小学生 お年玉 相場。 小学生のお小遣いの平均と相場はどれくらい?【賢い管理法と与え方】

お年玉2020年の平均相場一覧【小学生・中学生・高校生・大学生】

小学生 お年玉 相場

この記事の目次• 小学生のお年玉の相場はいくら? お年玉は子供たちが楽しみにしているお正月のイベントですが、少なすぎても多すぎてもいけません。 親戚同士が集うお正月なので、身内の子供たちにお年玉をあげるという人は多いはずです。 ただ、あげる人数が多いからとお年玉をケチってしまっては、子供たちから不満の声が上がるだけでなくその親からも白い目で見られてしまいます。 反対に、他の親戚よりも高額なお年玉を渡してしまうと、これもまた周りから冷ややかな目を向けられてしまいます。 そのため、お年玉の金額は、あげる相手に合わせた相場を知っておくと安心です。 小学生の相場 1年生~3年生(低学年):1000円~3000円 4年生~6年生(高学年):3000円~5000円 小学生のお年玉の相場は低学年と高学年で金額が変わってきます。 小学生でも1年生~3年生頃までは基本的に金額を抑えて、多くても3000円くらいを目安に渡す人がほとんどとなります。 低学年頃は子供ひとりでお金を使う機会が少なく、また親に預けるという場合が一般的なので形程度のお年玉が適正金額となっています。 一方、小学生でも4年生~6年生の高学年になると、ひとりでお金を使う機会も増えてきます。 子供の行動範囲が広がり、お金の使い方が理解できるようになると、その分お年玉も増額する傾向にあります。 高学年のお年玉は3000円以内に収める人もいますが、近年は増額傾向にあり3000円~5000円の範囲で金額を設定している人が多くなっています。 小学生でも高学年は割高 小学1年生~2年生の相場を見ると、1000円~2000円前後の金額が大半となります。 そして、学年が上がるごとに増額していき、3年生~4年生では3000円程度の金額が最も多くなります。 小学生でも5年生~6年生の高学年になると、3000円~5000円ともう少し金額を上げる場合もあります。 この金額の設定方法は、 ・相手との親密度や交流の頻度 ・親戚間の暗黙のルールにそって ・あげる相手が複数いる場合はバランスを考えて などによって最終的に決めることになります。 親戚に子供が多い場合は、親同士で話し合って高学年でも少し価格を下げることもあります。 また、親族でお金のトラブルがないように、小学生の間は一律3000円などと設定するケースも少なくありません。 そのため、このようにお年玉のルールがあるときは、できるだけその金額に合わせることが大切となります。 友人の子供など、たまたま今年はあげる機会があるという場合は、親が気にならないような金額を包むと良いでしょう。 高学年の子供に渡す場合でもあまり多く入れると、相手の親が萎縮してしまうことがあります。 友人との親密度にもよりますが、この場合は3000円程度を目安にすると安心です。 入学と卒業の年は要注意! お年玉の相場は低学年で1000円~3000円、高学年で3000円~5000円となっていますが、入学や卒業の年にあたる時期は注意が必要です。 高学年でも6年生にあたる年は小学卒業と中学入学を控えているために、お年玉にお祝いを含めた金額を渡すようにしましょう。 頻繁に会う機会がある親族であればお年玉と一緒にする必要はありませんが、お正月とお盆くらいにしか顔を合わせる機会がない場合は卒業・入学祝を別で行うのが難しくなります。 