ライバー テクサ。 Influencer Girl

【業務委託契約】 かなた 【テクサ(ライバー)の太田】 part106 YouTube動画>1本 ニコニコ動画>1本

ライバー テクサ

テクサは、ライバー事業という新しい事業を一緒に切り拓く仲間を募集しています。 まだまだ新しい市場ですが、動画ビジネスの次はライブ(ライブ配信、実況、生放送とリアルイベントの組み合わせ)の時代だと言われています。 将来性のある新しいエンターテイメントビジネスを一緒につくっていきましょう。 2005年、ガラケーしかない時代に現在のAbemaTVのような動画配信会社を設立。 携帯動画配信事業の先駆けとなり、事業会社、VC等から10億円超を集めました。 現在は経営から離れていますが、「株式会社ビデオマーケット」として動画配信界で一定の地位を占めるに至っています。 その後はニュース事業、ファンド事業、エンターテインメント事業を立ち上げ、複数会社立ち上げと成長のノウハウをもち事業をクリエイトし続けています。 会長の飯田とはエンターテインメント事業を通じて知り合い、10年前にみた動画配信の未来がここにあることを知り、参画。 インフルエンサービジネスを始めたのは学生時代。 インフルエンサー仲間の人気上位60人と一緒にイベントと有料デジタルコンテンツを作りました。 その後、 大学を辞めて、経営とマーケティング、制作技術を学んで起業しました。 僕は、人が大好きです。 麻雀、ゲーム、映画など趣味も多いですが、 人と話している時間が一番楽しいです。 こんな僕ですが、仲良くしてもらえると幸せです。 よろしくお願いします!• 株式会社ライバーにて所属クリエイターの統括責任者として、所属クリエイターのマネジメントやイベント製作をしています。 大学卒業以来、芸能音楽業界一筋に36年過ごして来ました。 昨春よりインフルエンサー業界という、これまでと少し角度の違う業界に飛び込んできました。 慣れないながらも刺激的で充実した日々を送っています。 略歴 1983〜1988 有限会社新和事務所マネージャー 俳優・田村正和氏のマネージャーとして「うちの子にかぎって」「パパはニュースキャスター」「男達によろしく」「ニューヨーク恋物語」等を担当する。 1988〜2000 株式会社スペースクラフトエンタテインメント 部長 俳優... スタッフ• ライブ配信から生まれたアイドルグループ「コレって恋ですか?」 弊社はインフルエンサーマーケティングの中でも、時代の最先端をいく「ライバーマーケティング事業」に関わるベンチャー企業です。 日々の業務は、ライバーや歌い手、YouTuberといったネットで活躍するクリエイターに新しい仕事をもたらす、ということをミッションとして仕事をおこなっています。 アーカイブ動画の世界はすでに花開いており、さまざまなお仕事があります。 また、ライバーの世界はまだまだこれからです。 ライバー社はいち早くこの業界で事業開拓をおこなっております。 また、トップクリエイターをプロデューサーとしてアイドルグループを結成にその運営・サポートをおこなったり 「コレって恋ですか? 」 、メジャーレーベルを作って、ライブ配信者からメジャーデビューアーティストを生み出したり 「あっとくん 」 といった、次世代エンターテインメントに向けてのクリエイターの活躍の場づくり、舞台づくりにもチャレンジをはじめています。 また、未来に訪れる、ライバーとリアルイベントの融合に対し、研究開発をはじめています。 ライバー社が総額3億円の資金調達を実施 なぜやるのか• 大規模イベントも開催しています• ライバーへの注目度はますます高まり、毎日のネットライブで数万人の同時接続数を集めることができる配信者さんもあらわれてきています。 まったく新しい業界ですので、たくさんの収益化の方法があり、まだ未開拓の部分が残っている分野です。 わたしたち株式会社ライバーは、創業当初より、ネットやSNSで自らのファンを集めてきた新しい表現者が十分な収益を得てさらに表現活動を充実させるための支援をおこなっております。 このことにより、エンターテインメントの世界はさらに充実し、未来に向かってみなさんに新しい遊びの体験を提供できると考えています。 どうやっているのか• ヤフーオリジナル番組「ひきこもりでも〇〇したい!」制作・キャスティング• また、広くライブ配信に関わる業界を見渡したときに、ライブ配信のトップクリエイターとの深い関係性を持ち、また協力な営業力、企画力をもって、クリエイターさんと新しい仕事を創出してきた、という意味で、弊社はトップクラスに位置する存在だと考えています。 また、ライブ配信業界(ネットストリーミング、ネット生放送、ライブ配信)は、動画の次の刺激的なエンターテイメントとして急激に注目が高まってきています。 ちょうどこのタイミングで5Gの時代に突入し、配信環境は十分に整っております。 株式会社ライバーは国内でももっともはやくそのビジネスに注目し、取り組んでいる企業のひとつです。 わたしたちはそういったクリエイターのみなさんと仕事をするのが大好きです。 クリエイターがよりよい創作活動をおこなうためにできることはないかと日々模索しています。 クリエイターが好き、というだけではなく、よりよい活動をしてもらうために何ができるか考え続けられる人。 そんな方と一緒に仕事をしたいと考えています。 現在IPOを目指し、拠点にしていた日本橋オフィスに加え、六本木に新たな拡張拠点をつくることとなりました。 会社としてはとても楽しい時期にさしかかっています。 あなたと一緒に働けることをとても楽しみにしています。 こんなことやります ライバー・インフルエンサー業界で活躍するテクサ社長、飯田祐基 のカバン持ちスタッフを募集します。 テクサの社長の仕事は「たくさんの人に会ってお話する事」。 カバン持ちスタッフにお願いしたいのは、社長が会ったたくさんの人とのお話の要点をまとめて社内に伝えたり、その場その場で必要な資料を社内から取り寄せて社長やお客様にお渡しすることです。 現場で動きまわる社長と会社との間をつなぐ、重要な役割です。 この業界に興味があり、コミュニケーションが好きな方からのご連絡お待ちしております。 会社の注目のストーリー.

