グランメゾン東京 ドラマ 出演者。 ドラマ「グランメゾン東京」見逃し動画配信で無料視聴│動画フル配信VOD無料視聴

『グランメゾン東京』及川光博と愛娘の“別れ” 視聴者の涙腺崩壊 /2019年12月2日 1ページ目

グランメゾン東京 ドラマ 出演者

見ている間、80、90年代のドラマ全盛期を彷彿とさせる感覚になった。 それ程までに夢中になった作品だった。 まずストーリーに関しては、言ってしまえば"ベタな話"ではある。 『落ちぶれた... 見ている間、80、90年代のドラマ全盛期を彷彿とさせる感覚になった。 それ程までに夢中になった作品だった。 まずストーリーに関しては、言ってしまえば"ベタな話"ではある。 『落ちぶれた主人公が再び成り上がる話』という分かりやすいテーマ。 ただ、その分かりやすさこそ、この作品の魅力だと思う。 そういう感覚になる理由の一つとして、出演者の存在がある。 主役の木村拓哉さんを筆頭に、集まっている演者が全て存在感に満ちていて、一人一人に魅力が溢れている。 この作品に関しては、役者ではなく、ドラマの登場人物として見てしまう自分がいた。 次に、演出も素晴らしく、シリアスな描写とコミカルな描写の緩急の付け方だけでなく、調理シーンの演出も実に食欲が刺激されるものになっており、見ていて飽きない作りになっていた。 要所要所に流れる音楽も素晴らしく、非の打ち所がないくらいだった。 強いて悪いところを書くとすれば、鈴木京香さん演じる早見倫子の母親の話に関しては、何のための設定だったのか気になる所。 ただ、そんな事は些細な事であり、気にする事じゃない。 大事なのは、誰でも分かるシナリオ、存在感のある役者、秀逸は演出と音楽、全てが素晴らしかった事! そして、今が90年代なら「ボナペティ」と尾花のあの腕の組み方は真似した人が多いだろう、という事。 あくまで個人の感想にはなるが、2019年で1番のドラマだったのは間違いない。 木村拓哉のかっこよさが詰まっていたうえに、鈴木京香さんや沢村一樹さんなど脇役を固める人達の演技、テロップ表示、素敵な料理のインサートなどどれをとっても最高! 中でも、主役であるキムタクと同じジャニーズ事務所の後輩である玉森くんにとっては、プレッシャーがすごかったと思う。 このドラマにおいて大きな柱となった「アレルギー物質混入事件」の犯人で、かつてのチームを解散させたきっかけでもあり、「グランメゾン東京」への最終合流メンバーとしての大役。 最後まで平古祥平が尾花夏樹の弟子として活躍する展開で、玉森くんは本当に最高の役に恵まれたと思うし、素晴らしい演技だった。 「グランメゾン東京」の料理を食べて涙を流すシーン。 リンダさんの涙が美しいしかっこよすぎる! 冨永さんだからこそ出せる凄み。 セリフを言わなくても顔だけでこの存在感はお見事としか言いようがない。 リンダが冨永愛さんでよかった! 尾花のラストのセリフ「俺たちでさぁ、世界中の星かっさらうってのどう?」 これはもう続編期待しちゃいます! 最後まで、秋ドラベスト10を決めきれなかったのは、この作品の最終回を待っていたがゆえ。 でも、ここまで待った甲斐がありました。 本当に完璧な、一流のドラマ!!料理、演出、脚本、撮影、役者、マ... 最後まで、秋ドラベスト10を決めきれなかったのは、この作品の最終回を待っていたがゆえ。 でも、ここまで待った甲斐がありました。 本当に完璧な、一流のドラマ!!料理、演出、脚本、撮影、役者、マジで一流。 見ていて胸が熱くなる気持ちよさ。 正直…キムタクに関していえば、僕は今までアンチであり、そこは拭いようがない事実。 何をやってもキムタクはキムタク…💨と常々思っているのですが…。 にも関わらず、そんなことどうだって良く、キムタクのその演技さえも、このドラマの一流たる所以となっていたすごいドラマ。 