アマゾンコロナ。 アマゾンは新型コロナウイルスの“特需”に「必需品」優先で対応するが、販売業者への影響は避けられない

アマゾン先住民も新型コロナ感染 外部の医師から感染か [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

アマゾンコロナ

同社は米CNET宛ての電子メールによる声明で、2人の解雇を認めた。 「雇用主の労働条件を批判するすべての従業員の権利を支持するが、今回のケースは、いずれの社内ポリシーに照らし合わせても全面的な免責を与えることはできない」「社内ポリシーに繰り返し違反したため、これらの従業員を解雇した」と、Amazonの広報担当者は述べた。 同社は米国時間4月14日、ミネソタ州の倉庫に勤務し、従業員デモの組織に関与したBashir Mohamedさんも解雇したことを認めた。 Mohamedさんの解雇については、が先に報じていた。 Amazonの広報を担当するKristen Kish氏は声明で、同社は従業員の抗議する権利を尊重し、認めるが、健康と安全性の問題を考慮する必要があると述べた。 「この個人は、不適切な言動と、ソーシャルディスタンシングのガイドラインに対する違反があり、度重なる懲戒処分を受けた結果として解雇された」と述べた。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

グーグル、アマゾンなどのデータセンター投資、新型コロナ契機に温度差 広告収益急減で一部投資先送り

アマゾンコロナ

ブラジル保健省は、少年が深刻な呼吸器合併症により、9日夜に死亡したと発表した。 アマゾンの熱帯雨林で孤立して暮らす先住民たちは、外界から持ち込まれた疫病に特に脆弱(ぜいじゃく)とされる。 ヤノマミの権利擁護団体「フトゥカラ協会()」は、死亡した少年が発症後「多くの」先住民と接触していたと述べた。 さらに、少年が呼吸器系の症状で最初に病院を訪れてから2週間以上、適切な診断を受けていなかったとし、「不十分な治療」が少年の死の原因になったと訴えた。 同団体は当局に対し、少年と接触した人々を追跡し、検査を受けるための支援を要請するとともに、先住民の土地にいる違法な金鉱労働者を取り締まるよう求めた。 同地では金鉱労働者が新型コロナウイルスを持ち込んだと考えられている。 ブラジルには推定80万人の先住民が300以上の部族に分かれて暮らしている。 ヤノマミはフェースペインティングや手の込んだ耳飾りで知られ、人口はおよそ2万7000人。 20世紀半ばまで外界との接触がほとんどなかったが、1970年代にはしかやマラリアの流行で壊滅的な被害を受けた。 c AFP.

次の

アマゾン、新型コロナで打撃の業者に販促機会 「プライムデー」9月に延期も、6月の特別セール計画中(1/2)

アマゾンコロナ

フェイスブックは投資減額 新型コロナによって、テレワークの導入拡大、さらに「巣ごもり」需要の拡大によってeコマースやビデオストリーミングサービスの視聴機会が増えたことで、米系大手が展開するサービスの多くが好調だ。 需要増に応えるべく、各社は積極的な設備投資を行う構えを見せており、結果として、これが足元の半導体需要につながっている。 具体的にはプロセッサーをはじめ、DRAM/NANDなどのメモリー需要を喚起している。 ただ、米系4社の足元の状況を見ると、一部では設備投資の先送りや抑制も出てきている。 大きな要因となっているのが、広告収益の急減だ。 欧米各国ではロックダウン(都市封鎖)に伴い企業活動が停滞。 これによって、広告の出稿量も大きく減少しており、フェイスブックは3月に入って、広告が急減したことを明かしている。 実際にフェイスブックは20年の設備投資(ファイナンスリース含む)について、当初計画の170億~190億ドルから、140億~160億ドル(中心値は前年比5%減)に引き下げるとしている。 ただ、設備投資そのものを抑制するわけではなく、21年へ期ずれするものだと言及している。 グーグルの親会社であるアルファベットも同様に3月から広告売り上げが急減したとコメント。 設備投資は前年比で減少する見通しだが、そのうち、テクニカルインフラと呼ばれるハードウエア関連は前年と同規模の水準になる見通しだ。 マイクロソフトは「Teams」が爆発的な伸び 一方で、アマゾン、マイクロソフトは足元のビジネスで追い風が吹いており、投資の手を緩めそうにない。 アマゾンの20年1~3月期における全社売上高は前年同期比26%増の754億ドルを記録。 主力のeコマースに加え、クラウドサービスのAWS(アマゾンウェブサービス)が同33%増、「Prime Video」などのサプスクリプションサービスが同29%増と高い伸びを示しており、新型コロナに伴う社会活動の変化をポジティブに受けることができている。 同社は年間の投資計画を明らかにしていないが、先行指標となるオペレーティングリースは1~3月期に前年同期比で21%増となっており、引き続き高い水準を維持している。 マイクロソフトもテレワーク/在宅勤務によって、コミュニケーションプラットフォーム「Teams」をはじめとする各種の「Office 365」サービスの利用が急拡大。 4月末の決算でTeamsのDAU(Daily Active User)数が7500万人を突破したと公表。 わずか1カ月半で利用者が1. 7倍に膨らんでいる。 さらにクラウドサービスの「Azure」部門の売上高も前年同期比59%増と大きな成長を見せている。 同社の1~3月期設備投資実績は前年比15%増の39億ドル。 ただ、部品調達の混乱から当初計画を下回ったとしており、その反動から4~6月期は前四半期比で大幅な増加となる見込み。 電子デバイス産業新聞 副編集長 稲葉 雅巳 参考記事.

次の