ロマンシング サ ガ2。 ロマンシングサガ2 攻略・解析(SFC/リマスター版対応)

Steam:Romancing SaGa 2™

ロマンシング サ ガ2

『ロマンシングサガ2』とは、スクウェア(現)が販売したゲームソフト。 略称として「」が良く使われている。 シリーズの5作目。 ソフトとして発売、・・にも移植されている。 派生作品として『』が配信中。 世界が平和の内に治められていたのも今は昔。 バレンヌ王国などの大国も次第に力を失い、 各地では魔物達が跳梁跋扈している。 加速度的に混乱していく世界———。 そして、人々が語る「伝説の七英雄」。 幾世代にも渡る壮大な歴史が、今、始まる。 世界 前作と同様にあるらしいが、気候区分の位置関係が複雑なので単純に北が暑く南が寒いというわけではない。 また前作と同様に地図が途中で途切れていてその先がどうなっているのか明かされていない。 北バレンヌ• バレンヌ帝国の首都アバロンがあるスタート地点。 アバロンは新施設を建設することによってどんどん拡大していく。 七英雄の一人・クジンシーはソーモンに居を構えていてアバロンを苦しめる。 南バレンヌ• 龍の穴という格闘家集団が打撃に強いスライムの退治に苦戦している。 湾の出口には運河要塞があり、地域の発展が阻害されている。 ルドン• ルドン高原や巨大な鉱山がある。 ルドン高原は自殺の名所らしい(設定ではなくゲームをプレイする上での話) 高原にあるアクア湖にはネレイドが住んでいる。 ナゼール• サイゴ族が牧畜を行っている。 大きな町はなく、村民は貧しい暮らしをしている。 七英雄のダンターグがダンジョン内を歩いていることがある。 襲ってこないのかと思いきや、通り過ぎようとすると怒られる。 雪と氷に覆われた地域。 サイゴ族はこの地とナゼールを行き来している。 定住者はいない。 北ロンギット• 武装商船団 要するに海賊 が支配する内海。 武装商船団の拠点ヌオノは地形を利用した要塞となっていて陸路でも海路でも行くのが大変。 南ロンギット• 漁業を中心とした生活が行われている内海。 人魚伝説がある。 カンバーランド• 国家があり後継者を誰にするかで揺れている。 選択次第で展開が大きく変わるのでプレイは慎重に。 ステップ• 名前の通り草原が広がる地域。 七英雄のボクオーンが地上戦艦で麻薬を製造している。 メルー• 砂漠が広がる地域。 砂漠で戦闘になると最大HPが半分になってしまう。 七英雄のノエルが何かの調査をしている。 アウストラス• 遺跡しかない無人地帯。 サバンナ• 名前の通りサバンナが広がる地域。 地底には白アリやモール族が住んでいる。 コムルーン島• 巨大な火山がある島。 熱に強いサラマンダーが住んでいる。 噴火を止められるか否かによって展開が変わる。 サラマット• ジャングルが広がる地域。 鳥獣の鳴き声がBGMになっている。 七英雄のロックブーケが何かの調査をしている。 ヤウダ• 風の地域。 七英雄のワグナスがいる。 トーレンスとの間にあるチカパ山にはイーリスが住んでいる。 トーレンス• 北バレンヌから最も離れたところにある謎の地域。 ここに来ると、七英雄と戦うことになった経緯など様々な謎の真相が明かされる。 システム フリーシナリオ 今作では帝国の拡大が大きな目的となっている。 通常のとは異なり、ある程度の自由度が確保されている。 プレイヤーは「」としてキャラクターを操作、領土内から行ける範囲で目的地を選ぶとイベントが発生する。 それらをこなしていくことで領土・仲間・収入などを増やしていくことができる。 ただし選択肢を1つ間違えただけで取り返しのつかないことになってしまうことも少なくないので、攻略情報を見ずにプレイする場合はセーブ枠を複数使うなど注意が必要。 フリーシナリオではあるが大きな目的があるため自由度は前作より少し下がっている。 本作の特異な点として、ストーリーの中核にいるのが主人公の皇帝側ではない、ということか。 なぜなら、全体の流れとしては、皇帝たちのやる事と言えば大まかに「七英雄の居場所がわかったり、何かの事件が発生したり、制圧できそうな地域を見つけたら、そこに赴いて、事件を解決し、その地を領土とする」というもので、そこには深いドラマがあまり無い事も多い。 しかし、皇帝が各地で活動するうちに、皇帝の敵対者という立場ではありつつも七英雄のバックストーリーをプレイヤーは知る。 七英雄が、かつて英雄と呼ばれながらも、その末路ゆえに現在の姿があるのだと、「彼らにとって敵対者である皇帝を通して」語られる。 つまり物語を動かしているのは、皇帝側というよりは七英雄側であり、彼らが物語での事実上の主役と言えるだろう。 これは、主人公の立場ではない者の手によってもドラマが綴ることができることを示している。 