創価 学会 霊園。 創価学会から買った未使用の墓を売却できますか?

大分県「創価学会」の霊園・墓地の一覧

創価 学会 霊園

桜冠の道 当墓園では、観桜を目的とした観光ツアーバスや各施設等でバスを利用される場合には「入園証」を発行しています。 受付は4月から開始致します。 「入園証」は、観桜期間中に混雑が予想されるため、団体で来園されるバス等の掌握と混雑時の車両の整理・誘導にご協力をいただくために行っています。 つきましては、「団体バス利用 入園申込」をご記入の上、当墓園までファックス、郵送、窓口への提出にてお申し込みください。 内容を確認の上、「入園証」を発行し、ファックスか郵送にて送らせていただきます。 なお、「車で入園する際の確認事項」「入園する皆様へ(申し送り事項)」「園内案内図(全体)」「園内案内図(記念広場周辺)」もご確認の上、ご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い致します。 創価学会 戸田記念墓地公園事務局 〒061-3523 北海道石狩市厚田区望来327番地 電話0133-77-2321(代) FAX 0133-77-2330 広大な敷地を誇る園内には、約8000本の桜が織りなす絶景のポイントが多数あります。 特に人気のスポットとして、全長200㍍にわたり見事な桜のトンネルを形作るA区「桜冠(おうかん)の道」。 全長400㍍、高く伸びた桜並木の景観が見る人を魅了するC区「桜花(おうか)の道」。 また、園内奥のH・I区では、幹線道路沿いの両脇に咲く桜と、その彼方に広がる日本海や雪化粧した手稲山、余市岳などの山並みが、素晴らしい風景を作り出してくれます。 詳しくは「戸田墓園の桜 絶景スポット」をご覧ください。 園内の「桜見学おススメコース」をご紹介。 不可能を可能にした厚田の桜 池田先生を人生の師匠と決めた佐々木さんは、「戸田先生を顕彰する意義も込めて造られる戸田記念墓地公園を、戸田先生が大好きだったソメイヨシノの桜で荘厳したい」、との池田先生の願いを聞いて奮(ふる)い立ちました。 植栽に当たって、佐々木さんは日本中の桜の専門家や植物学者を訪ねて歩き、意見を求めましたが、誰もソメイヨシノの北限のデータは持っていませんでした。 墓園をソメイヨシノの桜で荘厳したい佐々木さんは図書館に45日間通いつめて、1901(明治34)年から過去66年間分の厚田の気象データを集め分析しました。 いつ雪が降り、いつ雪がなくなるのか。 1年間の気温の変化を調べ、桜が生育できる暖かい期間を調べた結果、7カ月という短い期間に十分な肥料を与え、育てなければならないことが分かりました。 ちなみに本州では10カ月、樹木の栄養吸収期間があり、厚田はそれよりも3カ月短いのです。 佐々木さんは課題を克服するため、桜の木の幹(みき)を1㍍ほどに短く育て、栄養が早く木全体に循環するように工夫しました。 その他、悪条件をあげればきりがありませんでした。 佐々木さんの研究によると、ソメイヨシノは氷点下18度以下では根が腐(くさ)り、幹が裂(さ)けてしまうということが分かりました。 そこで、桜の木一本一本の幹に、藁(わら)やビニールを巻いて保温に努めました。 また、数年たって、ようやく花が咲き始めた頃、今度は木の根元の樹皮が、ネズミやウサギ、シカといった動物たちに食べられる被害が発生。 また、せっかく咲いた花さえも「ウソ」という鳥に食べられ、大きなダメージを。 立ちはだかる自然の猛威栽植して3年目の1979(昭和54)年には、台風の被害で桜の木がすべて倒れてしまいます。 自然の猛威(もうい)が容赦(ようしゃ)なく桜を襲い続けました。 佐々木さんは、桜が試練に負けず、たくましく育っていくように、土壌の改良や肥料の開発に挑戦しました。 そして何よりも、仕事を終えて、夜の睡眠時間を削(けず)りながら、一本一本の桜の木の生命力が増すように、真剣に祈り続けたのです。 また、佐々木さんは園内を回るたびに、桜に語りかけながら、励ましを送り続けました。 「桜は我(わ)が子、同然です。 子どもが何人にいたって構(かま)いません。 本当にかわいいと思えば、子どもの気持ちが分かります。 かわいいと思えば、『頑張れ』と声をかけたくなる。 桜だって、冬の寒さにじっと耐えて咲いてくれる。 『ありがとう』って自然に出てきます」.

