福山 映画館。 福山

1960年の映画館(中国地方)

福山 映画館

シネフク大黒座(2014年9月撮影) 地図 情報 旧名称 大黒座、福山大黒座、新天地大映、福山新天地劇場、福山スカラ座、スカラ座、福山ミラノ座、ミラノ座、シネマモード1・2 開館 閉館 最終公演 『』、『』、『』 収容人員 (4スクリーン)791人 客席数 190席・361席・190席・50席 設備 5. 1ch 用途 映画上映 旧用途 芝居劇場 運営 株式会社 所在地 〒720-0044 笠岡町3丁目9番地 シネフクビル 位置 : 最寄駅 最寄バス停 「本通り」停留所 外部リンク シネフク大黒座1・2・3・4(シネフクだいこくざ1・2・3・4、CINEFUKU)は、2014年までにあった。 4スクリーンを有していた。 運営会社は株式会社。 フューレックは福山市内で(シネコン)、福山駅前(ミニシアター)などを運営している。 沿革 [ ]• 1892年 — 劇場「 大黒座」として開館• 1927年 — 原因不明 の火災後に再建• 1950年 — 1945年のによる火災後に再建• 1960年 — 火災後に再建• 2013年 - 全スクリーン名をシネフク大黒座に統一• 2014年 — 閉館 データ [ ]• 所在地:笠岡町3丁目9番地 シネフクビル• アクセス : ・・南口から南東に徒歩8分• 座席数 50席、190席、190席、361席(2014閉館時) 歴史 [ ] 1892年、芝居や演芸ができる劇場として大黒座が開館。 1927年には放火による火災にあって再建され、1945年8月8日にはによって焼失したが、1950年12月に木造2階建で再建された。 1955年の『全国映画館総覧 1955年版』には福山市に6館ある映画館のひとつとして大黒座が記載されており、座席数は658席、・系の映画館であるとされている。 1960年の『映画館名簿 1960年版』には福山市に14館ある映画館のひとつとして大黒座が記載され、座席数は750席に増加している。 三代目の大黒座ではやなども上演した。 1960年には3度目となる火災に見舞われたが、これを機に鉄筋コンクリート造の建物に建て替えられ、当時の地方都市としては別格、中国地方では2番目の上映設備を備えた大劇場・大黒座と地下の新天地大映(後に福山新天地劇場、スカラ座)の2スクリーン体制となった。 この建て替えの際にはフランス製の演劇鑑賞用のシートが導入されている。 1960年代が最盛期であり、年間約40万人もの観客を集めた。 運営会社の藤本興行は大黒座を含め、福山市内で7館の映画館を運営していた。 1975年の大黒座は福山市伏見町の福山ピカデリー劇場とともに洋画ロードショウ館であり、510席があった。 1987年には2階にミラノ座が開館し、シネフクビルは大黒座、ミラノ座、スカラ座の3スクリーン体制となった。 大黒座とミラノ座では大作ハリウッド映画が、地下1階のスカラ座では系の映画が上映された。 1990年代初頭には4スクリーン体制となり、2階に洋画のミラノ座、1階に洋画の大黒座と邦洋のミラノ座2、地下1階がスカラ座から改称した邦洋のミラノ座3となった。 2000年には福山市昭和町のグリーン劇場がのとしてリニューアルオープン。 2008年1月26日、シネマモードがシネフクビルの地下に移転する形で 、1階のミラノ座2がシネマモード1、地下1階のミラノ座3がシネマモード2となった。 これにより、4スクリーンの名称はそれぞれ大黒座、ミラノ座、シネマモード1、シネマモード2となった。 昭和町の旧・シネマモードは167席の多目的劇場「シネマモード・アネックス」として様々なイベントに活用されている。 この年の10月に『』が上映された際は、監督と同作に出演した、の3人が10月18日にミラノ座で舞台挨拶を行っている。 2013年4月20日、大黒座、ミラノ座、シネマモード1・2を「シネフク大黒座」に館名統一。 この年の10月期に『劇場版 』が上映された際は、同作のキャラクターデザイン・総作画監督を務めた(広島県出身)とめんま〈本間芽衣子〉役の声優・が10月27日に舞台挨拶を行った。 また12月17日にはで行われた『第3回紅白対抗歌合戦』のパブリックビューイングもあった。 2014年2月1日には『』の公開を記念して、主演のアナウンサー・と監督のが舞台挨拶で来館。 同年8月23日には『』の公開を記念して、プロデューサーの妹尾浩充(福山市出身)と主演のの舞台挨拶が行われた。 閉館を告げる案内板(2014年9月) 雨漏りや配管の不具合などの施設の老朽化、市中心部の空洞化による売上減少などを理由に 、2014年8月31日にシネフクビル内の4スクリーンすべての営業を終えて閉館した。 閉館間際の数年間は年間観客数が7-8万人まで減少していた。 最終日には『』(福山市のが舞台)、『』、『』(いずれも福山市でロケが行われた作品)の3作品が上映され、そのうち『泣きながら - 』に出演した俳優・と『少女たちの - 』に出演した女優・が同館を訪れた。 9月の建物取り壊し前には大黒座を舞台とした映画『』の撮影が行われた。 当館解体後の跡地には、大手コンビニエンスストア「」と福山市に本社を置くドラッグストア「」が共同提携した商業施設『ローソンププレひまわり福山大黒座店』が2015年7月31日にオープンした。 msn産経ニュース. 2014年4月25日. 2014年9月14日閲覧。 DIGITAL. 2014年4月22日. 2014年9月14日閲覧。 フューレック. 2014年12月1日閲覧。 Yomiuri Online. 2014年4月22日. 2014年9月14日閲覧。 『映画館名簿 1960年版』時事映画通信社、1960年• 港町キネマ通り 2008年9月. 2014年9月14日閲覧。 有末麻祐子 2008年10月11日. オフィシャルブログ「REAL LIFE」. 2014年12月1日閲覧。 2013年10月17日. 2014年9月14日閲覧。 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。. 2014年9月14日閲覧。 AKB48 Official Blog. アメーバブログ 2013年12月10日. 2014年12月1日閲覧。 2014年1月31日. 2014年9月14日閲覧。 2014年9月7日. アメーバブログ. 2014年9月14日閲覧。 森田彩華 2014年8月31日. 森田JAPAN~海外移籍か残留か!? アメーバブログ. 2014年9月14日閲覧。 アルファ. 2014年9月8日. 2014年9月14日閲覧。 com 2015年7月31日. 2015年7月31日閲覧。 プレスリリース , ローソン, 2015年6月18日 , 2015年7月31日閲覧。 参考文献 [ ]• 『映画年鑑 別冊 映画館名簿』時事映画通信社、各年版 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

