マーモット 鳴き声。 マーモット

マーモット

マーモット 鳴き声

えらが張ったようなほっぺの四角い顔にシュールな目をした、まるで冷めた視線を送るような表情が特徴のチベットスナギツネ。 カルピスのCMで乾ききった冷めた表情の「チベスナ顔」としてネタに取り上げられ、チベットスナギツネが話題になりました。 最近では、けものフレンズのアニマルガール・フレンズで「チベスナ」の愛称のクールな性格のキャラも登場し、また仮面ライダーエグゼイドに出演している宝生永夢さんの「チベスナ顔選手権」などネットでもチベットスナギツネが盛んに取り上げられており、最近になって知名度がグンと上がってきています。 今回は狩るものと狩られるものである、チベットスナギツネとナキウサギの生態や特徴、狩りの動画などをご紹介したいと思います。 スポンサーリンク チベットギツネの生息地は、インド、中国、ネパールにまたがるチベット高原の標高2,500~5,200メートルの斜面、草原、ステップなどが生息地となります。 体長は60~70cm、しっぽは21~30cm、体重は3~4kgとなります。 チベットスナギツネの寿命は8~10年ほどですが、病気になったり人間の狩りの標的にされたりして5年くらいで死んでしまっているのが実状のようです。 チベットスナギツネは、主にはナキウサギ、ヒマラヤマーモットなどの小型哺乳類、鳥類などを食べる肉食ですが、果実なども食べる雑食性の野生動物です。 ヒグマがナキウサギを掘り起こして混乱させ、ナキウサギが逃げ回っているところをちゃっかりと狩るという賢い(ズルい)一面も持っています。 一方、今回の動画でチベットスナギツネに狩られてしまうナキウサギは、短い耳などの外見的特徴から一見するとハムスターやネズミのような大きさの小さいウサギです。 体長は18~20cmほどで、まさに手のひらサイズの大きさの小さくてかわいいウサギです。 英語ではpika(パイカ)と呼ばれています。 ナキウサギは北アメリカ、アジア、ヨーロッパの寒冷な地域に生息する小型哺乳類で、主に標高1,500m以上の山地の岩場に生息しますが、開けたステップの地面に穴を掘って巣を作って生活しているグループもいます。 日本の北海道にも亜種であるエゾナキウサギが生息しています。 ナキウサギは、マンモスなどがいた氷河期時代から存在している動物なので「生きた化石」とも言われています。 スポンサーリンク その名の通り、「キュン」というかわいい甲高い鳴き声でよく鳴き、ワシ、タカなどの猛禽類やヒグマなどの天敵が現れた際は立ち上がってさらに高い警戒音のような鳴き声を連続して行い仲間に伝達します。 ペットしても飼いたいほどちっちゃくてかわいいナキウサギですが、寒い地域に生息している動物なので暑さには弱く、1年を通して12~15度に温度を保たなければならないほど温度管理をしなければならないことや、ナキウサギを取り扱っているペットショップが無いことを考えると、日本でナキウサギをペットとして飼育することは難しいようです。 チベットスナギツネ、ナキウサギが見られる動物園は、残念ながらいまのところ日本には無いようです。 乾ききったような表情の「チベスナ顔」が特徴のチベットスナギツネ、鳴き声や外見が特徴のナキウサギ、チベットの高地に生息する野生動物の動画をご覧ください。

