ライブラリを同期中 消えない。 iPhoneの写真が削除できない場合の解決方法

【絶対解決】iTunesとiPhoneが同期できない時の7つの対策

ライブラリを同期中 消えない

Google Play ストアで最近購入した音楽やパソコンからアップロードした音楽が Google Play Music ライブラリで表示されない場合、次の手順をお試しください。 各手順を試した後にライブラリが適切に同期されているかどうかご確認ください。 手順 1: ライブラリを更新する• Google Play Music アプリ を起動します。 メニュー アイコン をタップします。 [ ダウンロード済みのみ] スイッチがオフになっていることを確認します。 スイッチがグレーであればオフになっています。 [ 設定] [ 更新] をタップします。 2 分ほど待ってから、もう一度ライブラリを表示します。 手順 2: 正しいアカウントにログインしているかを確認する• Google Play Music アプリ を起動します。 メニュー アイコン [ 設定] の順にタップします。 音楽の購入やアップロードの際に使用したものと同じアカウントにログインしていることを確認します。 別のアカウントを使用するには、 Google アカウント(Android)または ログアウト(iPhone または iPad)をタップします。 注: Google アカウントのパスワードを最近変更した場合、新しいパスワードを使用してログインし直さないとライブラリを更新できないことがあります。 自分のユーザー名やパスワードがわからない場合は、をご覧ください。 手順 3: 同期の設定を確認する 重要: アプリのデータを消去すると Google Play Music の設定がリセットされ、以前にデバイスにダウンロードした曲が削除されます。 削除された曲はダウンロードし直す必要があります。 Android の場合• デバイスで設定アプリを起動します。 [ アプリ] または [ アプリ マネージャー](デバイスにより異なります)をタップします。 [ Google Play Music] [ ストレージ] [ データを削除] をタップします。 Play Music アプリにログインします。 Play Music アプリが更新されるまでに数分かかることがあります。 iPhone または iPad の場合• Google Play Music アプリ を起動します。 メニュー アイコン [ 設定] [ アプリデータのリセット] [ OK] をタップします• Play Music アプリにログインします。 Play Music アプリが更新されるまでに数分かかることがあります。 手順 5:(2 段階認証プロセスを使用している場合)アプリ パスワードを確認する.

次の

iPhoneと同期できない!PCの中の曲をiTunesで送れない時の対処方法。

ライブラリを同期中 消えない

Apple Musicの同期を始める前に読みたい注意事項 同期を始める前にiTunesをアップデートしてプレイリストが消えたという人は先にプレイリストを修復してください。 中身が消えたプレイリストをそのまま同期しても消えた状態のプレイリストが同期されてしまうので…。 とはいえ、どちらが正解というわけではありません。 自分のニーズに合っている方法をご利用ください。 今回ご紹介する方法もまた1つのやり方というだけです。 iTunesとiCloudミュージックライブラリの関係性 Apple Music のサービスが開始したと同時に今まで存在していなかった「iCloudミュージックライブラリ」という新たなものが誕生しました。 従来の同期は、iOS端末(iPhoneなど)をパソコン上にあるiTunesに繋いで同期する方法でした。 大きく変わった点 iTunesでiCloudミュージックライブラリをONにしているとiPhoneとiTunesをケーブルで同期する従来の方法が使えなくなった! そのため、今回はiTunesのiCloudミュージックライブラリをOFFにしつつ、OFFにすると今度はApple Musicが使えなくなる状態を回避してApple Musicも使う方法をご紹介します。 iTunes内の音楽とiPhoneを同期する方法(Apple Musicの使用も可能) 今回、私が行う方法は最終的に以下のことができるようになります。 従来通りiTunesに入っている音楽をiPhoneでネット経由なしで聞ける(iPhone端末に音楽を入れる) 2. Apple Musicで見つけた音楽を聴いたり、iPhoneに保存できるようにする 以前ご紹介した以下の方法は「置き換え方式」でしたが、今回は「 結合方式」を採用しています。 ・従来の同期の方法で端末に音楽を入れるため、もiPhoneに入れられるようにした。 iTunes内の音楽とiPhoneの同期(従来のようなケーブルを使用した同期) iTunes とiPhoneの iCloudミュージックライブラリをOFFにします。 これでiCloudミュージックライブラリをONにしていた時に表示された「iTunes Matchがオンです」は表示されなくなり、従来と同じような同期ができます。 iTunes・iPhone のiCloudミュージックライブラリをOFFにしている状態で ケーブルで同期を行います。 同期が完了したら先ほどOFFにした iCloudミュージックライブラリをiPhone・iTunes共にONにしてApple Musicを使えるようにします。 iPhone側でiCloudミュージックライブラリをONにする際に結合と置き換えが表示されると思うので「 結合」を選択します。 結合を選択したあと、Apple Musicのマイミュージックを確認するとプレイリスト含めて同期されているのがわかると思います。 ちなみに今回の場合、残すのはローカルプレイリストでiCloudプレイリストを残さないようにしてください。 私の環境下では「1」がついたリストがiCloudプレイリストでした。 全て自己責任でバックアップを取った上で作業をしてください。 今後の話(iTunesに新曲を入れたあとの同期について) 今後iTunesに音楽を取り込んだ際の同期方法についてお話をしたいと思います。 方法は2種類あります。 音楽をiTunesに取り込んでiCloudミュージックライブラリ経由でiPhoneで聞く方法。 ストリーミングもしくはオフラインダウンロードが使えます。 音楽を最初から端末に取り込む方法。 ストリーミングではなくiPhone端末に音楽を取り込む従来と同じ聞き方。 1の方法を利用する場合 iTunes・iPhoneのiCloudミュージックライブラリが既にONになっていると思うので音楽をiTunesに取り込んで暫くするとiCloudミュージックライブラリ経由でiPhoneで聞くことができます。 iPhoneでオフライン用ダウンロードすればiTunesとiPhoneをわざわざケーブルに繋いで同期しなくて済むので結構便利です。 2の方法を利用する場合 最初から大量に音楽をiPhoneの端末に入れたいという時に特に便利です。 iTunesのiCloudミュージックライブラリを一度OFFにしてCDなどから音楽を取り込みます。 そのあとiPhoneのiCloudミュージックライブラリもOFFにしてiTunesとケーブルで同期して端末に音楽を取り込みます。 同期完了後にiTunes・iPhoneのiCloudミュージックライブラリを再びオンにして完了です。 iPhoneのiCloudミュージックライブラリは同様に「結合」を選びます。 1の方法でiTunesに取り込んだ新しい曲をiCloudミュージックライブラリ経由でiPhoneに取り込んでもいいですが、例えばTSUTAYAなどでアルバムを5枚借りて50曲全部iPhoneでオフライン用のダウンロードを1曲ずつひたすらするのはバカみたい。 こうした場合は、従来通り端末に入れ込むという方法が使えるというお話でした。 管理人のひとこと iCloudミュージックライブラリを使って何をしたいかによってやり方は異なります。 私の場合は、iCloudに同期されないプレイリストがあったので前回ご紹介した「」から端末に直接入れ込む「結合方法」を採用しました。 手元にある音楽は従来通りiPhone端末に入れて、持っていない曲はApple Musicで楽しみたいという人はぜひ今回の方法を試してみてください。 その他、Apple Musicに関する使い方や知っておきたい情報、Tipsなどを以下のページにまとめています。 おしまい。 この記事はiPhoneアプリ「」から更新しました!.

