲そのものをネタ扱いはしてないでしょ…多分。 -- 名無しさん 2018-01-19 17:52:53• 平成屈指の神曲にして屈指のネタ曲でもあると思ってる -- 名無し 2018-01-19 20:37:17• 変身直後のバトルシーンから本番。 -- 名無しさん 2018-01-19 21:41:17• 内村光良「息子はあのエグゼイド、アレかかったら仮面ライダーの真似ばっかりしてるんですよ」 ファンもこの曲が流れたら神の真似してますよ -- 名無しさん 2018-01-20 09:43:42• 歌詞の意味路をこの前聞いたが すごい壮大だったな 僕は任務を遂行しているとか -- 名無しさん 2018-01-20 23:10:29• これとジャパリパーク目当てで年末の歌番組類を視聴した人も少なくないはず -- 名無しさん 2018-01-21 00:38:48• 最終回でのop再現決戦は良かった。 -- 名無しさん 2018-01-21 20:05:06• 平成ジェネレーションズでもやってたけど覚悟を決めて戦いに向かうのにすっごい似合うんだよねこの曲 -- 名無しさん 2018-01-21 21:55:14• プレバンの神ヴァイザーでEXCITEと宝生永夢ゥ!を組み合わせて流せるようになってるし、公式が狙った通りネタとしても人気が出たと言うべきなんだろうな -- 名無しさん 2018-03-11 16:34:04• 特撮で敵が主人公の秘密を暴露するシーンがあると、BGMをこの曲に差し替えたMADが作られる -- 名無しさん 2018-04-14 18:05:37• 映画館とかでしっかり歌えてる男の子が居て結構良かったなと思う -- 名無しさん 2018-04-24 21:30:08• エキサイ! エキサイ! ハラマスコーイ -- 名無しさん 2018-06-30 09:37:43• 内海みたいにジオウもこれに相当する展開がくるかな? -- 名無しさん 2018-09-03 09:45:43.

次の

EXCITE(仮面ライダーエグゼイド)

