車 ナンバー 30k。 ナンバープレート情報局・管轄地図・大阪府

「外」「領」と書かれた青色のナンバープレートの正体は…外交官ナンバー!捕まらないってホント?

車 ナンバー 30k

たまに見かける「外」「領」等が書いてある青色に白文字のナンバープレートって何? 初めて見た 京都にも外交官ナンバーの車が走ってることあるやな — 綾鷹 TMTT0510 車に取り付けられているナンバープレートは、ほとんどが「 白地に緑の文字」または「 黄色時に黒の文字」ですよね。 その他にも「緑地に白の文字」や「黒地に黄色の文字」など様々なナンバープレートが存在しています。 ですが、ごく稀に 『青地に白の文字』のナンバープレートを見かけることないですか? これは 「外交官ナンバー」と呼ばれたり、 「外ナンバー」や「ブルーナンバー」などとも呼ばれたりします。 外交官の車両に取り付けられ、外務省から発行されているものを「外交官ナンバー」と言います。 例えば、アメリカ合衆国の大統領が日本を訪問した際に使用される大統領専用車両にこの外交官ナンバーが取り付けられていますね。 外交官車両の青色ナンバープレートには4つの種類がある! 大使館周辺では、この外交官ナンバーをよく見かけます。 では、外交官ナンバーにはどんな種類があるのか、また、数字はどのような意味を表しているのか見ていきましょう。 特命全権大使とは、外国に駐在して駐在大使館の代表として国家交渉(外交)や自国民の保護を行う人です。 【外】の文字のみ…大使館員の公用車につけられるナンバー 「外」の文字のみ表示されているものは、大使館員の移動に使われる公用車に取り付けられています。 特命全権大使の車両を区別するために用いられています。 【領】の文字…領事館員の公用車につけられるナンバー 「外」ではなく 「領」の文字が表示されているものは、領事館員の公用車に取り付けられます。 【代】の文字…通商代表部の公用車につけられるナンバー 「代」という文字が表示されているものもあるようです。 通商代表部という、貿易を担当する部署の公用車に取り付けられます。 参考: 青色の外交官ナンバープレートに記されている数字で所属国がわかる! 外交官ナンバーに表示されている数字には、意味があります。 私たちが所有する車につけているナンバープレートとは違い、 数字を見ただけで所属国が分かるようになっています。 例えば以下の表のように、 ナンバープレートの最初の2桁の数字をみるとどこの国の外交官ナンバーなのかを認識することができます。 88 セルビア共和国 Serbia 90 バングラディッシュ Bangladesh 91 中国 China 94 スロベニア Slovenia 96 モンゴル Mongolia 105 オマーン Oman 111 カンボジア Cambodia 113 シリア Syria 115 ミクロネシア Micronesia 116 モーリタニア Mauritania 120 ジャマイカ Jamaica 122 クロアチア Croatia 126 ウガンダ Uganda 127 ウクライナ Ukraine 128 ベラルーシ Belarus 130 ウズベキスタン Uzbekistan 133 エストニア Estonia 139 マリ Mali 145 アゼルバイジャン Azerbaijan 146 アルバニア Albania 148 ティモール Timor-Leste 152 ジョージア(グルジア) Georgia 155 トーゴ Togolese 参考: 参考: 外交官車両の青ナンバーの車は外交特権で駐禁も事故も逮捕されない? 外交官ナンバーの車は、私たちと同じ公道を走行しますから、絶対に事故に遭わないとは限りません。 ですが、 外交官は外交特権で日本国の法律が適応対象外となっています。 では、外交官ナンバーの車両を事故を起こしてしまったらどうなってしまうのでしょうか。 もし交通事故を起こしてしまったらどうなる?事故を起こしてしまった時の、被害請求などは? 結論から言いますと、 外交官ナンバーの車と事故を起こし相手に過失がある場合、被害の弁償はしてもらうことができます。 車が凹んだり、傷ついたりした場合は、修理してもらえるということです。 以前までは、外交官ナンバーを事故を起こしてしまっても、外交特権があるため被害者が泣き寝入りするしかありませんでした。 ですがこのような事故が多く発生したため、 外交官ナンバーを取得するには任意保険の加入が義務付けられるようになりました。 ですから、外交官ナンバーの車はすべて任意保険に加入しているので、相手がどんな国でも保険会社に修理費用などを請求することができます。 ですが、 事故を起こした相手に対しての刑事責任は問えません。 相手を逮捕して、裁判を起こし訴えることはできないのです。 これは『ウィーン条約』によって規定されているため、身柄を拘束することもできないこととなっています。 <29条> 外交官の身体は、不可侵とする。 外交官は、いかなる方法によつても抑留し又は拘禁することができない。 接受国は、相応な敬意をもつて外交官を待遇し、かつ、外交官の身体、自由又は尊厳に対するいかなる侵害をも防止するためすべての適当な措置を執らなければならない。 <31条> 外交官は、接受国の刑事裁判権からの免除を享有する。 外交官は、また、次の訴訟の場合を除くほか、民事裁判権及び行政裁判権からの免除を享有する。

