退職届 例文。 アルバイトは退職届を出すべき?書き方と例文を紹介

退職願、退職届、辞表。それぞれの書き方を見本付きで解説

退職届 例文

退職届の見本画像を見ていただくとわかると思いますが、退職届には退職理由が記載してあります。 この見本画像では「一身上の都合により、」の部分が退職理由に該当しますが、 退職届の 理由の書き方 はもちろん実際の退職理由によって書き方が変わってきます。 自分の場合は退職届の理由の部分に何て書けば良いかわからず迷う方もたくさんいるようです。 そこで今回このページでは退職届に書いてもビジネスマナー上大丈夫な退職届の理由例文をご紹介していきたいと思います。 上記画像で見ると 退職届本文中の 『一身上の都合により』の部分が退職届の理由を書く場所になります。 退職理由が変わったとしても書く場所は同じで構いません。 実際の退職理由に対してどのように理由を書けば良いか? 今からご紹介する理由例文を見て退職届の理由の書き方の参考にして下さい。 それではまず最初に一般的に多く使われる ・『一身上の都合により』 ・『会社都合により』 の2つの理由の使い方からご説明していきたいと思います。 退職届の理由の書き方例1 『一身上の都合』 ページ先頭にも掲載してある退職届の見本画像の中にある退職理由は『一身上の都合』になっています。 退職届の理由として広い意味を持っているので 大半の場合この『 一身上の都合により』 と書く書き方で間違う事はあまりありません。 一身上の都合とは自己都合や家庭の都合と ほぼ同じ意味になります。 間違えやすい退職理由として例をあげると、 家族の誰かが病気になって看病しないといけない時や身内の都合で遠くに引っ越さなければいけない時なども『一身上の都合により』を使います。 今の場合だと自分自身の退職理由ではありませんが、 自分に関係する人が理由で会社を辞める場合にも退職届の理由の書き方としては「一身上の都合」が良く使われます。 病気やケガなども仕事が理由で無い限り 『一身上の都合により』ということになります。 退職届の理由の書き方例2 『会社都合』 退職理由が会社側にある場合は基本的に全て会社都合になります。 しかし、会社都合と一口に言っても色々な退職理由があります。 そのため退職届に『会社都合により』と書く時と書かない時があります。 会社都合で退職届を提出する場合は退職理由の書き方の違いを知っておく必要があります。 リストラ、倒産、会社側からの雇用契約解除などは全て退職届の理由の場所に 『会社都合により』と書く書き方になります。 この退職理由の場合は『会社都合により』と書く書き方で問題ありませんが、 会社が会社都合による退職という事を認めたがらない場合は別の書き方をする時もあります。 退職届に具体的な理由で会社都合と記載する書き方 退職届の退職理由部分に『会社都合により』と書いて会社に提出しました。 提出したけれど受理されなかったり、退職理由の記載変更を求められた場合は対処方法として別の書き方があります。 リストラや非正規の雇用契約解除の場合 『雇用契約の解除に伴い』 『貴社 人員調整に伴い』 このように退職届の理由の書き方を変える事もできます。 貴社などをあえて退職届に記載する事で、会社側からの人員調整や契約解除で私は退職しますよ。 という事を教える事ができます。 無いとは思いますが、退職後に会社が自己都合で辞めたとウソを申告して離職票などに記載してきた場合でも証拠になります。 必ず会社側の都合で退職届を提出しなければいけない時は 『会社都合により』 『貴社 雇用契約解除に伴い』 などの 書き方で退職届の理由部分に記載しておきましょう。 退職届の理由の書き方 結婚,妊娠の場合 結婚や妊娠で退職届を提出する場合の理由の書き方はもちろん『一身上の都合により』で構いません。 出産手当や結婚の祝い金をもらえる会社の場合は手続き上、結婚や出産の記載を求めている場合もあります。 このような時には 『 結婚により』 『 出産の準備に伴い』 と あえて具体的に退職理由を書く書き方でも構いません。 基本的に退職届はあまり具体的な退職理由を書く事が少ないので出産、結婚の場合でも 『一身上の都合により』で構いません。 口頭で上司に退職理由を伝える時は結婚や出産、妊娠の事を必ず伝えましょう。 退職届の理由例文 一覧 ここまで退職届の理由の書き方をご紹介して来ましたが再度ここで例文を一覧にして掲載しておきたいと思います。 退職届の理由を書く時の参考にしてください。 ・『一身上の都合により』・・・自分側の都合による退職の場合は退職理由の書き方が『一身上の都合により』となります。 ・『会社都合により』・・・会社側の都合で退職する事になり、退職届を提出する場合は『会社都合により』と理由を書きましょう。 ・『雇用契約解除に伴い』・・・会社都合退職の場合でもっと退職理由を具体的に退職届に書く場合の書き方になります。 会社側から雇用契約の解除を申し出てきた場合は貴社を足しても構いません。 ・『貴社 人員調整に伴い』・・・こちらも同じように会社都合退職の退職理由を具体的に書いた退職届の書き方になります。 人員調整の場合はリストラや退職勧奨などが当てはまります。 ・『結婚により』 基本的には一身上の都合 ・・・ 結婚の場合は基本的に『一身上の都合により』と書く書き方で問題ありませんが、祝い金や一時金などが結婚で貰える場合などには具体的に『結婚により』と書いて書類を作る事もできます。 『一身上の都合』によりと書く場合は知っているとは思いますが口頭で必ず上司に伝えておきましょう。 ・『妊娠,出産準備のため』(基本的には一身上の都合 ・・・妊娠、出産の場合でも基本的に一身上の都合で構いませんが、 出産一時金や育児手当金などの関係で明記が必要な場合は『出産準備のため』や『妊娠により』など妊娠、出産を明記する書き方をしても構いません。 こちらも結婚と同じように必ず上司には伝えておきましょう。 ここまで退職届の理由の書き方例文を解説してきました。 基本的に退職届の理由の書き方は大きく分けると例文の最初にご紹介した2つになります。 『一身上の都合により』と『会社都合により』は退職届を書く時、高確率で退職理由部分に書く事になります。 なのでこの2つの理由の書き方は必ず意味と一緒に覚えておきましょう。