次の

グラウンドホッグデー

マーモット 鳴き声

モルモットの鳴き声 モルモットの個体や性格で異なりますが、よくある鳴き声をご紹介します。 『プイプイ』『キューキュー』『ピーピー』 何かが欲しい時や要求する気持ちを表しています。 お腹がすいたり、おやつが欲しいとか。 また、外で遊びたいからケージから出してとか、構ってほしい時などのおねだりする時に鳴くようです。 また、声が大きくなるとその要求を強く求めている時のようです。 早くご飯ちょうだい!!なんて叫んでいるのかもしれないですよ。 『クイックイッ』 寂しいと言ってます。 誰かかまって~、抱っこして~、撫でて~と。 歩きながら『クック クック』 ケージの中でジャンプしながら鳴いたり、歩きながら鳴くのは、嬉しい時や楽しい時。 人間のご機嫌な時の鼻歌みたいなものでしょうか?• 『キューキュー』 撫でている時や抱っこしている時に、甘えた声でキューキュー鳴くのは、心地よくて喜んでいるのです。 『フイフイフイ』『ホヨホヨホヨ』 ご機嫌な時です。 『ルルルルルルル…』 モルモットの低い声は基本的に良くない気持ちの表れです。 まるで猫のゴロゴロ鳴くような感じは、嫌がっていると思われます。 けれども、飼い主や慣れた人に抱っこされて撫でられている時に鳴く場合は、心地よくて嬉しいという気持ちです。 『グルルル~ グルルル~』 モルモットの求愛の声です。 『グルグル』 低い声で鳴いている時は、警戒しています。 不愉快、不機嫌な気持ちを表しています。 『キーキー』『キュイーキュイー』 激しく高い声で鳴くのは、怖がったり、嫌がったり、怒っているなど興奮している状態です。 相手を威嚇する時や、体調が悪くて身体が痛い時なども鳴きます。 『キュッ』 痛い!!と叫んでいます。 スポンサードリンク モルモットの鳴き声がうるさい時の対策 残念ながら、モルモットが鳴かないようにしつけることは出来ません。 日頃からモルモットとのコミュニケーションをとり、鳴き声から気持ちを察してあげて、対応してあげる事が、一番の対策です。 近隣の住民の方とのトラブルを避けるための対策としては、窓を閉めたり遮音カーテンや壁に布を貼るなどで、モルモットの鳴き声がダイレクトに外に聞こえなくなりますので、おすすめです。 まとめ 表情豊かにたくさんの鳴き声で意思表示をするモルモットですので、ぜひ日頃からよく観察して、どんな気持ちなのか察してあげれるようになると、より良い信頼関係を築いていく事ができるでしょう。 スポンサードリンク.

次の

”MAMMUT(マムート)”と”Marmot(マーモット)”を勘違いしてる人多くない?