初回以来、このプロフェッショナルなドラマに釘づけになり、そんなアンチキムの私ですら、もう、キムタク抜きでは成り立たたなかったろう、圧巻ともいえる作品。 大人の事情をかかえながらも、三ツ星という巨大な目標に向かってゆく面々、行く手を阻むさまざまな難関。 その中に淡く芽生えるオッサンオバサンの恋、ゆっくりと雪どけの如く解消されてゆく誤解。 最後までブレない極上の料理。 もう、見応えがっちり、毎回が楽しみだった。 そんな大盛り上がりの中に迎えた最終回…これも最高の盛り上がりで終わった。 脇を固めながらも重要な役、尾上菊之助、冨永愛、中村アン、手塚とおる 若手ながらとてもナイスに演じた、吉谷彩子、寛一郎 素晴らしき四本の柱、玉森裕太、及川光博、沢村一樹、鈴木京香、とにかく素晴らしい! 拍手です。 秋ドラマでベストワン!! 「一回しか言わねえぞ。 祥平、グランメゾンに来い」 雷に打たれたような、胸をグッと鷲掴みにされたラストから一週間。 この言葉の続きを、私はずっと待っていた気がする。 祥平がグランメゾン東京に来る... 「一回しか言わねえぞ。 祥平、グランメゾンに来い」 雷に打たれたような、胸をグッと鷲掴みにされたラストから一週間。 この言葉の続きを、私はずっと待っていた気がする。 祥平がグランメゾン東京に来るチャンスは何度もあったが、その度にフラグは折られていた。 gakuオリジナルの漆黒の衣装も捨てがたい、とても捨てがたい。 でも私はずっと、祥平がグランメゾン東京に合流する日を待っていたのだ。 「グランメゾン東京」では、ミシュラン対策用の新メニューを考案する。 出来上がった一品は「キジバトのドゥミ・アンクルート」。 完成したのも束の間、尾花たちはリンダの洗礼を受けることになる。 尾花と祥平の間に流れる絶妙な緊張感は、現実でも事務所の先輩後輩関係にあたる木村拓哉と玉森裕太だからこそ生じるものだと思う。 特にこの関係性が効いているのは、後輩である玉森の方だ。 尾花はガチで祥平を指導するし、祥平はそれを全身全霊で受け止める。 ドラマでも現実世界でも変わらない木村との関係性が、玉森を「平古祥平」という役に一層のめり込ませているのだと思う。 前半に見せた静かな涙も、後半で感情を剥き出しに溢れ出した涙も、芝居を超えたガチのものだった。 この素晴らしきキャスティングに、今日ほど感謝した回はない。 祥平の加入が正式に決まり、涙を浮かべた京野は尾花に声をかけた。 「出来たな、最強のチーム」と。 それを受けた尾花が京野に何か返すことはなく、この時を待っていたと言わんばかりに天を仰いだ。 じわじわと涙が溜まった瞳の奥で、彼は一体、どんな光景を思い浮かべていたのだろう。 この尾花の姿に木村拓哉を重ねてしまったのは、私だけではないと思いたい。 最後の仲間を乗せた「グランメゾン東京」一行は、本来の目的へという意味で、ようやく門出の時を迎えた。 最高の仲間に、最高の料理。 三ツ星をとる準備は、できている。 毎回丁寧な作りだなぁと思います。 今回は、いつものような派手なお料理ではなかったですけど、 料理の音で美味しさがこちらにも伝わってくる感じでした。 ただ、お師匠さんが1回目のご来店の時... 毎回丁寧な作りだなぁと思います。 今回は、いつものような派手なお料理ではなかったですけど、 料理の音で美味しさがこちらにも伝わってくる感じでした。 ただ、お師匠さんが1回目のご来店の時に、 自分の味覚の事を伝えていないのに、いきなりあの言い方は、 どちらかというとお師匠さんが悪いなぁ・・・と感じて、 少しお話に入り込めなかったので、少し星を下げました。 知り合いにグランメゾン東京を勧めて、 「見たよ」と言われましたが、 「あんまり面白さが分からなかった」と言っていたので、 今回少しテンポや話の作り 視聴者への納得のされ方 が浅かったかな…と思いました。

