ニンフォマニア 原因。 色情狂(ニンフォマニア)と、SEX依存症の違いは?夫から、精神的なDVを受...

ご利用確認

ニンフォマニア 原因

寂しがり屋• 身近に浮気を繰り返している人がいる• 後先を考えない• 精神的にいつも不安定 誰かがそばに居てくれないと落ち着かない人は、安定を求めてパートナーを探します。 特定の一人では、一緒にいられない時間も出来るため、別の誰かと一緒にいることで安心を得ようとします。 「浮気症」の人は「ニンフォマニア」になりやすい傾向があります。 「デート」などで会う時間が少なく、HOTELで出会うことが増えるので「セックス」だけの関係もふえます。 また男性の場合は「胸毛」などが濃い「男らしい人」は「テストテロン」という男性ホルモンが多量に分泌される人です。 そして、「性欲」が強く「浮気症」の特徴でもあります。 精神科で見てもらう 「ニンフォマニア」の症状は、人によってそれぞれです。 それは殆の「精神病患者」に当てはまります。 その中でも「ニンフォマニア」の人に見られる症状は以下のような物があります。 集中力の欠如• 強迫観念• 行動の制御不能• 罪悪感 「セックス」の事ばかり考えてしまって集中力が散漫になりやすいです。 「セックスをしたい」から「セックスをしなければいけない」に変わっていき、強迫観念に襲われるようになります。 自分の意思とは裏腹な行動をとってしまい「セックス」をしたいという衝動に流されてしまいます。 「セックスをしている自分」とそうでない自分が別離されてしまい、冷静になった時に「罪悪感」に襲われ、精神が不安定になって「セックス」をしたくなるという負のスパイラルに閉じ込められます。 ニンフォマニアの原因は? それでは「ニンフォマニア」になってしまう原因はなんのでしょうか?「風邪」には「風邪」を引く原因が明確に存在します。 「ニンフォマニア」は何が引き金となって発生するのでしょうか?実はハッキリとしたことは解っていません。 なので「ニンフォマニア」の原因となった過去の例を見てみましょう。 過去のトラウマ• 元々精神疾患を抱えている• 家族に「ニンフォマニア」患者がいる• 家庭内トラブルが多い• 30歳未満の年齢で性的なトラブルを抱えている 「性的なトラブル」がきっかけで「ニンフォマニア」になってしまう事が多いようです。 家庭の中で日常的に「セックス」をしている人間が近くにいると、それも「幼少期」にそばにいる場合は特に多いそうです。 「強姦」された女性。 それも複数に「輪姦」された女性は、普段とは違うショッキングな性行為を身体が覚えてしまうケースが有るようです。 レイプされて「ニンフォマニア」になった女性 17歳の普通の少女に起きてしまって悲劇・・・その女性はナンパしてきた5人の男性に車の中で「強姦」されてしまいました。 その時の記憶が脳裏にこびりつき、やがて彼女はいつも、いつでも、あの時の「レイプされた夜」の事を考えて一人で慰めるようになってしまいました。 そのうち「犯されたい」という衝動が高まり、彼女は街を徘徊して「セックス」の相手を探すようになってしまいました。 「殺さないで・・・殺さないでください・・」 就寝前とかにあのレイプの状況を思い出す日々があるようになりました。 それから・・・・・・・・・・・・・私は、レイプされる事・・ あの時の興奮をもう一度 手に入れるために街を徘徊するようになっていました。 「めちゃくちゃにして欲しい・・殺されていい・・」 性器に痛みを感じて病院を訪れると、クラミジアという性病だと診断されました。 「ニンフォマニア」ではあるけれど、発端はレイプ被害にある。 汚れてしまった自分を憎み、壊してしまいたいという気持ちが強い。 引用:犯された私より 乱暴な「セックス」を繰り返した結果、「性病」にかかり、死にたいと考えることも多くなったそうです。 そんな彼女も「カウンセリング」に長年通い、普通の恋人と「セックス」をしても幸福感を感じられるまでに回復したそうです。 根拠もなく精神疾患とみなされることがある 「ニンフォマニア」の治療方はどれも「それをすれば治る」と言うモノではないようです。 方法としては以下の通りです。 トークセラピー• 家族との積極的なコミュニケーションで精神を安定させる• 抗うつ剤や精神安定剤などを服用する• 認知行動療法 「認知行動療法」とは「指差し確認」をイメージして頂くと分かりやすいと思います。 「ニンフォマニア」の人は、自分がどうして「セックス」に執着してしまうのか理解できていない場合が多いです。 そのため「原因」「傾向」「事実」「過去」「経験」「事象」などを一つ一つ確認して、「なぜ」「どうして」「どうすれば」「どうなるのか」を検証していく治療法です。 とても時間がかかりますが「精神病院」で多く取り入れられている正確な治療法です。

