アメブロ ダウン症。 優れた 20 週 ダウン症 エコー 写真

ダウン症児育児 人気ブログランキングとブログ検索

アメブロ ダウン症

バイオリニストの高嶋ちさ子(50)が15日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」(木曜、後9・00)に出演。 2017年8月に亡くなった母の子育てや、家族について語った。 ピアニストだった母・薫子さんは幼いころから高嶋に厳しすぎるほどバイオリンの指導をした。 坂上忍とのインタビューで、その理由について語り始めた時、姉・未知子さんが「ダウン症」と明かした。 「(母が)私と兄を産んだのは…、将来、母と父が亡くなった時に、みっちゃん(未知子さん)の面倒をみる人を産んだ」と説明。 物心ついた頃から姉の世話役が当たり前だと思って生きてきたといい、「『みっちゃんがいなかったら、産んでないから』って言われた」ことも明かした。 高嶋と兄・太郎さんは未知子さんを支えるため、「自立して、稼げるようにしなさい」「お金さえ稼げばお嫁に行っても肩身が狭くならないから」と教育された。 母の言葉には「めちゃめちゃ愛がある、それは分かるから」と子供なりに理解してきたという。 高嶋は番組放送前にインスタグラムを更新。 「どうせ苦情が来る前に言っておこう」と断って、テレビでの発言の真意を伝えた。 「母は私と太郎をダウン症の姉『みっちゃん』を支えるために産んだと言った件。 そんな事言われて最悪だ!と言う方もいるでしょうが、私にはそれが生き甲斐になったし、お陰でここまでやってこれたから、母には感謝だし、そんな事言われて傷付くような子供じゃ二人ともなかったから、だから母も言ったんだと思う。 うちの家族に近い人は、なんの違和感も感じなく受け入れられる言葉だから、それぞれ家族によって育て方って違うよね。 同じ事をを言われて傷つく子もいるだろうし。 」と記している。

次の

岩手・地方*自分らしく生きるを描くダウン症児ママりっきーさんのプロフィールページ

アメブロ ダウン症

岩手・地方*自分らしく生きるを描くダウン症児ママりっきー ダウン症の子育て歴8年。 現在、岩手県で義母と半同居しながら 8才、5才、3才の3人の娘を育てています。 ダウン症の長女を産む前は 一般会社で仕事をしていました。 結婚して主婦になり、 1年後出産したらその子はダウン症。 障がいの分野とは 全く関わりない世界に生きてきた私は 産後にたくさん自分を責めました。 「私のせいで」 「普通に産めなくて、ごめんね」 そんな罪悪感を抱えながら 必死に育てる中で、 「生きるって何?」 「何のために生まれてきた?」 「なぜこの子は私のもとに来た?」 と、人生そのものの意味を 考えるようになりました。 そんな時にもらった 母からのバースデーメール。 「夢に向かってがんばれ!」 夢?夢なんて…ない。 「私は何がしたいんだろう?」 そこから、自分と向き合うことを 少しずつ始めてきました。 当時2才だった娘は8才。 この6年間で、心理学 コーチング・アロマなどを 独学やセミナーで学びつつ カラーセラピーという 色のチカラを使って心と向き合う 手法に出会いました。 カラーセラピーのボトルは 14色のカラフルな色で それはまるで でっかい虹を見ているように 幸せな気持ちになれるもの。 引き込まれるように カラーセラピーのセラピストになり 色を使ったさまざまな手法で 自分の心と向き合うことをサポートしています。 「一番知りたいのに 一番分からないのは自分自身」 ではないですか? 私がアートを描いたり、 筆文字を描くことで 子どもたちも一緒に絵を描くようになり 気づけばいつもカラフルな絵が リビングにあふれる日々。 その色とりどりの色を見ているだけで 心は癒され、また子ども達もニコニコです。 私は何かが見えるとか スピリチュアルなチカラはありませんが 感覚的な力が強く イメージでフワフワしたものを 絵や言葉にするのが得意です。 その強みを活かして カラーの色のチカラと組み合わせながら オリジナルのセッションも行っています。 かつて、自己肯定感が低く 自分に自信がなく、自分が大嫌い。 いつも誰かと比べて 劣っていることを探して凹み、 だから私はダメなんだと 自分で自分にバツをつけていました。 それが、当たり前だと思ってた。 だけど、心理学・コーチング・アロマ そしてカラーセラピーを学ぶ中で それは当たり前ではない! と知ることができました。 「変われるもんなら、変わりたい!」 「自己肯定感、あげられるならあげたい!」 「生きたいように生きれるなら 私だって人生楽しめるようになりたい!」 そんな心の叫びを まずはキャッチすること、諦めないで。 「でも、どうせ私にはムリ」 「こんな私なんか」 そう頭で打ち消しても 心は叫び続けてるでしょ? それが、「本心」本当の声だから。 そこに気づいたなら、必ず変われる。 きっと、今より良い人生を楽しめる。 [2017年]TCカラーセラピー講座を終了し、 カラーセラピーのセラピストとして活動を開始。 [2018年10月] ダウン症の子のママ専門カウンセラーとして活動を開始。 [2019年4月]メルマガ りっきーレター を配信開始。 同時にLINE公式アカウントも、開始。 セミナー講師とコンサルタントとして活動。 最高月商70万達成。 [2019年7月]イラストレーターとしての活動も開始。 岩手県のFMラジオの取材を受ける。 [2019年10月] TCカラーセラピストのマスターセラピストとなる。 [2020年] 色と言葉で想いを描く「こといろマイアート」 アートを本格的に始める。 ワイルド直感アーティストとして 「想い」をカタチに、「未来」をアートに描いている。

次の

静岡 ダウン症児の将来を考える会

アメブロ ダウン症

バイオリニストの高嶋ちさ子(50)が15日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」(木曜、後9・00)に出演。 2017年8月に亡くなった母の子育てや、家族について語った。 ピアニストだった母・薫子さんは幼いころから高嶋に厳しすぎるほどバイオリンの指導をした。 坂上忍とのインタビューで、その理由について語り始めた時、姉・未知子さんが「ダウン症」と明かした。 「(母が)私と兄を産んだのは…、将来、母と父が亡くなった時に、みっちゃん(未知子さん)の面倒をみる人を産んだ」と説明。 物心ついた頃から姉の世話役が当たり前だと思って生きてきたといい、「『みっちゃんがいなかったら、産んでないから』って言われた」ことも明かした。 高嶋と兄・太郎さんは未知子さんを支えるため、「自立して、稼げるようにしなさい」「お金さえ稼げばお嫁に行っても肩身が狭くならないから」と教育された。 母の言葉には「めちゃめちゃ愛がある、それは分かるから」と子供なりに理解してきたという。 高嶋は番組放送前にインスタグラムを更新。 「どうせ苦情が来る前に言っておこう」と断って、テレビでの発言の真意を伝えた。 「母は私と太郎をダウン症の姉『みっちゃん』を支えるために産んだと言った件。 そんな事言われて最悪だ!と言う方もいるでしょうが、私にはそれが生き甲斐になったし、お陰でここまでやってこれたから、母には感謝だし、そんな事言われて傷付くような子供じゃ二人ともなかったから、だから母も言ったんだと思う。 うちの家族に近い人は、なんの違和感も感じなく受け入れられる言葉だから、それぞれ家族によって育て方って違うよね。 同じ事をを言われて傷つく子もいるだろうし。 」と記している。

次の