次の

グランメゾン東京

グランメゾン東京 ドラマ 出演者

俳優の木村拓哉が主演を務めるドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話が1日に放送され、及川光博演じる相沢と、日本を発つ娘のアメリー(マノン)の別れのシーンに、「相沢さんの涙にさらに涙」「ヤバイ涙が止まらない」「これはね、涙腺崩壊します」など、感動の声が相次いでいる。 トップレストラン50の発表1週間前に、失踪していた相沢の妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が突然グランメゾン東京に現れた。 トップレストラン50でかつてエスコフィユが獲得した最高ランクである10位を超せなければ、アメリーをパリに連れて帰り、新しいパートナーと共に暮らすという。 戸惑う相沢だったが、尾花(木村)は「分かった」と了承する。 そんな中、アメリーが熱を出してしまう。 尾花はアメリーの大好物であるフランボワーズのゼリーを作るが、アメリーは食べようとしない。 しかし倫子(鈴木京香)がエリーゼの作ったライスプリンを差し出すと、アメリーは「ママのだ」と喜んで食べるのだった。 その姿を見た相沢は、「アメリーはエリーゼと一緒の方が幸せなのかな」とポツンとつぶやくのだが…。 視聴者からの反響が大きかったのが、相沢がエリーゼに自分の思いをぶつけるシーン。 相沢は自分の気持ちを押し殺し、「アメリーをパリに連れてってよ」「もっと料理がしたいんだ」と話す。 するとエリーゼが「本当は新しいパートナーなんていない」と告白。 相沢は「だったら三ッ星をとるまでパリで待っててくれないか」「10位を超えたらやり直してくれないかな、もう一度」と思いをぶつける。 SNS上では、「アメリーのことを思って身を引く相沢さんの強がりに全私が泣いた」などの書き込みで大盛り上がり。 視聴者の涙腺にトドメを刺したのが、相沢とアメリーの別れのシーン。 グランメゾン東京は10位に輝いたが、エリーゼはアメリーを連れてパリに帰ることに。 一度はバスに乗り込むアメリーだが、1人で降りてきて相沢に駆け寄り、「ママが『待ってるから』って」。 三ッ星を意味する三本指で「頑張ってね」と声をかけるアメリーに、相沢は号泣してしまう。 ネット上では「相沢さんの涙にさらに涙」「ヤバイ涙が止まらない」「これはね、涙腺崩壊しますわ」「号泣しすぎて嗚咽が止まんない」と感動の書き込みが相次いでいる。