次の

エロトマニア

ニンフォマニア 原因

こんにちは、夢桃です。 本日も40代以降の大人の恋愛や男女に関わる話を書いていきたいと思いますが、本日は色情症について。 あなたの周りに、もしくはあなた自身が、男女の性の営みをせずにはいられないなんてこはありますか? 性欲が異常にあるという場合もありますが、女性の場合は精神的な原因の方が強いと感じます。 ちなみに色情症は女性はニンフォマニア、男性の場合はサチリアージスと呼ばれるそうです。 ニンフォマニアはニンフ、サチリアージスはサテュロスが語源で、どちらもギリシャ神話に登場する自然界の精であり、ニンフやサテュロスは快楽のシンボルでもあります。 ニンフォマニアとは 女性の異常な性欲亢進 こうしん。 異なる相手と頻繁に性行為を繰り返す。 性的満足を得ることよりも、自己のアイデンティティーの確認などが目的と考えられている。 女子色情症。 goo国語辞書より 意味を読んで、『色情しまくってる女!声かけたらすぐやれそう…。 』なんてハレンチな妄想を描いた男性もいるかもしれませんね(笑) 性欲がめちゃくちゃあってセックスをスポーツのようにこなしている女性もいますが、メンタルに問題があるがゆえにセックスに依存している女性も。 ニンフが語源なだけあって、男性を魅力する顔や体を持ち、快楽に素直で、セックスは濃いのですから、刺激を求めている男性にはたまらない存在です。 でも、メンタルレベルの毒々しさが高い女性と関わると人生崩壊しかねません。 妖艶なニンフが気がついたら強烈な破壊者となって、あなたの人生をめちゃくちゃにするのです。 そこまでの刺激を受け入れられるなら、どうぞと思います。 色情症になりやすい女性には必ず強いコンプレックスがあります。 セックスが好きで溺れているのではなく、してもしても埋められない強い渇きがあるから。 相手に本気で惚れているわけではないし、条件さえ合えば何人でも同時に付き合えます。 空気を吸うように、体を重ねられるくらい、特別なことではないのです。 女性も男性もパートナーが浮気性だと苦労しますよね。 人生のパートナーに色情症な相手を選ばないように、要注意。 そして、自分が強い色情に溺れてしまわないように、気を付けねばなりません。 モテすぎた色男の祖父 ちなみに私の祖父は歩けば女が寄ってくると言われるほどの色男で、祖母が耐えられなくて別れましたが、祖母と離婚した後も女の人が途切れることがなかったそうです。 ですが、最後は寂しく孤独に亡くなった模様。 すんごいモテ男だったのに、看取る家族もおらず孤独死。 寂しすぎますよね。 人生は最後が大事。 色に惑わされて、大切なものを見失ったまま最後を迎えないように、また愛を見失ったまま孤独に終わらないように、大人だからこそ真面目に性と愛のお勉強は大事なのです。 それに依存性なんて誰にでも起こりうるもの。 買物、甘いもの、お酒、薬、セックス。 依存気味だなと気づいたら、心の内を話せるところに駆け込んでください。 家族やパートナーや友人に言えないのならカウンセラーのもとへ。 人生が壊れる前に、大切な人たちや自分をめちゃくちゃにしないように。 