実際、iアプリ版での追加ストーリーも七英雄あってのものだし、で語られたビフォアストーリーなどでも、皇帝や帝国にはまったくスポットライトが当てられておらず、スポットライトはずっと七英雄に当てられているのだから。 移動 移動システムは前作を踏襲しつつも少し変更され、前作よりも比較的自由に世界を移動できるようになった。 世界地図が新たに登場し、世界地図から地域を選択して直接行けるようになった。 また、ダッシュができるようになった。 シンボルエンカウントも同様に踏襲されているが、前作のように敵が大量にいるような状況は減った。 ダッシュ中にエンカウントすると陣形がフリーファイトになってしまう。 成長 レベルの概念がない点は前作と同じだが、さらに今作は一般的なRPGとは大きく異なる点がある。 腕力・器用さ・魔力・素早さ・体力などの能力値があるが、これらの値はいくら戦闘を重ねても成長しない。 成長するのはHP・WP・JPと熟練度のみである。 敵はHPを0にすることで倒せるが、味方はHPが0 戦闘不能 になっても通常の回復で復活できる。 ただし、HP0と同時にパラメーターとして存在するLP ライフポイント が減り、戦闘不能時に攻撃を受けてもLPが減る。 直接LPを削る攻撃もある。 LPを0にされると完全に死亡 復活はできない。 LPを回復する手段は限られているため、減ると回復は困難。 全滅してもゲームオーバーにはならない。 戦闘終了後はHPが全回復する。 特に一部の見切り技は、特定のボスを攻略するのに必須であるので、これがゲームの要所で獲得できるかが、ゲーム全体の攻略難易度を左右するといっても過言ではない。 技が閃く時に『裸電球が光る』という、昭和時代アニメの様なエフェクトがあり、これもこのゲーム、そして以降のサガシリーズの代名詞となっている。 陣形も新たに取り入れられた要素のひとつ。 前作にも似たような概念はあるが、今作では陣形に名前がついていてそれぞれ特殊な効果を持っている。 敵より早く行することを最優先した陣形、敵の攻撃が前衛の1人に集中する陣形などがある。 標準の陣形はフリーファイト。 皇位継承 イベントをこなして自動的に年代が進む、あるいはパーティの全滅・の死亡で発生。 皇帝の死亡の場合はその時のパーティキャラの中から、それ以外の場合は提示された中から選択した者を「皇帝」にしてシナリオを再開する。 この時新しくになった者は、先代の皇帝がそれまで習得した・成長させた技能を引き継ぐ。 登場キャラクター バレンヌ帝国皇帝• ・ 仲間になるクラス 各クラスに8人のキャラがいて同じグラフィックの。 キャラの名前には全てがある。 リメイク版の追加クラス• その他• 備考 『ロマサガ1』及び『ロマサガ3』、もしくは『サガフロンティア2』『アンリミテッド:サガ』などには、ゲームの開始以前の設定として詳細な年表が存在する。 また没になったイベントやも無数に存在する。 『ロマサガ1』には『ロマンシングサガ大事典』、『ロマサガ3』には『練磨の書』、『サガフロ2』では『アルティマニア』『パーフェクトワークス』、『アンサガ』だと『解体真書』という攻略本もしくはファンブックが出版されており、それらで初めて明かされている設定も多い。 またソフトの没データを覗く事で、それらを垣間見ることもできる。 しかし本作『ロマサガ2』にはそういった裏設定はあまりなく、イベント関係の没データも殆ど存在しない。 またファンブックも出版されていない。 書籍『ロマンシングサガ大全集』にも大まかな年表程度しか載っていない。 近年のアプリ版やロードオブヴァーミリオンなどで新たに語られる設定も増えてきている為、今後の展開が期待される。 ただし、河津氏のスタンスとしては「探りようのないほど歴史の闇に埋もれた事件などは、むやみやたらと明かさない」ため、今後も語られない設定が多いことも考えられるだろう。 設定が存在しないのではなく、伝聞者や証言できる者がいないため作中の世界で誰も語りようがない、だから現実側のプレイヤーにもそれを語らないという事例はサガシリーズには多いのだ。 関連イラスト pixivision• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 20:56:18• 2020-07-17 20:54:26• 2020-07-17 20:54:20• 2020-07-17 20:54:12• 2020-07-17 20:54:04 新しく作成された記事• 2020-07-17 20:33:30• 2020-07-17 20:44:02• 2020-07-17 20:48:18• 2020-07-17 20:33:21• 2020-07-17 19:48:30•