次の

英字入りナンバープレート登場 全国初は「練馬」 希望ナンバー制で枯渇したものから順次

車 ナンバー 30k

乗用車のナンバープレートに、アルファベット(英字)が入り始めました。 ナンバープレートの上段(右)に記される「分類番号」に、アルファベットが使われます。 アルファベット入りのナンバーが導入された理由は、手数料を支払えば大きく記される4桁の番号を好きな数字にできる「希望ナンバー制」で、人気が集中している一部の番号を使い果たしたからです。 一度使ったクルマのナンバープレートは、車両の特定にナンバープレートを使うなどの理由から再度使われることはありません。 そのため人気の数字が払底してしまう問題は以前から指摘されていました。 しかし分類番号へのアルファベットの導入によって、今後も利用者に希望のナンバーを提供できるようになりました。 国土交通省によると2018年1月に東京で初めて交付され、次いで神奈川や愛知で交付されています。 普通乗用車ですでに払底している番号は、いずれも3から始まる分類番号(3ナンバーの乗用車)の練馬の「…8」、横浜の「8000」などです。 名古屋の「…1」も人気が高く、分類番号とひらがなを使い切りました。 新制度が導入された後でも、番号が払底していなければ3桁とも数字の分類番号のままで交付されます。 アルファベット導入の方法とは? クルマのナンバープレートは、地名(クルマが登録された運輸支局などを表す文字や使用本拠の地理的名称)、ひらがな(事業用、自家用などの区別のための表示)、数字(一連指定番号)などで構成され、そのクルマが自動車登録ファイルに登録されていたり、クルマが検査を受け、安全性や公害防止の観点から保安基準に適合していることを表すものです。 分類番号は地名の横にある3桁の数字で、クルマの種別や用途を知ることができます。 アルファベットは分類番号の下2桁で使用でき、「30A」や「3AC」「5FH」などと表記されます。 利用者が希望のアルファベットを選ぶことはできません(2018年7月時点)。 使用されるアルファベットは、A、C、F、H、K、L、M、P、X、Yの10文字です。 国土交通省によると、希望ナンバーの払底回避のため、これまでいろいろな案が検討されてきました。 「ナンバープレートのひらがな部分をカタカナやアルファベットに変更する」「4桁の一連番号を5桁にする」などの案もありましたが、比較的容易に実施できる分類番号の変更が採用されました。 分類番号の先頭の数字はクルマの用途や大きさが分かるため、そのまま残されることになりました。 なお、軽自動車検査協会によると、軽自動車も2019年1月1日から分類番号が払底し次第、順次アルファベットを導入する予定です。

次の

ナンバープレートの色や番号の種類を解説!黒いナンバーはどんな車?

車 ナンバー 30k

日本のナンバープレートは、地域名・分類番号・ひらがな・一連指定番号で構成される。 日本におけるナンバープレートは一見、昔から大きく変わっていないように見えるものの、実はなんども制度が変更されてきた。 過去、昭和20年代には横長の欧州のナンバープレートのような形で発行されことがあるものの、昭和30年代には現在とほぼ同じ形に統一されている。 8mm)。 さてここ最近、このナンバーに変化があったことを知っている人も多いだろう。 ナンバープレートのニュースとしてもうひとつ挙げられるのが、「分類番号へのローマ字の導入」だ。 下の画像、赤の下線部「分類番号」の3桁のうち、下ふた桁にローマ字を表記できるようにするものである。 これは2017年1月に国土交通省が施行したもので、2018年1月から実際にナンバー交付されている。 画像加工により制作した架空の番号。 「N」は存在しません。 なぜこんな制度が必要になったのかといえば、1999年にはじまった希望番号制度の普及により、いくつかの数字に人気が集中したからだ。 誕生日や記念日などに由来する数字であればまだ在庫に余裕はあるようだが、地域によって「・・・1」や「・・・8」など抽選となる数字で事態は切迫していた。 そこでアルファベット26文字の中から「A」や「C」、「F」など10文字を選択、分類番号の下ふた桁に導入できるように制度を変更。 ちなみに、B(ビー)やI(アイ)、O(オー)など16文字のアルファベットは、数字と混同する恐れもあるため欠番となっている。 導入されたアルファベット10文字 A C F H K L M P X Y この分類番号を指定することはもちろんできないのだが、時期を見計らって希望の番号を獲得することはできるのかもしれない。 そこで、車種名やエンジンの型式などクルマ関連でなにかいい文字列はないか、思い巡られてみた……。 しかし、4AGや13Bなどは論外だし、32Rや33Zも組み合わせ不可だ。 頭文字を「3」か「5」に限定した3桁で、さらにアルファベットを入れるとなると意外にも思い当たらないものである。 とはいえ、ナンバープレート発行元を混乱させないためにも、こうした小細工はしないほうが良さそうだ。

次の