特徴その1 男にモテることや情事をやたらと語りがたる女 それでは、私の見てきたニンフォマニアな女性たちに共通する特徴を少し書いていきます。 簡単な見分けかたの一つは目立つ、下ネタが平気な美人。 例えば、女同士のおしゃべで「最近、彼とどうなの?」とか「出会いがあった?」とか恋愛やパートナーについての話は盛り上がるもの。 「彼氏が欲しいのに出会いがないよ〜!」とか「結婚したいけど、出会うのは既婚者ばかり!」、「ダンナがね…。 」なんて普段言えない愚痴をこぼしてストレスを発散したり。 そんな中で、自分の情事を自慢げに語り出したり、モテ自慢を始める人がいたら要注意。 出会ったその日にすぐホテルに行ったことやプレイの内容など「どんな男と何したか」など自分のモテ話や行為のことばかり話すのが好きな人はほぼニンフォマニア。 好きな相手との情事や相手とどんなことしたかなんて二人だけの秘密でいいでしょ? 自慢するようなことではないですよね。 どんな恋愛もその方の自由だけれど、その詳細については『別に知りたくもない。 』のが聞かされる女側の本音。 こういう話は一線引いて楽しく盛り上がれるところまでが大事。 あまりにも生々しい話になってくると品位が疑われることもあるからフツーはそこまで話しません。 でも、ニンフォマニアな女たちは語りたいのです。 『私、キレイだからすぐに男の人に誘われちゃうのよね。 』 『私の体やテクニックがすごいから、男性が離れられなくなっちゃうの。 』 と自慢したいから。 「あなたのダンナ(彼氏)どんな人?」 「セックスしてる?」 といろいろ聞いてきて、相手がいなかったり、セックスしてなかったりすると、 「え!いないの?してないの?意外〜。 絶対いると思ったし、してそうなのに〜。 (勝った)」などと言ってきます。 優越感に浸りたいからこそのエロトークを展開するのが特徴です。 なんか、書いててしょーもないですね(笑) ホントくだらないのですが、とにかく自慢したくてしょうがないのです。 だから、下ネタもエロトークも大好きだし、何時間でも自分の体験談をし続けられます。 そして、大事なのは自分が喋る!ということ。 そうこの方たち、注目されたいのです。 注目を浴びることで自分は価値があると感じるそとで、自信をキープしているのです。 私の話を聞く格下の女 こんな感じなので、はっきり言って同性の友達は少ないです。 しかも、付き合っている友達もランク分けしてます。 自慢話をする相手は自分よりも格下とハッキリ思っています。 女性の友人よりも常に男性の取り巻きがいる事が多く、SNSで称賛をしてくれる男、 奢ってくれる男、一緒にいることでメリットのある男、抱かれてもいい男と男性ももちろんランク分け。 セックスするのだって、自慢にならない相手とはしたくないのです。 それもこれも全部、自信のなさの裏返し。 女同士の勝負は見た目で決まると思っているので、年齢よりも若くて美しくしてるのも特徴。 『この人、私より太ってる』『私より美人じゃない』と思う一緒にいると明らかに自分がモテる相手に優越感を感じて生きてます。 男も女も見下しながら生きてますが、中身は空っぽで孤独なのです。 その2に続くかも。