次の

<社名変更のお知らせ>株式会社テクサが「株式会社ライバー」(英名:LiveStreamers Inc.)に社名変更|ライバーのプレスリリース

ライバー テクサ

ライが手がける、との、ライin。 コレコレや、リオなど、人気者が出演する、だ。 このに出演予定だった、の出演がされた。 はまだ明かされていないが、「」らしい。 という者は、になどを行っていたりしたので、根強いを抱えている。 その為、でもブーという関連のへの出演がのでに なるなどしており、断言はできないが、その類のであっとはに難くない。 事前の は、の通りもので出演をせざるを得ないになっていること、 同様のが発生することは誰でもがつく。 や共催のすれば、そういったの種になりそうなことは極力避けようとするので、 彼のようなのを受けている者を起用するには、それなりのがとなる。 出演告知をしないで、当日のレットとして起用する、に事前に をして「このようなが来ると思いが、適切にすればありません」と根回しするなどが挙げられる。 ライ(旧サ)はそういうは行ったのだろうか? していれば、このようなことにはならなかったのではないだろうか。 また、そういうが発生することが知りえないの付き合いなら、まだ少しはできるが (にしても、不足のそは否めない)、同催のうずのに起用したり、 様々なのへの出演も手がけていること、だったというはできないだろう。 者を切り捨てる ライは、このようなに対して、「出演を取りやめる」という方向に舵を切った。 とてもな法だ。 確、を受ける原因を取り除けば、は発生しなくなるかもしれない。 し、「のが」ということをのに知らしめる結果となり、 今後ものをかけ続けられるを増ことになる。 また、出演として、切り捨てられた者側も「彼には任せられない」という 悪いが傷として残ることになり、となった者のの期待も裏切られ、 者とライ(旧サ)のみが守られる結果となる。 へのの「窓口はら」と案内できる番号を公開するなど、 に屈しないための手立てを講じることは出来なかったのだろうか? 3. にはで蓋をする ライ社は、に「イアンスの」本件のを拒んだ。 結果、実際のところ出演の取りやめになった明確なはまだわない。 も、出演のではなく、なの「出演辞退」を求めた。 辞退であれば、ライ側は、をする逃れられるだ。 し、は出演辞退は拒み、結果、はされること無く、 出演としてにされることになった。 者側としては、告知に協力した手前、でを購入した 達にするがある。 し、ライ社の口を閉ざさせるで、はにできないに至っている。 料、無し をあけさせ、告知に協力させ、料の支払いもないという。 開いた口が塞がらない。 さいごに ライ(旧サ)社は、のライ(者)とするをし、 「ライを全力でするとともに、ライがする場を広げるべく、 していきたいと考えており」とので謳っている。 本当にそうろうか? 上辺だけのに聞こえないのは、私だけだろうか。 へのとなる者との数ばかり追い、「多大なる才能を感じた」とに者をし、 都合よく使い倒して、いざとなったら切り捨てるを、誰が信用するのだろうか。 参考 ・ライ(旧サ): ・ライin: ・の:.