そのため、お祝いをする必要がある関係であるときは、お正月のお年玉にお祝い金を含めるとスムーズです。 入学祝いなどの相場は兄弟の子供で1万円、親戚の子供で5000円~1万円程度となっています。 お年玉に含める場合は、お年玉+お祝い金で1万円くらいを目安に考えるといいでしょう。 もちろん、お祝い金は卒業入学シーズンの3月、4月に渡すことができればベストですが、時期よりも渡すことが最も重要になります。 次に会う予定がないときはお年玉とタイミングを合わせて渡しておくと失礼がありません。 渡すときは間違えがないように事前に学年を確認し、必ず卒業祝いと入学祝いを合わせていることを子供と親に伝えます。 また、いつものお年玉よりも特別感を演出するために、ポチ袋ではなく祝儀袋を活用するとお祝いの気持ちがより伝わりやすくなります。 ちなみに、入学祝いなどは一般的に小学校からはじめることが多くなっています。 幼稚園の入学祝いはどちらでも構いませんが、親戚間で渡す習慣があるときは一緒に参加するとトラブルになりません。 小学生以外のお年玉の相場 小学生のお年玉の相場は一般的に3000円程度ですが、未就学児や中学、高校生の場合も年齢によって相場が異なります。 未就学児の場合は500円~1000円くらいが相場となっていますが、最近では硬貨を入れる人が少ないので、ほとんどの人が1000円に設定していると考えて良いでしょう。 中学生になるとひとりでお金を使う機会が増え、お小遣いで好きなものを購入している子供もいます。 そのため、お年玉の相場は小学生よりも大きくなり5000円が目安になります。 高校生になると5000円~1万円とさらに金額がアップします。 大学生になるとお年玉の扱いはその時々で異なります。 自分が大学生時代にもらっていたのならあげる場合もありますし、親戚間で渡す風習があれば自分だけ渡さないのも違和感があります。 反対に、大学に通わずにすでに社会人になっている場合は、お年玉を渡す必要はなくなります。 大学生に渡す場合は最低5000円以上、相場は1万円と高校生よりも高くなります。 意外と知らないお年玉のマナー お正月の風習として何気なく渡しているお年玉ですが、実はマナーがあることをご存知でしょうか。 親族の間で恥ずかしい思いをしないように、基本的なマナーをチェックしておきましょう。 お金の入れ方 お札を折ってポチ袋に入れるときは、肖像が内側になるように左から三つ折りにします。 取り出して広げたときに表が上を向くようにポチ袋に入れましょう。 硬貨を入れるときは、表が上になるように入れます。 製造年月が記載されている面が裏面になります。 4のつく数字は避ける お年玉は基本的には金額の設定は自由です。 ただ、正式なマナーを考えると「4」が含まれる数字は縁起が悪いと言われているため、400円や4000円などは避けた方が良いでしょう。 伝統的な家柄であると気になる人もいるので、注意しておくと安心です。 ポチ袋への名前の書き方 ポチ袋には相手と自分の名前を書くのが基本的なマナーです。 相手の名前は表面に、自分の名前は裏面に書きます。 最近はポチ袋に名前記入欄が設けられているものが多いので、書く場所が準備されているときはそれにそって書いていきましょう。 急いで準備をしているとうっかり忘れてしまうことがありますが、相手に自分からのお年玉と伝わるように必ずチェックしておきたいポイントです。 