次の

色情狂(ニンフォマニア)と、SEX依存症の違いは?夫から、精神的なDVを受...

ニンフォマニア 原因

やばい映画です。 もろに「セックス」を扱った物語ですから、僕としては避けては通れない作品です。 そして観終わった今、この映画について皆さんに何をどうお伝えすればいいのか、やや途方に暮れています……。 いや、とても面白かったんです。 傑作です。 では僕は何に困惑しているのか。 20代までを美人モデルのステイシー・マーティンが、30代以降を大女優シャルロット・ゲンズブールが演じる、セックスが好きすぎるニンフォマニア、つまり色情狂のジョーという女性がヒロイン。 彼女が50年かけて経験してきたさまざまな性行為を、前編Vol. 1と後編Vol. 2あわせて約4時間かけてガンガン描いていきます。 Vol. 1を観ると、男性は嫌な気持ちがするかもしれません。 登場する大勢のバカな男たちに自分を重ねざるを得ないからです。 へんてこで頭にくる初体験の相手でもあり、その後も何度も何度もロマンチック(笑)な感じで再会します。 数えきれないほど多くの男とセックスしてきたジョーには、ジェロームを含めた3人の男の毛色の違うセックスが必要だとのことです。 ここでまた男性の観客は「げっ」と思うでしょう。 長い人類史のなかで一部の男は「妻と恋人を別にもつ」といった文化を形成してきましたが、同じことを女性に言われるとビックリしちゃうのです。 というか男はなぜ「俺に惚れてる女にとっては、俺のセックスがいちばん。 俺のセックスだけで十分」などと根拠なく思い込めるのか。 その後いろいろあって、また再会したジェロームと一緒に暮らし始めたら、なんとジョーはセックスでイケなくなってしまいました。 セックスだけが生き甲斐だったのに! しかも彼を愛しているのに……。 女性のオーガズムは男にとって大きな謎ですが、女性本人にとっても謎なのでしょうか。 自分はセックスのことがわかっている・男女の機微について知っていると思ってる人ほど、言う傾向があります。 僕もそう言ったことがあります。 けれどそんな言説が女性にプレッシャーを与え、傷つけてしまうこともあります。 普通の(回数は異常でしたが)セックスでオーガズムを感じなくなったジョーは、さらなる冒険に乗り出します。 Vol. 2の展開はメチャクチャ早いです。 監督は『アンチクライスト』では敬虔なキリスト教徒を怒らせる意図があったんでしょうが、今回は真面目に恋愛している人たちを怒らせようとしているのかもしれない。 ジェイミー・ベルが調教師を演じるSMシーンに、いわゆる官能作品によくある叙情性は全然ありません。 ラース・フォン・トリアー監督、本物の変態です(笑)。 そのほうが観客にウケるからでしょう。 でもこの映画では、ありとあらゆる異常なセックスを最後まで肯定も否定もしない。 あまりのひどさに笑っちゃうようなセックスにも、笑いながら同時に闇の深さにゾッとしてしまうようなセックスにも、これは正しい、これは間違っている、というメッセージを付け加えません。 どうやら監督は「女性の性は抑圧されてきたから、解放しよう。 セックスは素晴らしいものだ!」と言いたいわけではないようです。 かといって「愛情のないセックスばかりしていると不幸になるよ」といった教訓もない。 ヒロインはエッチだけど善人だとか、あるいは何かの犠牲になっているとかいう話でもないし、性や恋愛をビジネス化している社会を告発しているわけでもない。 そもそもヒロインのジョーが「いろんな男とセックスしてしまう、いろんな異常セックスと巡りあってしまう」ことには理由がない。 だから男は、彼女の行動を見て不気味に思うんでしょう。 実際にジョーほどでなくても、いろんな男性とセックスをしないではいられない女性を何人か知っています。 彼女たちの多くは「男が私とセックスしたがっているということを知ると、安心する」「セックス以外のうまいコミュニケーションの方法がよくわからない」と言います。 また一般論で言うと、子どもの頃、親に抑圧されたことで性的な愛情を体感できなくなり、それでセックス嫌いになってしまう人も、逆に過剰にセックス好きになってしまう人もいるでしょう。 でもジョーの場合はそうではないらしい。 彼女は幼い頃からマスターベーションをしていました。 それは普通のことです。 父親(クリスチャン・スレイター)はそれに気づいても特に問題視はしない。 母は「早くお風呂場から出てきなさい!」などと、ちょっとは怒る。 そんなお母さんはトランプのひとり遊びに没頭していて、やや孤独。 でも普通のお母さんです。 父と娘はとても仲が良い。 愛がある。 でも「一方的な愛が濃すぎて父親から何か性的に傷つけられた」というようなことではない。 彼女は何かトラウマがあったから色情狂になったのではないようなのです。 それが我々の感情移入を呼ぶ。 