次の

そういえば「ライブ配信」は「動画」と何が違うのか。

ライバー テクサ

生主時代は「りなりな」という名前でやっていた 彼が放送を始めたのは2010年9月1日から。 この時はまだまだニコ生界隈は元気で活気があった。 その時期の恩恵を授かった一人といえるよな。 こんな時期から始めたりなりなはどんな放送をしていたのかきになるよな。 まぁ当時の流れからすると普通の喧嘩凸って感じだよな。 揚げ足の取り合いで、他愛のない言争いって感じ。 当時はこういう喧嘩凸がニコ生では盛んで、そこら中でこういう凸が行われていたんだ。 今でこそ喧嘩凸って文化は配信の中で廃れてしまったジャンルではあるけど、当時はもう今からは考えられないぐらいのメインジャンルだったんだ。 そんな喧嘩凸にも色々スタイルがあって、ただただ大声でしゃべり続けて相手が嫌になって切ったら「勝った」なんていう何も面白くもない生主から、一応はしっかりと理路整然と相手を論破しにかかる生主まで様々だった。 りなりなはどちらかと言えばしっかり理論立てて相手を論破しにかかる生主な上に、臆せずしゃべれるタイプだったから、当時はかなり人気があった。 ではこの喧嘩凸の内容からりなりながどんな奴だったかを見ていこうぜ。 りなりなの生主時代の実態 今や社長としてさぞや立派な経歴でそれはそれは立派な人間なんだろうと思うところだけど、その実態は全然違う。 先ほどの動画を見てもらってもわかると思うけど、まんま「kz」だよなww まずこれだな 大学を中退している 放送に依存していたりなりな。 配信中毒は生主がかかりやすい中毒だと言われているけど、このりなりなも立派な配信中毒だった。 それで親とも何回も揉めたみたいだ。 大学にもあまりいかず単位もボロボロで、放送ばかりしていたりなりな。 親に金を払ってもらって行っていた大学。 相当な親不孝ぶりが分かるよな。 そして次 パチスロ中毒 パチスロにも依存していたりなりな。 こういったギャンブルはプロでもない限りはマイナスになるように出来ているって知ってるよな。 じゃなきゃ全国のパチスロ店軒並みぶっ潰れてるだろうからな。 そんなものにのめりこんでギャンブル中毒になっていたりなりな。 そのせいでお金が足りずに、借金もかなりの額になっていたみたいだ。 本当に絵に描いたようなkzっぷりのりなりな。 さらにまだある。 一人暮らししていたが金の問題へ実家に舞い戻る 結局グダグダな生活をしていたりなりな。 一人暮らしもまともに出来ず、逃げ帰るように実家に帰る。 ここまでになれば反省をして放送からは一旦身を引こうなどと考えるものだが、りなりなは違う。 放送をガンガンする始末。 要はもう放送中心の生活(人生)になってしまっていたって事だよな。 完全に依存しきっている様子。 今でこそ社長として成功して一般気取りも出来るかもしれないが、当時はただのkzニートだったりなりな。 要はkz系生主をだったという事になるな。 さらにりなりなにはこんな性癖もある。 無類のSM好き ドMで変態で有名なりなりな。 SMクラブにもかなりの頻度で通っていたみたいだ。 かなりネチネチした性格でさらにドMで変態な性格。 生主として成功したから良かったものの、そうでなければどうしようもない人生を歩んでいたかもしれないな。 さらにもう一つ 女生主「あっきーなしゃま」と付き合う ニコ生というネットで知り合ったあっきーなしゃまと付き合っていたりなりな。 結局破局してしまうわけだけど、その後の放送で二人がスカイプしている動画がある。 あっきーなしゃまはメンヘラで有名な生主。 てかネットに依存している女は異常にメンヘラ率が高い。 このあっきーなしゃまも、もれなくメンヘラ。 それにしても、相手がこんな事になっているのにそれをネタにしているりなりなもりなりなだな。 りなりな 「思ってたのと違う」 なんて言ってるけど、自分が思ってる展開と違うのであればすぐに放送を切ればいいだけの話。 しかし、放送を切らずに続けていた所を見ると 「おいしい展開だな」思ってたのは明白だよな。 相手のあっきーなしゃまも放送だとわかっていながらのこんな醜態を晒している。 俗に言うかまってちゃんって奴だな。 誰かに見られている状態で発狂状態になって慰めてもらったり、心配してもらうのを待っている。 こんなやり取り、通常であれば放送なんかにのせたくねーからな。 どっちも放送に依存し、中毒を発症している者同士の放送という事だな。 最後に 大体りなりながどんな生主であったかわかったかな。 俗にいうkz系生主ってやつだ。 それが今では、イチ会社の社長だからね。 人生どうなるかわからないよな。 上手い事機転を利かせたと思うぜ。 ネットが無ければ人気ものなんかにはまず間違いなくなれていなかっただろうし、恋愛もできていなかっただろう。 生放送が無ければその代わりとして、大学の薬学部に行ってたみたいだから、薬剤師にはなれただろう。 しかし、収入はあるけどパッとしない人生のままって感じだっただろうな。 ある意味でネットを最大限上手く利用した内の一人ではないかなと思っている。 しかし、彼の立ち上げた会社、ライバー(元テクサ)はあまり評判は良くない。 裏で色々と大手配信者に声をかけまわっているみたいだが、配信を腐らせないようにだけはして欲しい所である。 という事で今回はこの辺で!またね!!•

次の