マーモット 鳴き声

スポンサードリンク マーモットの鳴き声とかケンカする姿が人間っぽい件 マーモットの姿を見ると、 ただのデブネズミのようにしか見えない。 これはひどい。 こんなデブネズミがなんだ、人間のような声を出して、人間のような行動をするだと? ふはは、笑わせてくれる。 まるでこの世の終わりでも訪れたかのような悲痛な叫びである。 声だけ聞けば、 フルチンの変態男に出くわした女性のソレに聞こえなくもない。 もしかしたらカメラの撮影者がフルチンで、この叫びはマーモットの心の底から出た悲鳴だったのかもしれない。 心中お察しする。 どうもこの鳴き声は警戒音で、何も普段からこのような絶叫を響かせているわけではないようだ。 そしてさらに人間のような行動がコレである。 「なんじゃ、ワレコラ!」 「お前がなんじゃワレ!」 「あぁん?どつきまわすでコラ」 「やってみぃやおどれが!」 互いに後ろ足で立ち上がり、取っ組み合いからの 喉輪。 歯と闘争本能をむき出しにして、己と己のプライドを賭けた荒野の大決闘である。 この1対1の大勝負に、他者の介入は何人たりとも許されない。 どっかで見たことあるなコレと思ったけど、アレだ。 「殴り合いになると先生に怒られたり、後でいろいろめんどくさいからとりあえず取っ組み合いにしとこう」 という暗黙の了解の元で行われる小学生同士の微妙なケンカだ。 パンチやキックの応酬に持ち込みたいのはやまやまだが、痛いのはイヤだし親にも 「まーたケンカしくさって、このバカタレが!」 とキレられるのも避けなければならない。 小学生にだっていろいろ複雑な事情があるのだ。 ふと、昔のことを思い出した私なのだった。 スポンサードリンク と、このようにマーモットは妙に人間くさい行動を見せる動物なのである。 自然界も芸能界も小学生も、かわいいだけではやっていけない世の中なのである。 マーモットの生態 ではこのマーモットは、どんな動物なのだろうか。 生物学的には、 「ネズミ目リス科マーモット属」に分類される生物である。 一応リスの仲間だけど、サイズがデカイ。 体長は50センチ前後、体重は冬眠前には7キロを超える。 主に山岳地帯に生息し、有名どころだとアルプス山脈とかヒマラヤ山脈、ロッキー山脈なんかで見られる。 ヨーロッパ、アメリカ、ユーラシアと分布域は広く、亜種がたくさんいる。 日本には生息してない上、知名度が低いのでなじみが薄い。 「モルモット」の語源!? ただこの「マーモット」っていう名前、 「モルモット」に似ている。 種類は全然別の動物なんだけど。 モルモットはオランダから日本に持ち込まれたもので、その時の呼び名である。 モルモットは 「テンジクネズミ」のこと。 しかし、元をたどるとテンジクネズミがヨーロッパに移入された際、オランダ人がテンジクネズミとマーモットを混同。 結果として 「テンジクネズミ=モルモット」として日本にやって来ることになった。 我々が普段、モルモットと呼んでいるネズミはマーモットと勘違いされて命名されていたのだ。 とんでもないことをしてくれたなオランダ人。 マーモットの活動 マーモットは高原の地面に巣穴を掘り、そこで生活する。 基本的には親子の家族単位での群れを作り、それらが集まって数十頭のコロニーを形成する社会派動物である。 寒冷な高原に住むため暑さに弱く、気温の高い日中は巣穴に引きこもる。 気温が低くなる朝夕にもそもそ出てきては、草とか虫を食べる。 日本の田舎のコミュニティよろしく、ヤツらのコロニーは保守的で排他的。 常に巣穴のまわりでは後ろ足で立ち上がって、外敵の侵入を監視している。 ひとたび警戒音が発せられると、群れは脱兎のごとく巣穴へ退避する。 逃げ出すヤツらはよく訓練されたマーモットだ。 コロニー内には個体の格付けがあって、地位の高いマーモットと低いマーモットがいる。 順位の高いヤツはコロニー内で影響力が高く、コロニー内の個体数が増えすぎないように地位の低い個体にケンカを売って子供を産ませないようにしたりする。 「アンタが子供を産むと、アタイらが困るんだよね(クッチャクッチャ」 完全な モンスターペアレントである。 力の強いメスが、弱いメスの妊娠を知るとケンカをふっかけ、ストレスで胎児を死なせるという暴挙に出ることもある。 ママ友こわい。 スポンサードリンク 夏が終わると、マーモットは冬眠の準備に入る。 ヤツらは1年のうち9ヶ月も冬眠をするのだ。 冬眠中は心拍数や呼吸回数を 「1分間に数回」と極端に落とし、冬眠前に蓄えた脂肪を消費して過ごす。 冬眠明けには、マックス時の半分くらいの体重になってたりする。 デブデブ言うけど、春はシュッとしてるんやで。 意外と人懐っこいマーモット てっきり警戒心の塊のような動物かと思いきや、意外と人懐っこい面もある。 当然のように餌付けされるマーモット。 それでいいのかおまいら。 もはや警戒心のかけらも見られない。 これでは のうのうと肥え太ったブタネズミ以外の何者でもない。 実は減少傾向にあるって かつてはマーモットの脂肪はリウマチ薬になるとかで、 マーモット狩りが頻繁に行われてたらしい。 それの名残か、今でもアルプスではマーモット狩りがスポーツ的に行われてたり、衣服用の毛皮を取るためにマーモットを捕獲することがあるという。 温暖化による気候の変化とか、人間による捕獲、密猟とかでマーモットの個体数は減少傾向にあるらしい。 地域によっては部分的に絶滅しかけたりしてるとこもあるそうで。 大事にしませう。 はい、以上でした。 デブにはデブなりの理由があったという。 冬眠が最強のダイエット法という説、ここにありき。

次の