穴、つまり、寂しさや罪悪感や嫉妬やコンプレックスは、誰の心にもあいていて、それが行動や感情の原理である。 恋やセックスで刺激され、事件や出来事の原因となる。 そして人の心の穴は子どもの頃、親との関係によってあけられるもの、というのが僕の考えです。 面白い映画の主要登場人物の心の穴は、わかりやすい。 ところが、この映画はそういう僕の定説をひっくり返している。 そもそも問うこと自体に意味がない」と表現しているとも言える。 共感はさせてくれるけれど、理解や解釈を絶している。 それなのに面白い。 だから僕は途方に暮れてしまったのです。 C 2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA ほとんどすべてのセックスを自分からしたがる、奇怪だけど美しいヒロインが、「NO!」と告げるセックスがひとつだけあります。 当たり前のことですよね。 したくないセックスを強要されることのほうが狂っている」と告げている映画なのかもしれない。 ある夜、道端に倒れていたジョーを助けた老男性(ステラン・スカルスガルド)とジョーとの問答で、映画は進んでいきます。 老人はインテリで、ジョーの語る猛烈な性遍歴を、心理学や哲学、宗教学のウンチクで分析していきます。 でも、ということは彼は結局、ジョーの話をちゃんと聞いていないんですよ。 このディスコミュニケーションは日々の日常で普通のカップルにも大いに起こっていることじゃないでしょうか。 彼女が延々と話をする、男は延々と話の中身を解釈して「それは俺が考えるに、こうだ」という反応を返す。 許されて救われたくてセックスを重ねているわけではない。 それを救おうとする男の傲慢さ。 男が女を救おうとする身振りには「セックスで女を支配したい、自分のものにしたい」というエゴが隠れている。 Vol. 1でジョーは「いろんな人とセックスをしたい」だけなのに、ある男が勘違いして恋をしてしまうシーンがありました。 そんなジョーの話を聞いて、老人は「君の話は、男女を逆にしたら凡庸だ」と言いますが、そんなことを言う老人も何もわかっていないんです。 Vol. 2の後半で登場するウィレム・デフォーは、彼女がそういう女だと気づいて、救おうとはせず裏稼業に引き入れます。 すべての普通の人間は自らの変態性を隠して(あるいは気づかぬまま)生きているが、セックスだけに異常な関心を持つジョーには人の変態性を見抜く能力があると。 その裏稼業というのが、売春や性風俗じゃないところがまた面白い。 ジョーは何も考えず、ただセックスを重ね、裏稼業では他人の変態性を解釈せず、ただ発見して、それを見つめていく。 セックスだけじゃなく、あらゆることを自分に都合がいいように理解してしまうことへの反発。 恋愛やセックスにおいて自分に都合の良いように話を作り上げること、お互いがお互いのありかたを勝手に解釈するのって、相手を利用していることですよね。 恋愛や結婚がうまくいかなくなるのも、セックスレスの不満も、解釈のズレなんです。 相手を自分の解釈のなかに閉じ込めてはいけない。 デンマーク映画界が世界に誇る変人・トリアー監督らしい、見事に解釈を超越しているこの映画を観て、いつもセックスや恋愛について語っては「こういうもんだ」とわかったつもりでいた僕も、わかっているような顔をすること自体がダメなんだという気になりました。 人の性や愛は謎だからこそ面白いし、謎だからこそ大切に扱わさせていただきます……。 他人の欲求を「自分の解釈」のなかに押し込めないようにしましょう。 C 2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA 『ニンフォマニアック Vol. 1』 監督・脚本/ラース・フォン・トリアー 出演/シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、ステイシー・マーティン、シャイア・ラブーフ、クリスチャン・スレイター、ユマ・サーマン 配給/ブロードメディア・スタジオ 公式サイト/ 2014年10月11日(土)~、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国順次公開 『ニンフォマニアック Vol. 2』 監督・脚本/ラース・フォン・トリアー 出演/シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、ステイシー・マーティン、シャイア・ラブーフ、ジェイミー・ベル、クリスチャン・スレイター、ウィレム・デフォー、ミア・ゴス 配給/ブロードメディア・スタジオ 公式サイト/ 2014年11月1日(土)~、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国順次公開.

次の