次の

Steam:Romancing SaGa 2™

ロマンシング サ ガ2

動画 攻略情報 レビュー ライオンハートさんのレビュー 投稿ありがとうございます 【ロマンシング・サガ2】 概要:スーファミRPGユーザーなら一度はプレイする(多分ね)と言っていいほどの名作。 「フリーシナリオシステム」で自分の好きなように歴史を作っていけるという(当時からすれば)斬新なアイディア。 システムも良く、上の上たる名作。 特徴:プレイヤーは皇帝となって代々帝国の領土を拡大するために戦っていくわけだが、内政(施設建設)武器、防具、術等を開発していかねばならない。 仲間も豊富。 またボスキャラ「七英雄」との遭遇(特定の場所に固定されないボス)などドキドキもあり。 難易度:普通。 自分の持論ですが「名作(特に大手会社の)ほど攻略は簡単」と思います。 攻略本も探しやすいし。 雑誌の話題としても掴みやすいし。 但し、ラスボスは激強。 「クイックタイム」無しに勝つのは至難の技。 (でも最終皇帝1人で倒せるという猛者もいると聞きましたが) 隠された面白さ:フリーシナリオだけあって数回プレイしても楽しめるが、「個人の癖」みたいなものがあって他人に貸したりしてプレイデータを見てみると個性があって中々面白い。 自分のプレイパターンは経験と共に画一化されがちなため。 裏技:「2」にはこれといって面白い裏技がは無い。 (反面「3」はたくさんある)だが「来来来来」といった(これは恐らく秘中の秘とされるデータ消滅危険を持つ明らかなバグ系裏技)など未だに解明されていない謎もあり、絶対閃けない、閃いても「技道場」に保存されない(体術:ベルセルク等)など 気になる方は:「アバロン宮殿」というサイトに行ってみてはいかがでしょうか。 GTXさんのレビュー 投稿ありがとうございます 人気シリーズのSFC作品第2作目。 主人公は帝国の皇帝になり全土の平定、そして今作の最大の敵七英雄の討伐が目標。 前作と比べると自由度は若干減ってしまったもののシステム面においては大幅に改善された。 ただ中盤〜終盤雑魚敵の強さはとにかく強い。 そのため上記のような術や相手の行動を封じる技などを駆使しないと勝つ事は難しいため、予備知識のない初心者には厳しい作りになっている。 また最終ボスの強さはシリーズでも1、2を争うほど強い。 初心者救済用に作られたかは不明だが、敵全員の行動を確実に封じる術「クイックタイム」とプレイヤーが最速で行動できる陣形「ラビットストリーム」の組み合わせで完封することも出来るが、この存在を知る前に投げ出してしまう人も多いかもしれない・・・。 しかしバグが前作と比べると少なく、こういった戦略を詰めればどんどん面白くなる。 個人的にはとても良かった。 相変わらず初心者には厳しい難易度のロマサガだけどサガ経験者の方で、温いゲーは飽きた! という方は是非 笑 サイレントソードマン+さんのレビュー 投稿ありがとうございます おいおい、このゲームの難易度が普通だなんて普通じゃない まず初心者でめんどくさがりやはこのゲームをすべきでない 絶対に直ぐ止める。 このゲームは玄人向けだ システムをよく、理解していないとクリアどころか、中盤で絶対に行き詰る HPの他にLP、ライフポイントなるものが存在し、これが切れるとそのキャラは仲間から外され つまり死亡 、またキャラを入れ直さなければならない このゲームはレビューが一日で終わらないほど手が込んでいる はっきり言うとこのゲームはエンドレスと言って良い。 とは言え私はやりまくった為、やる気が失せた 敵は戦えば戦うだけ 逃げても 『レベルが上がる』という、ユニーク? なシステムを採っている 戦略も組めるのはまさに名作だった。 過去形なのはあしからず ストーリーも情緒的 ただエンディングに限れば、ボス 七英雄 の伝説の真位が見えない クイックタイムは別にいらない。 術が大いに活躍してくれる 私に言わせれば上級ゲーマーとしてクイックなしでラスボスを倒してから、普通だと言う 難しいのは術の開発だ 特に武器防具の開発とも相まって、帝国財政は頭が痛い 術レベルはこまめに上げましょう はっきり言うと、このゲームこそ大作だ 全てのゲームの中で一番面白い 問題は、やり手の気概だ.

次の

ロマンシング サガ2 攻略

ロマンシング サ ガ2

時代の流れというもがある。 時の流れにより、イベントが進行する。 しっかりとしたテキストというのは少ないが、 複数回プレーする事によって、色々な局面・結果が見れて面白い。 ただ、新作が多数出た今となっては、 連携がない分、装備やワザや魔法を覚える事に難易度が左右されすぎか。 数あるRPGの中でも、戦闘の面白さが上位である事には変わりない。 他の開発なんて無意味と言ってもウソでないほど効果が大きい。 まともな防具がないと雑魚からも一発で瀕死や死亡のダメージを食らう。 最悪、ボスが倒せなくなる。 次に、魔法開発終了のフラグが時代経過というのも不親切。 一部魔法(例えば炎の壁)がないと、並の強さでは倒せない敵が複数存在。 時代経過イベントが無くなり、魔法もない。 装備が弱すぎるけど金もない。 こういった理由で、八方塞がりになる事がある。 開発面を中心に不満がある事はありますけど。 シリーズの中でも最もフリーシナリオがうまくまとまっていると思います。 曖昧な表現ですが、世界の存在を強く感じます。 戦闘の面白さも、さすがサガ。 未経験者は絶対に遊んで欲しい一本。 シリーズ特有の人を選ぶゲームではありますが、 ハマれる人にはとことこんハマれるRPGですよ! う〜ん。 凄い完成度の高さ。

次の