エグゼイド

お好きなところからどうぞ• 仮面ライダーエグゼイド 第23話「極限のdead or alive!」のあらすじ 恭太郎 演:野村宏伸 から、黎斗 演:岩永徹也 の陰謀を阻止しなければ永夢 演:飯島寛騎 と飛彩 演:瀬戸利樹 をCRから追放するという通知が届く。 衛生省の意向に反して黎斗をCRに搬送して、結果的に取り逃がし、ゲーマドライバーを壊してしまったためだった。 スポンサードリンク 黎斗がゲンムに変身し、衛生省の役人たちを襲った。 飛彩は永夢と大我 演:松本亨恭 にゲンム打倒を託し、対ゲンム用のガシャットの秘密を解明しようとする。 現場に着いた永夢は貴利矢が残したドライバーで仮面ライダーエグゼイドに変身。 しかし、不死身のゲンムとバグスターを攻略することができない。 そこに飛彩が駆けつけ、新型ガシャットを永夢に渡す。 永夢は変身を試みるも、ガシャットは起動しない。 だが、飛彩は永夢なら起動できると確信していた。 貴利矢は永夢の過去を調べていた。 それはすべてのバグスターの根源となるウイルスを探していたからであり、それこそが貴利矢が消された理由だった。 飛彩は、すべてのバグスターとガシャットを生み出したウイルスを体内に持つ永夢なら新たなガシャットを生み出せると信じていた。 飛彩の呼びかけに永夢の中のウイルスと遺伝子が反応し、ついに新がシャット 「マキシマムマイティX」を生み出すことに成功する。 「マックス大変身!」 永夢は 仮面ライダーエグゼイド マキシマムゲーマー レベル99に大変身! 超巨体から繰り出される攻撃力でゲンムを圧倒する。 レベル99の能力はリプログラミング。 バグスターの能力を書き換え、ゲンムから不死身の力を奪い去ったエグゼイド。 ゲンムのライダーゲージが復活する。 スナイプらの攻撃もあり、ゲンムはゲームオーバー寸前に追い込まれる。 が、永夢はとどめを刺さずに変身を解除してしまう。 甘い永夢に大我は怒りをあらわにするが、永夢、そして飛彩は医者である以上命を奪うわけにはいかないと反論する。 「僕は仮面ライダーである前にドクターです!」 だが、黎斗は逃走し、町中でバグスターウイルスを散布し始める。 「罪を犯しているのはお前たちの方だ!私は神だ!私の才能は具現化されなければならない!それを邪魔することこそが罪だ!」 黎斗にとどめを刺さなければいけないのか。 悩む永夢の前にパラド 演:甲斐翔真 が姿を現す。 人としての心を捨てた黎斗を消しても命を奪ったことにはならない、貴利矢を殺した黎斗を許していいのか、と永夢にとどめを刺すようそそのかすパラド。 大我がスナイプに変身してゲンムに勝負を挑んだ。 そこにブレイブも駆け付け、黎斗にとどめを刺すかどうかでもめる。 そこに永夢が現れる。 覚悟を決めた永夢はエグゼイド レベル99にマックス大変身。 ゲンムの攻撃を凌いだエグゼイドは、マキシマムクリティカルブレイクでゲンムを撃破! 黎斗は変身解除に追い込まれる。 再び変身しようと、「デンジャラスゾンビ」ガシャットのスイッチを押す黎斗だったが、何度やってもガシャットが起動しない。 実は、エグゼイドに攻撃されたときにリプログラミングの能力で体内のバグスターウイルスを消去されていたのだ。 抗体を持たないものは変身できない。 黎斗は変身の資格を失ったのだ。 黎斗の笑顔を取り戻したいと語る永夢。 だが、そこにパラドが現れる。 「敗者にはふさわしいエンディングってのがあるだろ」 パラドは「デンジャラスゾンビ」の中のゾンビのウイルスを黎斗に感染させる。 黎斗は「死にたくない!」とのた打ち回り、消滅してしまった。 「私は神だ! 私の夢は……不滅だぁああ! うわぁああ!!」 永夢らの活躍によって黎斗の野望は阻止された。 だが、バグスターウイルスがいる限り戦いは終わらない。 そして、黎斗の命を救えず、笑顔を取り戻すことのできなかったむなしさから、永夢は一人涙を流すのであった……。 toei. 「遺志を永夢に託す」という演出ならガシャットだけでもよかったはず。 なぜ、ドライバーまで託したのか……。 このためかぁ!! 今までの仮面ライダーシリーズで、途中で命を落としてしまったライダーは多いですが、死語もこんなにも影響を残したのは、貴利矢ぐらいではないでしょうか。 今までずっと永夢のことを「研修医」と呼んできたのに、ここぞという場面で 「永夢!」と呼びかけました。 最初、誰が言ってるのかわからなかった。 飛彩だとわかった時には鳥肌が立ちました。 呼び方ひとつで感動を生み出せるのだから、面白いですね。 一方で、貴利矢のことはあくまでも「監察医」。 前回「すごい奴だ」とほめていたし、ゲンム打倒の要の役割を果たしていたのだから、貴利矢も名前で呼んでほしかった。 レベル99のスーツが重すぎて、ほとんど動けないと思ったからです。 今日の放送では、思ったよりは動いていました。 でも、派手に走り回るところとかはやっぱりCGでした。 エグゼイドのスーツアクターの高岩成二さんが心配です。 「dead or alive」とは、「黎斗を生かすか殺すか」でした。 しかし、 ゲームと医療という対極の存在を描くことによって、人の命の重さをエグゼイドは見事に描いています。 今回はそこに「正義」も絡まり、「悪人とはいえ命を奪ってはけない」という立場と、「とどめを刺さないと更なる被害が拡大する」という立場が衝突しました。 toei. 迷う永夢のもとにパラドが現れ、とどめを刺すようにそそのかします。 以前にもパラドは永夢の前に現れ、「医者である限り人の死は避けられないのであれば、医者なんてやめてしまえばいい」とそそのかします。 自分でとどめを刺さずに、永夢にやらせようと仕向ける。 パラドの目的はいったい何なのでしょうか。 永夢から医者としての尊厳を奪おうとしているようにも見えます。 「死にたくない!」という絶望の断末魔と、「私の夢は不滅だ!」という狂気の大絶叫とともに消滅しました。 絶望しつつも、最後まで悪の矜持を見せた檀黎斗。 これで最後だというのが正直寂しい限りです。 まだまだ社長劇場を見ていたかったです。 キャストの公式ブログには、そんな黎斗の正義をキャストの岩永さんがつづっています。 これを読むと、また黎斗の見方が変わります。 しかし、彼の胸にこみ上げてくるのは、黎斗の命を救えなかった、笑顔を取り戻すことのできなかったむなしさでした。 飛彩の「失った命に向き合うのもドクターの仕事」という言葉が胸に刺さります。 夕日を見ながらひとり涙を流す永夢。 「人類の未来を守る」という大義の前に、一人のドクターとして目の前の命が救えなかった悔しさに涙する永夢の「正義」がよくわかるシーンでした。 まとめの感想 まさに激熱! これまでの展開をつなぎ、さらに次の展開へとつなげていく、まさに神回と呼ぶにふさわしい回でした。 次回 第24話「大志を抱いてgo together!」 次回はキュウレンジャーとのコラボ回。 そして、エグゼイド第3章の幕開け。 何やらポッピーに不審な動きが……。 まあ、闇落ちしたポッピーを見てみたい気もするけど。 30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

次の