次の

「退職願をメールで済ませたい」注意点や書き方を紹介【例文つき】|転職Hacks

退職届 例文

「辞表」「退職願」「退職届」の違い 退職の意思表示手段としてはまず口頭で直属の上司に相談するといった方法が考えられますが、その後書類を提出して正式に退職の意向を表明します。 その際の書類として「辞表」や「退職願」、「退職届」が挙げられるものの、名前が違うだけでどれも同じようなものだと思っている人が見受けられます。 しかしこれらは別の意味として使われており、それぞれの違いや使い分け方ははっきりさせておいた方が良いでしょう。 以下にそれぞれの意味や使い方を取り上げました。 辞表 まず辞表は「経営者や役職者、あるいは公務員が職を辞める時に出す書類」のことです。 ここでのポイントは「誰が」で、例えば新入社員や特に役職に就いていない人が退職する場合に辞表を出すことはありません。 「職を辞める時に出す書類」という点で共通している為、退職願や退職届と同列のように取り上げられているのでしょう。 退職願 続いて退職願は一般的に「退職について会社側の合意を求めるための書類」という意味があります。 退職願のポイントは「届け出るものではなく合意を求めるもの」という点で、退職を会社に願い出る時に提出するものです。 つまり退職願を提出するタイミングとしてはまだ退職が決まっておらず、退職をしたいという意思表示をする段階だと分かります。 またあくまで「お願い」なので、会社がそれを了承して初めて退職という運びになるということです。 退職届 最後に退職届は文字通り「退職を届け出る書類」のことで、退職願と違い退職日を明記するという特徴があります。 退職届は一般的に、一度受理されるとそれを撤回することができません。 したがって一過性の感情や都合で提出すると悔やまれることになる可能性がある為、提出する際にはよく吟味することが必要です。 また退職届は退職する強い意思を持って一方的に届け出るもので、会社の了承を特に必要としていません。 なお退職願でまずは退職希望の旨を伝え、会社の了承を得て正式に退職届を出すパターンが多く見受けられます。 穏便に退職を済ませたいのであれば、一方的な宣告である退職届よりまずは相談ベースや退職願を用いて話を進めた方が無難かもしれません。 辞表の書き方と例文 会社や組織によってそれぞれ規定があるかもしれませんが、基本的に辞表や退職届の書き方や書く内容は決まっています。 以下では辞表の例を示しますが、退職届の場合は「辞表」の部分を「退職届」と置き換えて読み進めて貰えば問題はありません。 用紙のサイズや種類 用紙のサイズはB5かA4を用いることが多く、手書きの場合は白い便箋を使います。 また罫線入りのものを使うならビジネス用のシンプルな用紙が望ましいでしょう。 パソコンで作る場合は上記のサイズで白無地の用紙を使い、アンバランスな文字の配列にならないように注意する必要があります。 手書きで作るか、パソコンで作るか 手書きでもパソコンでも特に大きな問題にはなりませんが、以下の2つの理由から手書きを選択する人が多いといわれています。 ・辞表は手書きでするべきだと考えている人が一定数いる為 ・手書きの方が誠意が伝わりやすく、円満な退職に向かいやすい為 手書きの方が誠意があるので退職の意思表示は手書きでするべきだという意見がある為、手書きの方が無難だといえるでしょう。 逆に会社からパソコンでの提出を指定されていたり、すでに会社も納得の上での提出であればパソコンで作っても問題ないというわけです。 なおパソコンで作った場合でも、筆跡から自分が書いたものだと確認できるように署名欄は手書きにしましょう。 縦書きか、横書きか 手書きかパソコンかに関わらず、縦書きで作成するのが一般的です。 会社や組織から横書きを指定された場合はこの限りではありませんがかなり稀なケースなので、縦書きで書くものだと覚えておいて差し支えないでしょう。 ビジネスでは横書きの文書が多く書き慣れないという人もいるかもしれませんが、もし書き間違いがあった場合は修正ペン等を使わずに一から書き直します。 