次の

音楽ライブラリをスマートフォンやタブレットに同期できない

ライブラリを同期中 消えない

パソコンとiPhone・iPad・iPodの間で、音楽やほかのデータを自由に転送する方法をお探しですか?転送ソフトAnyTrans for iOSを使えば、それは簡単に実現できます。 今すぐこのツールをダウンロードして使ってみませんか? 他の言語で読む:• iTunesでCDからインポート・購入した曲をiPhone・iPod・iPadに同期しても同期できない• iTunesで同期した後、一部の音楽だけが同期できない• iTunesで同期した後、iOS端末で曲は点線の丸印が出て灰色で表示され、再生できない 以上の不具合に遭遇したことはありますか?その時は、どうすれば解決できますか?このガイドは、以上の「iTunesで音楽が同期できない」問題を解決するために、5つの有効な対処法をご紹介します。 iTunesで音楽が同期できない時の5つの対処法 iTunesで音楽が同期できない時、以下の対策を順番に試してください: 方法1.iPhone・iPad・iPodの空き容量をチェック 知らないうちにiPhone・iPad・iPodの空き容量がなくなることもあるので、まずはiOS端末に必要な空き容量があるかをチェックしてください。 もしストレージが足りないなら、不要なファイルを削除してから再びiTunesで同期を行ってください。 方法2.「iCloudミュージックライブラリ」をオフ 「iCloudミュージックライブラリ」をオンにしている場合、iTunesで音楽の同期ができなくなります。 従って、iPhone・iPad・iPodで「設定」 > 「ミュージック」に入り、「iCloudミュージックライブラリ」をオフにしてください。 方法3.「音楽の同期」のチェックを外してから再び適用 Step 1:iPhone・iPad・iPodをPCに接続し、iTunesを開きます。 Step 2:端末の管理画面に入ります。 Step 3:「ミュージック」に入り、「音楽を同期」のチェックを外します。 警告が出る時は「削除」をクリックしてください。 手動でiTunesからiPhoneに同期する 方法5.iTunes以外の方法で同期 もし以上の方法でiTunesで音楽が同期できない問題を解決できない、またはiTunesより便利な方法でiPhone・iPad・iPodに音楽を同期したいなら、 — を使ってみてください。 Step 1:AnyTrans for iOSをダウンロード&インストールします。 データをデバイスに追加 AnyTrans for iOSを含め、音楽転送機能が比較的似ている各ツールの違いを理解するために、いろいろなテストを行い、そのテスト結果から次のツール比較表を完成しました。 お見逃しなく: 最後に 以上はiTunesで音楽が同期できない時に5つの有効な対処法です。 そして、上記に書いてある転送ソフトAnyTrans for iOSは、だけでなく、こともできます。 必要があれば試しませんか?この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

次の