次の

大分県「創価学会」の霊園・墓地の一覧

創価 学会 霊園

創価学会と関係あるのは「富士桜自然墓地公園」。 ちなみに創価学会関連墓宛は、こんなとこ。 土地転がしのために創価学会が作ったいわば幽霊会社と言われているものだ。 ここでは、地価500円で買収した厚田の土地を創価学会に売り渡す時には約30倍の金額、1万5000円にはねあげて売買していたという。 この土地転がしで得た利益は単純に計算しても差益40億円にのぼるとも言われている。 この金が闇に消えたと言われているのだ。 また中部池田記念墓地公園では、学会系列のダミー会社と言われる「菱浅開発」を使って、厚田と同様の手口で土地買収を行って学会に売却したという。 このように土地転がし会社はもともと学会系のものと言われているものだが、学会が自分で買うための土地をいったん、この奇怪な会社を介して購入することで差益を吸い上げるシステムだった。 このためにわざわざ作ったダミー会社の存在場所が、ほとんどM系列の会社の中に同居する形で置かれ、用件を果たすと忽然と消えてしまう形を取ってきたことからM商事との黒いウワサも立った。 「文化会館や墓苑の工事を一手に引き受けているのはM商事です。 例のルノアールから墓苑まで、というM商事に対する皮肉はこうした実態から形容された言葉なのです」 この土地転がしの実態はあたかも某総理がやった手法と同様である。 こうして墓苑事業ではダミー会社を使って巨額な暴利を得たと言われたのである。 学会員によれば創価学会の墓苑事業の目的は、いわゆる裏金を作るためであり、学会員を固定化することにあるというのだ。

次の

中国創価学会 公式サイト

創価 学会 霊園

[注4]妙法:法華経の教えのこと 長期収蔵納骨堂 長期収蔵納骨堂はその名の通り、長期間にわたって故人の遺骨を管理してくれる施設になります。 施策はロッカーのような形状になっており、その1つに納骨して頂きます。 長期収蔵納骨堂では遺骨の保存期間が20年になっているところが多く、その後は 永久収蔵納骨室に移されます。 納骨堂に参拝する方は遺骨と対面し、礼拝堂で焼香ができるようになっているのが特徴で、堅牢かつ明るく新しい立体型墓地ともいえる納骨堂です。 常楽納骨堂 常楽納骨堂は、納骨後、一定期間でお骨が移動されることもなく保存期間は永久となっています。 いわゆる合祀型の永代供養 [注5]と似たような形式になっています。 遺骨は他の方の遺骨と同じ場所に埋葬され、後から取り出したりすることはできません。 また、長期収蔵型とは異なり、遺骨と対面することができず設置された墓碑に向かって参拝する形式のお墓となっています。 納骨堂はお墓を建てる必要はないため、安価ですみますが、管理の方法によっては多少金額が前後します。 創価学会における納骨堂と一般的な永代供養墓との相場は、そんなに変わらないでしょう。 創価学会のお墓参り とは言っても暮石の種類によっても左右される事には気をつけようね! 創価学会のお墓参りも気になるよね! 実は創価学会ではそもそもお墓参りという風習があまりないんだ。 詳しく解説していくね! 創価学会においては、お墓参りという風習があまりありません。 創価学会の学会員は毎日、自宅の本尊の前で勤行や唱題をすることで 功徳 [注6]を得ます。 それを故人が成仏できるように捧げることで、常彼岸としています。 したがって、創価学会ではいわゆるお盆やお彼岸などといった風習がなく、特定の日にお墓参りに行くということもありません。 もちろんまったくお墓参りをしない、しなくてもいいというわけではありません。 それでも、お墓が遠方の場合には最寄りの会館で法要という形で代用する事も出来ます。 もちろん創価学会の仏壇にも大きな特徴があるよ! 創価学会の場合、仏壇は故人のためだけではないんだ! 詳しく解説していくね! 創価学会では仏壇は故人のためだけでなく、日々の勤行 [注7]のために用います。 そのため家庭で亡くなった方がいなくても、仏壇を安置してお参りをすることもあるようです。 一般的な創価学会の仏壇の特徴は仏壇に扉がついている事で、その物入れの事を厨子と言います。 そして厨子の中にご本尊を安置するのですが、創価学会の場合、厨子がある仏壇にしなければいけない訳ではないのです。 仏壇自体もコンパクトなものから大きいものもありますし、他宗教から移ってきたという場合でもそのまま同じ仏壇を使用してもかまいません。 また、創価学会の仏壇には位牌を置かないので、ご本尊は安置されていても位牌のような魂入れをしたものを取り扱いません。 なので、仏壇の中古品がかなり出回っていたり、親しい間柄では仏壇の譲渡もされます。 創価学会のご本尊• 位牌は飾らない• おしきみを供える 創価学会のご本尊 創価学会では厨子の中にご本尊である文字曼荼羅 [3]を安置します。 厨子を開けるとすぐに見えるようになっており、 勤行などの際に扉を開けて読経します。 創価学会ではご本尊の左右には 徳利を飾ります。 徳利は創価学会のシンボルとして、八葉・鶴丸などが、フタの部分にデザインとして施されています。 創価学会の仏壇には位牌を飾らない 創価学会では日蓮正宗と同様に位牌を仏壇に飾りません。 葬儀の際には位牌を使いますが、葬儀が終わったら位牌は処分してしまいます。 おしきみを供える 創価学会では仏壇にはおしきみという植物を供えます。 仏教でいうところの仏花、神道でいうところの榊にあたります。 おしきみは独特な強い香りと、強い毒があります。 おしきみの毒に関しては根から花まで全体にあり、特に実には食べると死亡してしまうほどの強い毒があります。 そのため、おしきみには「死者を悪霊から守る」、「邪気を払う力がある」とされています。 また、かつて土葬が主流だった頃では、動物が掘り起こすことを防ぐ意味もありました。 おしきみの取り扱いには十分注意しましょう。

次の