辞表の例文 辞表の例文としては、次のようなものが挙げられます 便宜上横書きにしていますが、本来はこの内容を縦書きにします。 用紙の上下から等間隔の位置に、他の字より少し大きめに書くのが一般的です。 続いて実際に退職する日を書き、その後に辞表を届け出る日を記します。 そして自分の所属と署名と捺印、最後に会社名と代表取締役の名前を書くという構成が多いです。 辞表を入れる封筒の書き方 辞表を入れる封筒は、通常使用するような茶封筒ではなく白無地のものが適しているといわれています。 それは他の書類よりも重要度が高く、上質な封筒を用いる方が適しているとされているからです。 病気等の事情を除いて、郵送では誠意が伝わりにくいとされているので郵便番号記入欄はないものが良いでしょう。 また紫色の紙が入った二重構造のものだと中身が透けないということもあり好ましいです。 それ以外の決まりについては、以下を確認おきましょう。 封筒のサイズ 封筒のサイズは、辞表のサイズに合わせて決まります。 辞表のサイズがB5であれば封筒は長形4号、A4サイズであれば長形3号です。 書類を折らずに封入しようとすると封筒も大きくなって扱いづらくなる為、三つ折りにした上で上記サイズの封筒に入れましょう。 封筒の「封」はするのか、しないのか 封筒の「封」はしてもしなくても問題ないとされていますが、のり付き封筒に限っては「封」をします。 この件については「封」をするのがマナーだという人もいれば、開けにくくなり相手への配慮が欠けているという意見もある為どちらが良いということはありません。 のり付き封筒は見栄えの問題もある為「封」をしますが、「封」をした場合は「〆」マークを書きましょう。 また「封」をしない場合でもフラップ 蓋の部分 は折り曲げておくのが良いとされています。 封筒の書き方 封筒は黒のボールペンもしくは万年筆で書くのが良いでしょう。 黒で書くということ以外特に決まりはありませんが、マジックやサインペンでは文字が目立ちすぎてしまうからです。 封筒の表面には中央のやや上寄りに「辞表」とだけ書き、裏面には所属部署とフルネームのみを左下に書きます。 特に宛名を書く必要はありませんが、重要な書類を入れるものなので書き間違いがあった場合は修正等せず必ず新しい封筒を用意しましょう。 辞表を出すときの注意点 これまで辞表の書き方やどのような封筒が適しているか等について確認すると、辞表がとてもデリケートな書類だということがよく分かります。 事務的な内容のものではない為、提出する際にもいくつか注意しておきたい点があります。 まずは会社の「就業規則」を確認する まずは会社の「就業規則」の中の「退職に関する規則」を確認します。 「就業規則」とは文字通り「その会社で定められ適用される、就業に関する規則」のことで、その中には「退職に関する規則」が書かれていることが多いです。 そして会社を退職する際には、その規則によって定められた手順で行う必要があります。 例えば「辞表は手書きで作成するものとする」という規則があった場合、パソコンで作成されたものは受理されない可能性があるということです。 辞表を出す前に上司に相談する 辞表を出す前に、まずは上司に相談する方が波風を立てずに退職できる確率が高いでしょう。 またいきなり辞表を渡されても、上司にとっては青天の霹靂ですぐには受け入れられないことが予想できます。 上司と相談することで冷静に気持ちを整理したり、そもそも辞表を提出する必要がなくなるといったことがあるかもしれません。 辞表を出した後に取り下げはできるのか? 辞表を出した後に取り下げをするのは極めて難しいと言わざるを得ません。 なぜなら辞表は退職願と違い、「願い出るものではなく届け出る」ものだからです。 明確な意思表示を受けた会社や組織はその後の対応ですでに動いている可能性が高く、各所に多大な迷惑がかかってしまうからです。 だからこそはっきりと退職の意向が固まってない内に提出するのはとてもリスクがある行為だといえます。 それも踏まえ、やはりまずは上司に相談するのが良いでしょう。

