名古屋 地下鉄 定期 払い戻し 計算。 名鉄のきっぷの払い戻し/変更のルールと条件

manacaの解約・払い戻し方法や注意点!手数料やポイントについても!|解約救急車

名古屋 地下鉄 定期 払い戻し 計算

期限後は不可能。 この場合は手数料なし。 名鉄の各種きっぷでの払い戻しは上記の通りになる。 受付している場所は駅改札口の有人窓口。 >> なお、未使用とは原則として改札入場前のことを指す。 入場後は使用開始後に該当する。 また、手数料なしで「変更」ができるのは特急券を購入した場合のみ。 乗車券 乗車券の払い戻し手数料は、名鉄線内のみ名古屋市営地下鉄との連絡乗車券のいずれも220円。 基本的には購入した駅のみ払い戻しの取り扱いがある。 条件は未使用かつ有効期間内であること。 一旦電車に乗車するともう払い戻しの手続きを行うことができない。 途中下車もできないため、返金を受ける手段が消滅。 基本的に改札入場後は使用開始後という考え方のため払い戻し不可。 ただし、改札入場後でも実際に電車に乗っていない場合、つまり乗車券購入駅と同一駅であれば駅係員に申し出れば払い戻しを受けられる可能性はある。 特に乗車区間の設定を間違えてしまった場合は取り扱ってもらえることが多い。 「乗り放題」などの企画乗車券に関しても、払い戻しの条件と手数料は普通乗車券と同じ。 特急券(ミューチケット) 「ミューチケット」と呼ばれる特急券の払い戻し手数料は220円。 条件は指定列車の出発時刻前であること。 乗車券とセットで手続きする場合は乗車券・特急券それぞれの分の払い戻し手数料が発生する。 乗車券+ミューチケットだと、それぞれ220円+220円のため、合計で440円が手数料となる。 乗車日当日でも前日でも、あるいはそれ以前でも手数料は変動しない。 指定列車の出発時刻後だと無効になってしまう。 この場合だと払い戻しが一切できない。 回数券 名鉄では回数券(回数乗車券)はそもそも発売されていない。 以前は回数券が全線に存在していたものの、2012年に廃止された。 manacaポイント制度が導入されたことが理由とされている。 定期券 名鉄の定期券の払い戻し手数料は520円。 名鉄線内のみでも、名古屋市営地下鉄などとの連絡定期券のいずれも同額。 ただし、払い戻しの可否は有効期間の開始前と後、残り月数によって異なる。 他の鉄道会社では、定期券の払い戻しができるのは、有効期限までの残り日数が1か月以上ある場合のみ。 しかし、名鉄の場合は1か月に満たない日数に関しては往復の普通運賃の料金をもとに計算されるため、1か月未満分の定期券も払い戻しの対象になる。 >> 日付変更について 名鉄においても他の私鉄各社と同じく、乗車日の日付の変更に関しては、基本的には購入した当日のみしか使えない。 駅の券売機で購入しようとする場合、翌日の乗車券を購入するということができない。 事前購入できるのは特急券、定期券と乗り放題券の一部に限られる。 もしこの乗車日=購入日当日のみというルールを知らずに買ってしまった場合で、購入した直後であれば駅係員に申し出れば手数料なしで払い戻しができる。 一方で、これを知らずに翌日になってから使おうとするともう使えない。 きっぷそのものが無効になってしまうため、払い戻しもできない。 乗車区間の変更について 乗車券のみの場合、区間の変更も一旦払い戻ししてから再度新規で購入する形になる。 ただし、区間変更の場合はほとんど買い間違いによるもの。 購入直後にこれに気づけば手数料なしで無料で払い戻しを実施してくれる。 改札入場後でも、電車に乗車する前で購入した駅と同じ駅の係員に申し出れば、払い戻しを取り扱ってもらえ、再度乗車券を購入することができる可能性が高い。 一方で乗車後では遅い。 この場合、乗り越し以外だと過剰に購入した区間分の料金だ無駄になってしまう。

次の

仙台市交通局 icscaを便利に使う

名古屋 地下鉄 定期 払い戻し 計算

manaca定期券の払い戻しの場合には、運転免許証などの公的証明書などが必要になります。 (代理人での手続きの場合については注意点参照) カードの返却はなし!引き続き記名式manacaとして利用できます。 【定期券払い戻し手数料】• 解約・払い戻し時の注意点について ・カード残額のみの払い戻しやmanacaマイレージポイント残額の払い戻しはできません。 ・カード残額に1円単位の金額がある場合は10円単位に切り上げて払い戻しされます。 ・manaca定期券の払い戻しは、その定期券を発行した事業者でのみの取り扱いになります。 ・記名式manaca、manaca定期券の払い戻しの際は、記名人本人であることを確認する為、運転免許証などの公的証明書が必要になります。 ・子供用の記名式manacaは有効期限の翌日以降に払い戻しをすればカード残金がある場合でもカード払い戻し手数料はかからない。 払い戻しをしたいカードによって手続きできる場所が異なるので注意しておきましょう。 記名式manaca、manaca定期券を払い戻す場合には本人確認のため、運転免許証や健康保険証などの公的証明書が必要になるので忘れずに持って行きましょう。 代理人でも手続きできますが、代理人とカード記名者の公的証明書や委任状が必要になるので少々手間がかかります。 (時間を見つけてご自身で手続きに行った方が早いと思います。 ) 以上、 manacaの解約・払い戻し方法についてでした!.