シネフク大黒座

福山 映画館

広島県福山市から絞り込み• 青葉台 0• 赤坂町大字赤坂 0• 赤坂町大字早戸 0• 曙町 0• 旭町 0• 芦田町大字上有地 0• 芦田町大字下有地 0• 芦田町大字柞磨 0• 芦田町大字福田 0• 伊勢丘 0• 今津町 0• 今町 0• 入船町 0• 駅家町大字雨木 0• 駅家町大字今岡 0• 駅家町大字江良 0• 駅家町大字大橋 0• 駅家町大字上山守 0• 駅家町大字倉光 0• 駅家町大字下山守 0• 駅家町大字助元 0• 駅家町大字近田 0• 駅家町大字中島 0• 駅家町大字新山 0• 駅家町大字服部永谷 0• 駅家町大字服部本郷 0• 駅家町大字法成寺 0• 駅家町大字坊寺 0• 駅家町大字万能倉 0• 駅家町大字向永谷 0• 駅家町大字弥生ケ丘 0• 胡町 0• 王子町 0• 沖野上町 0• 卸町 0• 笠岡町 0• 春日台 0• 春日町 0• 春日町宇山 0• 春日町浦上 0• 春日町吉田 0• 霞町 0• 金江町金見 0• 金江町藁江 0• 神村町 0• 加茂町 0• 加茂町大字下加茂 0• 川口町 0• 北美台 0• 北吉津町 0• 木之庄町 0• 草戸町 0• 熊野町 0• 鋼管町 0• 光南町 0• 向陽町 0• 郷分町 0• 桜馬場町 0• 佐波町 0• 三之丸町 0• 蔵王町 0• 清水ケ丘 0• 昭和町 0• 城見町 0• 新涯町 0• 新浜町 0• 地吹町 0• 住吉町 0• 瀬戸町大字山北 0• 瀬戸町大字地頭分 0• 瀬戸町大字長和 0• 千田町 0• 千田町大字坂田 0• 千田町大字千田 0• 千田町大字藪路 0• 高西町川尻 0• 高西町真田 0• 高美台 0• 宝町 0• 多治米町 0• 田尻町 0• 大黒町 0• 大門町 0• 大門町大字日之出丘 0• 大門町大門 0• 大門町津之下 0• 大門町野々浜 0• 長者町 0• 千代田町 0• 津之郷町大字加屋 0• 津之郷町大字津之郷 0• 坪生町 0• 手城町 0• 寺町 0• 鞆町後地 0• 鞆町鞆 0• 道三町 0• 奈良津町 0• 西桜町 0.

次の

福山の映画館情報

福山 映画館

2020. 15 2020. 15 2020. 15 2020. 15 2020. 15 2020. 14 2020. 14 2020. 10 2020. 07 2020. 07 2020. 03 2020. 02 2020. 01 2020. 30 2020. 25 2020. 24 2020. 23 2020. 19 2020. 08 2020. 22 2020. 19 2020. 15 2020. 27 2020. 09 2020. 01 2020. 28 2019. 19 2019. 06 2019. 01 2019. 23 2019. 14 2019. 12 2019. 01 2018. 31 2018. 11 2017. 24 2017. 30 2016. 01 2016. 04 2015. 30 2015. 26 2015. 01 2010. 01 2010. 22 アイコンの見方• 空席90%以上• 空席90%未満• 空席50%未満•

次の