小学生が喜ぶお年玉アイデア お年玉は金額だけでなく、遊び心や工夫を加えることでさらに素敵な楽しみになります。 特に小学生は感性が豊かなので、お金と一緒にサプライズをプラスすることでさらに喜んでくれます。 縁起の良い語呂合わせ お祝いのお正月の席なので、せっかくならお年玉も縁起の良い語呂合わせの数字を取り入れてみましょう。 お年玉に人気の4桁の数字は次のようになっています。 ・1181円 人一倍 ・1426円 一心不乱 ・2111円 随一 ・2525円 にこにこ ・2951円 福こい ・3101円 幸い ・3150円 最高 ・4016円 スマイル ・4651円 喜び ・8080円 はればれ ・7788円、7878円 ラッキーセブンと末広がり ・9674円 苦労なし 小学生の低学年や高学年の相場で考えると、2951円(福こい)や3101円(幸い)がぴったりです。 また、勉強を頑張ってほしいとの想いから1181円(人一倍)や1426円(一心不乱)の金額を贈る方もいます。 高校生や大学生には将来への気持ちを込めて、8080円(はればれ)や9674円(苦労なし)などもおすすめとなっています。 7と8の数字は縁起が良いので、お祝いごとなどに取り入れても良いですね。 お正月遊びと織り交ぜて 親戚がたくさん集まるならお正月遊びと織り交ぜながら、お年玉を配っても楽しめます。 ゲームに参加した子供たちにご褒美としてお年玉を渡すと、目をキラキラさせながら盛り上がってくれます。 また、普段はあまり一緒に遊ぶことがない大人と子供たちが参加することで、コミュニケーションを深めることもできます。 お年寄りから小学生まで一緒にできるお正月遊びは、室内で楽しめる「かるた」がおすすめです。 かるたがないときはトランプでも良いですね。 カードゲームは人数制限がなくシンプルなルールが多いので、誰でも気軽に参加ができます。 トランプならババ抜きや神経衰弱がおすすめです。 小学生の低学年くらいでも参加しやすいので、ぜひ遊んでみましょう。 ゲームのご褒美としてのお年玉の渡し方は、ハズレがないように気配りを取り入れることが大切です。 勝った人だけにご褒美を取り入れると、ゲームに強い人だけしかお年玉をもらえません。 お正月の遊びはみんなで楽しむことがメインになるので、終わった後に残念な気持ちになる人が出ないように全員にお年玉を配るための配慮を取り入れてくださいね。 お年玉は親族の相場を参考に 小学生のお年玉の相場は3000円前後、高学年になると3000円~5000円と少し金額が大きくなります。 基本的な相場がわかるとお正月までに悩むことなく準備が進められますね。 地域の相場の確認はもちろん大切ですが、親戚間の相場を把握しておくことはもっと重要です。 親族で暗黙のルールがある場合や地域の相場よりも高い、低いなどがあるときは、親戚間の風習に合わせるようにしましょう。 お年玉は子供にあげる「気持ち」でもありますが、大人同士の関係にもつながります。 お金のトラブルは後々に関わるものなので、迷ったときは親戚同士のやり取りをリサーチすると安心です。 また、お年玉と同様に卒業・入学祝いも忘れてはいけません。 親戚の中に高学年に差しかかる子供がいる場合は早めに確認を行い、卒業の年であるときは一緒にお祝いを贈るようにしてみてください。 相手に失礼がないことと、気持ちを贈ることがお年玉やお祝いのポイントです。 マナーやルールを守って気持ち良くやり取りを行っていきましょう。