次の

退職届に理由は書くべき?【書く必要性や例文をご紹介します】

退職届 例文

まず最初に記載するのは、社会人が使用する手紙の常識である「拝啓」です。 それから、これもまた常識である「時候の挨拶」を記載します。 時候の挨拶とは文字通り、時期ごとに使用する言葉を変え、相手の安否を尋ねる挨拶の礼儀です。 時期に一致しない言葉を使用してしまうと非常識と認識されてしまうので、必ずwebや専門書などで確認してから記載しましょう。 例文で使用している「時下」は、一年を通して使用できる言葉になります。 注意する点は、書き出しの部分の、「さて、私こと」や「さて、私儀」などの文は、下に記載するという点です。 上から記載するのは、その次の文からです。 具体的には下に記載する例文の書き方を参考にしてください。 内容に入るのは次からです。 まずは、自分が退職することを伝えます。 そして、お世話になった感謝の意を述べ、また場合によっては後任の担当者の紹介などをします。 感謝の気持ちを伝えたら、相手の健康を気遣う文などを最後に持っていきます。 ここでの注意点は、最後の文はコンパクトにまとめると言う点です。 最後の文をあまりにも長くしてしまうと、くどくなってしまい、重苦しさを感じさせてしまうこともあります。 基本は社交辞令的な書き方を意識して、退職挨拶状を書き上げましょう。 そして最後に、自宅の郵便番号、住所、そして自分の名前、電話番号を記載します。 郵便番号以降は、「さて、私こと」や「敬具」などと同じように下詰めで記載しましょう。 拝啓 北風すさぶ季節、皆様におかれましてはますますご健勝のことと心よりお慶び申し上げます。 さて、私こと このたび株式会社〇〇を退職することとなりました。 多年にわたり格別のご厚情を賜り 心から御礼申し上げます。 後日改めて〇〇〇〇がご挨拶に伺いますので、変わらぬご指導の程よろしくお願い申し上げます。 末筆でございますが皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしますとともに厚くお礼申し上げます。

次の