トヨタ スマート シティ。 トヨタが静岡・裾野市に建設するスマートシティ「ウーブン・シティ」は日本の技術革新を加速させるか?|@DIME アットダイム

トヨタとNTT、スマートシティで資本提携。GAFAに対抗

トヨタ スマート シティ

スマートシティー構想を発表するトヨタの豊田章男社長(米ラスベガスで)=小林泰明撮影 自動運転車や住宅設備、ロボットなどをインターネットでつなげる実証実験とし、20年末に閉鎖予定のトヨタの工場跡地に設ける。 広さは約70万平方メートルと明治神宮程度の大きさで、トヨタ従業員など約2000人が住む想定という。 トヨタは、開発中の電気自動車(EV)「イー・パレット」を街で自動走行させ、移動手段のほか移動型の店舗などとしても活用する。 建物は主に木材で造り、燃料電池や太陽光発電を設置するなど、環境の持続可能性にも配慮した都市とする。 トヨタの豊田章男社長は「ゼロから街を作り上げることは、将来技術の開発に向けてユニークな機会となる」と話した。 トヨタは自動車メーカーから、移動に関するサービスを提供する企業に転換する方針を示している。 自社センサーを搭載した試作車を披露するソニーの吉田憲一郎社長(米ラスベガスで)=小林泰明撮影 ソニーは、人や物を検知する同社のセンサーを約30個搭載し、安全運転を支援する試作EVを発表した。 20年度に公道での走行実験を目指す。 発表会で吉田憲一郎社長は「この試作車はモビリティー(移動手段)の未来に私たちがどう貢献するかを体現している」と話した。 パナソニックは、米企業と共同開発したEVの消防車を公開した。 インターネットを通じてデータを管理する「クラウド」で遠隔管理するのが特徴だ。