次の

京都市交通局:新型コロナウイルス感染症拡大に伴う定期券等の取扱いについて

名古屋 地下鉄 定期 払い戻し 計算

2013年2月くらいから「通勤」的なことを始めました。 基本的に平日は毎日「コワーキングスペース」なるものでブログ書いたりなんやらかんやらやっているのですが、通勤となると定期券買った方がいいだろう、とフツーに思っていました。 そんな折、ふとしたタイミングで過去にを思いだして、マナカの定期とかマイレージポイントについて色々調べてみると、どうやら名古屋市地下鉄での「通勤」は、定期を買わないほうが交通費が安く上がることも多い感じなのです。 地下鉄定期はけっこー高い 通勤用の定期の購入を検討したときに、名古屋市地下鉄の定期の代金はけっこーお高いということを思い知りました。 地下鉄最安区間、片道200円の通勤定期を購入すると、1ヶ月の料金が8,160円。 単純計算で月に21日以上 21往復)利用すれば元が取れる金額。 6ヶ月定期ならば44,700円で、1ヶ月あたり7345円。 これならば、月に19日以上使えば元が取れる。 ちなみに、JRで往復800円の1ヶ月定期は11,970円。 15日で元が取れる計算。 さらに6ヶ月定期を購入するとかなーり割安で、月に9日利用でおk。 地下鉄のmanaca利用にはポイントが付く 週5日、4週間通った地下鉄代と、1ヶ月の定期券の料金がほとんど変わらないってなると、なんか自分の環境ではだいーぶもったいない気分。 そうなると割と影響がデカいのが「manaca利用で付いてくるポイント」 manaca(名古屋市交通局や名古屋鉄道が発行している非接触ICカード。 いわゆるSuica)を使って地下鉄に乗ると、1ヶ月の利用金額に応じて「ポイント」が付いてきて、そのポイントを「電車代」として利用することが可能です。 manaca利用でのポイントのルール これが、けっこー計算が複雑でややこしくてメンドクサイのですが、まず大雑把に知っておきたいのが以下のこと。 カードはmanacaじゃないとダメ(TOIKAとかだとポイント無し)• 月々一定額以上利用しなければならない• ポイントが付くのは地下鉄と名鉄での利用• 地下鉄と名鉄のポイントは別計算 これだけでもわりと中々複雑ですが、さらに地下鉄利用のポイントはひじょーに難しい計算を強いられます。 詳細はに書かれているので、以下簡単に。 ポイントがもらえるのは月に2000円以上使った場合• 基本のポイント率は10%• 利用額が増えると少しポイント率は高くなる• ただし「平日昼」の利用額が月2000円超えた場合のみ• 合計利用金額1000円未満のポイントは切り捨てられる• ポイント取得は翌月10日以降に券売機での操作が必要(有効期間1年間) 自分の場合の想定ポイント数 なんていうか計算が複雑すぎて難しいのですが、自分の場合どんな感じになるのかちょっと計算してみました。 自分の利用シーンを想定してみると、たぶんこんな感じ。 平日はだいたい利用(月20日程度で想定)• 行きは「昼間割引」の時間で帰りは「平日」の時間 この場合で計算をすると、加算されるポイントは 1200ポイント。 1ヶ月目はこんな感じで、2ヶ月目以降のポイントを利用して乗った場合だと(ポイント利用分だとポイントが付かない)だいたい 1000ポイントくらいになる計算です。 定期代と比較してみると「だいたい同じかちょっと安いかも」って結論になりました。 (1ヶ月定期との比較) まとめ まーなんか色々とごちゃごちゃ計算してみたものの、自分の場合は「あんま変わらない」という、なんともビミョーな感じでありました。 ただまぁこの計算はあくまでも「通勤のみの利用」で「1日1往復のみ」っていうシンプルな状況での計算。 他の要素も含めて検討すると、利用する月によって、人によって色々と違いすぎるために、一概にどっちがいいとか言えない感じです。 私の場合、移動距離が1駅なので、もうちょっとあったかくなったら運動兼ねて歩いてもいいかも、とか、そもそも月に20日使うかワカンネ、とか、スーパー物忘れキングなので定期を無くす可能性が高い、とか色々考慮して、定期は買わずにmanacaにチャージをして利用することにいたしました。 ポイントを自動計算してくれるとはいえ、計算方法が複雑すぎて厄介ですなぁ。

次の