次の

グランメゾン東京 無料動画|木村拓哉主演の三つ星レストランドラマ

グランメゾン東京 ドラマ 出演者

見ている間、80、90年代のドラマ全盛期を彷彿とさせる感覚になった。 それ程までに夢中になった作品だった。 まずストーリーに関しては、言ってしまえば"ベタな話"ではある。 『落ちぶれた... 見ている間、80、90年代のドラマ全盛期を彷彿とさせる感覚になった。 それ程までに夢中になった作品だった。 まずストーリーに関しては、言ってしまえば"ベタな話"ではある。 『落ちぶれた主人公が再び成り上がる話』という分かりやすいテーマ。 ただ、その分かりやすさこそ、この作品の魅力だと思う。 そういう感覚になる理由の一つとして、出演者の存在がある。 主役の木村拓哉さんを筆頭に、集まっている演者が全て存在感に満ちていて、一人一人に魅力が溢れている。 この作品に関しては、役者ではなく、ドラマの登場人物として見てしまう自分がいた。 次に、演出も素晴らしく、シリアスな描写とコミカルな描写の緩急の付け方だけでなく、調理シーンの演出も実に食欲が刺激されるものになっており、見ていて飽きない作りになっていた。 要所要所に流れる音楽も素晴らしく、非の打ち所がないくらいだった。 強いて悪いところを書くとすれば、鈴木京香さん演じる早見倫子の母親の話に関しては、何のための設定だったのか気になる所。 ただ、そんな事は些細な事であり、気にする事じゃない。 大事なのは、誰でも分かるシナリオ、存在感のある役者、秀逸は演出と音楽、全てが素晴らしかった事! そして、今が90年代なら「ボナペティ」と尾花のあの腕の組み方は真似した人が多いだろう、という事。 あくまで個人の感想にはなるが、2019年で1番のドラマだったのは間違いない。 木村拓哉のかっこよさが詰まっていたうえに、鈴木京香さんや沢村一樹さんなど脇役を固める人達の演技、テロップ表示、素敵な料理のインサートなどどれをとっても最高! 中でも、主役であるキムタクと同じジャニーズ事務所の後輩である玉森くんにとっては、プレッシャーがすごかったと思う。 このドラマにおいて大きな柱となった「アレルギー物質混入事件」の犯人で、かつてのチームを解散させたきっかけでもあり、「グランメゾン東京」への最終合流メンバーとしての大役。 最後まで平古祥平が尾花夏樹の弟子として活躍する展開で、玉森くんは本当に最高の役に恵まれたと思うし、素晴らしい演技だった。 「グランメゾン東京」の料理を食べて涙を流すシーン。 リンダさんの涙が美しいしかっこよすぎる! 冨永さんだからこそ出せる凄み。 セリフを言わなくても顔だけでこの存在感はお見事としか言いようがない。 リンダが冨永愛さんでよかった! 尾花のラストのセリフ「俺たちでさぁ、世界中の星かっさらうってのどう?」 これはもう続編期待しちゃいます! 最後まで、秋ドラベスト10を決めきれなかったのは、この作品の最終回を待っていたがゆえ。 でも、ここまで待った甲斐がありました。 本当に完璧な、一流のドラマ!!料理、演出、脚本、撮影、役者、マ... 最後まで、秋ドラベスト10を決めきれなかったのは、この作品の最終回を待っていたがゆえ。 でも、ここまで待った甲斐がありました。 本当に完璧な、一流のドラマ!!料理、演出、脚本、撮影、役者、マジで一流。 見ていて胸が熱くなる気持ちよさ。 正直…キムタクに関していえば、僕は今までアンチであり、そこは拭いようがない事実。 何をやってもキムタクはキムタク…💨と常々思っているのですが…。 にも関わらず、そんなことどうだって良く、キムタクのその演技さえも、このドラマの一流たる所以となっていたすごいドラマ。 初回以来、このプロフェッショナルなドラマに釘づけになり、そんなアンチキムの私ですら、もう、キムタク抜きでは成り立たたなかったろう、圧巻ともいえる作品。 大人の事情をかかえながらも、三ツ星という巨大な目標に向かってゆく面々、行く手を阻むさまざまな難関。 その中に淡く芽生えるオッサンオバサンの恋、ゆっくりと雪どけの如く解消されてゆく誤解。 最後までブレない極上の料理。 もう、見応えがっちり、毎回が楽しみだった。 そんな大盛り上がりの中に迎えた最終回…これも最高の盛り上がりで終わった。 脇を固めながらも重要な役、尾上菊之助、冨永愛、中村アン、手塚とおる 若手ながらとてもナイスに演じた、吉谷彩子、寛一郎 素晴らしき四本の柱、玉森裕太、及川光博、沢村一樹、鈴木京香、とにかく素晴らしい! 拍手です。 秋ドラマでベストワン!! 「一回しか言わねえぞ。 祥平、グランメゾンに来い」 雷に打たれたような、胸をグッと鷲掴みにされたラストから一週間。 この言葉の続きを、私はずっと待っていた気がする。 祥平がグランメゾン東京に来る... 「一回しか言わねえぞ。 祥平、グランメゾンに来い」 雷に打たれたような、胸をグッと鷲掴みにされたラストから一週間。 この言葉の続きを、私はずっと待っていた気がする。 祥平がグランメゾン東京に来るチャンスは何度もあったが、その度にフラグは折られていた。 gakuオリジナルの漆黒の衣装も捨てがたい、とても捨てがたい。 でも私はずっと、祥平がグランメゾン東京に合流する日を待っていたのだ。 「グランメゾン東京」では、ミシュラン対策用の新メニューを考案する。 出来上がった一品は「キジバトのドゥミ・アンクルート」。 完成したのも束の間、尾花たちはリンダの洗礼を受けることになる。 尾花と祥平の間に流れる絶妙な緊張感は、現実でも事務所の先輩後輩関係にあたる木村拓哉と玉森裕太だからこそ生じるものだと思う。 特にこの関係性が効いているのは、後輩である玉森の方だ。 尾花はガチで祥平を指導するし、祥平はそれを全身全霊で受け止める。 ドラマでも現実世界でも変わらない木村との関係性が、玉森を「平古祥平」という役に一層のめり込ませているのだと思う。 前半に見せた静かな涙も、後半で感情を剥き出しに溢れ出した涙も、芝居を超えたガチのものだった。 この素晴らしきキャスティングに、今日ほど感謝した回はない。 祥平の加入が正式に決まり、涙を浮かべた京野は尾花に声をかけた。 「出来たな、最強のチーム」と。 それを受けた尾花が京野に何か返すことはなく、この時を待っていたと言わんばかりに天を仰いだ。 じわじわと涙が溜まった瞳の奥で、彼は一体、どんな光景を思い浮かべていたのだろう。 この尾花の姿に木村拓哉を重ねてしまったのは、私だけではないと思いたい。 最後の仲間を乗せた「グランメゾン東京」一行は、本来の目的へという意味で、ようやく門出の時を迎えた。 最高の仲間に、最高の料理。 三ツ星をとる準備は、できている。 毎回丁寧な作りだなぁと思います。 今回は、いつものような派手なお料理ではなかったですけど、 料理の音で美味しさがこちらにも伝わってくる感じでした。 ただ、お師匠さんが1回目のご来店の時... 毎回丁寧な作りだなぁと思います。 今回は、いつものような派手なお料理ではなかったですけど、 料理の音で美味しさがこちらにも伝わってくる感じでした。 ただ、お師匠さんが1回目のご来店の時に、 自分の味覚の事を伝えていないのに、いきなりあの言い方は、 どちらかというとお師匠さんが悪いなぁ・・・と感じて、 少しお話に入り込めなかったので、少し星を下げました。 知り合いにグランメゾン東京を勧めて、 「見たよ」と言われましたが、 「あんまり面白さが分からなかった」と言っていたので、 今回少しテンポや話の作り 視聴者への納得のされ方 が浅かったかな…と思いました。

次の