次の

トヨタとNTTがスマートシティ事業で提携 東富士・品川で先行実装

トヨタ スマート シティ

目次:• スマートシティとは?トヨタとNTTが提携関係を築いた理由は スマートシティの実現にあるといいます。 まずは、このビッグニュースの背景にあるスマートシティプロジェクトを紹介します。 ICTで都市そのものをつくりなおし社会課題を解決する スマートシティは社会にある諸問題解決のためにICT、クラウド、、を使い都市機能そのものを計画的につくり直す計画です。 たとえば、オランダ・アムステルダムでは都市全体でエネルギーの使用をコントロールして 世界一の省エネ都市をめざしています。 また、中国・杭州市ではアリババグループのAlibaba Cloudが開発した、とクラウドを使った「ET都市ブレイン」 システムを導入し街中でおきていた 交通渋滞がほとんどゼロになったといわれます。 後発国日本のスマートシティ。 鍵を握るのがトヨタとNTTかも残念ながら日本ではスマートシティへの取組において最先端とはいえない状況にありました。 理由は大きく2点あります。 都市に 長い歴史があり、システムを変えるのが困難だった。 資本主義国家であり、中国のような根本的な改革がむずかしかった。 政府はこれ以上の遅れはとるまいと2019年 スマートシティ官民連携プラットフォームを立上げ、全国約100の都市で行われるスマートシティプロジェクトの支援をはじめています。 そんなスマートシティを力強く進めていくために日本を代表する2大企業が握手をしたのが、今回の資本提携というわけです。 トヨタとNTTのスマートシティにおける役割は?自動車メーカーであるトヨタと通信会社のNTT。 スマートシティ構想において、それぞれどのような役割を期待されているのでしょうか?まとめてみました。 トヨタの役割 さまざまな移動手段のバリエーションを考えるスマートシティの大きな目的の一つに、徹底した効率化による 温暖化ガス排出量減少と気候変動へのブレーキがあります。 たとえば、路線バスに空席があると空席のぶんだけ無駄なエネルギーが消費され、不要な温暖化ガスが排出されてしまいます。 そこで従来の「自動車」の枠にこだわらず大小さまざまな移動手段が組み合わされて 「地球環境にやさしい」移動のあり方を追求するのがトヨタの役目。 たとえば子どもを塾に迎えに行く場合、自宅から1人乗りの軽量車両に乗り(立って乗れる超小型スクーターのような案が出ています)、その車両は乗り捨てて回収してもらう。 帰りは2人乗りの電気自動車……といったフレキシブルな移動手段など。 乗り物の形をとらず、無人でモノの輸送を行うドローン技術なども期待されています。 電気自動車の開発環境について考えたとき温暖化ガスを一切排出しない 電気自動車の開発は不可欠です。 現状の技術では電気自動車は高速・長距離を走るより市内交通に適していると言われています。 多様なスタイルの乗り物が街の中を走り、効率的に乗り換えながら目的地に到着する。 こんな方法がもっともエネルギー効率がよい=環境への負荷が少ないのです。 完全自動運転車両の実現各国の自動車会社だけではなくグーグルやアマゾンなどのネットワーク企業も参入し、実現に向けて激しい競争がつづいているのが 完全自動運転です。 すでに公道実験を行っている企業もあるようですが、スマートシティではいままでどおりの「道」の上を障害物をよけながら走るスタイルとは変わってくるかもしれません。 NTTの役割 街全体をとしてインターネットで連携させるスマートシティプロジェクトのなかで活躍していきそうなのはNTTグループのなかでも 移動体通信を提供するNTTドコモや システム開発を行うNTTコミュニケーションズ、NTTデータとなりそうです。 「路上を走る電気自動車」そのものが通信装置を備えた端末になっていきます。 電気自動車が道路管理システムと通信を行いあたかもレールが敷かれているように正しい道で走っていける。 電気自動車どうしが通信しあって道路の混雑情報や災害情報をやりとりする。 ここで不可欠となってくるのがNTTが持つ通信技術であり、さらには「どんな情報をやりとりするか」に関するノウハウとアイデアが生かされていきそうです。 10年後の未来はどうなる?2030年、つまり今の小学1年生が高校生になる頃には、スマートシティも「絵に描いた餅」から「食べられる餅」に発展しているかもしれません。 トヨタとNTTが力を合わせるスマートシティ、そんななかで17歳の子どもたちがどんな街に住んでいるかイメージしてみました。 バーチャル教室で通学の必要ナシ?友だちと遊んだりおしゃべりしたりして過ごす時間は大切です。 「eラーニングがどんなに進歩しても学校はなくならない」と考える人は、オンライン学校=友達との交流もできなさそう、というイメージがあるのではないでしょうか。 ヘッドマウントディスプレイをかぶって学ぶ。 目の前には先生がいて黒板があり横を見ると友だちの顔が見えて話ができる……こんな バーチャル教室もできそうです。 そんな時代に「学校に集まる」意味があるかどうか、10年後ぐらいには議論がはじまるかもしれませんね。 「いたずらっ子が消しゴムを投げる」などのおちゃめな機能があったりする、人間味のあるバーチャル教室だと良いですね。 入学定員がなくなり、受験戦争が消える?東大に入学するために死ぬほど勉強しなくてはいけない……その理由の一つは、 定員があるからです。 先生の人数やキャンパスの広さに制約があると「この人数しか入学できない」定員が生まれます。 クラウド技術と技術が進化すれば、「1人の先生が同時に 数万人の学生を相手に ライブ授業を行う」のも可能になるかもしれません。 定員の概念がなくなれば、受験の形も変わるかもしれませんね。 「FUN TO DRIVE」の形が変わる?トヨタは1984-87年の間「 FUN TO DRIVE」(ドライブするよろこび)を企業スローガンにしていました。 また、これをリバイバルするように2011年には「FUN TO DRIVE, AGAIN」キャンペーンを行いました。 スマートシティでのドライブを考えてみるとスムーズで安全で効率的で環境にやさしい方向性がクローズアップされていますので、「アクセルを思いっきり踏み込む」ようなドライブの楽しさは忘れられがちかもしれません。 10年後の社会で、そんなスピード狂たちのフラストレーションの受け皿になっていくのは eスポーツかも。 まとめ|動かす+つなぐが生み出す未来都市 トヨタとNTTの資本提携の歴史的ニュースを出発点に、スマートシティで子どもと保護者の 世界が一変する未来を夢想してみました。 基本となるのは、 トヨタ:動かす NTT:つなぐ この組み合わせ。 どんなに便利でどんなにワクワクする 新しい都市=スマートシティがつくられるのでしょうか? 動き出したばかりの大きな夢を期待を持って見守っていきたいですね。 コエテコ [coeteco] とは コエテコは「子どものプログラミング教育」をテーマに、プログラミングスクール・教室、ロボット教室・スクールについて講座の内容を中心にわかりやすく紹介しているポータルサイトです。 住所や駅名などからお近くのスクールを探すことも可能です。 また、コエテコ編集部では、「プログラミング教育の今」をわかりやすく伝えることをミッションに独自の調査や有識者、専門家への取材を実施、インタビュー、コラム記事を配信しています。 プログラミング教育 とは 文部科学省は、プログラミング的思考を育成することを目的に『2020年に日本の小学校でプログラミング教育を必修化する』と発表しました。 プログラミング的思考とは、自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要かを論理的に考えていく力です。 日本では、人口現象や少子化が問題となる中で飛躍的に進化しているAI 人工知能 などのIT技術の活用が期待されている一方で、人間らしい感性を働かせながら、目的に応じた創造的な問題解決を行うことができる人材が社会に求められています。 将来どんな職業に就いても、普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」身につけることができる、幼児・小学生向けプログラミングスクール・ロボット教室を選択肢に考えてみてはいかがでしょうか? プログラミングスクール・教室 とは 各スクール独自の教材や、子ども向けのプログラミング教材「Scratch スクラッチ 」 というプログラミング言語学習環境などの教材を使って、パソコンやタブレットを操作して、 授業を行います。 主にプログラミング的思考やプレゼンテーション能力などを身につけていきます。 全国的に増えてきており、各スクールが授業見学や個別体験を受付しています。 ロボット教室・スクール とは 各スクールのオリジナルロボット教材を使って、楽しみながら個性や想像力を伸ばし、同時にプログラミング的思考や問題解決能力も身につけることが可能です。 教室数が増えてきているため自宅の近くの教室に通うことも可能になってきており、新しい学びの機会を得ることができます。 All Rights Reserved.