次の

小学生のお年玉の相場はいくら!?低・中・高学年で相場は変わる?

小学生 お年玉 相場

新しい年を迎え、新たな気持ちで身が引き締まるお正月。 そんな新年早々頭を悩ませる問題が お年玉 この お年玉の相場で悩んだことはないでしょうか。 小学生の子供だけどもう高学年になるし、いくらあげたらいいんだろう?• あの親戚の家って確か子供が小学生になったって言ってたけど、1000円くらい渡したら大丈夫かな?• 今年から中学生になった親戚がいたけど、他の親戚はいくら渡してるんだろう? いろいろお年玉の金額で悩む事ってありますよね。 そんな悩ましいお年玉の相場ですが、やはり学年によってだいぶその状況が変わってきます。 そこで今回は、 お年玉の相場について、小学生、中学生、高校生。 そして、 大学生や小学生以下から 赤ちゃんの場合や、 姪や甥、孫や遠い親戚など、相手との関係性も含めてまとめました。 一般的にお年玉ってどのくらい渡したらいいものなのか。 そのお年玉事情のいろんな意見をまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。 お年玉を渡すのか渡さないのか。 ということの意見がぼちぼち出てくるようですね。 あまり際限なく上げていると大きな出費にもなりますし、ある程度の区切りは必要かなと思います。 小学生、中学生の時とは違って、高校生からアルバイトを始める人もいますよね。 そんな子供は自分で稼ぐ能力があるし、お金の大切さをわかっているから、お年玉は上げないといった家庭も少しずつ出始めるようです。 ただ、そうはいっても学生の間(高校生まで)はお年玉を上げるという意見は多いようで、またいろいろお金も必要になってくる時期なので、5000円くらいは必要でしょうね。 お年玉の相場は大学生でいくら? 大学生になるとお年玉の相場はどのくらいになるのか。 ここまでくると、 この親戚へのお年玉の相場では、本当にいろんな意見に分かれます。 そのいくつかの意見をピックアップしてまとめてみました。 親戚関係に渡すお年玉の相場について お年玉の相場:親戚の小学生以下の子供へ• 赤ちゃんには絵本やおもちゃを買ってあげる• 3歳くらいになったら、教育上の問題で一応お母さんにお年玉を渡してもいいか尋ねて1000円くらいを上げる。 小学生になっていないので渡す必要はない。 親戚一同で小学生以下は渡さないと統一する。 親戚一同で小学生以下は1000円あげると統一する。 自分の子供がもらっていたのなら、必ずお返しの意味でもあげる。 関係の深い家族にはお年玉をあげる• あそこの家族は1人2000円くれたけど、あの家族は1000円だった。 うちは3000円渡したのに、あの家は1000円しかくれなかった。 このように、お年玉の額でわだかまりができないとも限りません。 ですので、こういったことが起こらないように、あらかじめ額を決めておくとか、親せきどおしでお年玉の調整をするのがいいのかもしれません。 私の場合ですが、小学生の時はすべての親戚が1000円でした。 統一していたのかどうかわかりませんが、わかりやすいと思います。 お年玉の相場:親戚の中学生の子供へ• 中学生には5000円くらいがキリがいい。 親戚だと3000円は渡す。 親戚どおしで一律2000円に統一する。 小学生と同じで1000円に統一する。 甥や姪には5000円渡す。 孫には1万円渡す。 中学生あたりからお年玉の相場もグンと上がってきますが、遠い親戚の子供に5000円もあげていると、親せきの多い家は大変になってしまいます。 なので、ここでも親戚どおしの統一はある程度しておいた方がいいかもしれません。 ただ、やはり姪や甥、孫といった関係性が深い場合は、多少大きな金額になることもあるでしょう。 あまり負担にならない程度で渡してあげたいですね。 スポンサードリンク お年玉の相場:親戚の高校生の子供へ• 高校生にはお年玉を渡さない。 親戚だと3000円は渡す。 親戚どおしで一律2000円に統一する。 甥や姪には5000~1万円渡す。 孫には1万円以上渡す。 お年玉を必ず渡すというのは中学生くらいまででしょうか。 高校生になるとお年玉を渡さないといった意見も増えてくる年齢になります。 ただ、姪や甥、孫といった関係性が深い場合は、お年玉を渡す場合はぐっと高額になる傾向が高いようですね。 その場合、1万円上げるといった意見が非常に多いように思います。 お年玉の相場:親戚の大学生の子供へ• 大学生にはお年玉を渡さない。 親戚だと5000円は渡す。 甥や姪には1万円渡す。 孫には1万円以上渡す。 ここまでくると、親戚でお年玉をあげる人は少なくなります。 姪や甥、孫などにはあげるくらいですね。 両親でもあげない家庭が徐々に多くなっているので、もうこの年齢でお年玉を上げるというのは気持ちの問題ですね。 やっぱり、何歳から何歳までお年玉を上げるのかというのは、どこかで線引きが必要だと思います。 みんなどんな感じでお年玉を渡しているのか、別の記事で渡す年齢についてまとめたので、こちらもよかったら読んでみてください。 参考ページ あとがき お年玉の相場について、小学生、中学生、高校生。 そして、大学生や小学生以下から赤ちゃんの場合や、姪や甥、孫や遠い親戚など、相手との関係性も含めてまとめましたがいかがでしたか。 お年玉の相場は年齢が上げるにつれて上がっていきますが、ピークは高校生あたりで迎えます。 中学生や高校生になると、あまり少ない金額だと不満にも思われるし、かといってあげすぎても甘えになるので、5000円や1万円といったきりのいい金額が妥当なんだと思います。 また、子供との関係性もお年玉の金額に影響するので、そのあたりも考慮して金額を決めてください。 そんな正月を迎えるにあたって正月飾りやお年玉の準備などいろいろ忙しくなると思います。 正月は飾りやお年玉などでいろいろと悩みもありますよね。 楽しく正しいお正月を迎えるために知っておきたいマメ知識やマナーなど、たくさんの記事をこちらでまとめています。

次の

お年玉の小学生の相場!孫・甥・姪等の場合や地域差、使い道も解説

小学生 お年玉 相場

お年玉の相場とは いざお年玉をあげようと考えたとき、気になるのはその金額ですよね。 お年玉は1回きりでなく毎年あげるものなので、計画的に考えたいものです。 基本的にお年玉は子供の年齢に比例して金額も上がっていくことになりますので、最初に高くしすぎるとあとで苦しくなってしまいますよね。 各年齢・学年ごとに、以下のような意見があります。 お年玉の相場 幼稚園の場合 こんな意見があります。 幼稚園で500円• 小学生までの子供には1000円• 園児2000円• 幼少は1000円~2000円• 就学前~小学校低学年は1000円• お金よりもおもちゃ又は1000円• 3000円程度のおもちゃ 金額は 500円~3000円くらいで、 1000円が多いです。 また、 おもちゃを贈るかたも多いようです。 幼児の場合はお金よりおもちゃやお菓子の方が嬉しいかもしれないですね。 この場合は小学校からお金をあげるようです。 赤ちゃんのころに10000円をあげるという方もいますが、その場合は子供でなく親へ渡すことになりますね。 大きくなってから子供へ渡すか、子供名義の口座へ貯金するか、ベビー用品の購入にあてるか、いろいろだと思います。 お年玉の相場 小学生の場合 こんな意見があります。 就学前~小学校低学年が1000円、小学校高学年が2000円• 小学3年生まで1000円、6年生まで2000円• 小学校低学年までは1000円、高学年で3000円• 小学生2000円• 小学生3000円• 小学校低学年までは2000円• 小学生高学年が2000円• 高学年3000円• 我が家では中学生までは3000円• 小学校低学年で3000円、高学年で5000円• 今五年生ですが、小学校1年からずっと3000円ですね。 小学1年生が千円、2年生が2000円、3年生が3000円として4~6年生も3000円• 小学3年生が5000円• 小学生、中学生は5000• 小学校1・2・3年5000円、4・5・6年10000円 金額は概ね 1000円~5000円くらいで、 3000円という意見が多いです。 学年で分けると、 低学年が1000円~3000円、 高学年が2000円~5000円、になります。 少数ですが10000円という方もいるようです。 低学年で5000円、高学年で10000円のようです。 お金を理解する年齢になると、毎年増えていくのは楽しみですよね。 ですがこの場合、3年生の9歳で9000円・・・ちょっと高めかもしれないですね。 お年玉の相場 中学生の場合 こんな意見があります。 我が家では中学生までは3000円• 中学生4000円• 中学生5000円• 双子ですし5000円ずつ• 中学1年生で10000円• 中学校で10000円• 1000~10000• 中学生20000円• 25000円 金額は 3000円~10000円くらいで、 5000円という意見が多いです。 中には少数ですが、20000円や25000円という意見もあります。 小学生から中学生まで金額が同じという方も結構いるようですが、多くの方は小学生より金額を上げています。 また、双子に5000円ずつあげているという方もいます。 だんだんと懐も厳しくなってきますね。 中高生5000円• 高校生5000円• 高校生8000円• 高校生10000円• 中学生と高校生は10000円• 高・大学生10000円• 中学・高校生20000円• 高校生30000円 金額は 5000円~10000円くらいで、 5000円という意見が多いです。 また、10000円という意見も結構多いです。 中には、20000円や30000円という方もいます。 中学生といっしょの方や、大学生といっしょの方もいます。 中学生の相場とあまり変わらない気もしますが、中学生と比べて10000円の方が多いです。 お年玉の相場 大学生の場合 こんな意見があります。 大学生10000円• 高・大学生で10000円• 大学生30000円• 大学生は20000円から30000円のプリペイドカード• 大学生以上は無し 金額は 10000円~30000円くらいで、 10000円という意見が多いです。 中には、プリペイドカードで渡すという方もいるようです。 また、大学生以上のお年玉は無し、という方も結構います。 アルバイトをするからなのでしょうか。 まとめ お年玉の相場をまとめると、• 幼稚園 最多: 1000円、範囲: 500円 ~ 3000円• 小学生 最多: 3000円、範囲: 1000円 ~ 5000円• 中学生 最多: 5000円、範囲: 3000円 ~ 10000円• 高校生 最多: 5000円、範囲: 5000円 ~ 10000円• 大学生 最多:10000円、範囲:10000円 ~ 30000円 という感じになります。 お年玉は小学校から、という方や、高校卒業でお年玉は終わり、という方もいます。 長くなってしまったので、金額を決めた理由については次回書きます。 お年玉の金額の参考になれば幸いです。

次の