次の

トヨタ、静岡・裾野に「つながる」スマートシティ“Woven City(ウーブン・シティ)”建設へ【CES 2020】(画像ギャラリー No.1)

トヨタ スマート シティ

パナソニックとトヨタ自動車は2019年5月9日、スマートシティ事業に取り組む合弁会社設立に向けた契約を締結したと発表した。 新会社の傘下に、パナソニックホームズやトヨタホームなど両社の住宅事業会社を統合もする。 パナソニックが進める「くらしアップデート」とトヨタのモビリティサービスの融合を図り、街全体を対象にした新事業を打ち出したい考えだ。 パナソニックとトヨタ自動車が設立する新会社の名称は、プライム ライフ テクノロジーズ。 2020年1月7日に設立する予定で、社長にはパナソニックの専務執行役員 ライフソリューションズ社社長の北野 亮 氏が就く。 出資比率はパナソニックとトヨタで同一とする。 ただし、街づくり事業において覚書を締結している三井物産とも協議を進めており、三井物産も出資する可能性がある。 新会社設立の背景には、住宅分野や都市開発の分野に米Googleや米Appleなどのデジタル企業が参入してきていることへの危機感があるようだ。 新会社では、家電や住宅設備などのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)化や、自動車業界でのCASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)の加速、移動手段としてのMaaS(Mobility as a Service)の進展などを組み合わせながら、スマートシティの開発事業に取り組む計画だ。 新会社設立に際しパナソニックの津賀 一宏社長は「顧客や地域にとって価値ある街づくりには、ハードウェアに加え、テクノロジーが支えるサービスの充実が一層重要になってくる。 モビリティ領域をリードするトヨタと、人の「くらし」に寄り添い続けてきたパナソニックの強みを掛け合わせ、新たな価値の提供に取り組んでいく」としている。 クルマやコネクティッド事業を持つトヨタと、家電や電池、IoT事業を持つパナソニック両社の強みを持ち寄り、競争力を高めながらベターベターの精神で、新たな生活スタイルの提供にチャレンジしていきたい」とする。 スマートシティ関連事業として、パナソニックは神奈川県の藤沢市と横浜市綱島において、「サスティナブル・スマートタウン(SST)」事業を展開してきた。 スマートホームに向けたIoT家電の開発なども進めている。 一方のトヨタは、EV(電気自動車)と家庭の蓄電池を結んだり、小型モビリティと公共交通機関を連携したりといった実証実験のほか、コネクティッドカーを対象にした「MSPF(モビリティサービス・プラットフォーム)」を構築。 2019年からはソフトバンクとの合弁会社MONET TechnologiesによるMaaS事業の地方展開にも乗り出している。 両社は、都市開発においては今後、モビリティや通信などのテクノロジーの発展、消費者の価値の変化などから、街の競争力の源泉が「立地」から「生活を支えるサービスインフラの充実度」に変化していく可能性があると見ている。 新会社は、SSTにおけるMaaSの実証実験などのほか、新規の都市開発や、海外市場への展開に乗り出すとみられる。

次の